「清き一票」の初出っていつだ?

実は今年ディズニーランドに、あるあったかメニューが初登場! それがホットポット(おでん)です!! まず目につくのが、いちばん上に乗っているオレンジ色のミッキー。これ、にんじんかと思いきやこんにゃくなんですって。ミッキーシェイプになっているのが遊びゴコロがあって可愛いっ!!
http://youpouch.com/

考えてみるとゴロッとした具を薄目のスープで煮込んだ料理って外国にもあるよね。

米上院は29日の本会議で、13会計年度(12年10月~13年9月)の国防権限法案に、沖縄・尖閣諸島が日米安全保障条約5条の適用範囲であることを盛り込む修正条項を全会一致で採択した。
 条項は「尖閣諸島が日本の行政権の下にあるという米国の認識が第三国による一方的な行動で変更されることはない」と明言し、中国をけん制。「米国は日本の行政権の及ぶ領域が侵略された場合は日米安保条約5条の条約上の義務を持つことを再確認する」と記し、尖閣諸島が安保条約の適用範囲であることを上院の判断として明確にした。一方で「最終的な尖閣諸島をめぐる領域問題の解決においては、いずれかの国を支援する立場はとらない」と米政府の基本方針を追認する文言も盛り込んだ。
http://mainichi.jp/select/news/20121201k0000m030093000c.html

米軍のテリトリーであった太平洋へ中国が手を突っ込んできたので、まずは牽制球。
核保有国同士なので双方ともまともにぶつかり合う気はない。

2012.11.27
 滋賀県の嘉田由紀子知事が27日、新党「日本(にっぽん)未来の党」の結成を表明したことを受け、衆院選の投票を呼びかける標語に「未来」という言葉を盛り込んでいた地方の選挙管理委員会が困惑している。党名の一部と重複してしまったためで、すでにポスターを発注した選管は頭を抱えている。
http://sankei.jp.msn.com/politics/news/121127/elc12112723480058-n1.htm

「公明選挙」の標語をまんま頂いたマノレコーも、結党当時、その安易なネーミングを批判された。
彼らが選挙で何をしてきたかを思い返せば、まさにブラックユーモアというしかない。

 県選挙管理委員会は29日、12月16日の衆院選投票日の周知と投票を呼びかける啓発ポスターを作製し、印刷を始めた。若者の投票率を高めようと、10年知事選と11年県議選に次いで「萌(も)えキャラ」を採用。計1万1140枚刷り、公示日の4日から公共施設やスーパーなどでPRする。
 県選管によると、前回の09年衆院選の県内投票率は72・82%で、20代は46・67%と低迷。このため、若者に人気の「萌えキャラ」を採用し、知事選と県議選の啓発ポスターで「福島未来(みらい)」という架空の女性県職員を登場させた。
 今回は「未来」が転勤し、妹の「希望(のぞみ)」(20)が4月に県職員になったとの設定。「絶対に投票ね!」とコメントを寄せる“大役”に抜てきされた。県選管は「ポスターを見てもらい、少しでも関心を持ってほしい」と話す。
http://mainichi.jp/area/fukushima/news/20121130ddlk07010257000c.html

過去にカルト集票団体の広告塔となっているタレントをキャラに採用した事例があったが「絵」なら問題あるまい。

Maurice Williams – How To Pick A Winner(1967)

Sandy And Troy And The Younger Generation – Who In The World(1965)

それにしても一票を投じたい人物というのは、いないものだな。

あおい輝彦 – あなただけを(TV live)
リリースは 1976/06/25。
作詞:大野真澄、作曲:常富喜雄
エルヴィスの『奴の彼女に首ったけ(The Girl Of My Best Friend)』(1960)に似た音使いがある。

John Lennon – Only You(1998/11/02)
Recorded: 6 August 1974

沢田研二 – あなただけでいい(1972)

  ※(追記:この動画は削除されました

 

My Solid Ground – That’s You(1971)

Esther Phillips – Nobody But You(1969)

Norro Wilson – Only You(And You Alone)(1968/11)

George & Lee – Nobody But You(1968)
同名異曲。

ジローズ あなただけに(1968)

The T-Birds – Nobody But You(1967)

<参考>
Jefferson Airplane – Somebody To Love(Single:1967/03)あなただけを
from the album “Surrealistic Pillow”(1967)

The Turtles – It Ain’t Me Babe(1965/07)
ボブ・ディランの曲。

Pop Chart Peaks: Record World 7, Billboard & Cash Box 8
Bob Dylan composed this first of five Top-10 Turtles record hits.

Sonny & Cher – Just You(1965/04)

arranged by Sonny Bono
Pop Chart Peaks: Billboard 20, Record World 25, Cash Box 31

Paul Murray – Is It Me(1965/02)

Up-Tunes -(I Wanna Love, I Wanna Love)I Wanna Love Just You(1965)

Rita Da Costa – You And Nothing More(1965)

Little Bob – Nobody But You(1965)

Gerry & The Pacemakers – You You You(1964)

  ※(追記:この動画は削除されました

 

Ocie Smith – Everybody But Me(1964)

The Orlons – Not Me(1963/06)

The song was co-written by Gary Anderson, aka Gary (U.S.) Bonds, and had first been recorded by him and released in 1961 between his hits of “New Orleans” and “Quarter To Three” (it only managed to “bubble under”).

The Dubs – Just You(1963)

Los Indianos – Zamba de usted(1963)
タイトルはスペイン語で「あなたからのサンバ」。

Dee Clark – No Body But Me(1963)

Don Gardner and Dee Dee Ford – Nobody but you(1962 ?)

Steve Tyrell – Nobody But You(1962)

Sarah Vaughan – Nobody Else But Me(1962)

U.S. Bonds – Not Me(1961/02)

recorded late 1960
Pop Chart Peaks: Billboard 116, Cash Box 105
Released in-between his debut hit “New Orleans” (which it resembled somewhat) and the blockbuster “Quarter To Three,” this Bonds single attracted little attention. In 1963, though, the song would become a top-15 hit for the Orlons

Mary Small – Everybody But Me(1961)

Kenny Dorham – Nobody Else But Me(1960)

Sam Hawkins – Nobody But You(1960)
2度目の引用。

Ted Herold – Nur Sie(1960)
タイトルはドイツ語で「あなただけ」。

<参考>
Adam Faith – Poor Me(1960)
2度目の引用。

Franck Pourcel’s French Fiddles – Only You(1959)
ちょっと平板なアレンジです。

Linda Strangis – You Only You(1959)

The Criterions – You Just You(1959)

Skip & Flip – It Was I(1959)

Dee Clark – Nobody But You(1958)

Mamie Van Doren – Nobody But You(1958)

Anny Gould – Loin de vous(1957)
タイトルはフランス語で “Only You”。

Malcolm Vaughan – Only You(And You Alone) (1956/03)
UK

Don Cherry – Namely You(1956)
namely=すなわち、つまり

The Platters – Only You(And You Alone)(1955/06)オンリー・ユー

It was veteran manager-producer-songwriter Buck Ram who not only guided the careers of the most popular black vocal group of the late 1950s, but also composed the majority of their classic hit songs. Tony Williams and the Platters had previously recorded Ram’s “Only You” for the Federal label, but this more well-produced and more’musical’ remake for Mercury put them on the map. It reached #1 R&B and #3 pop, selling over a million. See also the top-10 Hilltoppers version.

The Platters – Only You(And You Alone)(1954 Federal version: 1955/11)
ウィキペディアによると、Federal version は1954年に録音されていたが、Mercury version がヒットした後の1955年11月まで発売されなかったようだ。

recorded May 20, 1954
1st Recording Of “Only You”
If you’re familiar only with the well-produced classic version by Tony Williams and the group, this pre-stardom attempt at “Only You” may be a surprise. Written and produced by their manager Buck Ram, the track was not issued at the time. Then, in the spring of 1955 after Ram had worked out a deal to sign the Platters to Mercury Records, he and the group did their superior remake of the song…and the rest is history. It was around that time that the original track was also finally issued on 45 and 78.

Stan Getz Quartet – Nobody Else But Me(1954)
ミュージカル『ショウボート』のナンバーだが1945年のリバイバル上演の時に追加された。

The Ames Brothers – You You You(1953/06/27)
2度目の引用。

orchestra & chorus conducted by Hugo Winterhalter (CD audio source)
There are fewer more effective examples of the distinctive “Hugo Winterhalter sound” than in his arrangement of this track, the all-time most successful #1 single by Ed Ames and his brothers. “You You You” tied Les & Mary’s “Vaya Con Dios” for the most weeks listed on the Billboard pop charts by a 1953 hit (31) and was radio’s most-played record for eight weeks.

Benny Goodman and his Orchestra – No Other One(1935)
vocal: Helen Ward

The song spent eleven weeks on “Your Hit Parade,” peaking at #6, with both this and the also-posted Little Jack Little version purportedly leading the way in record sales.

Wally Edwards & his Orchestra – No One But You(1931)
vocal: Elmer Feldkamp

recorded in NYC March 26, 1931
“Wally Edwards” was an artist pseudonym frequently shown on the label of recordings by leader Ed Kirkeby… sometimes from sessions credited to his “Ted Wallace” band pseudonym.and others by his California Ramblers group.

Roger Wolfe Kahn and his Orchestra – Exactly Like You(1930)
vocal: Scrappy Lambert

Merle Johnston & his Ceco Couriers – Exactly Like You(1930)
Broadway’s “The International Revue” (1930) was produced by Lew Leslie, starred Gertrude Lawrence & Harry Richman, and featured songs by Jimmy McHugh and Dorothy Fields, including this great standard and “On The Sunny Side Of The Street.”

Cab Calloway and his Orchestra – Nobody’s Sweetheart(1930)

Johnny Johnson and his Orchestra – Just You, Just Me(1929)
vocal: Bob Treaster

Paul Whiteman and his Orchestra – Nobody’s Sweetheart(1929)
1924 tune also commonly known as “Nobody’s Sweetheart Now”

Earl Burtnett and His Los Angeles Biltmore Hotel Orchestra – Nobody But You(1929)
vocal: Paul Gibbons

Fred Rich & his Orchestra – Nobody But You(1929)
vocal: The Rollickers Qt.

Posting a freshly-remastered two-sider featuring a couple of fine Fred Rich arrangements of tunes from the early film musical “Hollywood Revue Of 1929.” Though the also-posted “Singin’ In The Rain” will forever reign as the movie’s stand-out hit, this song from the pens of Gus Edwards and Joe Goodwin might also be worth three minutes of your time.

Ben Pollack and His Californians – Sweet Sue–Just You(1928)
vocal: Franklyn Baur
A popular early recording of the Victor Young-Will Harris standard.

◆    ◆    ◆

The Seekers – I’ll Never Find Another You(UK:1964/12, US:1965/03/08, Australia:1965)
シーカーズ – 恋はたったひとつ
2度目の引用。

Pop Chart Peaks: Billboard, Cash Box & Record World 4 – UK Chart Peak: 1
This first international hit for Judith Durham and the Australian folk-pop quartet was written by their record producer and chief songwriter Tom Springfield (Dusty’s brother).

The Seekers – I’ll Never Find Another You

Laila Kinnunen – I’ll Never Find Another You(1964)
2度目の引用。

Sheila – Je n’en veux pas d’autre que toi(1964)

Nora Aunor – I’ll Never Find Another You

Teddy Robin & The Playboys – I’ll Never Find Another You

Linda Scott – I’ll Never Find Another You / The Byrds – Mr. Tambourine Man
Where The Action Is(July 07, 1965)
なんと! リンダ・スコットがこれを歌っていたとは!

Sonny James – I’ll Never Find Another You(1967)

Al Martino – I’ll Never Find Another You(1967)

以下、「You」「あなた」に関連する投稿。

暴力団関係者であることを隠してゴルフ場を利用したとして、大阪府警捜査4課は30日、詐欺容疑で指定暴力団山口組最高幹部で2次団体「極心連合会」会長、姜(きょう)弘文容疑者(65)=通称・橋本弘文=や、元ボクシング世界王者で同会幹部、渡辺二郎被告(57)=別の恐喝未遂罪で上告中=ら3人を逮捕した。
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20121130-00000543-san-soci

今ある暴力団やエセ右翼(街宣右翼)に占める在日の割合は具体的にどれくらいなんだろう?

 神戸市中央区港島2のポートアイランド北公園の岸壁で29日未明、海に転落した乗用車の後部座席で発見された韓国籍の宋明浩(そう・あきひろ)さん(52)=大阪府八尾市本町6=が死亡した事件で、兵庫県警捜査1課は30日未明、宋さんは腹部を銃で撃たれており、死因は水死だったと発表した。捜査1課は殺人事件と断定し、神戸水上署に捜査本部を設置した。
 捜査本部によると、司法解剖の結果、宋さんの腹部から銃弾が見つかったほか、鼻や肋骨(ろっこつ)が折れ、顔などに複数の打撲痕があった。粘着テープで両手が縛られ、口が覆われていた。衣服は着ていたが、素足だったという。捜査本部は、宋さんは激しい暴行を受けた後、海に転落した車内で死亡したとみて、周辺でトラブルがなかったか調べている。
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20121130-00000002-mai-soci

こちらは在日の人が「被害者」。52歳というと私と同じ世代。
加害者は明らかにヤクザ。
着水時にはまだ生きていたのかも。されるがまま、死へのダイブか?

Deon Jackson – That’s What You Do To Me(1966)

The Fortune Cookies – It Should Have Been Me(1965)

Dee Wonder And The Rhythm Fame – What You’ve Done(1965)

Larry Wilcox And His Orchestra – Theme From “Who Did You Kill?”
from the album “Hot Rod Jazz Tuff Saxes And Twangy Guitars”(1964)

Patti Brrok – Look What You’ve Done To Me

The Cascades – Let It Be Me(1963)

Billy Fury – What Do You Think You’re Doing Of(1963)

Kenyon Hopkins – Theme From “Who Do You Kill!”
from the album “East Side, West Side”(1963)

from CBS TV Drama “East Side/West Side“(1963–1964)
Season 1, Episode 7 “Who Do You Kill?”(4 Nov. 1963)

David Martin – Why Have You Treated Me This Way(1962)
UK

Kenny Lynch – Why Do You Treat Me This Way(1960)

Johnny Darrow – Why Do You Treat Me This Way(1960)

Rick And The Randells – Let It Be You(1959)

内戦状態にあるシリアで29日、全土でインターネットが不通になり、一部地域では電話も不通になった。AP通信が伝えた。アサド政権が、反体制派による情報交換・発信の妨害を狙ったとみられる。昨年3月にアサド政権が反体制派の弾圧を始めて以来、シリア当局が一部地域でネットを遮断したことはあったが、全土で遮断されたのは初めてという。シリア国営テレビは「技術的な問題による故障」と説明した。
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20121130-00000017-mai-int

正しき者は正しい行動をするから正しいのであって正論を唱えているから正しいのではない。言うだけなら「世界平和」「人権尊重」なんでも言える。権謀術数として正論のタテマエを掲げるのは権力闘争・勢力拡大の場ではむしろ常道だ。
早い話がヤクザが正々堂々果し合いをするなんてありえない。
邪な者は自ずと小汚い所業を示すものだ。

私は陰謀や謀略は性に合わない。どこまでも正々堂々と真正面からぶつかる。
べつに正義漢ぶってるわけじゃない。不器用なのでそれしかできないのだ。

Peter, Paul and Mary – If I Had A Hammer
at the Newport Folk Festival on Friday, July 23, 1965.
2度目の引用。

 115億光年以上の彼方にある超大質量ブラックホールで、記録的なガスと塵の放出現象が観測されたという。質量が太陽の10億~30億倍というこの巨大ブラックホールは、「SDSS J1106+1939」と呼ばれるクエーサーの中心部に存在する。クエーサーとは、非常に明るく高エネルギーな銀河の一種だ。
「これまでで最も強力なクエーサーのアウトフロー(放出現象)を観測した。
(中略)
 年間に太陽の400倍もの重さの物質を放出するこの現象は、クエーサーから約1000光年の場所で発生しており、その速度は時速約2900万キロに達する。「このような観測結果を期待してはいたが、それでもこのアウトフローのパワーには驚かされた」とアラブ氏は言う。
 このクエーサーの中心にあるブラックホールは、実に巨大なエネルギー源だ。質量は天の川銀河にあるブラックホールの少なくとも1000倍はあり、天の川銀河全体の約100倍の出力でエネルギーを生成しているとみられる。
http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20121129-00000000-natiogeo-int

ブラックホールといいますと吸い込むイメージです。出すのはホワイトホールじゃないかと。
貰えるものはなんでも貰う、出すのは舌を出すのも嫌だ――、人間世界はそういう感じですが、どうしてどうして、ブラックホールはなかなか太っ腹のようです。

追加記事

(2015年3月24日)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です