「大きくなったら何になりたい?」 そう訊かれた記憶はない。

 演歌歌手八代亜紀(62)が9日、名門ジャズクラブ「ブルーノート東京」で初公演を行った。先月10日にジャズアルバム「夜のアルバム」を発売。ジャズ歌手としてステージに立つと「感動しています」と話した。iTunes Storeで世界75カ国に配信され、マレーシアで最高位1位、シンガポールで同2位になるなど海外でも注目されている。八代は「アジアでも公演ができたら。ニューヨークでもしたい」と意欲をみせた。また、NHK紅白歌合戦出場について水を向けられると「そうなれば最高ですね」と笑顔で答えた。
http://www.asahi.com/showbiz/nikkan/NIK201211100008.html

歌謡曲でレコードデビューする前、青江三奈はジャズを歌うクラブ歌手として評判を取ってました。八代亜紀も同じハスキーボイスですからフィーリング的にはいいかもしれません。
ひばりもジャズを歌いました。もちろん見事な仕上がりなんですが、どちらかというと白人の歌うポピュラーソングとしてのジャズでしたね。時代時代において、何を以てジャズとするか という問題もありましたが。

青江三奈 – You’d Be So Nice To Come Home To 帰ってくれれば嬉しいわ

  ※(追記:この動画は削除されました

 

フランク永井 – On the Sunny Side of the Street(2009) 明るい表通りで

  ※(追記:この動画は削除されました

 

松尾和子 – Fly Me to the Moon フライ・ミー・トゥー・ザ・ムーン

  ※(追記:この動画は削除されました

 

美空ひばり – Star Dust スターダスト

  ※(追記:この動画は削除されました

 

今日の米国を経済面から見ると3つの異なる国のようで、その中での格差はさらに広がっている。
3つの内で頂点に立つのは、サンフランシスコやシアトル、オースチン、ボストン、ニューヨーク、ワシントンなどの米国の頭脳の集積地であり、イノベーション(技術革新)に牽引(けんいん)された経済発展を遂げ、創造性や報酬で世界最高水準の労働力を擁している地域だ。
その対極が、ミシガン州のデトロイトやフリントなど、かつて自動車産業などの伝統的製造業が栄えた地域である。そして残りは、これら2種類の地域の中間に位置している。
昔から存在した地域間経済格差だが、1980年代以降は急拡大してきている。
http://www.cnn.co.jp/business/35023194.html

自動車産業が隆盛を極めていたころのデトロイトは「モーター・シティ」と呼ばれてました。
シカゴが風の街(ウィンディ・シティ)と呼ばれたように。

Wes Montgomery – Windy
on “The Hollywood Palace” December 12, 1967.

花の都といえばパリ、水の都はベニス(八百八橋の大阪も?水郷なら潮来だ)、杜の都とくればもちろん仙台
商都は大阪で、工都は神奈川県川崎市、広島は戦前、軍都と云われたりもしました。
刀都はというと岐阜県関市だったりします。関の孫六のアレです。今も刃物産業が盛んなので「刃都」でもいいんですが「じんと」じゃ忍者や侍の街と勘違いされるかも(笑)

「水の都」として知られるイタリアのベネチアで季節的な高潮が発生し、市内の広い範囲で冠水が続いている。11日には高潮が海面から149センチの高さに達し、住民や観光客に影響を与えている。
http://jp.reuters.com/article/oddlyEnoughNews/idJPTYE8AB00O20121112

Floods Venice | Acqua Alta Venezia | Venecia Inundada
Venezia, acqua alta oggi 11 novembre 2012 previsioni

  ※(追記:この動画は削除されました

 

これは東京ゼロメートル地帯、ベイエリアなどの、明日の姿かもしれません。

Jack Hylton and his Orchestra – That Night In Venice(1930)
vocal: Pat O’Malley

Guy Lombardo – So this is Venice(1924)
ガイ・ロンバードの初録音だそうだ。

  ※(追記:この動画は削除されました

 

 広東省を中心に発行されている「南方都市報」は同省深セン市の市立病院の医師の調査結果として、昨年1年間で9万人の労働者の精液を調べたところ、そのうちの7割の約6万3000人の男性の精子に異常が見つかったと報じた。
 これは労働環境が劣悪で賃金が低く栄養状態が悪いという原因のほかに、深セン市はとりわけ男性人口が多く、女性と性関係を持つことが難しいことが挙げられると医師は指摘している。
 一方、中国では、高給取りのホワイトカラーは仕事上で極めて強いストレスを受けているという。中国共産主義青年団(共青団)機関紙「中国青年報」によると、健康診断を受けたホワイトカラーの3分の2は健康状態が悪化していると答えている。その原因の筆頭は仕事のストレスで、次が環境汚染、運動不足と続く。
 とりわけ仕事のストレスは深刻で、中国の企業は売り上げのノルマや達成目標が極めて高いことから、同紙は「中国の職場は世界一ストレスが強い」と指摘。「昨年は60万人がストレス死しており、大都市になればなるほど、ホワイトカラーが受けるストレスは強くなっている」と分析している。
http://www.zakzak.co.jp/society/foreign/news/20121110/frn1211101146001-n1.htm

個々の人間の命と生活と幸福を何よりも優先するという、慈悲と知性が現在の大陸部の中国人には欠けております。そして凄まじい貪欲さ、自分さえ良ければいいという浅ましさが非常に目立っています。
同じように富国強兵を追い続けた明治時代の日本人と比較してみるとよく分かりますが、日本人には志の高さ、公徳心、道徳心があった。
類似点もあります。世界を知らず、思い上がって自民族が世界で一番優秀だと信じていた。戦争・侵略・領土拡張へ突き進んだのもそうした意識が強く働いていたからでした。

北京国際マラソンの出場申し込みが2012年11月8日から中国の公式ホームページで始まったが、9日の昼過ぎに、国籍を選択する欄に「日本が見当たらない!」ことが分かり騒然となった。
新聞報道などによれば、今回の試合には日本人を出場させないことが急に決まったという。ただし、日本以外の国籍で登録すれば日本人でも参加が可能という変な説明になっている
http://www.j-cast.com/2012/11/10153432.html

国際競技を開催する資格の無いことを自ら曝け出してしまった三流国家「中共中国」。世界の笑いものです。

以下、「走る」「Run」「歩く」「Walk」「ステップ」「Step」などを含む投稿。

 写真や絵などによる性描写や暴力的な表現が過激なアダルト系の成人向け雑誌は、他の書籍や雑誌と明確に区分することや、綴じ込みにしたり、ビニール袋に入れたりすることで、コンビニ内で立ち読みできないようになっている。もちろん、販売時には年齢確認が必要になる。
 警察当局の指導や、日本フランチャイズチェーン協会の自主規制である「成人誌取扱いガイドライン」によるもので、コンビニ業界はこれらに則って成人向け雑誌を置いている。
 とはいえ、成人向け雑誌に並んで一般の週刊誌やマンガ雑誌、女性誌などが置いてあることはめずらしくない。
http://www.j-cast.com/2012/11/10153260.html

これは国際的常識からすれば、もう置くのをヤメるべきです。
ネットや同人のほうがずっと過激ですからね。
出版社のエロ漫画なんか とっくにノスタルジックの対象ですよ。

2012/09/20
かつてガガは米テレビのインタビュー番組で、「マリファナと大量のウィスキーを飲むことで、音楽のインスピレーションを得ている」と語っていたが、一方で、「孤独から逃れるために、麻薬にも手を出したことがある」とも発言。最近は、恋人テイラー・キニーとの順調な関係のおかげで、1日にワインを1杯たしなむ程度で半アルコール中毒症から脱出することができたようだが、オランダのコンサートでガガは、「マリファナもアルコールも、私の人生を変えてくれた素晴らしいものなのよ。信じられないくらいスピリチュアルな体験だったわ。でもアルコールは止めたの。マリファナを止めるより良いと思ってね。誰にだって息抜きは必要だから、オバマ大統領に、アメリカでマリファナを合法化してくれるようにお願いしに行かなきゃ」と、冗談交じりでファンに語り、実際にステージでマリファナを吸って見せた、とザ・サン紙が報じている。
オランダではマリファナが合法であるため、この発言は何の問題もない発言だろう。しかし、ティーンエイジャーの若者から絶大な支持を受け、早い時期のセックスと麻薬撲滅運動を推奨しているガガの今回の発言は、オバマ大統領にとっても保護者にとっても、少々頭の痛い問題になりそうだ。
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20120920-00000007-mvwalk-movi

アメリカ西部のコロラド、ワシントン両州で、嗜好品としての大麻(マリファナ)を合法化することが住民投票の賛成多数で可決され、日本でも話題になっている。
(中略)
 コロラド州では14年から、ワシントン州では1年かけて販売規則を整えた後に、それぞれ大麻の販売が始まる見通し。2州とも、購入できるのは21歳以上で、1オンス(28・5グラム)までとなる。コロラドでは、大麻草を1人6株まで栽培できるようになるそうだ。
(中略)
メディアジャーナリストの津田大介さんは「大麻、解禁されるってよ」といち早くつぶやき、歌手の加藤登紀子さんがそれをリツイートしながら、「動いてるね!世界は」と感嘆の思いを吐露した。
(中略)
 大麻規制に反対している元女優の益戸育江さん(49)(旧芸名・高樹沙耶)は、「この意味をかみしめてください!」と早速ツイッターで訴えた。そして、「ワシントンで自由に大麻を利用できる 何で日本は逮捕されてしまうの?犯罪者のレッテル張られるの?」と規制に疑問を呈している。
http://www.j-cast.com/2012/11/08153246.html

私は解禁に断固反対だ。
アルコールでさえ悲惨なアル中や飲酒運転事故の事例が絶えない。
酩酊感のないタバコだってニコチン中毒患者はゴマンといる。
社会生活上 仕事中はマリファナについてもシラフでいてもらいたいし、これ以上 悲劇や事件が増えないためにも、我が国は大麻禁止を続けるべきだと思う。

(下)ビート作家アレン・ギンズバーグのメッセージはその効き目の自己暴露というべきだろう。
121111_01
Source: The Beat Hotel

Marijuana(1968)
Government Film Starring a Spaced-Out Sonny Bono
34分20秒

Easy Rider(1969)
吹き替え版

ワイアット 吸いなよ、ジョージ …… 火をつけて。
ジョージ そ、そ、そいつはいかん。で、できんよ、それだけは。つまり、こっちはそれでなくともこってり問題をかかえている …… 飲酒だの何のかのとね。要するにだ、つまり …… 麻薬中毒にたるのはご免だもんな。
ワイアット 心配はご無用 …… 中毒になんかならんさ。
ジョージ そんなもんかね。そのくらいのことは知ってるが、それにしたって …… だんだん強いものを吸わなきゃならなくなるだろうが。
      そのう …… あのう …… なんだ …… きみは …… 吸っても大丈夫だって言うのか?
ジョージ そうかい …… それではと …… どう …… どうやって吸うんだね?
ジョージ ふむ …… いける …… この味はけっこういかすじゃないですか。もっとも、身体にはあまりよくないかもしれんけどな。つまり、酒びたりだの何やかやで、こっちの身体かかなりいかれているもんでね。
ワイアット 吸った煙をなるべく長く肺に入れとくようにしなきゃだめだな、ジョージ。
ジョージ なるほど。
ビリー うーわぉ! あれは何だい? くそっ、いったいぜんたいありゃ何だ?
(以下略)

  ※(追記:この動画は削除されました)

 
◆    ◆    ◆

Lee Morgan – Peyote(Live)
from the album “Live at The Lighthouse”(1996)
Recorded at The Lighthouse, Hermosa Beach, California on July 10, 11 & 12, 1970.

Jim Stafford – Wildwood Weed(1974/06)
2度目の引用。

C.A.Quintet – Bury Me In A Marijuana Field(1969)

David Peel & The Lower East Side – I Like Marijuana(1968)

Meav Griffin – Have A Nice Trip(1968)

Bedlam Four – Hydrogen Atom(Or Mushrooms Are In)
タイトルは「水素原子(またはキノコ入りの)」の意。

This is an A-side single to “Watch It Baby” and is written by Bedlam Four.
The 45 was released in 1967 by Armada Records and the catalog is A-001.
This group is from Minesota.

The Southbound Freeway ‎- Psychedelic Used Car Lot Blues(1967)

The Caretakers of Deception – Cuttin’ Grass(1967)

  ※(追記:この動画は削除されました

 

Jacques Michel – Fume ta marijuana(1967)

Kuno & The Marihuana Brass – Marihuana Mantra

Johnny Price – Marijuana, The Devil Flower

This is an A-side single to “The Lieutenant’s Last Salute” and is written by R. J. Price. The 45 was released in 19– by Rexell Records and the catalog # is 45-106. This singer hails from Tennessee.

Don Bowman – Wildwood Weed
オリジナルのほうも、歌ってるのか 語ってるのか、ビミョーなところ。
歌詞に
“The very next day we picked a bunch of them weeds,
And put’em in the sun to dry.
Then we mashed’em up and chopped’em up,
And put’em in the corncob pipe.
Smokin’ that wildwood flower got to be a habit,
とある。
してみるとこれは乾燥大麻についての歌なのだろうか?”
2度目の引用。

produced by Chet Atkins
recorded September 1963
1st Recording Of “Wildwood Weed”
from the album “Our Man In Trouble (It Only Hurts When I Laugh)”(1964)RCA Victor LPM 2831
Jim Stafford’s 1974 top-10 tribute to the’weed’ was written and first recorded by country singer-comedian-radio host Bowman for his LP “Our Man In Trouble.”

Don Bowman – Wildwood Weed(1964)

Marx Brothers’ Marijuana Grouch Bag

In a 1959 interview on BBC TV’s Showtime, Chico Marx was asked how his brother Groucho got his name. Referring to the times when marijuana was legal and the Marx Brothers were a Vaudeville act (around 1920), he replied, “We used to wear a little bag around our neck, called a Grouch bag. In this bag we would keep our pennies, some marbles, a couple of pieces of candy, a little marijuana, whatever we could get…

Jack Kerouac on The Steve Allen Show
A clip from the 1985 documentary “Kerouac, the Movie.” Jack Kerouac interviewed by Steve Allen in 1959.

  ※(追記:この動画は削除されました

 

High School Confidential(1958)
Beat Poetess, “Tomorrow is a Drag”

My Old man was a bread stasher all his life
He never got fat
He wound up with a used car, a 17 inch screen. Arthritis
Tomorrow is a drag, man
Tomorrow is a king sized bust
They cry put down pot Don’t think a lot
For what?
Time, how Much and what to do with it
Sleep, man, and you might wake up digging the whole human race
Giving itself 3 days to get out
Tomorrow is a drag pops, the future is a flake
We cough blood on this earth
Now there’s a race for space
We can cough blood on the moon, soon
Tomorrow is dragsville, cats
Tomorrow is king-sized drag
Tool a fast short
Swing with a gassy chick
Turn on to a 1000 joys
Smile on what happened, or check what’s gonna happen
You’ll miss what’s happening
Turn your eyes inside and dig the vacuum
Tomorrow, Draaaaag

Stefi Akos – Mariguana Cha-Cha-Cha(1958)

Allen Ginsberg Reading “Howl” 1956

William S. Burroughs – Junkie: Confessions of an Unredeemed Drug Addict, 1953

Don Redman & Orchestra – Chant Of The Weed(1931)

◇    ◇    ◇
 

マリファナを扱っている劇映画

 

以下、「麻薬」「覚醒剤」「マリファナ」「ドラッグ」「薬物」「サイケデリック・ロック」関連の投稿。

 

 大正15(1926)年に発表された正宗白鳥(1879~1962年)の短編『東京駅』は、同4年開業の東京ステーションホテルに1人滞在する大阪の実業家の話。すでに駅前には同12年、「東洋一」とたたえられた丸ノ内ビルヂング(旧丸ビル)が竣工(しゅんこう)している。
 人でごったがえす当時の東京駅の描写は「日本の中心だか塵(ちり)棄て場だか知らないが、人間の温気(うんき)が渦を巻いてゐますよ。白粉(おしろい)の匂ひも香水の匂ひも汗の臭ひも、乳の臭ひも小便の臭ひも一しよこさになつて、ムツと鼻を突いて来ますね」と生々しい。一方で、終電後の駅構内の「墓場見たいな」静寂が対置される。大都会の孤独というモダンなモチーフが、大正末年の東京駅を舞台に現れている。
(中略)
 ミステリーを中心に数々の名作の舞台となった東京駅。現代作家にとっては、どんな場所なのだろうか。
 北原亞以子さん(74)の『東京駅物語』(平成8年)は、東京駅を共通の舞台にした時代順の9つの連作短編。明治30年代の着工前後から空襲で駅舎が半壊した敗戦後の昭和21年までを描く。
 時の流れを貫く縦軸として東京駅を登場させる北原さんの作品に対し、ばらばらの人生を生きる人々を瞬間的に結びつける横軸として東京駅を使うのが恩田陸さん(48)のコメディー小説『ドミノ』(平成13年)。各自の思惑で動く28の登場人物が、ある夏の日、東京駅という一点で交錯する。
http://www.iza.ne.jp/news/newsarticle/natnews/topics/605044/

以下、「東京駅」を含む投稿。

木村恵吾のオムニバス映画『女のつり橋』では、別々の物語の登場人物たちが最後に劇場の客として顔を揃えるという趣向でした。
別の話なのにどこかで接点があるという、そういうのは私も好きでして、現実世界も結局そういうものじゃないかという気がします。
つまり、友達の友達はみな友達だっていう・・・

2012/02/06
Facebookの「友達の友達」は平均で約3万人――Pew Internet調べ
(中略)
 友達の友達の数については、単純な計算では平均7万7400人になるところだが、多数の友達(の友達)を持つ一部のユーザー(最も友達の友達が多かった調査対象ユーザーでは782万1772人だった)の影響を考慮すると、平均的なユーザーの友達の友達の数は約3万になるという。
 つまり、米国ユーザーの場合、公開範囲を「友達の友達」に設定すると、投稿は少なくとも約3万人のニュースフィードに表示されるということになる。
http://www.itmedia.co.jp/news/articles/1202/06/news039.html

水前寺清子 – 友達の唄

  ※動画なし。

 

『ソーシャルもうええねん』(ナナ・コーポレート・コミュニケーション/刊)の著者でエンジニアの村上福之さんは、本書のなかでSNSやTwitterの語られることのない裏側に切り込み、これらの現象の原因についてつづっています。
(中略)

――SNSのいいところと悪いところはどんな点にあるとお考えですか?

村上 友達と繋がるにはいいんじゃないですかね。でも、地元にいる昔の友達と繋がって久しぶりに会ったりするのはものすごく楽しいですけど、そこからの発展があまりないんですよね。都内の人たちだと、繋がることでビジネスが生まれることもあるんですけど

――僕も一時期SNSを通じて昔の友達に再会したりということがよくあったのですが、やはり離れていた時間が長いせいかそんなに話すネタもなく、結局は今の身近な人間関係に戻ってきてしまいましたね。

村上 今の自分に最適な人間関係は人生のステージによって変わります。昔の友達のお話にしても、今はそれぞれまったく別の環境で違う生活をしているわけですから、話のギャップというのはどうしても出てきてしまいますよね。
http://news.nicovideo.jp/watch/nw425943

永らく音信不通だった知人、昔の友人に会うとき、互いの関係がどうだったか、どういう態度で接していたか、どう呼び、どう呼ばれていたかを思い出さなくてはいけないのが面倒です。
私はほとんどそういうのを忘れてるんで思い出すのに時間がかかる。
それだったら初対面の人と話すほうがずっと楽です。

以下、「ともだち」「Friend」「友情」「トモダチ作戦」を含む投稿。

同僚に勧められた本を読んだのは、すべてこのバスの中です。そして、高田屋嘉兵衛の生涯を描いた『菜の花の沖』も、その一冊となりました。
嘉兵衛は江戸時代後期に活躍した商人です。
(中略)
当時の私自身、彼のようにはなれなくても、せめて「こうなりたい」と心がけて生きていけたなら、少しはよくなるんじゃないか──そう考えると本当に気持ちがすっきりしたものです。
http://news.nicovideo.jp/watch/nw426406

Ric Marlow – That’s What I’m Gonna Be(1956)

  ※(追記:この動画は削除されました

 

今の人は芸能人や読者モデルに理想像を見出すようです。たいていは見た目やファッションの、皮相的なレベルですね。
斯くありたしと思うような生きざまや人生観をいづれに見出すか。歴史か小説か、はたまた映画か。そういう青春期ならではの迷いを、今の人たちはスルーしてしまうらしい。

The 4 Seasons – Big Man In Town(1964/10)ビッグ・マン・イン・タウン
2度目の引用。

arranged by Denny Randell, produced by Bob Crewe
Pop Chart Peaks: Cash Box 14, Record World 14, Billboard 20
One of six hits by Frankie Valli and the group included in this 1964 collection.

学校を出るころには職業、それも成りたい職業ではなく成れる職業を選ばなくてはいけない。マインドはともかく何者かにはならなくちゃいけないので、これに躓くとに日本社会では人生設計が大きく狂うことになります。しまいには厭世的になって自滅する人も多いですね。

Len Wade – Witch Way Do I Go(1966)

◆    ◆    ◆

Hank Thompson and His Brazos Valley Boys – The Wild Side Of Life(1952/02)
2度目の引用。

Billboard Country Chart Peaks: 1 (sales, juke box & radio play)
This biggest hit of Hank’s 35-year Billboard chart history was the basis for Kitty Wells’ subsequent #1 ‘answer record’ “It Wasn’t God Who Made Honky Tonk Angels”

<参考>
Kitty Wells – It Wasn’t God Who Made Honky Tonk Angels(1952/06/23)
“The Wild Side Of Life” のアンサー・ソング。
2度目の引用。

This breakthru recording for “The Queen Of Country Music” was the answer record to Hank Thompson’s 1952 hit “The Wild Side Of Life.”

Marilyn Brown – Walk On The Wild Side(1961)

Elmer Bernstein – Walk On The Wild Side(M1962/03)
Original Motion Picture Soundtrack composed & conducted by Elmer Bernstein. ©1962 Ava Records
1961年(日本公開は62年)のアメリカ映画『荒野を歩け(Walk on the Wild Side)』のテーマ曲。

Brook Benton – Walk On The Wild Side(1962/02)
orchestra & chorus conducted by Stan Applebaum

Movie: “Walk On The Wild Side” (Columbia), starring Laurence Harvey, Capucine, Jane Fonda, Anne Baxter, Barbara Stanwyck, and Joanna Moore.
Benton was hired to perform the (different) movie soundtrack version after Ray Charles had turned down the invitation.

Jimmy Smith And The Big Band – Walk On The Wild Side(1962/04 full-length version)
arranged & conducted by Oliver Nelson

Another dramatic movie theme composed by the great Elmer Bernstein, recorded by jazz organist Jimmy Smith for his “Bashin'” LP and spread over two sides of the 45 single release.

The Mike Cotton Sound – Walk On The Wild Side(1964)

Marvin Gaye – Walk On The Wild Side(1964)

Cherry Wainer & Don Storer – Walk On The Wild Side(1966)
2度目の引用。

  ※(追記:この動画は削除されました

 

John Lennon – I Don’t Want To Be A Soldier(1971)兵隊にはなりたくない
2度目の引用。

Lou Reed – Walk On The Wild Side(1972)

Mick Harvey ‎- A Walk On The Wild Side(2007)

  ※(追記:この動画は削除されました

 

成るにしても兵隊やヤクザの手下はやめといたほうがいい。命令されて人殺しをするなんてバカバカしいですから。
あゝ「私は貝になりたい」ってのがありましたっけ。十三階段を登りながら床屋の主人がそうつぶやくんです。
英語でいうとアイ・ワナ・ビー・ア・シェルフィッシュ!

匹亞 – 寧可成為貝 主題曲
久石讓台灣樂迷會第七屆年度音樂聚會

その前提として、輪廻転生は起こりえる、今生で希(ねが)ったものに来世で生まれ変われるという可能性がないといけないわけですが、これは証明不可能です。
できることなら来世ではなく、いま生きている間に成りたいものになっといたほうがいいでしょう。

私なら貝になりたい
私が貝になりたい
私と貝になりたい?
私も貝になりたい
私こそ貝になりたい
私さえ貝になりたい
私とて貝になりたい
私くらいは貝になりたい
私でも貝になりたい
私まで貝になりたい
まず私から貝になりたい どうぞどうぞ
私だけ貝になりたい
アラ私としたことが貝になりたいだなんてオホホのホ

解散の時期について「寝言でも言わない」と総理。「近いうち」で懲りて貝の如く口を閉ざすか(嗤)

さすがに海の底の貝はいやですけど、
私もどちらかというと人付き合いが面倒な方で、ひとりで詩歌を作ったり絵を書いたりしてたほうが楽しいということがあります。
それでも遁世生活にはカネがかかるので 仕方なくたつきの途に勤しんではおりますが。

The Champs – Twenty Thousand Leagues(1959/12)
海底二万哩?

  ※(追記:この動画は削除されました

 

Eddy Arnold – Make The World Go Away(1965/09)
produced by Chet Atkins

Pop Chart Peaks: Billboard & Record World 6, Cash Box 12 – C&W Chart: 1
Eddy’s highest-charting Hot 100 single was this Hank Cochran tune which had previously scored in 1963 for Ray Price (country) and Timi Yuro (pop).


たまたま見たニュースサイトで右の広告が出た。
あゝそういう人いたなぁ、とちょっと懐かしくもなりました。
某金満カルト集票法人との戦いに敗れ、都落ちしたんでしたっけ。
その後の選挙でも変なスタッフが入り込み、掻き回されてご難続きでした。
弁護士資格を維持されてるようでご同慶の至りです。しかも新橋に事務所を構えてらっしゃるとのこと。
私の身に何かあったらこの先生にお願いしようかとも思いました(いやマジな話)

追加記事

日本政府の尖閣諸島(中国名・釣魚島)国有化による日中関係悪化を受けて、日本人の参加登録が一時できなかった北京国際マラソンが25日行われ、約3万人が参加した。組織委員会が日本人排除の方針を撤回したことで、日本人ランナーも健脚を競い、友好を訴えて走る人もいた。
 中国の放送局に勤める高橋恵子さん(51)は「日中関係が悪い時期にぶつかったのは残念だが、日本側の抗議を受けて中国側が参加を認めた。意見をぶつけて解決したという点ではよかった」と話す。中国人の仲間と、日中国交正常化40周年を記念する国民交流友好年のマークを付けたそろいのTシャツを着て走った。
 日本企業駐在員の男性(53)は「(尖閣沖で漁船衝突事件が起きた後の)2年前の大会では反日のスローガンをゼッケンに書いたランナーを見て嫌な思いをしたが、今回は全く目にせず、気持ちよく走れた」と満足した様子。ただ、党・政府の最高機関が集まる中南海近くで、沿道から「釣魚島を守れ」と叫ぶ声を聞いた参加者もいた。
 日本のアニメキャラクターなどのコスチュームで参加した中国の大学生たちは「政治は政治。スポーツや文化とは切り離して考えるべきだ」と話していた。
http://www.jiji.com/jc/c?g=soc_30&k=2012112500054

「中国側が参加を認めた」という。
なぜ最初認めなかったのか、なぜそれを改めたのか、例の勇ましい女性報道官は説明したのかな?
(2012年11月25日)

追加記事

 厚生労働省の各地方厚生局麻薬取締部が全国で押収した乾燥大麻について、幻覚作用のある化学成分の平均含有率を調べたところ、約40年前の野生大麻の約11倍に増えていることがわかった。
 関係機関は「以前よりもさらに危険性が増しており、呼吸困難やパニック、精神障害を引き起こす恐れがある」と注意を呼びかけている。
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20121231-00000155-yom-soci

悪い意味で品質向上か?
(2012年12月31日)

追加記事

2017/08/25
ベニスで「アラーは偉大なり!」と叫んだ者は射殺する──イタリアの水の都の市長の暴言が問題になっている。
右派のルイージ・ブルニャーロ市長は、過激主義についての講演のなかで、バルセロナでは8月15日に車暴走テロで13人が死亡したが、ベニスははるかに警戒厳重で安全だと語った。
「テロ対策をとらなかったバルセロナとは違い、ベニスは警戒を怠らない。もし誰かが『アラーは偉大なり!』を叫びながらサン・マルコ広場を駈け抜けたりすれば、その場で射殺する」と、ブルニャーロは言った。「1年前には4歩目で撃つと言ったが、今なら3歩目で撃つ」

ベニスで「アラーは偉大なり!」と叫んだら射殺 ワールド ニューズウィーク日本版 オフィシャルサイト
http://www.newsweekjapan.jp/stories/world/2017/08/post-8310.php

(2017年8月25日)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です