ビジュと和牛

2018/01/12
世界的に有名な仏パリのリッツ・ホテルで約5億円以上の宝石が強盗に盗まれた事件で、犯人の1人が宝石の入ったバッグを落としたため、警察がすべて回収したという。

<盗んだ宝石ぜんぶ落とした パリのリッツ・ホテル強盗 – BBCニュース より一部引用>
http://www.bbc.com/japanese/42658061

 宝塚市内の80歳代の女性宅には今年度、若い女から「何でも買い取りますよ」と優しそうな声で電話があった。古着を買い取ってもらう約束をしたところ、約1週間後、若い男が来た。
 男は「古着よりも宝石とかはないの」と言い、アクセサリーを見せると、「じゃあ、25点全部で2万円。これ契約書ね」と告げられ、書面とお金を置いて立ち去った。女性はあまりの安さにがくぜんとし、市消費生活センターに相談。同センターが仲介に入り、約15点を取り戻した。
 同センターによると、女性は独り暮らしで、いったん家の中に入った業者に「帰ってくれ」と言えない状況だったという。担当者は「業者はまず『不用な品物はありませんか』と聞くのが手口。最初から『宝石はないか』とは言わない。突然訪問してきた業者は家に入れないなど、対応に気をつけてほしい」と注意を促している。

<古着買い取りで訪問「宝石ないの?」強引に契約 読売新聞(YOMIURI ONLINE) より一部引用>
http://www.yomiuri.co.jp/national/20180121-OYT1T50013.html

善人・お人好しが食い物にされる世の中です。
お年寄りの皆さん、よぉっく気をつけてくださいよぉ。
ところで、おたくには宝石とかはないの?

Lambert, Hendricks & Ross with The Ike Isaacs Trio – Bijou
from the album “Lambert, Hendricks, & Ross!(The Hottest New Group In Jazz)”(1960)
2度目の引用。

Jacques Hélian – La Vitrine Du Petit Bijoutier
タイトルは「小さい宝石のショーケース」の意。2度目の引用。

Lys Assia – Mon Bijou Aus Paris(1955)
2度目の引用。

Woody Herman and his Orchestra – Bijou(Rhumba a la Jazz)(1945)
bijou(ビジュ)=宝石または小物。(特に住居または事業所の)小さくてエレガントなもの。
bijouterie(ビジュテリ)=宝石類。

以下、「ダイヤモンド」「Diamond」を含む投稿。

以下、「真珠」「Pearl」を含む投稿。

2018/01/20付日本経済新聞 夕刊
 イスラム教の戒律に沿って処理したと認められた「ハラル認証」を得た和牛の人気が伸びている。国産牛特有の柔らかい食味が好評で、中東や東南アジアのイスラム諸国への輸出は2017年に過去最高になった。増加する訪日観光客向けに国内の飲食店がメニューに加えるケースも目立つ。

<ハラル和牛ブーム イスラム圏輸出、昨年最高 国内飲食店でも需要増 より一部引用>
https://www.nikkei.com/article/DGKKZO25948960Q8A120C1MM0000/

キリスト教国の安い薬漬けの牛肉と、仏教国のちょっとお高いかもしれないけど安全な牛肉とだったら、だんぜん後者デショ。
まぁ霜降りとかの好みもあるだろうけど。

2018/01/18
今月20日で就任から1年となるトランプ大統領は17日、ツイッターを通じ、”フェイクニュース大賞”と称して、自身がうそだったと見なした報道を発表しました。
(中略)
【ニューヨーク・タイムズに】
おととしの大統領選挙でトランプ大統領が勝利した際、ノーベル経済学賞を受賞した経済学者のポール・クルーグマン教授が「これで経済は決して回復しない」とした見解を掲載した報道。
大統領就任以来、アメリカ経済は200万人近い雇用を創出し、8兆ドル以上の富を獲得している。
黒人やヒスパニック系の市民は歴史上で過去最低の失業率を享受している。

【ABCテレビに】
先月、いわゆるロシア疑惑をめぐり、トランプ大統領がフリン前大統領補佐官にロシア側と接触するように指示したと報じた内容について、接触を指示した時期に誤りがあったとして担当した記者が停職処分になったことと、これによって株価が急落したことについて。

【CNNテレビに】
大統領選挙の期間中、内部告発サイト、ウィキリークスからハッキングされた資料を、当時のトランプ候補と長男のジュニア氏が入手したという報道。

【雑誌「タイム」に】
トランプ大統領が大統領の執務室からキング牧師の胸像を撤去したという報道。

【ワシントン・ポストに】
フロリダ州で開かれたトランプ大統領の集会にほとんど人が集まっていなかったとするツイッターの写真を載せたこと。
大勢の人が会場の外でこれから入ろうとするところで、中に入れない人もいるほどだった。
不誠実な記者が、人がいっぱいになる前の写真を掲載した。

【CNNテレビに】
トランプ大統領が去年、日本を訪れた際、迎賓館でこいが飼育されている池に木箱の餌をすべて投げ入れた映像の編集。
過剰な餌のやり方に見せているが、先に餌をすべて投げ入れた安倍総理大臣にならっただけだ。

【CNNテレビに】
トランプ政権の元広報責任者のスカラムッチ氏がロシア側と接触していたという報道で、編集のプロセスが守られていなかったとして担当した3人の記者が辞職したことについて。

【週刊誌「ニューズウィーク」に】
ポーランドの大統領夫人がトランプ大統領と握手をしなかったという報道。
握手をしている写真を公開。

【CNNテレビに】
トランプ大統領がロシア疑惑をめぐる捜査の対象になっていないとする主張に対して、FBIのコミー前長官が議会の公聴会で異議をとなえる見通しとする報道。

【ニューヨーク・タイムズに】
トランプ大統領が気候変動に関する報告書を隠蔽していたとする報道。

【ロシアとの共謀をめぐる報道】
ロシアと共謀したとする報道はアメリカ国民に対する最大のでっちあげ。
ロシアとの共謀はない!

<”フェイクニュース大賞” 米大統領が発表 NHKニュース より一部引用>
https://www3.nhk.or.jp/news/html/20180118/k10011293211000.html

左翼が右翼と同じくらい、カルトでしょうもない連中であることは判っていたが、トランプという超DQN大統領の登場で、リベラルを自称する人々のモラルハザードもそうとうなものであったことが白日のもとに晒された1年であった。
上掲の”フェイクニュース大賞”がどれほど的はずれなものか、あるいは逆に的を射たものかなどは、ごく上辺のことでしかない。
自分の主義・主張・思想・信条にとって都合のいい「部分」だけを拾い集めて話を組み立てて批判に使う、そうしたことになんの後ろめたさも感じなくなってしまった、というところが問題で。

以下、「True」「Truth」「Fact」「Reality」「事実」「信用」「Credit」「Confidence」「信頼」「Trust」「名誉」「Honor」「Honour」「Prestige」を含む投稿。

以下、「Believe」「Trust」「信じる」を含む投稿。

以下、「Fake」「False」「ニセ」「偽」を含む投稿。

以下、「嘘」「Lie」「嘘は罪」を含む投稿。

21日朝、評論家の西部邁さん(78)が、東京都内の多摩川で意識不明の状態で見つかり、搬送先の病院で死亡しました。警視庁は、現場の状況から西部さんが自殺したと見て調べています。
21日午前6時40分ごろ、東京・大田区田園調布の多摩川で評論家の西部邁さんの長男から、「父親が川に飛び込んだ」と警察に通報が入りました。警察官が川から西部さんを引き上げましたが、意識不明の状態となっていて搬送先の病院で死亡しました。現場には遺書が残されていたということで、警視庁は西部さんが川に飛び込んで自殺したと見て調べています。
西部さんは北海道出身で、東京大学在学中に日米安全保障条約の改定をめぐる「60年安保闘争」で、学生運動の指導的な役割を担いました。東京大学の教授を辞職したあとは、保守派の論客として辛口の評論で活躍し、民放番組の「朝まで生テレビ」など多くのテレビ番組に出演し、大衆社会への批判を軸にした評論活動を展開しました。

<評論家の西部邁さん死亡 自殺か 現場に遺書 NHKニュース より一部引用>
https://www3.nhk.or.jp/news/html/20180121/k10011296571000.html

「ウソじゃないぞ。俺は本当に死ぬつもりなんだぞ」――。21日に死去した西部邁さん(78)はここ数年、周囲にそう語っていた。平成26年の妻の死などによって自身の死への思索を深め、著作などでもしばしば言及していた。
 昨年12月に刊行された最後の著書「保守の真髄(しんずい)」の中で、西部さんは「自然死と呼ばれているもののほとんどは、実は偽装」だとし、その実態は「病院死」だと指摘。自身は「生の最期を他人に命令されたり弄(いじ)り回されたくない」とし「自裁死」を選択する可能性を示唆していた。
(中略)
 知人らによると、東京・新宿で、酒を飲みながら知識人らと語り合うのが大好きだった。ケンカや後輩への説教もしばしばだったが、相手を後からなだめたり、後日、電話で酒場に誘ったり。優しさと人なつっこさもあった。たばこもこよなく愛し、「思考の道具」と言ってはばからなかった。
 親米の論客からは「反米」と批判されたが、最大の問題意識は独立の精神を失い、米国頼みになった日本人に向いていた。いつも「今の日本人は…」と憤りを語っていた。

<【西部邁さん死去】「俺は本当に死ぬつもりなんだぞ」 妻の死から思索深め… – 産経ニュース より一部引用>
http://www.sankei.com/life/news/180121/lif1801210036-n1.html

60年・70年安保闘争で指導的役割をし、左翼運動に絶望して、民族派論客に大転向した人は他にもいるが、この人はどこか愛嬌があって面白かった。
遺書は公表はされないのだろうね。

「ひろしま通」認定試験が21日、広島市内で開催された。試験には19歳から82歳までの男女192人が受験。広島の歴史や文化などの問題が100問、そのうち広島のお菓子について30問が出題。100点中70点以上の得点で「ひろしま通」に認定される。
http://www.news24.jp/nnn/news8668327.html

問題1
701(大宝元)年に完成した日本初の法令集である大宝律令の体制下、現在の広島県には2つの国が設けられました。備後国と、あと1つの国はどれでしょう?

 1 周防国  2 安芸国  3 備前国  4 出雲国

<チャレンジ!過去問題 – ひろしま通認定試験 より一部引用>
http://www.city.hiroshima.lg.jp/kikaku/kikaku/vi/hiroshima2/question01.htm

海軍、呉、軍港、被爆地、原爆ドーム、被爆二世、東京物語、尾道、坂の町、仁義なき戦い、厳島神社、安芸の宮島、瀬戸内海、しまなみ海道、因島大橋、東洋工業(現:マツダ)、広島カープ、牡蠣、レモン、もみじ饅頭、広島風お好み焼き、、、

あとなんかあるかな?

福田君子 – 広島ブルース

  ※(追記:この動画は削除されました

 

広島観光を検索したらこんなのが出てきた。

2017/03/11
広島県で唯一の本格的な遊園地「三世代テーマパーク みろくの里」は、キッズからシニアまで一緒に楽しめるのがウリ。全国で話題沸騰の新アトラクション「ぐるり森大冒険」から、こちらも大人気の昭和レトロが体感できる「いつか来た道」など、想像以上の楽しさに時間を忘れて遊んで来ました。

<面白さ想定外!「みろくの里」の昭和レトロを三世代で遊びまくり│観光・旅行ガイド – ぐるたび より一部引用>
https://gurutabi.gnavi.co.jp/a/a_1739/

何やらしょーもない香りが芬々と漂っている(笑)
レトロなセクションの展示物はほとんど入れ替わらないと思われ。

国土交通省が21日午後行った「大雪に対する緊急発表」によりますと、22日から23日にかけて関東甲信や東北の太平洋側を中心に大雪が予想され、東京23区などふだんは雪の少ない平野部でも雪が積もるおそれがあることから、車の立ち往生などが発生するおそれがあるとしています。
関東甲信地方では、4年前の平成26年2月13日から15日にかけて各地で記録的な大雪となり、高速道路や国道であわせておよそ1600台が立往生し、解消までに最長で4日かかるなど大きな影響が出ました。
ふだん雪があまり降らない地域では、夏用タイヤのままの車も多いことから、国土交通省は、大雪や積雪が予想される地域では不要不急の外出を控えるとともに、やむを得ず車を運転する場合は冬用のタイヤやチェーンを装着するよう呼びかけています。

<国交省「大雪に対する緊急発表」|NHK 首都圏のニュース より一部引用>
http://www3.nhk.or.jp/shutoken-news/20180121/0006512.html

 気象庁によりますと、関東甲信地方では22日昼前から雪が降り始め、夕方から夜にかけて強まるとみられています。
 23日夕方までの24時間に予想される降雪量は、いずれも多いところで、関東地方の山沿いで20センチから40センチ、関東の平野部で10センチから20センチ、東京23区で5センチから10センチなどとなっています。
 気象庁は、帰宅時間帯の交通の乱れや道路の凍結などに警戒を呼びかけています。

<関東で大雪のおそれ、交通の乱れになどに注意必要 TBS NEWS より一部引用>
http://news.tbs.co.jp/newseye/tbs_newseye3270108.html

東京も雪の季節となったか。
どれくらい積もるんだろ。

【LIVE CAMERA】渋谷スクランブル交差点 ライブ映像 Shibuya scramble crossing
SHIBUYA COMMUNITY NEWS
ライブ配信開始日: 2018/01/10

Ennio Morricone – Un amore come la neve
タイトルはイタリア語で「雪のような愛」の意。
ソ連・イタリア合作映画”Красная палатка / La tenda rossa”(1969)
『SOS北極… 赤いテント』(国際版サントラ)より
監督:ミハイル・カラトーゾ
音楽:エンニオ・モリコーネ(国際版)

Snow – Snow(1968)

Claudine Longet – Snow(1968)

Grateful Dead – Cold Rain And Snow(1967/03/17)
曲としては2度目の引用。

第三プロダクション・国映=日活『黒い雪』(1965/06/09公開)
Time: 1:29:29

製作:池俊介
脚本・監督:武智鉄二
美術:大森実
照明:大住慶次郎
撮影:倉田武雄
録音:田中安治
編集:金子半三郎
音楽:湯浅譲二、八木正生
スチール:武智俊郎
出演:
花ノ本寿(崎山次郎)、村田知栄子(母弥須)、紅千登世(堀田静江)、美川陽一郎(堀田貞雄)、内田高子(娼婦ユリ)、月まち子(娼婦雪枝)、松井康子(娼婦英子)、滝まり子(娼婦皆子)、水町圭子(叔母由美)、沢律生(友人黒瀬)、野上正義(友人山脇)、リカド・ヘモサ(黒人軍曹)、花川蝶十郎(刑事)

以下、「雪」「Snow」を含む投稿。

追加記事

2018/01/22
 保守の論客として知られる西部邁さんは「僕は沖縄の悪口を言ったことはない」と話した。自称保守による沖縄ヘイトがまかり通る中、電話口の語りは新鮮に響いた
 ▼「基本的な立場は、ヤマトンチュとして申し訳ありませんと。米国に戦争で負け、土下座して沖縄を差し出してしまった。米軍には出ていってもらうべきなんだ」
 ▼作家の百田尚樹さんが沖縄で講演し、基地集中を正当化するデマを繰り返した昨年のこと。西部さんに評論を依頼して、固辞された。「彼は保守ではない。反左翼というだけ。時間がない中で、レベルの低い論争の相手をしたくない」と語った
 ▼日本の伝統に学ぶ保守の立場から、従属を恥じない「親米保守」を鋭く批判した。一方で核武装論者であり、「沖縄タイムスもそうかもしれないが、自由、平等、人権主義などときれいごとを言う人も同じように心底軽蔑している」とばっさり

<[大弦小弦]保守の論客として知られる西部邁さんは「僕は沖縄の悪口を言ったことはない」阿部岳 – 沖縄タイムス+プラス より一部引用>
http://www.okinawatimes.co.jp/articles/-/198183

人生は有限だ。西部氏は「時間切れ」を悟って自ら幕を引いたということか。
(2018年1月23日)

追加記事

日本では(カットされた)宝石や宝珠・珠玉、それらが付いたアクセサリーを、
ジュエリー jewelry, jewellery
と呼ぶのがふつうだが、米英では
ジェム gem, (pl.)ジェムス gems
ジュエル jewel, (pl.)ジュエルス jewels
が一般的。

これが玉(球体)のみとなると、
玉   ball, sphere, bullet, lens, jade, gem
真珠  pearl, gem, jewel
の語が該当するそうだ。真珠も宝石店が扱うから jewel と一種ということだろう。

gem, jewel は比喩的に
価値ある逸品(article of rare beauty)
大切な物あるいは人
「掌中の玉」「秘蔵っ子」「秘蔵の」「蔵出しの」「お宝の」
といった意味でも使われることが多い。

(2018年2月17日)

追加記事

All That Glitters – 1937 | The Archivist Presents | #139

British Movietone
2018/03/13 に公開
It’s National Jewel Day! I absolutely love the commentary on this Movietone newsreel story from 1937. Brilliant!

glitters(名詞・複数形)=ぴかぴか・きらきらする装身具。
(2018年3月14日)

追加記事

2018/03/14
今年1月21日に多摩川で入水自殺を遂げた評論家の西部邁氏(享年78)。西部氏の死をめぐって、警視庁捜査一課が再捜査に動き始めたことが「週刊文春」の取材で分かった。
「事件当初、警視庁田園調布署は、現場に遺書が残されていたことから自殺と判断しました。しかし、その後、いくつもの不可解な点が見つかった。自殺を手助けした人物がいる可能性が高いと見て、捜査一課の捜査が続いています」(捜査関係者)
 遺体発見の前夜、西部氏は新宿の行きつけのバーでウォッカを痛飲。深夜11時過ぎ、長女をタクシーで帰した西部氏は7時間後、帰らぬ人となって発見された。
 最大の謎が西部氏の遺体の状況だ。多摩川から引き上げられた遺体は、工事現場用のハーネスで固定され、白いロープが結び付けられていたという。

<西部邁氏の自殺、不可解な点が見つかり再捜査か 文春が報道 – ライブドアニュース より一部引用>
http://news.livedoor.com/article/detail/14431863/

(2018年3月14日)

追加記事

2018/04/05
 評論家の西部邁(にしべすすむ)さんが今年1月、東京都大田区の多摩川で亡くなったことをめぐり、警視庁は5日夜、西部さんの自殺を手助けしたとして、いずれも西部さんの知人で、東京メトロポリタンテレビジョン(MXテレビ)の子会社の社員●●●●(45)と、会社員●●●●(54)の両容疑者を自殺幇助(ほうじょ)の疑いで逮捕し、発表した。
(中略)
 捜査関係者によると、西部さんは救助された際、腰付近にロープが巻かれ、工事現場で使う安全帯のようなものを身に着けていた。ロープのもう一方は河川敷の木に結ばれていた。西部さんは病気の影響で手が不自由だったため、同庁はこれらの作業を一人で行うのは難しいとみて捜査。2人が浮上したという。
https://www.asahi.com/articles/ASL457FV8L45UTIL05K.html

(2018年4月5日)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です