とおか、じゅういちんち

【逝者如斯夫 不舎晝夜】
逝く者は斯くの如きか、昼夜を舎かず
出典:「論語」子罕

知人から御母堂様逝去の報。遠方だったのでお悔やみの手紙をしたためた。

いや、したためたと云うのは不正確で、Word の縦書きを使ったのだが、この機能は恥づかしながら初体験。
思ったより綺麗に仕上がりちょっと驚いている次第。

難を云えば「 ’ 」「 ” 」のような記号が前後の文字とひっついた感じになるところか。
部分的な文字間の調整で解決できるかな?

以下、「縦書き」を含む投稿。

以下、「縦」「横」「行」「列」を含む投稿。

 捜査関係者などによると、今月7日、神戸市灘区の自宅マンションの室内で自殺していたのが見つかった。兵庫県警は事実関係を明らかにしておらず、自殺した理由も分かっていない。
 森友学園へは2016年6月に鑑定評価額から約8億円を引いた1億3400万円で大阪府豊中市の国有地が売却された。男性の役職は16年当時、近畿財務局の上席国有財産管理官。学園側との交渉にあたっていた統括国有財産管理官の部下で同じ職場だった。関係者によると、昨年秋以降、病気を理由に休んでいたという。
 土地売却を巡っては大阪地検が背任容疑などの告発を受理して捜査を進めているほか、今月に入り、売却に関する近畿財務局の決裁文書が書き換えられたとする疑惑が浮上していた。
 近畿財務局は取材に「個人情報に関することは答えられない」としている。

<森友問題:自殺の近畿財務局職員、遺書のような書き置き – 毎日新聞 より一部引用>
https://mainichi.jp/articles/20180310/k00/00m/040/100000c

松本清張の短編『氷雨』を連想した。
たしか西村晃でドラマ化されてるはずだ。
『点と線』の佐山課長補佐 っていうのもあったね。
それと石川達三の『金環蝕』。原作読んでないけど映画は見てる。

9日放送のフジテレビ系「ノンストップ!」(月~金曜・前9時50分)で米国のトランプ大統領が5月までに北朝鮮の金正恩朝鮮労働党委員長と会談する意向を表明したニュースを速報した。
 番組では、国会記者会館から米朝会談について安倍晋三首相の会見の模様を放送した。首相の会見の映像が終了し、記者会館からリポートした記者が突然「あっごめんなさい…無理だな、これは」と絶句した。
 画面は報道フロアに切り替わり、奥寺健アナウンサー(50)は突然のハプニングへの説明もなく「以上、米朝首脳会談が実現する見通しという最新情報を報道センターからお伝えしました」と伝え、ノンストップの「話題!ライザップキッズ」の特集に切り替わっていた。

<フジテレビ 米朝首脳会談伝える記者が突然、絶句「無理だな、これは」- msn より一部引用>
https://www.msn.com/

電波に載ることを意図して喋った確信犯。
こうした ライブならではのハプニングは いかにもテレビらしくて良い。

 元横綱貴乃花親方が9日、内閣府に告発状を提出したと発表した。
 貴乃花光司の名前で「内閣府公益認定等委員会に対する告発について」と題したファクスをマスコミ各社に送付するとともに、貴乃花部屋のホームページ(HP)も更新、元横綱日馬富士関による傷害事件をめぐり、相撲協会の理事を解任された件や内閣府の告発状に至った理由などを説明した。

<貴乃花親方が内閣府に告発「重大な疑義」HP全文 – 大相撲 日刊スポーツ より一部引用>
https://www.nikkansports.com/battle/sumo/news/201803090000779.html

身捨つるほどの相撲道、ありや 無しや?

Doc Severinsen – Portnoy’s Complaint(From The Warner Bros. Film “Portnoy’s Complaint”)
from the album “Doc”(1972)
complaint=告発、訴状、訴え、苦情、不平、不服、文句、言い訳

Triangle – Cameron’s Complaint(1970)
from the album “Triangle”(1970)

Gérard «Papillon» Fournier — bass, vocals
Paul Farges — guitar
François Jeanneau — keyboards, saxophones
Jean-Pierre Prévotat — drums

Michel Legrand – Portnoy’s Complaint
theme of “Portnoy’s Complaint”(1969)

The Shirelles – Without a Word of Complaint
タイトルは「言い訳もなく」の意。
from the album “The Shirelles Sing To Trumpets And Strings”(1961)

一晩で10万人以上が犠牲になったとされる1945年3月の東京大空襲から10日で73年。業火の中を生き延びた女性は体験を語り、新たに平和への思いを継ごうとする女子高校生もいる。焼け野原から立ち上がった東京の下町で、惨禍が語り継がれている。
 「死体の下敷きになって助かった。私を助けてくれたのは死者」。江東区亀戸に住んでいた二瓶治代さん(81)は当時8歳。両親や妹と炎の中を逃げ惑い、途中ではぐれて意識を失った。
 空襲がやんだ朝方、何かの下から父親に引きずり出された。元いた場所を見ると1メートルほどの「人の焦げた山」。町も家も焼き尽くされ、近所のおばさんも幼なじみの男の子も亡くなった。
 戦後は口をつぐんできたが、2002年に東京大空襲・戦災資料センター(江東区)を思い切って訪れた。職員に体験を明かすと、経験を語るよう頼まれた。迷いながらも翌年、中学生を前に話した。生徒らは真剣なまなざしを向けてくれた。
 以来、センターを中心に全国の学校などで語り続ける。「日常を暮らしていた人たちが、どういう姿で死んでいかねばならなかったのか。戦争とはどういうものなのか伝えたい」

<下町で語り継ぐ惨禍=体験者ら「繰り返さない」-東京大空襲10日で73年:時事ドットコム より一部引用>
https://www.jiji.com/jc/article?k=2018030900934&g=soc

 10日で東京大空襲から73年。被災者から寄贈された生活用品など約300点で、その惨禍を伝える資料展が9日から、台東区の浅草公会堂(浅草一)で開かれる。12日までで、入場は無料。
 市民有志による実行委員会が毎年主催し、31回目。今回は、犠牲者を増やす一因となったとされる当時の法律「防空法」についての展示を充実させた。
 防空法は、一般市民が空襲に遭った際、避難せずに消火活動をするよう義務付けていた。実行委員長の川杉元延さん(75)は「2時間余りで10万人も亡くなったのは、防空法や隣組などの監視の目があり、爆弾が落ちても逃げられなかったからだ。共謀罪など現代の監視社会化にも通じる問題だ」と話した。
 会場には、政府が消火活動を広めようと「命を投げ出して持ち場を守ります」の標語を掲げた広報誌や消火道具の火たたき、3年前に防空法を特集した本紙記事のパネルなどが並ぶ。上野で山のように積み重なった遺体など、空襲体験を元にした絵画六点もある。
 期間中、さまざまな催しも行う。

<東京新聞「防空法」関連の展示充実 きょうから浅草 資料で見る東京大空襲_東京(TOKYO Web) より一部引用>
http://www.tokyo-np.co.jp/article/tokyo/list/201803/CK2018030902000142.html

「東京大空襲」の惨状を語り伝えることは大切だし意義深いことだ。
ただし、恐怖体験を通じて「命を大切にしよう」「戦争はやめよう」と訴えても、残念ながら現実の戦争に対する抑止効果はほぼ期待できない。

例えば、現在中国が昔の大日本帝国を真似して軍備を拡張し「大中華共栄圏」の版図を広げようとしているけれども、それに対して「どうぞどうぞ」というのか「やめなさい」というのか、どちらが真の平和主義者といえるのか?
核兵器反対ならプラカードを掲げてデモするより、米・露・中・印・仏等々 世界中の保有国の政府に直接「核兵器を廃棄しろ」と抗議したほうが多少は効果があるはずだが、自称反核平和団体はなぜそれをしないのか?

歴史を観れば分かるとおり、平和の代償は高くつく。
そして平和が永く続いた試しはない。
なぜなら戦争は人間が起こすのであり、人間は人間以上には決してなれないから。
極論するならば、人間がいなくなれば戦争はなくなるし、地上は平和になる。そーゆーこと。

以下、「東京大空襲」を含む投稿。

10日の「東京大空襲」の法要に続き、11日には「東日本大震災」の慰霊祭が執り行われる。これから夏の8月15日までは死んでいった者たちの無念に心を寄せるさまざまな行事が続く。

2018/03/08
 3月11日で「東日本大震災」から丸7年を迎える。「東日本大震災」関連倒産件数は、2011年3月から2018年2月まで84カ月連続で発生し、累計は1,858件(3月7日現在)に達した。
 倒産企業の従業員被害者数は2万8,601人にのぼり、1995年の「阪神・淡路大震災」時の約6.5倍に膨らんだ。また、全国では島根県を除く46都道府県で関連倒産が発生し、都道府県別の企業倒産に占める「東日本大震災」関連倒産の件数構成比では、震災で甚大な被害を受けた東北3県(宮城、岩手、福島)が高率で揃って上位に並び、影響の大きさを浮き彫りにした。

<”震災から7年”「東日本大震災」関連倒産状況(3月7日現在):東京商工リサーチ より一部引用>
http://www.tsr-net.co.jp/news/analysis/20180308_05.html

 福島県内の小学校に今春入学を予定している新1年生の数が、東日本大震災前の平成22年度に比べ25%減少する見通しであることが9日、分かった。今春の小学1年生は全員が震災後に生まれた最初の世代。減少幅は岩手県で17%、宮城県では9%にとどまることから、東京電力福島第1原発事故に伴う子育て世帯の県外避難の長期化が、福島県の少子化に拍車をかけている現状が浮き彫りとなった。

<【東日本大震災7年】福島の小1、震災前の25%減 県外避難の影響続く – 産経ニュース より一部引用>
http://www.sankei.com/life/news/180309/lif1803090050-n1.html

 政府の地震調査委員会が9日開かれ、東日本大震災の余震が減少していることが報告された。平田直委員長は終了後の記者会見で「しばらく大きな地震はないだろうと思わず、7年前を思い出して津波の時は適切に避難してほしい」と呼び掛けた。
 気象庁によると、東日本大震災の余震(震度1以上)は2011年3月11日からの1年間に比べ、過去1年間は15分の1以下に減った。
 平田委員長は「だんだん普通の状態に近づいている」としつつ、地震活動と地殻変動は震災前より活発な状態と指摘した。

<「しばらくないと思わずに」=東日本大震災の余震減少も注意呼び掛け-地震調査委:時事ドットコム より一部引用>
https://www.jiji.com/jc/article?k=2018030901324&g=eqa

東半分の太平洋側で可能性が高いのは東北地方太平洋沖地震(東日本大震災)の震源域の割れ残り部分か、海溝の外側で起きる「アウターライズ地震」。

素人でもわかる東日本大震災の予兆(earthquake 3.11)
kunikara yomino
2012/04/25 に公開

2011年の日本の地震 分布図 Japan earthquakes 2011 Visualization map (2012-01-01)
StoryMonoroch
2012/01/02 に公開

Japan remembers the victims of 2011 quake and tsunami
euronews (in English)
2017/03/11 に公開

Earthquake Sounds You Never Want to Hear in Japan
Pam injapan
2017/04/24 に公開

2020年の東京五輪まであと867日。
果して無事に迎えられるのかどうか。

陰の声「おまえもなー」

以下、「火山」「噴火」「Volcano」「地震」「Earthquake」を含む投稿。

追加記事

2018/03/11
 現状で大地震の兆候がみられる地域はあるのか。村井氏は「東北の太平洋側は、震災で土地が大きく沈み込んだ反動で隆起し続けているが、日本海側は沈降が続いている。2つの動きに挟まれた奥羽山脈周辺では地下で大きなひずみがため込まれており、要警戒だ」と話す。
 さらに「東北は全体的に南東方向に地殻変動が起きているが、茨城北部でこの動きはみられない。このため福島から茨城のあたりでひずみが生じる恐れがある」と予測する。

<最新MEGA地震予測、震度5以上捕捉率9割 「沈降地域」が危険 東北、茨城、北信越、岐阜は要警戒 – zakzak より一部引用>
http://www.zakzak.co.jp/soc/news/180310/soc1803100005-n1.html

(2018年3月11日)

追加記事

(2018年3月11日)

追加記事

(2018年11月3日)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です