おとぼけ宰相

 小川敏夫前法相が「指揮権の発動を決意したが、総理の了承を得られなかった」と発言したことについて、野田佳彦首相は12日の衆院予算委員会で、「明確に個別の事案について指揮権の話をされた記憶はない」と相談を受けたことを否定した。
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20120612-00000071-mai-soci

記憶にない? 自民党議員と同じじゃないの(笑)
指揮権発動などという重要案件についてほんとうに、有ったか無かったか記憶が飛んでいるとしたら間違いなく病気です。
すぐ総理大臣を辞任して下さい。

 「財務省中枢が、野田首相を評価していないので驚いた。野田-財務省ラインは、意思の疎通が十分図られていると思っていたんだが…」
 先日、ある野党幹部がこう話し始めた。野党といえども、最強省庁とのパイプは重要である。財務省側にしても、将来の政権交代に備えるとともに、関連法案では野党の協力を得なければならない。両氏は機会を見て会合を重ねていたが、この席で、財務省中枢の本音が漏れたという。
 「野田首相について、『決断しても時間がかかる。なかなか前へ進まない』と嘆いていた。要するに、消費税増税もグズグズして遅すぎだと。あの調子だと、財務省はそのうち見切りをつけるんじゃないか」
http://www.zakzak.co.jp/society/politics/news/20120612/plt1206121122003-n1.htm

日本の与党は官僚の意のまま。
民主党も結局そうなってしまった。
財務官僚が財政逼迫を言うならそうなった責任をまず取るべきでしょう。

公明党の井上幹事長は12日、東京都内で開かれた、次世代政治リーダーの育成を目指す有識者らの組織「日本アカデメイア」の会合で講演し、次期衆院選後に民主、自民、公明3党で大連立を組む可能性に言及した。
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20120612-00000893-yom-pol

バスに乗り遅れるな(笑)
地方議会はとっくに大政翼賛会だもの。
つくづく日本の政治はダメですねぇ、、、
選挙になったら三党まとめて葬ってしまうしかない。

 20年に1度の式年遷宮を来秋に控え、三重県伊勢市の伊勢神宮の事務をつかさどる神宮司庁(同市)が、「Shrine」などと従来訳してきた神宮の英語名称を「Shinto Temple」に変更する検討を始めたことが分かった。多くの英和・和英辞典は神社をshrine、寺をtempleとし、中学校でも最初にこう習う。違和感を持つ人も出そうだが、神宮司庁は「外国人に神宮、神道を分かりやすく説明するための検討。専門家の意見を聞きたい」としている。
http://dailynews.yahoo.co.jp/fc/local/festivals_and_conventions/

もとより教義がないのが神道ですから、どう紹介されてもいいんじゃないですか。

The Bubble Puppy – Secrets Of The Golden Shrine

This song No. 19 of 19 on the CD entitled, “Acid Visions Vol. 11 (The Living

Eyes Club)” It was written by Prince, Cox, and the song was recorded in 1968.

The Bon-Aires – The Shrine Of St Cecilia(1964)

Faron Young, The Jordanaires – The Shrine of St Cecilia

The Harptones – The Shrine Of St. Cecilia(1956)

Andrews Sisters – The Shrine Of Saint Cecilia(1942)

Swing and Sway with Sammy Kaye – The Shrine Of Saint Cecilia(1942)
vocal: Allan Foster

Vaughn Monroe and his Orchestra – The Shrine Of Saint Cecilia(1941)
vocal: Vaughn Monroe

Billboard-charted track, not elsewhere on YouTube as of this posting. Doo-wop fans know this title from the famous Harptones version. Originally a 1940 Swedish popular song “Min soldat” (or “My Soldier”), the melody with these new English lyrics was recorded by all of the major U.S. record labels and became one of the first war-themed hits of 1942.

<参考>
Anni-Frid Lyngstad – Min soldat(1970)
アンニ=フリッド・リングスタッド
2度目の引用。

Annifrid Lyngstad sjöng “Min soldat” i programmet “När stenkakan slog” 1970. Melodin var Ulla Billquists största succé och även sveriges största schlager under krigsåren (1940). Den sjöngs även in av bl a Andrew Sister, då med titeln “The Shrine of St. Cecilia”.

 テレビやラジオで放送される音楽の著作権使用料を巡り、社団法人「日本音楽著作権協会(JASRAC)」の徴収方法が独占禁止法違反(私的独占)にあたるとして出された排除措置命令を不服として争われた審判で、公正取引委員会は、審査段階の判断を変更し、命令取り消しの“無罪”審決を出したことが12日、分かった。
 審判の結果、排除措置命令が全面的に覆るのは、1994年以来。
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20120612-00000628-yom-soci

相変わらず日本はダメですねぇ。
事実上独占なんだから独占に決まってるじゃないの。

 飛鳥時代後期(7世紀末)の住民の名前や身分が記された現在の「住民票」に当たるとみられる木簡が、福岡県太宰府市の国分松本遺跡で発見されたと、同市教育委員会が12日、発表した。古代の法典「大宝律令(りつりょう)」が制定された701年より前のものでは全国初。同市教委は大宝律令より前に、中央集権国家の要となる戸籍関連の制度が確立されていたことを示す重要な資料としている。
http://www.jiji.com/jc/c?g=soc_30&k=2012061300027

課税や軍事目的か 謎残る木簡の性格
 福岡県太宰府市の遺跡で見つかった木簡には、転出を表す「去」などの文字があり、戸籍が人の異動を丹念に追っていることが分かる。一方で、誕生や死亡は記録しておらず、子どもが載っていないなどの謎も残る。
 九州大の坂上康俊教授(日本古代史)は6年に1回作られる戸籍の変動を抜き書きしたものか、税や軍役を課すため、戸籍を基に毎年作った台帳「計帳」の変更点を記録したとみる。
 計帳の作成は大宝令(701年)で初めて定められるが、坂上教授は「計帳の機能を持つ帳簿は、既に7世紀末から作られていたのではないか」と話している。
http://www.nikkei.com/article/DGXNASDG1204C_S2A610C1CR8000/?nbm=DGXNASDG12031_S2A610C1CR8000

支配者が民のリスト化を図る目的は課税・徴兵・治安維持のほかにはありません。
今も昔も、どこの国でも同じです。
いわば権力にとっての財産目録。
労働畜・生産畜・納税畜・兵役畜の管理には欠かせないんです。

北朝鮮のマスゲームと芸術公演「アリラン」が、今年の10周年公演を最後に幕を下ろすことが11日、分かった。
 北朝鮮情報専門のウェブサイト「ノースコリアンエコノミーウォッチ」によると、中国・北京にある北朝鮮専門旅行の高麗旅行社がこのほど顧客宛ての案内文で「平壌の消息筋が、今年でアリランが最後になるだろうと知らせてきた」と伝えた。
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20120612-00000012-yonh-kr

ファシズムの精華であるマスゲームの示威をやめるなんて、
あらあらあら、どうしちゃったのー?
世間体を意識するようになったのか、単にお金がないのか。

Les Tres Femmes – What’s A Matter Baby(1976)

  ※(追記:この動画は削除されました

 

Timi Yuro – What’s A Matter Baby(Is It Hurting You)(1962)涙が頬をぬらす時
arranged & conducted by Bert Keyes, produced by Clyde Otis
2度目の引用。

#12 charting single was Timi’s second most-popular record hit (see the 1961 Hits Archive for “Hurt”).

 「次世代のテレビ」と呼ばれるスマートテレビの試作機を、国内のメーカーが発表しました。
 「こちらがスマートテレビの試作機です。手元のタブレットでは見逃した名シーンを何度でも見ることができます」(記者)
 スマートテレビは通常の番組だけでなく、インターネット経由でアプリケーションや動画、音楽などをダウンロードして楽しめるのが特徴です。
 番組の内容をCGのキャラクターが手話で紹介したり、自動的に緊急地震速報が表示されるなどの機能も備えます。
http://headlines.yahoo.co.jp/videonews/jnn?a=20120612-00000035-jnn-bus_all

消費者、ユーザから新たにお金をがっぽり掠め取ろうという魂胆で、新商品の開発がなされるわけですが、
どうでしょうかねぇ、99%の国民が落魄・零落しつつある現在、不必要なサービスに積極的に支出するかどうか。
デジタルテレビに買い換えたのは、そう何年も前の話じゃないですよ。

 アトピー性皮膚炎を慢性化させる原因となるタンパク質を、佐賀大や九州大、岐阜薬科大などのチームがマウスの実験で特定したと、11日付の米医学誌で発表した。新たな治療薬開発につながる可能性があるという。  チームによると、アトピー性皮膚炎は一度発症すると何年も症状が続くことが多いが、慢性化の仕組みはよく分かっていなかった。
http://www.47news.jp/medical/2012/06/post_20120612011206.php

アトピーではないのですが、老人性乾燥肌という皮膚疾患を抱える身としては、かかる新発見は非常に嬉しく、頼もしいですね。

故田宮二郎さんの次男で俳優、田宮五郎との極秘交際が12日発売の「女性自身」で報じられた女優・浅野ゆう子が12日、所属事務所を通じてマスコミ各社にファクスを送り、「私の良き理解者」と交際を認めた。
 田宮は4月にくも膜下出血で倒れ、8時間の大手術を受けて、現在も闘病中。浅野は「私の良き理解者である田宮さんは今、『生きていきたい』と前向きに信念を持ち、懸命に病と闘っております。私は今、舞台公演を心を込めて演じさせて頂くことが自分の使命だと思っております。それを田宮さんも病床から応援してくれています」とつづり、「どうか、静かに見守って下さい。お願いします」と病と闘う田宮さんを気遣った。
 女性自身では2人の交際は5年に及ぶとしている。
http://www.daily.co.jp/newsflash/2012/06/12/0005129839.shtml

次男が俳優だったとは存じませんでした。
田宮二郎はいい役者だったですね。大映のプログラムピクチャーで、その時代の若者を演じていた頃のを見ると、おとなしい役であってもやはり他の人とは違っていた。ギラギラしたものが自然と表情に滲みでるんですね。
もちろんそのギラギラした部分を 公の席であからさまに語るようなことは しなかったようですが。

通天閣のモデルとなったのが、パリのエッフェル塔。1889(明治22)年開催の「パリ万博」のために建てられた。当時、最先端の工学技術の粋を集めた312・3メートルの世界一の高さの造形物だった。
 しかし、建設中からモーパッサンなどの文化人たちから「パリの名誉を汚す怪物」などという陳情書がパリ市に提出されたほどの問題児。ところが、万博期間中に600万人もの集客があったため、期間終了後は取り壊される予定が、軍事用の無線電波塔として残され、やがて凱旋門などとともにパリの象徴的なランドマークになった。
 一方、日本では1890(明治23)年11月13日、浅草に遊覧所「凌雲閣」(別名十二階)がオープン、わが国で初めてのエレベーターが設置された。当時の浅草寺五重塔の41メートルを上回る52メートルという高さは、今のスカイツリーの話題に匹敵するものであったと思われる。
 現に翌年には歌舞伎座で五世尾上菊五郎が凌雲閣を取り入れた舞踊劇を上演して評判になった。同じ頃、十二階では「百美人」という最初のミスコンが開催されている。
 そして1912(大正1)年には大阪・天王寺に「新世界ルナパーク」が開場、客寄せの目玉として通天閣が登場した。
http://www.zakzak.co.jp/society/domestic/news/20120612/dms1206120705004-n1.htm

見晴らしのいい場所が好きです。
だから住みたいのは一軒家よりタワーマンションの高層階。
まぁ食糧や日用品をまとめ買いできるような経済状態になったらという前提付きですけど。

Tower of Power – What Is Hip(1973)

Townes Van Zandt – Tower Song(1971)

Paul Brett’s Sage – The Tower(1970)

  ※(略)

 

Crosby, Stills, Nash & Young – Ivory Tower(unreleased, 1969)

Ivory Joe Hunter – Ivory Tower(1968/12)

  ※(追記:この動画は削除されました

 

The Jimi Hendrix Experience – All Along The Watchtower(1968)ウォッチタワー
2度目の引用。

  ※(追記:この動画は削除されました

 

Gil Bernal – Tower Of Strength(1968)

Bob Dylan – All Along the Watchtower(1967)見張塔からずっと

  ※(略)

 

Shirley & Jessie – Ivory Tower(1966/04)

Gloria Lynne – You Don’t Have To Be A Tower Of Strength(1962)

Paul Raven – Tower Of Strength(1961/11)
UK

Frankie Vaughan – Tower of Strength(1961)

Gene McDaniels – Tower Of Strength(1961)
with the Johnny Mann Singers

This was Gene’s second top-5 charting single of 1961 (see also “A Hundred Pounds Of Clay”) and one of several Burt Bacharach tunes that paired him with lyricist Bob Hilliard rather than his regular writing partner Hal David.

The Towers(1957)

Otis Williams and His Charms – Ivory Tower(1956/03)

This cover of the Cathy Carr ballad was the highest-charting ‘pop’ hit by Otis and his R&B group.

Gale Storm – Ivory Tower(1956/03)
orchestra and chorus conducted by Billy Vaughn

TV’s “My Little Margie” reached the top-10 with one of the three popular versions of this 1956 ballad (see also Cathy Carr and Otis Williams).

Cathy Carr – Ivory Tower(1956/03)

orchestra and chorus conducted by Dan Belloc
Cathy’s birth name was Angela Cordovano, and this original and most-popular version of the ballad climbed to #2 on the Billboard juke box charts.

Jack Fulton – Ivory Tower(1955/10)

“Ivory Tower” was one of the top ballad hits of 1956, led by Cathy Carr’s version and followed not far behind by Gale Storm and Otis Williams. Interestingly, it was co-written and initially recorded by Jack Fulton, who had been a well-known vocalist with the Paul Whiteman orchestra from 1926 to 1934, performed for many years on radio (including a good run on Don McNeill’s Breakfast Club), and had also co-written the song hits “Wanted” (Perry Como) and “If You Are But A Dream” (Frank Sinatra).
Grateful appreciation to ‘Evan M’. of Australia for the pristine audio transfer and label image.

Sherlock Holmes “The Case Of The Eiffel Tower”

  ※(追記:この動画は削除されました

 

The Man on the Eiffel Tower(1949)

  ※(追記:この動画は削除されました

 

Crystal Palace Blown Up(1941)

Construction de la tour eiffel

Eiffel Tower animation

以下、「タワー」「Tower」を含む投稿。

追加記事

 大阪の庶民文化を代表する繁華街、新世界と通天閣が3日、誕生から100年を迎えた。周辺の治安悪化で訪れる人が減り、低迷した時期もあったが、レトロな雰囲気と串カツブームで観光客は大幅に増え、昨年度は通天閣の入場者が52年ぶりに120万人を突破した。この日はあいにくの雨となったが、記念式典には約150人が出席し、街の「100歳」をにぎやかに祝った。
 新世界は今、「串カツテーマパーク」とも言われる。約50軒の串カツ店が軒を連ね、週末には全国から訪れた観光客であふれる。
 通天閣には昨年度122万人が入場し10年前の1・8倍に増えた。海遊館(大阪市港区)は昨年度の入館者は225万人で10年前から横ばい、大阪城(同市中央区)が1・2倍に伸びて141万人だったのに比べ、抜群の伸び率だ。
 入場者は1957年度の155万人をピークにしばらく下降が続いてきた。大阪万博が開催された70年度には110万人と持ち直したが、73年度以降、入場者が30万人前後の時期が20年近くもあった。
 回復のきっかけは96~97年に放映された連続テレビ小説「ふたりっ子」。通天閣を運営する「通天閣観光」の西上雅章社長(62)は「新世界で暮らす人々の雰囲気をうまいこと全国に伝えてくれた。驚くほどメディアの露出が増えました」と振り返る。以降、観光客が大幅に増えた。
 串カツブームは2005年頃から。テレビ番組や雑誌で紹介され、07年度には通天閣の入場者も100万人台を回復した。今年は東京スカイツリーの開業効果もあり、さらに混雑が続いているという。
http://osaka.yomiuri.co.jp/e-news/20120703-OYO1T00738.htm

それに引き換え、東京タワーの下というのは殺風景で閑散としてますな。
(2012年7月3日)

追加記事

 総務省が、放送とインターネットを融合した「スマートテレビ」の普及に向けて、放送局や通信会社、メーカーなどと共同で基本技術を開発することが7日、分かった。日本発の新規格を世界標準にするようネット技術に関する国際標準化団体に提案し、本格的な普及に動きだす。
http://www.47news.jp/CN/201207/CN2012070701001309.html

業界がやればいいものを、官僚主導で動くところに、例によって胡散臭さが強く感じられます。
(2012年7月7日)

追加記事

東京タワー、初めて「背丈」縮む…315mに
 高さ333メートルの東京タワーが17日、耐震改修工事による鉄塔上部のアンテナ交換のため、一時的に高さが315メートルになり、1958年の完成以来、初めて「背丈」が低くなった。
 10日夜から地上アナログ放送用のアンテナを17分割して撤去し、17日には見た目でも分かるほど低くなった。同日夜からは新たなアンテナ支柱の建設が始まり、工事が終わる8月のお盆前後には、また元の高さに戻るという。
(2012年7月17日21時09分 読売新聞)
http://www.yomiuri.co.jp/national/news/20120717-OYT1T01256.htm

ニュースとして報じるほどの意味があるとは思えぬが(笑)
(2012年7月17日)

追加記事

Emmy Lou & The Rhythm Boys – Princess In A Tower
Published by Swedish BLP Records 2015.

(2016年8月20日)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です