これからの1000日間

 日産自動車に続き、SUBARU(スバル)でも資格のない従業員が完成検査を行っていたことが発覚した。データ改ざん問題が収まらない神戸製鋼所を含め、消費者の安全に直結する品質管理でルールを軽視する事例が製造業で相次いだ。日本が世界に誇ってきた品質への信頼は大きく揺らぎ始めている。
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20171027-00000162-jij-bus_all

 無資格検査が発覚したのはスバルの主力工場である群馬製作所(群馬県太田市)。出荷前の完成車は、メーカーが認定した完成検査員による検査が法令に基づき義務付けられている。しかし、訓練中の複数の従業員が、正規検査員の付き添いなしに検査を行っていた。
 同社首脳によると、正規検査員が無資格者に印鑑を貸し、検査書類に押させていた。「30年間、同じやり方でやってきた」という。
http://www.yomiuri.co.jp/economy/20171027-OYT1T50004.html

近くで見るとおしゃれっぽいデザインのビル。

「30年間、同じやり方でやってきた」と同社首脳。
30年前というと1987(昭和62)年。

日本では不動産バブル元年にあたり、いよいよ痴呆・狂乱の時代へ向かい始めたころ。

個人的にはホントにまったくどうでもいい時代で、何をどうしていたのか、芥子粒ほども記憶がない(苦笑)

その年の夏、裕次郎が亡くなり、さんざん不摂生をして病気になって「わが人生に悔いなし」って何よ、ということを誰かに話したような気もするのだが、、、気のせいかも。

以下、「スバル」「すばる」「すばるまん時こ八合」を含む投稿。

 福岡県太宰府市議会(定数18)は27日、臨時市議会を開き、1期目の芦刈茂市長(68)への不信任決議案を提出し、全会一致で可決した。これに対し、市長は地方自治法に基づき週明けにも議会を解散する考えを表明した。
(中略)
 市議会は不信任理由について、2015年4月の市長就任から2年半、公約である中学校の完全給食実施や市長給与の3割削減など実現できなかったうえ、「何一つ成果を上げられないのを部下のせいにするなど数多くの問題ある言動をし、市の発展を妨げている」としている。
 芦刈市長は就任直後から市長給与カット案などで市議会と対立し、市議会が今年の6月定例会で問責決議案を可決した。9月定例会直前には、議会への説明なく副市長を解任し教育長に退任宣告をしたため議会側が反発。同定例会で、市長が発案した給食専門委員や行政改革推進委員会設置案などを否決し、新副市長の人事案には同意せず、辞職勧告決議案を可決した。

<<太宰府市>市議会、市長を不信任「資質が欠如」 (毎日新聞) – Yahoo!ニュース より一部引用>
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20171027-00000042-mai-soci

北九州や中国地方は半島・大陸に近く、太古の昔から現在に至るまで幾度となく人が渡来したはずで、なればひとしお血も濃かろうと想像される。
それかあらぬか記事のような荒れ具合は韓国の議会ではごく普通に見られるものである。

宰府観光PR映像-TIMELESS ELLEGANCE-
ふくおかインターネットテレビ
2016/08/30 に公開

大雪警報発令中の太宰府市 2016年1月24日
小川琢磨
2016/03/19 に公開

九州でも北と南じゃずいぶん気候が違うんだね。

2017/09/17
山林庁国立山林科学院は16日、マツタケ人工栽培技術開発のために2001~2004年に植えたマツタケ菌を感染させた松の苗木から3本のマツタケが生えたのを確認したと明らかにした。
人工マツタケは2010年10月に同じ試験地で1本生えたことがあり、今回はそれに続く2度目の成功だ。不可能だとされてきたマツタケの人工栽培が可能であることを世界で初めて立証した結果と評価される。
韓国山林庁が使った技術はマツタケが生えた所に松の苗木を植えてマツタケの菌糸を感染させた後に広げる技術だ。こうして菌糸に感染した松の苗木をマツタケが生えない大きな松がある山に再び移植する。
世界のさまざまな国でマツタケの人工栽培研究をしているがまだ成功した事例はない。

<不可能とされた「マツタケ人工栽培」、韓国が世界で初めて成功 – 中央日報 より一部引用>
http://japanese.joins.com/article/507/233507.html

 林野庁のホームページ(HP)は、マツタケについて「現在のところ実用的な人工栽培技術がなく、自然発生したものを採取し、市場等へ出荷しています」と記載。また、キノコ栽培の総合企業「ホクト」(長野市)のHPでも「マツタケの栽培は難しく、現在までに人工栽培の成功例はありません。各種系統の菌糸培養等、研究を進めています」と記されている。
(中略)
マツタケの人工栽培は1千億円市場ともいわれ、日本にとって成功が待ち望まれる研究開発のひとつだ。
 そして、アカマツとの共生関係にあるマツタケの人工栽培が実現すれば、マツタケの増産だけでなく、マツ林の再生にもつながり、里山や森林の復活にも貢献することになる。

<【世界を読む】韓国報道、日本に先駆けマツタケ人工栽培「成功」…市場は1千億円規模、日本も「悲願」 – 産経WEST より一部引用>
http://www.sankei.com/west/news/171026/wst1710260001-n1.html

ベストアンサーに選ばれた回答
qkoudaisenさん 2010/11/1421:02:49
おっしゃる通り、香りは松茸が一番で味はシメジが一番だという意味です。
ちなみに、シメジといっても店頭でよく売られている物(実はブナシメジとかハタケシメジとかの偽物です)
ではなく ホンシメジ(ほとんど売られてない) の事です。

<”香りまつたけ、味しめじ”という言葉が有りますが、意味は松茸の香りが一番で味はしめじの様だという松茸に対する言葉だと友人が言うのですが、私は香りは松茸が一番で味はシメジが一番だという意味だと思っています。 – Yahoo!知恵袋 より一部引用>
https://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q1250392637

おれがマツタケを最後に食ったのはあれは1970年代の終わりごろだったか。
確かアルミホイルに包んで蒸し焼きにしてたような……
焼けたらポン酢でなく庭にある柚子の木からもいだ実の、その絞り汁をかける。
種も一緒にツルッと滑るようにホイルのマツタケへ落ちていく、その光景が今も脳裏に染みついている。

その後、裂けるチーズというのが出て、それを引き裂くたびにマツタケを食ったときのことが思い出されるのだった。

以下、「松茸」「まつたけ」「マツタケ」を含む投稿。

以下、「きのこ雲」「きのこの山」「紅茶キノコ」を除く「きのこ」「キノコ」「マッシュルーム」を含む投稿。

 

紀伊半島?
リンク先を見たら、意外な場所にあることが判明。

なんかワロタ

 

2017/10/11
Last weekend, I needed to figure out a recipe to cook a bunch of squid that was about to go bad. Naturally, as an Italian, I tapped on my trusted Italian cooking app Giallo Zafferano on my iPhone. For no reason, a pop up box asked for my Apple ID password.
Being paranoid, I dismissed it. But I also thought: this is bad, users shouldn’t be asked to enter one of their most sensitive, important, passwords at random times.
Felix Krause, an iOS developer, discovered that it’s actually incredibly easy to recreate this dialog box in an attempt to trick users into giving away their passwords.

<The iPhone’s Constant Password Popups Are a Hacker’s Dream – Motherboard より一部引用>
https://motherboard.vice.com/en_us/article/ne7gxz/ios-iphone-password-phishing-app-popups

2017/10/25
A top iOS security researcher has uncovered yet another privacy loophole in Apple’s mobile firmware.
Felix Krause, founder of Fastlane.Tools, said the way Apple’s software handles camera access and recording is leaving many fans vulnerable to being spied on by apps on their gadgets without any notification or warning.

<FYI iOS apps can turn on your camera any time without warning • The Register より一部引用>
https://www.theregister.co.uk/2017/10/25/ios_apps_camera_spying/

2017/10/26
A Google engineer has demonstrated it is possible for a malicious iOS app to spy on a user, with a proof of concept app capable of photographing or recording from both iPhone cameras without the user’s knowledge, all by exploiting the permissions granted by the user allowing access to the cameras.
Researcher Felix Krause, founder of Fastlane.Tools, created the watch.user concept app to show how far the camera permissions could be pushed, reports The Next Web. Once granted, Krause advises it is possible for an app to photograph and record from the cameras any time the app is in the foreground, without informing the user the images and video are being captured with flashes or other indictors.
Krause also claims it can then upload the images and video to an app’s servers, including broadcasting a live feed from the iPhone itself. It is suggested that it is possible for a malicious developer to determine the user’s location based on the image data, and to run facial recognition on still frames to find other photos of the user or to discover their identity.

<Google engineer proves any iPhone app with permission to access the camera is capable of spying より一部引用>
http://appleinsider.com/articles/17/10/26/google-engineer-proves-any-iphone-app-with-permission-to-access-the-camera-is-capable-of-spying

よく知らないアプリとか、むやみに許可しない方がよさそう。
iPhoneユーザーの方、要注意です。Googleの著名なエンジニアが、アプリに対してカメラへのアクセスを許可することの危険性を指摘しています。いわく、悪意のあるiOSアプリは、ユーザーの同意なしにいつでもiPhoneのカメラを起動し、トイレにいるユーザーなどの写真や動画を撮れてしまうらしいんです。エンジニア氏はその証拠としてデモアプリも公開していて、そのデモアプリは、第三者が使ってもたしかに彼のいうとおり機能しています。
そのエンジニア、Felix Krauseさんは、デベロッパー向けツールfastlaneの創立者で、fastlaneは今年Googleに買収されました。Krauseさんは自身のブログでこの問題を指摘し、悪意のある開発者がどんなことをする可能性があるかを具体的に列挙しています。

<iPhoneアプリがスパイ化? カメラへのアクセス許可って思ったより危険だった ギズモード・ジャパン より一部引用>
https://www.gizmodo.jp/2017/10/iphone-ios-camera-hacking.html

監視カメラでもハッキングがあると判って騒がれたばかり。
政治権力、支配者側にとってはこの技術、すこぶる魅力的に違いない。
高度管理社会へ向けて、悪のテクニックも日進月歩だ。

以下、「カメラ」「Camera」を含む投稿。

以下、「オーウェル」「1984年」を含む投稿。

サウジアラビアで世界で初めてロボットが市民権を取得しました。ロボットに人権を与えるべきか否か?という問題が議論されている最中に下された決定に、多方面からの批判や疑問の声が噴出しています。
(中略)
「ソフィア」という女性のような見た目のロボットは、サウジアラビアの首都・リヤドで行われた「Future Investment Initiative」で公開されたもの。
(中略)
ソフィアは香港に本拠を置くHanson Roboticsが作り出したロボット。壇上でソフィアは「私はこのユニークな特例を得られたことを大きな誇りに思います。歴史の中でもロボットに市民権が与えられたのは初めてのことですから」と語りました。

<人型ロボットに市民権を与えた最初の国家が登場 – GIGAZINE より一部引用>
https://gigazine.net/news/20171027-citizenship-humanoid-robot/

Robot Sophia speaks at Saudi Arabia’s Future Investment Initiative
視聴回数 608,797 回
Arab News
2017/10/25 に公開

ただ単にシナリオ通りの進行のように見える。
もしランダムな会話が可能なら「イスラム教の神を信じるか?」と問うてみたい(笑)

 観光庁と財務省は日本を出国する旅行客らを対象に、1人あたり1000円の出国税を徴収する調整に入った。訪日外国人観光客らのほか、観光や仕事目的で海外に出国する日本人も含め、徴税対象は年間4000万人を想定。毎年400億円の財源を確保し、文化財や自然を生かした観光拠点整備などに充てる。2019年度の導入を想定するが、負担増で観光の冷や水になりかねないと懸念する声もある。
https://www.nikkei.com/article/DGXMZO22799480X21C17A0MM8000/

政府・行政がムダに使う税金を、搾り取られる市民こそ哀れよのぅ、、、

アレ? これ前に書いたっけか?

1000円の次は1000日の話題。

 

もちろん大阪・ミナミの千日前。
東京には何かといい感情は持ってない関西人としては複雑な思いだろう。

産経新聞サイトが写真特集。

 

1000日といえばこんなタイトルの映画があった。

“Anne of the Thousand Days” OST – Fanfare And Dances For Henry VIII
『1000日のアン』(1969)

16世紀のイングランド国王ヘンリー8世の妃アン・ブーリンの物語。
暗く陰惨なストーリー。まだ日本の戦国時代のほうがマシだ。

The Vadnals – Henry The VIII, I Am(1965)
シングル “Love” のB面。
2度目の引用。

Herman’s Hermits – I’m Henry VIII, I Am(US:1965/06, UK:1965/09)ヘンリー8世君

produced by Mickie Most
Pop Chart Peaks: Billboard, Cash Box & Record World #1
Written in 1910 as “I’m Henery the Eighth, I Am,” the song was first popularized by British music hall star Harry Champion.

Harry Champion – I’m Henry VIII(1911)
UK

recorded January 1911
1st Recording Of “I’m Henry Viii, I Am”
Herman’s Hermits’ chart-topping 1965 U.S. hit about’Enery https://youtu.be/hmJVsGfF4Zo was adapted from this old British music hall song, originally popularized by Cockney comedian Harry Champion, who recorded it on several occasions (hopefully the track heard here was, in fact, the first one….but no guarantees, as specific dates for all of the various versions aren’t available). For more information about the song, here’s the Wikipedia link: https://en.wikipedia.org/wiki/I%27m_Henery_the_Eighth,_I_Am

追加記事

(2017年10月29日)

追加記事

2017/11/12
昨年3月、開発者の「人類を滅ぼしたいですか? 『No』と言って欲しいけど……」という質問に、「OK。私は人類を滅ぼします(OK, I will destroy humans.)」と答えて物議を醸したソフィア。ロボットジョークだったと信じて、今後の成長に期待したい。
https://rocketnews24.com/2017/11/12/980040/

(2017年11月12日)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です