Anytime, Any Place, Anywhere

 東日本大震災の際、フランス政府の勧告に従って東京から国外に一時避難したことを理由に解雇したのは不当だとして、NHKに委託スタッフとして勤務していたフランス国籍のエマニュエル・ボダンさん(55)が15日、解雇無効の確認と損害賠償などを求める訴えを東京地裁に起こした。
 訴状によると、ボダンさんはNHKに20年以上勤務し、海外向けラジオのアナウンスや翻訳業務に従事。毎年度、業務委託契約を交わしていた。
 2011年3月の震災直後、フランス政府の避難勧告で、東京を離れ同月30日には出社すると上司に伝えたが、22日付書面で突然、解雇を通知されたと主張している。
http://www.47news.jp/CN/201301/CN2013011501002176.html

エネーチケーは原発事故とそれが引き起こす事態をまったく想定していなかったと思われる。その馘首が法や内規に照らして正当であったかどうか。おそらくはエネーチケーは敗けるか実質敗訴(金で解決)となるだろう。

Liz Lands – Don’t Shut Me Out(1967/04)

2013/01/12
 政府の地震調査委員会は11日、日本周辺で起きる地震の発生確率を、ことし1月1日を基準として計算した結果を発表、東南海地震の今後30年以内の発生確率が、昨年の「70%程度」から「70~80%」に上昇するなど、一部地域でわずかに上昇した。南海地震(30年以内)は「60%程度」で変わらなかった。
 主に時間の経過による影響で上昇したという。ただ東南海・南海地震については、調査委が現在、発生可能性の評価内容自体を見直す作業を進めており、「数値は暫定的」としている。新たな評価は3月をめどにまとめる。
 関東大震災(1923年)と同タイプの地震は10年以内だと「ほぼ0~0・1%」から「ほぼ0~0・2%」とわずかに上昇した。30年以内では「ほぼ0~2%」で変わらなかった。三陸沖北部では、「0・7~10%」だった確率が「1~20%」と上昇した。
http://www.zakzak.co.jp/society/domestic/news/20130112/dms1301121437005-n1.htm

東京の都心で雪が積もったことについて、気象庁は都心の気温が予想より早く下がって、午前中から雨が雪に変わり、長い時間降り続いたためと説明しています。
気象庁は、気温の予想は誤差があり、雨か雪の判断は難しいことを理解してほしいとしています。
気象庁は14日の朝の予報で、関東地方について、「平地でも積雪となるところがありますが、東京23区では積雪になる可能性は小さいでしょう」と発表しました。
http://www3.nhk.or.jp/news/html/20130115/k10014815981000.html

地震の場合、発生確率の算出と、予知とではかなり話が違ってくる。前者はたぶん公式みたいなものに当てはめるんだろうね。後者は競馬の予想に近い感じだろう。
要らないのは根拠のない「予言」だな。

人間の側としては「地震は時と場所を選ばない。いつだって起こりえる」、そう心得ておくのが一番いいのではないか。

Barbra Streisand – Somewhere(1985)
from the album “Barbra Streisand ‎- The Broadway Album”

Barbara Mandrell – Sometime, Somewhere, Somehow(1980)

Maynard Ferguson – Somewhere(1969)

  ※(追記:この動画は削除されました

 

Gene Pitney – Somewhere In The Country(1968)
2度目の引用。

The Loved Ones – Another Time Or Place

This is a B-side single to “Surprise, Surprise (For You)” and is written by Terry Johnson.
The 45 was released in 1966 by Ambassador Records and the catalog # is TIF-212.
This group is from Tennessee.

The Jades – I’m Where It’s At(1966)

The Seeds – The Other Place

This is a B-side single to “Try To Understand” and is written by Saxon, Hooper.
The 45 was released in 1966 by GNP Crescendo Records and the catalog # is GNP 370X.
This group is from California.

Lorraine Ellison – Call Me Anytime You Need Some Lovin’(1966)

Perry Gordon and The Shaggs – Anytime

This is a B-side single to “It’s Too Late” by Cynthia Williams And The Shaggs, and is written by Perry Gordon.
The 45 was released in 196? by Abco Records and the catalog # is 45-1002.
This group is from Florida.

The Cherokees – A Wondrous Place(1965/02/05)
2度目の引用。
タイトルは「不思議な場所」の意。

  ※(追記:この動画は削除されました

 

Frank Sinatra – Somewhere In Your Heart(1964/12)
orchestra & chorus conducted by by Ernie Freeman

produced by Jimmy Bowen
Pop Chart Peaks: Record World 31, Billboard & Cash Box 32
This was Frank’s only Billboard Top 40 appearance during calendar year 1965, though things would change markedly the following year (”Strangers In The Night” “That’s Life” “It Was A Very Good Year”).

The Tymes – Somewhere(1963/11)
モーツァルト『ピアノソナタ第16番 ハ長調(Klaviersonate Nr.16 C‐dur / Piano Sonata No. 16 in C major, K. 545)』第1楽章を使用。

(Debuted late ’63) 1964 Pop Chart Peaks: Cash Box 14, Billboard 19, Music Vendor 21
Following “So Much In Love” and “Wonderful Wonderful,” this third consecutive hit for the Philadelphia group is not the “Somewhere” from “West Side Story,” but a tune partially based upon Mozart’s familiar “Sonata #3 in C Major.”

The Lettermen – Where Or When(1963)

Sunny and The Sunliners – Every Week, Every Month, Every Year(1963)

  ※(追記:この動画は削除されました

 

Clairette Clementino – Ev’rywhere(1961)

Mike André – Somewhere, Sometime(1960/09)

Jim Solley & Lubocs – Somewhere My Love

Leonard Bernstein: “West side Story” Somewhere

Billy Fury – Wondrous Place(1960/09/25)
2度目の引用。

  ※(追記:この動画は削除されました

 

Andy Rose – A Wondrous Place(1960/09)
2度目の引用。

  ※(追記:この動画は削除されました

 

Dion and The Belmonts – Where Or When(1959/12)いつかどこかで

Composed for the 1937 stage musical “Babes In Arms,” this Rodgers & Hart standard reached #3 on Billboard as Dion’s final major hit with the Belmonts prior to his going ‘solo’ later in the year.

Bennie Bunn – Sometime, Somewhere, Somehow(1959)

Day, Dawn & Dusk – Anytime, Anyplace, Anywhere(1956)

Julius La Rosa – Anywhere I Wander(1953/01)
orchestra conducted by Archie Bleyer

This is one of the Frank Loesser tunes that highlighted the 1952 Danny Kaye film musical “Hans Christian Andersen.” Rising star La Rosa from the Godfrey shows collaborated with Godfrey’s music director Archie Bleyer on this, the first major seller on Bleyer’s new Cadence record label. Julie’s follow-up single “My Lady Loves To Dance” and his biggest hit “Eh, Cumpari” are also included in this collection

Tony Bennett with Percy Faith & His orchestra & chorus – Anywhere I Wander(1952/09/19)

Frank Loesser ballad from the 1952 Danny Kaye film “Hans Christian Andersen.” And for the popular Julius La Rosa version

Nat “King” Cole – Somewhere Along The Way(1952/04)
orchestra conducted by Nelson Riddle

Cole’s most popular single of 1952 was this Nelson Riddle-arranged lament, spending a half year on the national record charts and peaking at #8. Note that the most commonly reissued Cole recording of this title over the years has been a 1961 stereo remake with a similar arrangement, but conducted by Ralph Carmichael rather than Riddle. This posted version is the original hit.

Tony Bennett – Somewhere Along The Way(1952/03/21)
orchestra conducted by Percy Faith

For the best-selling Nat King Cole version of this 1952 song hit,

Eddie Fisher – Anytime(1952)
orchestra conducted by Hugo Winterhalter

Eddie’s million-selling signature tune had been published in 1921, was first popularized by Emmett Miller later in the’20s, was reintroduced to “modern” audiences via Eddy Arnold’s best-selling country version in 1948, and shot Fisher toward the top of the entertainment world in early’52. You’ll find no fewer than eight of his hit records in this 1952 posting, including “Wish You Were Here” “I’m Yours” and “Lady Of Spain.”

Joe Morris and his Orchestra featuring Laurie Tate – Anytime, Any Place, Anywhere(1950)
この曲には中学生のころ出会った。懐かしい。

Eddy Arnold and his Tennessee Plowboys – Anytime(1948)

Published in 1921 and first popularized by Emmett Miller later in the’20s, “Anytime” would later provide major career boosts for a couple of singers named ‘Ed’. Eddie Fisher in ’52 and this chart-topping 1948 country hit for ‘The Tennessee Plowboy’ Eddy Arnold. It crossed over into the top-20 of the pop jukebox listings, as did his best-sellers “Bouquet Of Roses” and “Just A Little Lovin’ (Will Go A Long Way),” both also included in the 1948 collection.

Horace Heidt and his Musical Knights – Anywhere(1945)
vocal: Dorothy Rae and The Sweetswingsters

recorded March 19, 1945.
Movie: “Tonight And Every Night” (Columbia), starring Rita Hayworth, Lee Bowman, Janet Blair, Marc Platt, and Leslie Brooks.
Singer-actress Janet Blair sang this in the musical drama.

Nancy Walker – Ev’ry Time(1941)

Kay Kyser and his Orchestra – I’d Know You Anywhere(1940)
vocal: Ginny Simms
2度目の引用。

recorded September 15, 1940.
Movie: “You’ll Find Out” (RKO), starring Kay Kyser & his Orch, Peter Lorre, Boris Karloff, Bela Lugosi, Helen Parrish, and Dennis O’Keefe.
Let’s call this film a “comedy-horror-musical-mystery” (note some of the sinister-looking names in the cast).

Hal Kemp and his Orchestra – Where Or When(1937)いつかどこかで
vocal: Bob Allen
ロジャース=ハート・コンビの名曲。ミュージカル『ベイブズ・イン・アームズ(Babe in Arms)』からはほかに、『マイ・ファニー・バレンタイン』『レディ・イズ・ア・トランプ』『ジョニー・ワン・ノート』などがヒットし、スタンダードナンバーとなった。1939年の映画版(邦題『青春一座』)では、ジュディーガーランドとミッキー・ルーニーが歌っている。

recorded in NYC March 24, 1937
Classic Rodgers & Hart ballad hit from their stage musical “Babes In Arms,” from whence also came the previously posted flipside of this 78, “Johnny One Note.” Those two tracks concluded Kemp’s ten-year relationship with the Brunswick company, and the band would begin recording for Victor just a few weeks later.

Ruby Newman & his Rainbow Room Orchestra – Where Or When(1937)
vocal: Ray Heatherton

recorded in NYC March 12, 1937
The classic Rodgers & Hart ballad from their musical “Babes In Arms” was introduced onstage by Mitzi Green and Ray Heatherton, who is also heard here on this first commercial recording of the song. The most successful 1937 version was by Hal Kemp and later generations should remember the 1960 hit by Dion & the Belmonts

Lloyd Keating and his Music – Any Time’s The Time To Fall In Love (1930)
vocal: Paul Small
Phil Spitalny as Lloyd Keating
2度目の引用。

Philip Spitalny and his Orchestra – Any Time’s The Time To Fall In Love(1930)
vocal: Burt Lorin
Scrappy Lambert as Burt Lorin
2度目の引用。

Emmett Miller – Anytime(1924 version)

piano accompaniment by Walter Rothrock
recorded October 25, 1924
Sometimes shown as “Any Time” (two words), this is the song that would become a huge success for Eddy Arnold in 1948 and the breakout hit for Eddie Fisher in 1951-52 . Different (and usually better-quality) postings of this title by minstrel show performer Miller are of his later 1928 or 1936 recorded versions. Note here some of the phrasing similarities to “Lovesick Blues,” which was also popularized in the 1920s by the artist.

2013/01/12
 3・11直前の三陸沖地震を的中させた北陸地震雲予知研究観測所の上出孝之所長が「5日の正午から午後4時に灰色の大きな帯状の地震雲を観測しました。1月10日から7日以内(+2日)に東北(岩手、宮城、福島)でM6.5(±0.5)、震度5~6の地震が起きる可能性がある」と予告しているのだ。
 上出氏によると、地震雲は、「地震が起こる前に岩板に強い力が加わり、電磁気が発生することで、プラスイオンが電磁気とともに上昇し、水蒸気に影響を及ぼしてできる」という。30年以上の継続観測の結果、10年は35回中30回、11年は54回中46回と高い的中率を誇っているだけに気になる。
「8日の午前11時30分~午後4時に白い帯状の地震雲が発生している。このことから1月10日から11日以内(+2日)、東北から関東(福島、茨城、千葉)でM6(±0.5)、震度5~6の地震が発生する恐れがある。同日の午後3~4時にも、別の白い帯状の地震雲が出ていて、1月10日から11日以内(+2日)、関東(茨城、千葉、神奈川)でM5(±0.5)、震度4の地震が起きるかもしれない」と見通した。
http://gendai.net/articles/view/syakai/140462

これを補強するような、別の宏観現象って、ないのかな?

Eva Eastwood & The Major Keys – Before You Came(2012)

 映画監督の大島渚さんが2013年1月15日15時25分、肺炎のため神奈川県藤沢市内の病院で死去した。80歳だった。大島渚プロダクションが発表した。
 大島さんは京都の生まれ。1954年に京都大学法学部卒業後、松竹大船撮影所に入社。60年に「青春残酷物語」で第1回日本映画監督協会新人賞を受賞、日本ヌーベルバーグの旗手とうたわれた。
http://www.j-cast.com/2013/01/15161349.html

『新宿泥棒日記』(1969)、『帰って来たヨッパライ』(1968)は時代のドキュメンタリーとして面白かった。
『青春残酷物語』(1960)とか『愛のコリーダ』(1976)とか『儀式』(1971)とかは、それぞれ理由は異なれども、映画としてそれほど楽しめなかった。
『戦場のメリークリスマス』(1983)もなんだかなぁ。

この人の偉いところはタレント活動をやって製作資金を自分で稼いでいたこと。
ヒモ付きを嫌ってたんだね。

日韓関係のテレビ番組で、韓国人に「バカヤローッ」と叫んで、怒らせていたのが思い出される。

松尾貴史『朝までナメてれば どうするどうなる武田鉄矢』ダイジェスト

Quincy Jones – Ai No Corrida(1981)

  ※(追記:この動画は削除されました

 

曲名は、1976年のフランス・日本合作映画『愛のコリーダ(L’Empire des sens)』の日本語名から採られている。「コリーダ(スペイン語: corrida)」はスペイン語で「闘牛」を意味する。

<愛のコリーダ(曲)- Wikipedia>
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%84%9B%E3%81%AE%E3%82%B3%E3%83%AA%E3%83%BC%E3%83%80_(%E6%9B%B2)

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です