寒冷の受忍限度

東京ではおととい15日から気温が下がってきた。
きのうもひきつづき寒かった。きょうは雨でさらに冷え込むという。

さきほどガスファンヒーターを引っ張りだした。
つまりきょうの体感気温こそが、私の寒冷の受忍限度、暖房器具を出すか出さないかの敷居値(しきいち)、閾値(いきち)、スレッショルド、スレシホールドということになる(笑)

Jack McDuff – The Heatin’ System(1972)

衆院総選挙を1か月後に控え、注目されるのが「第三極」の行方だ。河村たかし名古屋市長が率いる「減税日本」と、石原慎太郎前東京都知事が率いる「太陽の党」が合流する見通しになり、焦点は大阪市の橋下徹市長が率いる「日本維新の会」の行方だ。石原氏は橋下市長にラブコールを送り続けているものの、橋下氏は合流の前提条件として「政策、理念、価値観の一致」を繰り返しており、石原氏が「最後の話し合い」と位置づけた場でも、話はまとまらなかった。2012年11月17日には「延長戦」として再会談が行われるが、合意に至るかどうかは不透明だ。
http://www.j-cast.com/2012/11/16154303.html

超保守と 看板だけでも「維新」の、談合・野合。
「減税日本」が増税賛成の党と結託する奇々怪々。
みな「官僚支配打破、中央集権解体」をお題目にしているけど、官僚やジャパンハンドラーが最も嫌っているところの、あの小沢一郎のように叩かれたのは橋下徹くらいなもので、その橋下も軍門に降ったと観られている。先般の週刊朝日記事などは左翼市民派のこぢんまりとした悪意・敵意でしかない。

目先の利害で徒党を組んだ寄り合い所帯・呉越同舟なら、自民党と何ら変わらない。
総論賛成各論反対で すったもんだの繰り返しだ。

The Four Counts – Rock And Rolls Good For The Soul(1958)
トレニアーズ、ダニーとジュニアーズ スタイル。

Patsy Cline – Gotta Lot of Rhythm in My Soul(1959)

Lee Morgan – These Are Soulful Days(1960)

Barry Gordon – She’s Got Soul(1961/09)
Art Mooney And His Orchestraのクリスマス物でボーカルを務めた少年。
ブレンダ・リー、コニー・フランシス、エルヴィス・プレスリー、チャビー・チェッカーの名が出てくる。

Russ Reagan – She’s Got Soul

  ※(追記:この動画は削除されました

 

Vicky Simms – She’s Got Soul(1962)
Australia

Kenny Wade – She’s Got Soul(1962/03)

  ※(追記:この動画は削除されました

 

Quincy Jones And His Orchestra – Soul Bossa Nova(1962/09)
from the album “Big Band Bossa Nova”(1962)

Ric Castle – She’s Got Soul(1963/04)

  ※(追記:この動画は削除されました

 

Bruce Cloud – Soul Mambo(1963)

  ※(追記:この動画は削除されました

 

The Impressions – Woman’s Got Soul(1965/03)
conducted by Johnny Pate
2度目の引用。

Pop Chart Peaks: Billboard, Cash Box, Record World: 29 – R&B Chart Peak: 9
One of three Impressions releases included in this 1965 collection.

The Yardbirds – Heart Full Of Soul(UK:1965/06/04, US:1965/07/02)
シタールの音色に似せている例。

produced by Giorgio Gomelsky
Pop Chart Peaks: Billboard & Record World 9, Cash Box 12 – UK Chart Peak: 2
The second of three U.S. hits for the British group in 1965 (see also “For Your Love” and “I’m A Man”).

Bud Harper – Mr. Soul(1965)

  ※(追記:この動画は削除されました

 

The Righteous Brothers -(You’re My)Soul And Inspiration(1966/02)
conducted by Bill Baker

produced by Bill Medley
Pop Chart Peaks: Billboard, Cash Box & Record World #1
Following such major best-sellers as “You’ve Lost That Lovin’ Feelin'” and “Unchained Melody,” this number-one ballad would be the duo’s last top-10 single until “Rock And Roll Heaven” in 1974.

Leon Haywood – Soul On(1966)

  ※(追記:この動画は削除されました

 

Count Yates – At the Soul-In Part I & II(1966)

Andrea Davis – You Gave Me Soul(1966)

The Trensations – Soulin’ and Rollin’(1967)

  ※(追記:この動画は削除されました

 

Sam & Dave – Soul Man(1967/08/21)
3度目の引用。

produced by Isaac Hayes & David Porter
Pop Chart Peaks: Cash Box & Record World #1, Billboard #2 – R&B Chart Peak: #1 (for 7 weeks)
This all-time top-selling hit from Sam Moore & Dave Prater was co-written and co-produced by future recording artist and actor Isaac Hayes.

Faron Taylor – Blue Eyed Soul(1968/01/09)

The last of four singles issued by Miss Taylor on the Columbia label. An accomplished jazz vocalist for 10 years prior to the release of this Spectorian release, Faron Taylor had also recorded several tracks for Debut Records in 1957 which were not issued. ‘Blue Eyed Soul’, a composition by Al Kasha & Joel Hirschhorn, was no doubt a nod to the music styling of the Righteous Brothers. Recorded in December 1967 at Columbia’s 30th Street Studio, a converted cavernous church, the track was brilliantly produced and arranged by Charles Calello. This disc as did Miss Taylor’s previous Columbia discs, tanked. Really unfortunate since it most certainly is a classy, soulful production that deserved a better fate.

Aretha Franklin – Soulville(1968)

Twitchie Feet – The Soul Machine(1968)

The Latin Souls – A Song Called Soul(1968)

  ※(追記:この動画は削除されました

 

The Chaumonts – Loving Soft Soul(1968)

  ※(追記:この動画は削除されました

 

Burt Blanca – Rock’n’Roll Is Good For The Soul(1968)

The Relatives – She’s Got Soul

The Road – Mr. Soul(1970)

  ※(追記:この動画は削除されました

 

 維新は出馬希望者50-60人を対象に「供託金の有無」や「選挙区の最終確認」を行っている。小選挙区の供託金は1人300万円、比例重複には600万円が必要で、維新はその他の費用も含め、借金をしてでも自分で負担するよう求めている。
 候補者の卵にあたる「維新政治塾」塾生の50代の会社員は、橋下氏が「選挙費用は他党だと5000万円かかるが、維新なら2000万円から3000万円で済む」と塾生に話していることを明かし、こう語る。
 「橋下氏としては『維新のネームバリューと、自分の選挙応援だけで通してやる』という意味だろう。しかし、維新の政党支持率は2%ほどで、大阪や近畿、各都道府県の1区以外では当選はなかなか難しい。カネをドブに捨てるのはいやだ」
http://www.zakzak.co.jp/society/politics/news/20121115/plt1211151143005-n1.htm

橋下市長はサラ金の取り立て側の顧問弁護士だったんだから、融資先を紹介してあげれば? いやマジでさ。

この戦い、私達は、日本を取り戻すための戦い、そう位置づけています。我が党は、この選挙戦において、私達の理念に基づいた政策を堂々と訴えていきたいと思います。
強い経済を取り戻して行く。
強い経済は、しっかりとした社会保障の基盤につながっていきます。
強い経済は、活力のある地方につながっていきます。
強い経済は、東北の復興の大きな力になるわけであります。
私達はどうやって経済を強くしていくか、経済を成長させていくか 、具体的に政策を示していきたいと思います。
http://blogos.com/article/50423/

政治家って、選挙になると俄然雄弁に、勇ましくなるネ。
当選したらとたんに、低くしていた腰を伸ばして不明瞭な言語に戻る。
何度やっても同じだ。

、東京新聞のコラム「核心」では「首相暴走 捨て身解散」と冷めた見出しが躍り、「野田佳彦首相が『暴走』した」と書いた。
 たしかに、「首相は自ら決断することで主体性を装ったが、実態は党分裂を誘発させかねない捨て身の解散」との指摘のとおり、「身内」である民主党内からは早くも山田正彦元農相や冨岡芳忠氏、山崎誠氏らが離党届を提出。党を離れる議員はまだいそう。
 そのようすからは、「首相暴走」もわからないではない。
 しかし、東京新聞ではその5日前の11月10日には社説で「野田内閣は総辞職するか、衆院を解散して信を問うのが筋である」と書いていた。
 これにはジャーナリストの江川紹子さんもツイッターで、「とても同じ新聞とは思えない」と、つぶやいている。
http://www.j-cast.com/2012/11/15154141.html

民主党は東京新聞に嫌われてるってことですな。
何をやっても 何を言っても、けっきょく悪く悪く取られて非難・中傷される。
世の常です。

首都大学東京の研究者が開発した、五線譜を読みとってリアルタイムに演奏する小型のスキャナー「Gocen(ゴセン)」が米ギズモードでも話題になっています。このスキャナーは様々な音色に対応しており、ピアノやギター、さらには交響曲の楽譜も再現することができるスグレモノ。
http://www.gizmodo.jp/2012/11/gocen.html

Write and play your own sheet music with the Gocen #DigInfo

素晴らしいアイデア。そして技術力。大拍手です。
たぶん世界的大ヒット商品になると思われます。

Thank You For The Music(Piano Tune)

Amanda Seyfried – Thank You For The Music(2008)

“Thank you for the Music” original song by ABBA performed by Amanda Seyfried in the world wide hit musical movie and stage musical “Mamma Mia”. These Videos are property of Universal Studios.

Molly Sandén – Thank You For The Music(2006)

The Beach Boys – Winter Symphony(1998)

Johnny Earle – Play The Music(1998)
UK

The Nolan Sisters(The Nolans)- Thank You For The Music(1979)

  ※(追記:この動画は削除されました

 

Neil Sedaka – All You Need Is The Music(1978/09)

Franck Pourcel – Thank You For The Music(1978)
from the album “Franck Pourcel Meets ABBA”

The Carpenters – Thank You For The Music(Tonight Show, 1978)
カレンの声はやはり稀有ですね。

ABBA – Thank You For The Music(1978)

ABBA – Thank You For The Music(TOP CLUB FRANCE 1978)

Albert Hammond – The Free Electric Band(live 1973)

9th Street Exit – Let’s Make Sweet Harmony(1973)

Larry Lurex – I Can Hear Music(1973/08)
Freddie Mercury

Tony Cole – Like A Rock And Roll Band(1972)

The Brotherhood – Rock And Roll Band(1972)

Flied Egg – 521 Seconds Of Schizophrenic Symphony(1972)

  ※(追記:この動画は削除されました

 

Abel – Music Maker(1971)

The Beach Boys ‎- Add Some Music To Your Day
from the album “Sunflower”(1970)
2度目の引用。

Juice – The Elastic Band(1969 ?)

Mama Cass Elliot – Make Your Own Kind Of Music(1969/09)

The Stark Reality – All You Need To Make Music(1969)

The Beach Boys – I Can Hear Music(1969/03/03)
feom the album “20/20″(1969/02)

The Supremes – Let The Music Play(1969)

Leslie Uggams – Let The Music Play(1968)

  ※(追記:この動画は削除されました

 

The Will-O-Bees – Make Your Own Kind Of Music(1968/08)

produced by Bill Traut
Best-remembered as a late-1969 Mama Cass Elliot hit, this tune from the prolific Mann-Weil songwriting team was first recorded by the NYC trio The Will-O-Bees (Janet Blossom, Steven Porter, and Robert Merchanthouse) in a version that only’bubbled under’ the Cash Box and Record World Top-100 charts.

Chris And Peter Allen – My Silent Symphony

This is song 2 of 10 on the LP entitled, “Album #1 and is written by B. Rogona, B. Barberis.
The LP was released in 1968 by Mercury and the catalog # is insignificant.
This group is from Australia.

The In Crowd – Never Ending Symphony / If I Had a Magic Word(1967)

The Hundows – Girl, Can You Hear The Music

  ※(追記:この動画は削除されました

 

The Ronettes featuring Veronica – I Can Hear Music(1966/10)
曲としては2度目の引用。

produced by Jeff Barry
By late 1966, Philles Records head Phil Spector had soured somewhat on the record business and turned over production duties on this great ‘girl group’ track to Brill Building songwriter Jeff Barry (who would also produce such magahits as “I’m A Believer” for the Monkees and “Sugar Sugar” for The Archies). While it barely scraped the lower ends of the three national record charts, the 1969 version of “I Can Hear Music” by The Beach Boys did crack the Top 25

The Festivals – Music(1966/09)

  ※(追記:この動画は削除されました

 

The Mugwumps – Jug Band Music

This is a B-side single to “Bald Headed Woman” and is written by J. Sebastian.
The 45 was released in 1966 by Stateside Records and the catalog # is QSS 1086.
This group hails from California.

Lou Christie – Rhapsody In The Rain(1966)

Dion & The Belmonts – The Band Plays On(1966)

Leslie Uggams – I Hear A Symphony(1966)

Jamie Hurt & The Mariteens – Big Brass Horn(1966)

  ※(追記:この動画は削除されました

 

The Supremes – I Hear A Symphony(1965/10/06)ひとりぼっちのシンフォニー

produced by Holland & Dozier
Pop Chart Peaks: Billboard, Cash Box & Record World #1
Diana, Mary & Flo wrapped up 1965 with their third #1 hit of the year (see also “Stop! In The Name Of Love” and “Back In My Arms Again”).

Bessie Banks – It Sounds Like My Baby(1965)

Major Lance – Sweet Music(1964)

Elaine Dee – Symphony(1964)

Roy Hamilton – Let The Music Play

  ※(追記:この動画は削除されました

 

Dick Jordan – Stop The Music(1963)

Dionne Warwick – Let The Music Play(1963)
Written by Burt Bacharach and Hal David.

  ※(追記:この動画は削除されました

 

The Drifters – Let The Music Play(1963)

Ed Townsend – I Love to Hear That Beat(1962)

Bibi Johns – Music, Music, Music

Speck and Doyle – Music To My Ear

This is a B-side single to “Big Noise, Bright Lights” and is written by Watson Wright.
The 45 was released in 1959 by Syrup Bucket Records and the catalog # is 1000.
This group is from Georgia.

Joey Welz – I Will Sing A Rhapsody(1964/12)

Joey Welz は今も現役で、東日本大震災被害者の応援アルバムを出している。

Pino Donaggio – Come sinfonia(1961)コメ・シンフォニア

Robb Storme & The Whispers – Music(1961)

The Del Vikings – Face The Music(1961)

Frank D’Rone – Strawberry Blonde(The Band Rocked On)(1960)
UK

Alan Vallone – Pitty Pat Band(1960)

Juan Vicente Torrealba – Sinfonía del Palmar

Fred Waring and The Pennsylvanians – I Hear Music(1957)

Frankie Laine – Music, Maestro, Please(1950 hit single version)
orchestra conducted by Harry Geller, Carl Fischer at the piano

An imaginatively-arranged updating of a 1938 song hit that had spent four weeks atop “Your Hit Parade” during its first time around.
NOTE: At least one major CD compilation of Laine’s Mercury hits substituted an alternate take, but this posted track is the version that people bought in 1950.

Guy Lombardo and his Royal Canadians – The Band Played On(1941)
vocal: Kenny Gardner

Charted at #6 in Billboard in May 1941. Solo vocal by Kenny Gardner. In 1941, the song was featured in the James Cagney movie, “The Strawberry Blonde”, hence the revival (and the photos I used which are publicity stills for the picture). Also #20 for the Jesters in June 1941. With some modifcations for the rock and roll era, it charted at #24 in the UK for Frank D’Rone in December 1960.
Recorded February 26, 1941.
Written in 1895 by John F. Palmer and Charles B. Ward.
B-side is “You Stepped Out of a Dream”.

Dinah Shore – I Hear A Rhapsody(1941)

Jimmy Dorsey and his Orchestra – I Hear A Rhapsody(1941)
vocal: Bob Eberly

Charlie Barnet and his Orchestra – I Hear A Rhapsody(1941)
vocal: Bob Carroll

Lew Stone and his Band – Music, Maestro, Please(1938)
vocal: Al Bowlly

A song that spent four summer weeks atop the “Your Hit Parade” survey.

Art Kassel and his Kassels-in-the-Air – Music, Maestro, Please(1938)
vocal: Billy Leach
recorded in NYC May 24, 1938

Kay Kyser and his Orchestra – Music, Maestro, Please!(1938)
vocal: Jinny Simms, intro by Harry Babbitt
recorded in NYC May 16, 1938
冒頭で一言入れる珍しいパターン。

A song that spent four summer weeks atop the “Your Hit Parade” survey.

Tommy Dorsey and his Orchestra – Music Maestro Please(1938)
vocal: Edythe Wright
recorded in NYC May 12, 1938

Jan Garber and his Orchestra – Melody From The Sky(1936)
vocal: Lee Bennett

Chicago Rhythm Kings – She Shall Have Music(1936)
vocal: Dick Robertson

Shep Fields and his Rippling Rhythm Orchestra – This Year’s Kisses(1936)
vocal: Bob Goday

Irving Berlin song from the Fox musical “On The Avenue,” which starred Dick Powell, Madeleine Carroll and Alice Faye, and introduced such other Berlin tunes as “I’ve Got My Love To Keep Me Warm,” “Slumming On Park Avenue,” “You’re Laughing At Me,” “The Girl On The Police Gazette,” and “He Ain’t Got Rhythm.” You may note in this track a couple of melodic echoes of the 1920s song hit “Gimme A Little Kiss, Will Ya, Huh?”

Billy Cotton and his Band – I’ve Got A Note(1935)
vocal: Alan Breeze and The Casey Court Kids

Tommy Dorsey also recorded a (more swinging) version of this tune which could be found on the flip side of his famous 1935 waxing of “I’m Getting Sentimental Over You.” For the flip of this U.S. Columbia, the Lew Stone track “The Gentleman Obviously Doesn’t Believe,”

Ambrose and his Orchestra – I’ve Got A Note(1935)
vocal: Sam Browne

“note” は名詞では、音符(音)、備考(覚え書き)、紙幣といった意味。

Anson Weeks and his California Orchestra – An Earful Of Music(1934)
vocal: Kay St. Germaine

Ethel Merman sang this Gus Kahn-Walter Donaldson tune on-screen in the acclaimed Goldwyn comedy-musical “Kid Millions,” starring Eddie Cantor.

Sam Robbins and His Hotel McAlpin Orchestra – The Sweetest Music This Side Of Heaven(1934)
vocal: Sydney Schiff

This and the tomorrow-posted 78 flipside “Fare-Thee-Well” were songs from the 1934 Paramount film “Many Happy Returns.” The cast included George Burns, Gracie Allen, Ray Milland, and the Guy Lombardo orchestra, which performed both of those songs on-screen and also recorded them at the band’s final session for Brunswick.

Rudy Vallee and his Connecticut Yankees – A Pretty Girl Is Like A Melody(1934)
映画の一部分を観たことがあり、このメロディは耳に残ってます。

Irving Berlin’s memorable tribute to female loveliness dates back to “The Ziegfeld Follies Of 1919” and was, appropriately, brought back as a musical highlight of the Oscar winning 1936 film “The Great Ziegfeld.”

Lud Gluskin and his Continental Orchestra – Sweet Music(1934)
vocal: Buddy Clark

Ozzie Nelson and his Orchestra – Music Music Everywhere(1932)
vocal: Ozzie Nelson & chorus

Waring’s Pennsylvanians – Soft Lights And Sweet Music(1932)
vocal: The Three Waring Girls

78 flip side “Let’s Have Another Cup Of Coffee” came from the Irving Berlin song score for the political satire “Face The Music,” which opened 2-17-32 and ran for 165 performances.

Fletcher Henderson and His Connie Inn Orchestra – Sweet Music(1931)
vocal: Dick Robertson

‘Sweet music to worry the wolf away!’ Fred and (sister) Adele Astaire introduced this Dietz & Schwartz tune in the 1931 stage revue “The Band Wagon.” The song was heard only in instrumental form in the 1953 film adaptation. See also the Henderson 78 flip side “Malinda’s Weddin’ Day.”

Ben Selvin & his Orchestra – I Am The Words(You Are The Melody)(1930)
vocal: Irving Kaufman
3度目の引用。

Both this and the tomorrow-posted flip side “(There’s Something About An) Old Fashioned Girl” are among the DeSylva-Brown-Henderson songs written for the futuristic fantasy “Just Imagine,” a most curious 1930 Fox Film starring El Brendel, Maureen O’Sullivan, and John Garrick.

Red Nichols and his Orchestra – Strike Up The Band!(1930)
unidentified vocal

The Gershwins’ failed 1927 stage musical “Strike Up The Band” never made it out of Philadelphia, but it was revised for a successful 1930 Broadway run (the pit band was the Red Nichols orchestra). Glenn Miller, the Dorseys, and Gene Krupa were all present at the session that produced this recording of the show’s title song.

Earl Burtnett and His Los Angles Biltmore Hotel Orchestra – That’s What I Call Sweet Music(1929)
vocal: Paul Gibbons with trio

Paul Specht and his Orchestra – (That’s What I Call)Sweet Music(1929)
vocal: Paul Gibbons with trio
Johnny Morris, Frank Victor, and (yes) Charlie Spivak make up the trio of vocalists heard on this track.

Gene Austin – Just Like A Melody Out Of The Sky(1928)
orchestra conducted by Nat Shilkret

Marion Harris – When I Hear That Jazz Band Play(1917)

  ※(追記:この動画は削除されました

 
◆    ◆    ◆

Carl Perkins – Don’t Stop The Music(1996)
feat. Lee Rocker and Paul Simon

Bay City Rollers – Don’t Stop The Music(1976 Disco Version)

  ※(略)

 

John Gary – Don’t Let The Music Play(1966)

The Marvels Five – Don’t Play No More(1966)

  ※(追記:この動画は削除されました

 

The Hitmakers – Stop The Music(1965)

The Lee Kings – Stop The Music(1965)
aka Lenne And The Lee Kings
2度目の引用。

The Chartbusters – Stop The Music(1964)

The Shirelles – Stop The Music(1962/08)
produced by Van McCoy
Pop Chart Peaks: Billboard 36, Cash Box 43, Music Vendor 47

Woody Herman and his Orchestra – The Music Stopped(1944)
from the movie “Higher And Higher”

“Casablanca”(1942)Play it Sam

Paul Whiteman and his Orchestra – Say It With Music(1921)

recorded in NYC August 30, 1921
Popular 1921 song hit from “Irving Berlin’s Music Box Revue.”

スズキは2012年11月6日、ハワイを除く米国本土での自動車販売事業から撤退すると発表した。歴史的な水準が続く円高ドル安で輸出に頼る米国事業は継続不能と判断した。日本の乗用車メーカーが米販売から撤退するのは1992年のダイハツ工業以来、20年ぶり。
(中略)
 スズキは自動車の米国販売を1985年に始めた。
(中略)
ピークの2007年には10万2000台を販売したが、08年のリーマン・ショックで暗転。11年度の販売台数は2万6000台程度に落ち込み、スズキの世界販売台数に占める北米の割合は1%程度にとどまっていた。米国人は体格が大きく、大型車が常に人気なだけに、小型車が主力のスズキには不利な面もあった。
http://www.j-cast.com/2012/11/16153873.html

It’s a Giant Suzuki(1985)

 スズキの鈴木修会長は11日、2013年のタイの四輪車生産を12年見込み比2.6倍の5万4000台に引き上げる計画を明らかにした。
景気減速と反日デモで中国市場の先行きが不透明なほか、米国の四輪車販売から撤退する同社にとって、東南アジアの重要性は高まっている。同会長は、タイとインドネシアを合わせた東南アジア事業をインドに次ぐ海外事業の第2の柱に据えたいとの考えを示した。
http://jp.reuters.com/article/topNews/idJPTYE8AA00L20121111

私の世代だと最初に買った車がスズキという人がけっこういました。ジープを模した初期のジムニーとかね。

 消費者庁は16日、通信サービス「イー・モバイル」を提供するイー・アクセスが、高速通信サービス「EMOBILE LTE」の広告でうたった通信速度と利用エリア拡大の予定が実際にはなく、景品表示法違反(優良誤認)に当たるとして、同社に再発防止を求める措置命令を出した。
 同社は、今年3月から4月にかけて新聞や週刊誌の広告に「通信速度最大75Mbps」「東名阪主要都市人口カバー率99%(2012年6月予定)」などと表示したが、広告の時点で、最大通信速度が75Mbpsの基地局を、東名阪主要都市の人口カバー率99%になるように開設する計画はなかった。また、LTE向けWi-Fiルーターの「Pocket WiFi LTE(GL01P)」「Pocket WiFi LTE(GL02P)」はUSB接続に対応していないため、Wi-Fi接続では最大30Mbpsでしか利用できないものだった。
http://mainichi.jp/select/news/20121116mog00m020030000c.html

これはイケマセン。日本で商売するなら商道、モラルを守ってもらわないと。

乳もみ10分NHKMアナ痴漢で逮捕
日刊スポーツ11月16日(金)8時0分
 NHK「おはよう日本」に出演するアナウンサーのMT容疑者(47)が14日夜、東急田園都市線の電車内で23歳の女子大生の胸を触ったとして、警視庁玉川署に強制わいせつ容疑で現行犯逮捕されていたことが15日、分かった。M容疑者は酒に酔っていたとされるが、「触った覚えはない」と、容疑を否認しているという。NHKは「事実関係を調べた上で厳正に対処します」とコメントした。
 玉川署によると、M容疑者は、14日午後7時45分ごろから同55分ごろまで約10分間、渋谷―二子玉川駅間を走行中の急行電車内で、女子大生の上半身の下着に手を入れ、抵抗を受けながらも胸を触り続けた疑いを持たれている。
 調べでは、電車に乗車後間もなく、M容疑者が女性の胸を触り始め、当初は、我慢していた女性も耐えきれなくなり、電車内で「痴漢です」とM容疑者の右腕をつかんで叫び、助けを求めたという。M容疑者は近くの男性乗客に羽交い締めされ、他の乗客も協力する形で取り押さえられた。二子玉川駅で、通報を受けて駆けつけた同署の警察官に逮捕された。
 M容疑者は逮捕当時、酒を飲んでいたが、普通に歩ける状態で、名前や年齢、住所などをしっかりした口調できちんと答えたという。同署は「泥酔状態ではなかった」と説明。調べに対しては「触った覚えはない」「記憶がない」などと供述し、容疑を否認している。
 ただ、なぜこの区間の電車に乗っていたかは不明だ。M容疑者は、千葉県浦安市内に住んでおり、当初、「帰宅途中」と供述していたというが、自宅とは逆方向であることを指摘されると、「間違ったかもしれない」と供述したという。
http://news.biglobe.ne.jp/entertainment/1116/nsp_121116_9572848884.html

 さらに、冤罪説を打ち消す証言として、M容疑者を取り押さえたという男性が自身のTwitterで状況を告白している。男性は「二子玉川で痴漢を今日も取り押さえてやったぜ?! 思ったより力のある男だったなぁ… 」と語っており、ニュースで痴漢がM容疑者だったことを知ると驚いたようだ。
http://news.livedoor.com/article/detail/7148716/

氏名はイニシャルの匿名にしました。
以下、記事にある取り押さえたという男性のつぶやきの一部。

※(追記:これらのツイートはすべて削除されました)
https://twitter.com/namasekiyan/status/268671609714376705
https://twitter.com/namasekiyan/status/269230310863040512
https://twitter.com/namasekiyan/status/269233894354735104
https://twitter.com/namasekiyan/status/269233894354735104
https://twitter.com/namasekiyan/status/269400984520908800
https://twitter.com/namasekiyan/status/269402899203899394
https://twitter.com/namasekiyan/status/269403484716167168
https://twitter.com/namasekiyan/status/269409950487412737

前後不覚の泥酔状態じゃないのに逆方向の電車に乗って、しかも「記憶がない」ってことは、別人格が意識を支配してたのかも(苦笑)
まさか不倫相手が東急田園都市線の沿線にいるんじゃ?

ところで「チチ揉めー!」のマギー・ミネンコは、今は幸せに暮らしてるだろうか・・・

Jacky Noguez and his Musette Orchestra – Ciao, Ciao Bambina(Chiow, Chiow, Bambeena)(1959)

Pop Chart Peaks: Music Vendor 12, Cash Box 18, Billboard 24
Originally titled “Piove,” this was co-written and also recorded by Italian singer Domenico Modugno.

Caterina Valente – Tschau Tschau Bambina…!(German Version, 1959)

 衆院が解散された16日、民主党では新たに3人の前衆院議員が離党届を提出した。初鹿明博(東京16区)、福田衣里子(長崎2区)、橋本勉(比例東海ブロック)の3氏。同党は今国会が開会した10月29日以降の離党届を受理せず棚上げにしており、16日までに離党を表明した前衆院議員は11人に上る。09年衆院選で308議席を獲得した民主党だが、3年余りで過半数を下回る232議席まで減らして衆院解散を迎える形になった。
(中略)
橋本氏は「野田佳彦首相は自民党、公明党の方ばかり向いてきた」と批判し「どこかの政党で頑張りたい」と述べた。
http://news.nicovideo.jp/watch/nw432886

年内解散は信濃町政治部の要求に100%応えた格好。
自公民でなにか密約でもしてるのかな?

追加記事

1942年に公開された米映画「カサブランカ」で使用されたピアノが、来月競売に掛けられることになった。予想最高落札額は120万ドル(約9800万円)とされている。競売会社サザビーズが27日明らかにした。
同作品はハンフリー・ボガートとイングリット・バーグマンが主演し、アカデミー作品賞などを受賞。オークションは試写会の公開から70年となる12月14日に、ニューヨークで行われる。このピアノは、作品の中でサム役のドーリー・ウィルソンが「アズ・タイム・ゴーズ・バイ」を歌いながら弾いたことで有名。
同ピアノは1988年にもサザビーズで競売に掛けられ、日本人のコレクターが映画小道具としては当時最高額となる15万4000ドルで落札した。
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20121128-00000047-reut-ent

個人で保管して、ちゃんとメンテナンスが出来ればいいんですけどね。
(2012年11月28日)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です