空気の無い月面で翩翻とひるがえった米国旗

【月面着陸の日】(7月20日)1969(昭和44)年のこの日、アポロ11号が月面の「静かの海」に着陸し、人類が初めて月面に降り立った(日本時間では7月21日早朝)。
http://twitter.com/nannohi/status/18933767807

人類月到達から今年2010年で41年。
それなのに人間がいるのはせいぜい地球の周縁、月には月面基地の片鱗すらありません。
アポロ11号があのとき本当に月着陸をしたのか、アームストロング船長らがほんとうに月面に降り立ったのか。千里万博アメリカ館のあの「月の石」はほんものだったのか。
「誰がケネディを殺そうとしたのか」とともに、いづれは真相が明らかにされるのではないでしょうかね。
(右)週刊朝日1969年8月5日緊急増刊 人類、月面に立つ!

(下動画)月面で翩翻とひるがえる米国旗

Apollo 11 on the Sea of Tranquility

ああみいさんかうして二人が一處に居るのも今夜ぎりだ。お前が僕の介抱をしてくれるのも今夜ぎり、僕がお前に物を言ふのも今夜ぎりだよ。一月の十七日、宮さん、善く覺えてお置き。來年の今月今夜は、貫一は何處ど こ でこの月を見るのだか! 再來年さ らいねんの今月今夜……十年のちの今月今夜……一生を通して僕は今月今夜を忘れん、忘れるものか、死んでも僕は忘れんよ! 可いか、宮さん、一月の十七日だ。來年の今月今夜になつたならば、僕の涙で必ず月は曇らして見せるから、月が……月が……月が……曇つたらば、宮さん、貫一は何處かでお前を恨んで、今夜のやうに泣いてゐると思つてくれ」
<尾崎紅葉『金色夜叉』より>

Dean Scott – Two Years Ago Today(1966)

  ※(追記:この動画は削除されました

 

月の歌。いろいろありますが、今の気分で選ぶと以下の2曲。

藤本二三吉 – 祇園小唄
作詞:長田幹彦、作曲:佐々紅華
1930(昭和5)年マキノ映画『絵日傘』主題歌

  ※(追記:この動画は削除されました

 

Blue Moon – original version from the movie Manhattan Melodrama
Introduced by Shirley Ross. Same music as “Blue Moon”
A.k.a. “It’s just that kind of a play”

リチャード・ロジャース(作曲)とロレンツ・ハート(作詞)の名曲『ブルー・ムーン』というとボスウェル・シスターズのコニー・ボスウェルということになりますが、もともとは1934年公開のMGM映画『ハリウッドパーティ(Hollywood Party)』のために用意されていた楽曲で違う歌詞でした。
同じ年のMGM『男の世界(Manhattan Melodrama)』で実際に使われたときも別な歌詞です。
スイングジャーナル社、2001年5月15日発行『20世紀ジャズ名曲大辞典』(P161)における藤本史昭氏の解説によれば、『ブルー・ムーン』は1933年、『ハリウッドは大騒ぎ(Make Me a Star)』のために書かれた、ということですが、その映画はそもそも1932年公開のパラマウント映画、ロジャース=ハートのコンビはMGM専属でしたから、氏の説が正しければMGMとの契約前にすでに曲だけは出来ていたことになります。
ボスウェル・シスターズはニュー・オーリンズ出身でクラシックからジャズへ転向し、1920年代後半から30年代に成功を収めた、白人ジャズコーラスの元祖でした。

追加記事

アポロ飛行士の足跡など撮影
9月7日 14時31分
アメリカの月探査機が、およそ40年前に月に着陸した「アポロ17号」などの着陸地点を上空から撮影し、宇宙飛行士が歩いた跡など、月面での人類の足跡が鮮明な画像で捉えられています。
これは、月の周りを飛行しているNASA=アメリカ航空宇宙局の月探査機が先月撮影したもので、6日に公開されました。探査機が撮影したのは、1969年から1972年にかけて打ち上げられたアポロ12号、14号、そして17号の着陸地点です。今回はこれまでで最も月面に近い高度およそ20キロから撮影されました。このうちアポロ17号の着陸地点の画像には、宇宙飛行士が歩いた跡や、探査用の車のタイヤの跡、それに月面に残された着陸船の台座の部分などが写っていました。NASAは、40年も前の月面活動が今も消えずに残っているのは、月に大気がなく、地球のような風が吹いていないためだと説明しています。アポロ計画を巡っては、月での宇宙飛行士の活動は実際には月には行かず、映画のスタジオで撮影されたのではないかと疑う声もありますが、NASAでは、今回の画像から当時の月面での活動の様子がより鮮明に分かるとしたうえで「アポロの輝かしい歴史を思い出させてくれる」と話しています。
http://www3.nhk.or.jp/news/html/20110907/t10015439811000.html

NHKがそこに言及するとは驚きですが、スタジオで撮影されたと指摘されているのはアポロ11号のそれです。
それを知っていながらわざと12号、14号、17号の着陸地点について「映画のスタジオで撮影されたのではないかと疑う声」とごっちゃにするんですから、ちょっと悪質じゃないですか?
(2011年9月7日)

追加記事

2011/11/27
月面着陸地点は「米の財産」 NASAが立ち入り禁止案
 人類が初めて月に降り立った米アポロ計画での着陸地点を「歴史的遺産」として立ち入り禁止にする指針を米航空宇宙局(NASA)が検討していることがわかった。国連の宇宙条約はどの国も自由に宇宙空間に立ち入りできるとしている。
(中略)
 なかでも最初のアポロ11号(69年)と最後となった17号(72年)の着陸地点は価値が高いと判断。それぞれ半径2キロ以内の上空を飛行禁止とした。月面でも着陸時に活動した範囲を含む半径75メートル(11号)、225メートル(17号)以内の立ち入りを禁じる。
http://www.asahi.com/science/update/1126/TKY201111260427.html

アポロ11号の月面着陸がなかったことがバレては大変ですから(笑)
(2011年11月27日)

追加記事

NASA、月の石など大量紛失 ずさんな管理発覚
 【ワシントン共同】アポロ宇宙船が持ち帰った月の石など貴重な地球外物質の試料517点を、米航空宇宙局(NASA)が紛失していたことが9日までに分かった。研究者に貸し出したまま行方不明になったケースが多く、NASA監察官は「研究や教育に重要で、将来の世代に受け継がれる貴重な財産」を軽視するずさんな管理を問題視した。
 8日付の監察官の報告書によると、517点は月の石や土壌のほか、隕石や彗星のちりなど。1970~2010年の間に紛失した。
 報告書はNASA側の貸出記録の不備を指摘。貸出先情報が誤っていたり、更新されるべき情報がそのままになっていたりしたという。
2011/12/10 08:27
http://www.47news.jp/CN/201112/CN2011121001001090.html

失われなくてはならなかった、なぜなら偽物が混じっていたから――そう云われても彼らはもう根拠なしに強弁するしかなくなりました。
(2011年12月10日)

追加記事

President Kennedy’s Man on the Moon Speech – 1961 | Today in History | 25 May 16

British Movietone
2016/05/24 に公開
On May 25, 1961, President John F. Kennedy told Congress: “I believe that this nation should commit itself to achieving the goal, before this decade is out, of landing a man on the moon and returning him safely to the earth.”

(2016年5月25日)

追加記事

Apollo 11 Takes Off – 1969 | Movietone Moment | 15 July 16

British Movietone
2016/07/15 に公開
Tomorrow marks the day Apollo 11, the first space flight to land humans on the moon, set off on its journey from the Kennedy Space Centre into space. This Movietone report gives an insight into some of the preparations that Neil Armstrong, Buzz Aldrin and Michael Collins took before heading off on’the greatest journey of all time’!
America’s twelve thousand million pound moon programme approaches its climax. The most comprehensive training and rehearsal programme of any enterprise in the history of mankind has prepared the Apollo Eleven astronauts for the greatest adventure in the history of man.
Saturn rocket on launch pad. Zoom Apollo space capsule. Zoom in 3 astronauts make ready for press conference. Sign “NASA. Astronauts sitting at press conference. Pan ditto. Zoom in photograph of model of the moon. Lunar module. Astronaut demonstrates part of landing controls. Ground to air moon landing craft. Animated shots of how the craft will land on moon. 2 shots astronauts experience weightlessness. Astronauts practice collecting parts of lunar surface. Animated sequence showing take-off and link up. 2 shots capsule dropped onto water. 2 shots astronauts practice recovery in ocean. 2 shot portable isolation unit. Isolation buildings. Box. Men working on germ free machine. Ditto. Machine. Man on control panel. Graph. Sample of rock. Zoom in the three astronauts. see story number 94928/2 for cuts

(2016年7月16日)

追加記事

2018/08/30
人類初の月面歩行を成功させたニール・アームストロングの自伝をもとに作った伝記映画「First Man(ファーストマン)」の公式トレーラー第2弾がYouTubeで公開されました。トレーラー第2弾では、アポロ計画の裏にあったアームストロングとその家族の葛藤の様子が描かれています。

<人類初の月面着陸を成功させたニール・アームストロングの半生を描く「First Man(ファーストマン)」予告編第2弾が登場 – GIGAZINE より一部引用>
https://gigazine.net/news/20180830-first-man-trailer-2/

First Man – Official Trailer #2 [HD]
視聴回数 2,101,450 回
Universal Pictures
2018/08/29 に公開

First Man – Official Trailer (HD)
視聴回数 1,473,563 回
Universal Pictures
2018/06/12 に公開

『ファースト・マン』予告編 (2019)
FilmSelect 日本
2018/07/20 に公開

ポルノグラフィティ – アポロ(short ver.)
ポルノグラフィティ Official YouTube Channel
2013/07/12 に公開

(2018年8月30日)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です