「上の部屋の床が抜けそう」

03’Enter’s Channel おもしろいページを貼り付けてくスレ
という掲示板のスレッドに以下の投稿記事がありまして、

351 名前: さすらいの探偵 ◆gZKhSatry2 投稿日: 2006/04/01(土) 20:19:13
http://www.akibablog.net/archives/2006/04/post_427.html
http://mangaen.blog30.fc2.com/blog-entry-314.html
http://www.pointex.biz/~567/blog/mt/archives/2005/02/07124233.html
http://www.i-mezzo.net/log/2006/04/01120000.html
http://semimaru.s47.xrea.com/blog/log/eid29.html
すごいですね、エイプリルフールって。今日はネットの記事とかあんま信じちゃいけないみたいですね。

いまだにそこから、うちのサーバへ来る人が半月に1人くらいの割でいらっしゃいます。
そのリンク先は
『register movement: 「上の部屋の床が抜けそう」』
という記事なんですが、URLは
http://www.pointex.biz/~567/blog/mt/archives/2005/02/07124233.html
から
http://pointex.biz/eiji/blog/mt/archives/2005/02/07124233.html
に変更されてるので、404になっちゃうんですね。
その404ページにちゃんと
http://pointex.biz/~567/blog/ —> http://pointex.biz/eiji/blog/
って書いてあるのに、どういうわけか皆さん見ようとしない。
htaccessファイルで
Redirect permanent /~567/ http://pointex.biz/eiji/
としてリダイレクトさせるのも手ですが
必ずしもすべてのページが新アドレスに移行したわけではないので、やってません。

そんなわけで、
03’Enter’s Channel おもしろいページを貼り付けてくスレ
からリンクされているページを、このブログに再UPしときます。
あたしゃそれほど「おもしろいページ」とも思えんのだが。

◇    ◇    ◇

大量の雑誌で床抜け、重傷 アパート、2時間後に救出
 東京都豊島区の木造アパート2階で6日夜、大量の雑誌をため込んでいた男性(56)の部屋の床が抜け、男性が1階の部屋に落下、雑誌などの間に埋まり約2時間後に救出された。男性は全身打撲で重傷。1階に住む無職男性(75)は「上の部屋の床が抜けそう」と警視庁目白署に相談に行っていたため無事だった。
 調べでは、6日午後8時ごろ、豊島区目白の2階建てアパート202号室(六畳一間)の床が抜け、男性が大量の雑誌とともに1階に落ちた。
 男性の声だけが聞こえたため、東京消防庁が小型カメラのついた棒を駆使して約2時間後に救出。雑誌は昭和50年代からの「週刊プレイボーイ」「サンデー毎日」などの週刊誌や漫画雑誌「少年ジャンプ」などで、救出の際に取り出した分だけでも、高さ約50センチ、幅約30メートルに広がるほどだったという。
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20050207-00000078-kyodo-soci

コレクションというのはお金持ちの趣味ですよ。
ビンボー人が物集めをやっちゃイケマセン。

追加記事

昭和50年代後半から住み始め、新聞や雑誌をほとんど捨てず、ひたすら部屋に積み重ねていた。
(中略)
捜査関係者が「若いころの田中真紀子さん(元外相)の写真が載った週刊誌があった」と目を丸くするように、雑誌のアーカイブで有名な大宅壮一文庫もびっくりの懐かしい雑誌だらけだ。
 「週刊宝石」や「FOCUS」といった今では手に入らない雑誌をはじめ、主に80-90年代の多種多様な週刊誌だけでなく、井上尭之バンド「太陽にほえろ!」サウンドトラックLP、南野陽子「サマー・コンサート」LD(87年)など音楽ソフトも週刊誌の間にはさまっていた。
(中略)
 さらに複数の「平成元年、オールナイトフジ」とラベルに書かれたビデオテープもあり、年がいもなくアイドルが大スキだったようだ。
(中略)
 雑誌などについて、男性は「捨てていい」としょんぼりしているという。目白署では立件しない方針だが、アパートの管理会社関係者は「全部処分します。費用は男性が負担することで了承を得ている。見当もつかない額になりそうですが…」と苦笑するばかりだった。
http://www.zakzak.co.jp/top/2005_02/t2005020801.html

悲劇! カネがあれば回収・保存も可能だったんじゃないですか?
これからは気分転換にペットでも飼ったらどうでしょう。あ、アパートじゃダメか・・・
(2005年2月8日)

投稿者: eiji 日時: 2005年02月07日 12:42

 

追加記事

(2015年3月7日)

この記事の旧版はこちらです。
register movement: 「上の部屋の床が抜けそう」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です