預金者は銀行へ、容疑者はメリーランドへ、そして夜汽車はジョージアへ

強風4日目。

きょう29日、気象庁は関東甲信地方が梅雨明けしたとみられると発表しました。平年(7月21日ごろ)より22日早く、昨年(7月6日ごろ)より7日早い梅雨明けです。関東甲信地方が6月に梅雨明けするのは初めてのことです。(これまで関東甲信地方で最も早く梅雨が明けたのは2001年の7月1日でした。)
梅雨の期間(梅雨入りした6月6日から梅雨明け前日の6月28日まで)の日数は23日と、1978年(6月11日から7月4日まで)に並んで1番の短さです。

※梅雨は季節現象であり、その入り明けは、平均的に5日間程度の移り変わりの期間があります。
※梅雨入り・明けの時期は、秋に再検討され、見直されることがあります。

<関東甲信 早すぎる梅雨明け 6月は初めて(日直予報士 2018年06月29日)- 日本気象協会 tenki.jp より一部引用>
https://tenki.jp/forecaster/deskpart/2018/06/29/1103.html

イチョウは年が明けても葉を落とさないし、入学式のときには葉桜になっているという、そういう事になりつつある。
今回の6月関東梅雨明けも、ズバリ 地球温暖化による局地的異常気象現象というべき事態。

 

Milo Yiannopoulos
@myiannopoulos
2018/06/28
You’re about to see a raft of news stories claiming that I am responsible for inspiring the deaths of journalists. The bodies are barely cold and left-wing journalists are already exploiting these deaths to score political points against me. It’s disgusting. I regret nothing I said, though of course like any normal person I am saddened to hear of needless death.

The truth, as always, is the opposite of what the media tells you. I sent a troll about “vigilante death squads” as a *private* response to a few hostile journalists who were asking me for comment, basically as a way of saying, “Fuck off.” They then published it. Amazed they were pretending to take my joke as a “threat,” I reposted these stories on Instagram to mock them — and to make it clear that I wasn’t being serious.

Headlines soon appeared claiming that I was “inciting” people to murder journalists. This is wholly false. The only people whipping up hysteria about killing reporters this week were Will Sommer at the Daily Beast and Davis Richardson at the New York Observer.

If there turns out to be any dimension to this crime related to my private, misreported remarks, the responsibility for that lies squarely and wholly with the Beast and the Observer for drumming up fake hysteria about a private joke, and with the verified liberals who pretended they thought I was serious.

It is a demonstrable fact that the Open Society Foundation and other wealthy left-wing organizations have spent hundreds of thousands of dollars (maybe it’s millions!) disrupting my talks, beating up my audiences and spreading malicious rumors about me. I wouldn’t be at all surprised if this shooter — just like the last one at YouTube — is another demented left-winger. Let’s hope it’s another transgender shooter, too, so the casualties are minimal.

The Left celebrated the shooting of Scalise and regularly incites violence against Trump supporters. They are secretly delighted by the domestic terrorism of Antifa and they cheer on Maxine Waters when she threatens consequences for Trump administration staff going about their business in public.

I made a private, offhand troll to two hostile reporters, who breathlessly publicized it and like vermin their fellow journalists swarmed to remind the world how much they hate Milo. If the Left was truly horrified by violence against journalists, they would have shown it in the aftermath of Charlie Hebdo. As you all know, they didn’t.

P.S. — You guys should decide whether you think I’m “disgraced, irrelevant and over” or “so dangerous I inspire mass shootings.” I can’t be both.

<Milo Yiannopoulos – 投稿 フェイスブック より引用>
https://www.facebook.com/myiannopoulos/posts/1194490660688827

Gun violence against journalists
On June 26, 2018, reports surfaced that Yiannopoulos had told at least two news organisations who had requested comments, that he wanted vigilantes to shoot journalists.
According to a reporter for the New York Observer, he wrote in a text message “I can’t wait for vigilante squads to start gunning journalists down on sight”.
Two days later, following a shooting at the Capital Gazette in Annapolis, Maryland in which five people were killed, Yiannopoulos denied that his comments were responsible, adding that his remarks were a joke.
He later posted on Instagram that he sent the messages to troll journalists.
On Facebook he wrote “You’re about to see a raft of news stories claiming that I am responsible for inspiring the deaths of journalists.” and “The truth, as always, is the opposite of what the media tells you.”

<Milo Yiannopoulos – Wikipedia より一部引用>
https://en.wikipedia.org/wiki/Milo_Yiannopoulos

By: Lisa Fernandez
POSTED: JUN 28 2018 01:16PM PDT
UPDATED: JUN 28 2018 03:01PM PDT
It didn’t take long for the internet to point out that former Breitbart editor and right-wing provocateur Milo Yiannopoulos had publicly stated he is issuing reporters threatening messages when asked to comment for stories as a shooter terrorized the newsroom at the Capital Gazette in Maryland.
“I can’t wait for the vigilante squads to start gunning journalists down on sight,” he told the Observer over text message, published on Tuesday.

<Milo Yiannopoulos texts about’gunning journalists down’ 2 days before Capital Gazette shooting – Story KTVU より一部引用>
http://www.ktvu.com/news/milo-yiannopoulos-texts-about-gunning-journalists-down-2-days-before-capital-gazette-shooting

By HANNAH PARRY and ASHLEY COLLMAN FOR DAILYMAIL.COM
PUBLISHED: 20:16 BST, 28 June 2018 | UPDATED: 00:35 BST, 29 June 2018
‘Ponytailed’ white male with a shotgun and explosives shoots at least five dead and’gravely injures’ three at Maryland’s Capital Gazette, as cops reveal he purposely damaged his fingertips so he couldn’t be identified and was found hiding under a desk

  • Five people are dead after a gunman opened fire Maryland’s Capital Gazette newsroom on Thursday
  • Police responded within 60 seconds to reports of an active shooter at the newsroom at about 2.40pm
  • The suspect, described as a white male with a ponytail, has been taken into custody but is refusing to identify himself to authorities
  • Police sources said the gunman purposely damaged his fingertips so investigators couldn’t fingerprint him
  • Authorities said they recovered a long gun and what they thought to be an explosive device from the scene
  • Phil Davis, a court and crime reporter for the Gazette, said the gunman had shot through the glass door of the offices and then opened fire on the newspaper employees
  • Intern Anthony Messenger tweeted at 2.43pm there was an’active shooter, please help us’

<Five shot by gunman at Maryland’s Capital Gazette newspaper building  Daily Mail Online より一部引用>
http://www.dailymail.co.uk/news/article-5898141/At-four-shot-gunman-Marylands-Capital-Gazette-newspaper-building.html?ITO=applenews

 米メリーランド州アナポリスの新聞社「キャピタル・ガゼット」で28日午後、銃撃事件があり、5人が死亡し、複数人が負傷した。地元警察当局が銃撃犯を拘束し、取り調べている。
 事件当時に社内にいた記者のツイッターによると、男1人が事務所のガラスドアに向かって発砲した後、複数の従業員に向けて発砲したという。記者は「誰かが死亡したとは言いたくないが、ひどい状況だ」とし、「机の下に隠れる中、複数人が撃たれ、銃撃犯が銃弾をこめ直す音を聞く。これ以上に恐ろしいことはない」とつづった。

<米の新聞社で銃撃事件、5人死亡 当局が銃撃犯を拘束:朝日新聞デジタル より一部引用>
https://www.asahi.com/articles/ASL6Y1Q2CL6YUHBI001.html

現場にいたというガゼット紙のフィル・デービス記者は「複数の人が銃撃され、犯人が再び弾を込める音を机の下で聞くほど恐ろしいことはない」とツイート。メディアの取材に「犯人はまだ机の下に隠れている人がいる状態で銃撃をやめた。なぜかは分からない」と語った。
 サンダース大統領報道官は事件を受け、ツイッターに「無分別で邪悪な攻撃を強く非難する」と投稿。「罪のないジャーナリストへの暴力的な攻撃は、すべての米国人に対する攻撃だ」と糾弾した。
 ガゼット紙は首都ワシントンの東約50キロのアナポリスを拠点とする地方紙。同記者によると、記者数は45人前後という。

<米新聞社で銃撃、死者5人以上=容疑者の男拘束:時事ドットコム より一部引用>
https://www.jiji.com/jc/article?k=2018062900184&g=int

ネオナチの論客でウルトラ右翼のミロ・イアノプーロスが「自警団が撃つまで待てないから警官が(フェイクニュースを垂れ流す反トランプの)ジャーナリストを撃ってくれ」と煽動していたことから、反トランプ陣営が関連を指摘している。
犯行動機が思想的なものかどうかは、まだ明らかになっていない。

Five people killed in shooting at Capital Gazette newspaper office | ITV News
ITV News
2018/06/28 に公開

Capital Gazette
888 Bestgate Rd, Annapolis, MD 21401 USA

gazette の定義

【名詞】
(used in the names of periodicals) a journal or newspaper.
the official publication of a government organization or institution, listing appointments and other public notices.

用例:”It was submitted that examination of this translation of the official gazette supplemented the views which he advanced.”

同義語: newspaper, paper, journal, periodical, organ, newsletter, bulletin, rag

【動詞】
announce or publish in an official gazette.

用例:”He also announced that he gazetted a set of norms and standards last week for educators, which he described as a ‘developmental’ rather than a policing exercise.”

「gazette」の翻訳
【名詞】
志集 booklet of essays, magazine, journal, periodical, gazette, review

<Google 翻訳>
https://translate.google.co.jp/#en/ja/Gazette

 

ミリタリーやスカルって、ほんとに子どもに流行ってんのか?
外人観光客向けっぽいけど。

 

なるほど、これはいいことを聞いた。
さっそく予行演習してみよう。

下重「そういえば、うちの気丈な母も、本当は寂しかったんでしょうね。かつて高齢者に甘い言葉で近づいて金塊を売りつける豊田商事の事件がありました。お恥ずかしい話ですが、母の死後に小さな金塊が引出しから出てきたことがありましたね」

荻原「最近は金利が低いためか、タンス預金が急増していて、振り込め詐欺などの被害にも遭いやすいということもいわれます。しかし、実は銀行の窓口での振り込め詐欺の阻止率は約90%もある。ですから、近くの金庫と思って、現金はなるべく銀行に預けることをおすすめします。また、素人のむやみな金融商品への投資もするべきではありません。それなら、自分を磨くことに投資してください」

<荻原博子さんが警告「詐欺被害を誘引するタンス預金に注意!」 女性自身 より一部引用>
https://jisin.jp/life/living/1642861/

ビックリするほどカネ貯めてる老人が結構いるよね。

可処分所得はある程度は使って世の中でグルグル回すから意味があるんだけど、
「貯めてばかり」は いささか「反社会的行為」かもしれんね。

 

そう。だからおれはもうその手の店には行きたくないんだよ。
人間を不幸にするシステムは共産主義だろうが資本主義だろうが早晩壊れる。
つまりは現代はもうヒトの文明が衰亡する局面に入ってるってこと。

 ソフトバンクが2007年から放送しているテレビCM「白戸家」シリーズで、初代「お父さん」役で出演していた北海道犬の「カイ」が28日、老衰で死んだ。16歳だった。上戸彩さんや樋口可南子さんらと共演。北大路欣也さんが声を務め、現在も続く同シリーズが人気を得るきっかけとなった。現在はカイの子、カイトとカイキが2代目として出演している。
http://www.yomiuri.co.jp/culture/20180628-OYT1T50128.html

CMに出るだけあって、様子が宜しいねぇ。
人間のおれより生涯賃金が高かったのはちょっと悔しいけど。
16歳なら天寿を全したというべきか。

マドリード(スペイン)の有能なコーギー警察犬が、救命措置コンテストで思わず胸を熱くさせるような見事な心肺蘇生法(CPR)の実演デモを披露しています。

<【訓練の賜物】スペイン警察犬による心肺蘇生法デモにメチャ使命感を覚える件 VIVA!Wマガジン より一部引用>
http://viva-wmaga.eek.jp/2018/06/29/37712

Police Dog Jumps Up and Down on Agent’s Chest in Mock CPR Demonstration
Inside Edition
2018/06/26 に公開

今回もW杯観戦で心臓麻痺を起こし亡くなった人がいたそうだね。

こちらは犬を真似るオウム。

Cockatoo Barks Like a Dog || ViralHog
ViralHog
2018/06/18 に公開
Occurred on May 27, 2018 / New York, NY
“Video shows the friendly “Violet the Cockatoo” barking at a rather confused dog. The crowd is having a good laugh at it.”

以下、「犬」「猫」関連の投稿。

英国の産業倉庫会社Exporta Globalが、自社で取り扱う物流用のプラスチック製パレットを1377枚並べた巨大ドミノ倒しに挑戦

<【響く轟音】物流用パレット1377枚の巨大ドミノ倒しで世界記録達成!? VIVA!Wマガジン より一部引用>
http://viva-wmaga.eek.jp/2018/06/26/37683

1377 Falling Pallets Sound like a FREIGHT TRAIN!
Exporta Global
2018/06/18 に公開

こういうのを許す会社もいいね。

日本でも数年前からプラスティック製が目立つようになってきた。
ただしドミノ倒しはやらせないし、やる暇も与えない。
1日8時間づつで3交代。365日24時間可動だからね。

以下、比喩ではない「ドミノ倒し」を含む投稿。

JR鉄道会社がこの31年間に行ってきたさまざまな施策のなかで、筆者が最も評価している点の一つは、定期運転の夜行の旅客列車(以下、寝台列車)をJR旅客会社がほぼ全滅に近い状態にまで削減した点だ。
もともと、寝台列車の削減は国鉄時代からの課題であった。現在の国土交通省である運輸省は、1979年5月17日に国鉄に対して寝台列車はもとより、夜行の貨物列車までも廃止を検討せよと指示を出していたほどだ。運輸省の指示の意図は経営の合理化、具体的には当時42万人余りが在籍していた国鉄の職員を7万人削減するためであった。
(中略)
運賃に加えて特急券や寝台券といった料金が必要な寝台列車は、新幹線や航空と比べて安くもないし、何よりも日帰りでの出張が不可能となってしまって出張手当がかさむ。おまけに寝づらいとあっては寝台列車の利用者は増えようもない。

<「寝台列車廃止」はJRの最も賢明な選択だった 経営 東洋経済オンライン より一部引用>
https://toyokeizai.net/articles/-/227112

小学校のとき、東京―大阪間の寝台列車を利用したことがあった。
寝台にどう変わるのか職員の作業を興味津々で眺めていた。
確かトイレにも行かず朝までぐっすり寝たように思う。
今にして思えばいい経験だった。

日本の鉄道シリーズ 走れ!特急 寝台列車編

Buddy Morrow and His Orchestra – Night Train(1959)FULL ALBUM
マーキュリーでの再録盤。

00:00 Mangoes
02:16 With A Song In My Heart
04:32 Midnight March
07:09 One Mint Julep
10:11 Rib Joint
12:04 With The Wind And The Rain In Your Hair
14:25 Night Train
17:17 Hey Ms. Jones
19:49 I’ll Close My Eyes
22:06 Back Home
24:14 Pink Lady

以下、「Night Train」「夜汽車」を含む投稿。

以下、「北帰行」を含む投稿。

●以下、夜行列車関連の映画。

ドイツ・スイス・ポルトガル “Night Train To Lisbon”(2010)リスボンに誘われて
原作:パスカル・メルシェ『リスボンへの夜行列車』

アメリカ “The Sleeping Car”(1990)地獄の片道切符
日本公開:1994/07/01

イギリス “Murder on the Orient Express”(1974)オリエント急行殺人事件
日本公開:1975/05/17

松竹『満願旅行』(1970/04/25封切)

原作・脚本:舟橋和郎
監督:瀬川昌治
出演:フランキー堺、ミヤコ蝶々、団令子、森田健作、香山美子、森川信、石井均、松岡きっこ

  ※(追記:この動画は削除されました

 

フランス “Compartiment Tueurs”(1965)七人目にかける男
日本公開:1966/12/17

ポーランド “Pociąg”(1959)夜行列車
英題:The Night Train
日本公開:1963/03/01

アメリカ “The Palm Beach Story”(1942)結婚五年目(パーム・ビーチ・ストーリー)
日本公開:1948/09/21

大映『夜行列車の女』(1947/08/26封切)

脚本:伊藤大輔、小森静男
監督:田中重雄
出演:若原雅夫、花布辰男、小原利之、及川千代、鈴木美智子

  ※(追記:この動画は削除されました

 

アメリカ “The Girl in the Pullman”(1927)寝台車の女
日本公開:1927

  ※(追記:この動画は削除されました

 

以下、「列車シリーズ」「旅行シリーズ」を含む投稿。

以下、「鉄道」「列車」関連の投稿。

2016/06/29
BBCは28日夜、強姦されたと名乗りを上げて話題になった伊藤詩織氏を取材した「Japan’s Secret Shame(日本の秘められた恥)」を放送した。約1時間に及ぶ番組は、伊藤氏本人のほか、支援と批判の双方の意見を取り上げながら、日本の司法や警察、政府の対応などの問題に深く切り込んだ。制作会社「True Vision」が数カ月にわたり密着取材したドキュメンタリーを、BBCの英国向けテレビチャンネル BBC Two が放送した。

<「日本の秘められた恥」  伊藤詩織氏のドキュメンタリーをBBCが放送 – BBCニュース より一部引用>
https://www.bbc.com/japanese/features-and-analysis-44638987

BBC が元被告に訴えられることはないのだろう。

追加記事

(2018年6月30日)

追加記事

2018/06/30
米東部メリーランド州アナポリスの新聞社を銃撃したとされるジャロッド・ラモス容疑者は29日、5件の第一級殺人罪で起訴された。キャピタル・ガゼットの従業員は以前から、ラモス被告を見かけたら警察に通報するようにと伝えられていた。
(中略)
 キャピタル・ガゼットは2011年、ラモス被告の刑事訴訟での有罪答弁を記事にした。記録によると、ラモス被告は執行猶予判決と保護観察処分を受けた。被告は12年にキャピタル・ガゼットを提訴していた。

<米新聞社銃撃、被告は以前から要注意人物 – WSJ より一部引用>
https://jp.wsj.com/articles/SB11781352683600293541404584317170722130300

2018/06/30
裁判所は29日、容疑者に対する保釈を認めず、第1級殺人5件の疑いでの勾留を命令。この決定の根拠の一つとして検察は「裏口の封鎖や、罪のない犠牲者を追い詰め撃つという戦術的手法の使用」など、犯行の計画性を示す証拠があったと説明した。
 警察はまた、ラモス容疑者が地元の女性に嫌がらせをはたらいたとの疑惑に関する記事をめぐり、同容疑者がキャピタル・ガゼットに長い間恨みを抱いていたことを確認。警察は2013年5月に「ネット上での同紙に対する脅迫」に関する捜査を行ったが、新聞側は事態の悪化を恐れて訴追を望まなかったという。

<米新聞社銃撃、裏口ふさぎ「できるだけ多く殺害」計画:AFPBB News より一部引用>
http://www.afpbb.com/articles/-/3180600

どうやら動機は個人的な恨みだったようだ。
(2018年7月1日)

追加記事

2018/07/04 23:57
英国の公共放送BBCが製作、世界に放映した伊藤詩織さんのドキュメンタリー「レイプ、日本の隠された恥」(1部と2部)が投稿する度に即座にすべて消された。
(中略)
 その後被害者の伊藤詩織さんは警察に被害届を出した際、取り調べは「女性警官」を希望した。涙ながらの2時間近くの説明を聞いた女性警官は、「私は交通課なので捜査担当を呼んで来る」。
 代わりに男性の警官が3人やって来た。体育館のような広い場所でマットの上に寝るよう指示。等身大の人形が伊藤さんにのしかかり、当時の行為を再現させられ、激しくフラシュをたかれたという。
 二次被害を招く恐れがある残忍かつ興味本位の捜査だ。これについて「日本の警察はレイプ被害者にこんなことまでやらせる」とBBCは批判した。これでは誰も被害届けなど出さない。ちなみに全国の警官29万人のうち、女性の警察官はたったの8%だ。

<「安倍政権の闇」を暴露したBBCの番組が次々、消された! 半歩前へ より一部引用>
http://85280384.at.webry.info/201807/article_40.html

Japan’s Secret Shame

隠されると見たくなるのが人情というものだ。
(2018年7月4日)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です