こがね色の焼きそば

2011/08/14
世界同時株安を受け、金に注目集まる アメリカでは「砂金探し」がブームに
金の価格は10日、ニューヨーク市場で、先物価格が史上最高値の1オンス = 1800ドルを突破した。 「ゴールドラッシュ」とまではいかないまでも、ちょっとした夢を見られると、砂金探しも人気が高まっているのかもしれない。
http://www.fnn-news.com/news/headlines/articles/CONN00205454.html

金価格の上昇が続くなか、金を採取して収入を得ようとする人が米テキサス州で増えている。ただ、19世紀にカリフォルニア州などで起きた「ゴールドラッシュ」での金鉱脈を掘り当てようとする一獲千金狙いの採掘事業ではなく、地道な砂金採りが主流のようだ。
 同州中央部を流れるリャノー川で金の採取作業を行うグループのトム・ピッケンズさんは、「金の値段が上がれば上がるほど、より多くの人がやってくる」とコメント。ピッケンズさんのグループは大それた夢は抱いておらず、作業地域で採取できるのは粉状または豆粒程度の大きさの砂金と見込んでいる。
http://jp.reuters.com/article/oddlyEnoughNews/idJPJAPAN-22707820110815

金の価格高騰を受けて、山梨県では砂金採りが人気を集めています。
 身延町では昔から金が採れ、「湯之奥金山博物館」では砂金採り体験が行われています。最近の金の価格高騰を受けて、今年は去年に比べて3割近く客が増えているということです。
http://news.tv-asahi.co.jp/ann/news/web/html/210821019.html

金の価格が高騰するなか、砂金取りを体験できる身延町の金山博物館に夏休み中の家族連れなどが「一獲千金」を夢見て大勢訪れています。
金は19日、東京工業品取引所での先物価格が取り引き開始以来初めて1グラム4500円台になるなど、値上がりが続いています。こうしたなか、室町時代から江戸時代の金山の歴史を伝える施設、身延町の『甲斐黄金村・湯之奥金山博物館』には夏休み中の家族連れなどが大勢訪れています。
人気を集めているのは、昔ながらの砂金取りを体験できるコーナーです。
http://www.nhk.or.jp/lnews/kofu/1044958472.html

低純度の金を含む砂礫を、時間をかけて探し集める。
なかなか大変です。
まだ金鉱探しのほうが、脈がありそう。

The Start of the California Gold Rush(1849)

Albion David – Days of ’49
Bob Dylan Cover

  ※(追記:この動画は削除されました

 

ボナンザ (Bonanza) は、アメリカ合衆国で1959年に制作されたテレビドラマ。ホームドラマ型の西部劇とされる。題名の「ボナンザ」は、「繁栄、大当たり」「鉱脈」の意味であり、ゴールドラッシュ時代の米国西部を連想させる名称でもある。
ネバダ州レイク タホ周辺にあるバージニア市を舞台としており、現地には物語の主人公であるカートライト兄弟の看板が目印のボナンザのテーマパークが存在する。

<ボナンザ (テレビドラマ) – Wikipedia>

Lorne Greene – Bonanza(1964/10)
歌入りバージョン。シングル “Ringo” のB面。
orchestra & chorus conducted by Joe Reisman

arranged by Don Ralke
from the album “Welcome To The Ponderosa”(1964)RCA Victor LPM-2843
From the MusicProf78 playlist “And Then They Added Words.” Heard as the opening track (but with a spoken intro) on his LP “Welcome To The Ponderosa,” this vocal rendering of the theme from Greene’s hit TV show was also issued on the flip side of his #1 single “Ringo”. And here’s the popular 1961 instrumental version of “Bonanza” by Al Caiola

Al Caiola and his Orchestra – Bonanza(1961/03)

arranged by Don Costa
This driving instrumental recording of one of the great TV themes was popular during the second season of NBC’s “Bonanza.’

“BONANZA” Theme Song

無名時代のハリウッド・スターが出てたっけ。
ネバダ州はカリフォルニア州の東隣で、つまりは山側に当たる。
そういうところに金脈があったのだろうか。

Antonio Chacón – Engarzá en Oro y Marfil(1928)
タイトルはスペイン語で「金と象牙に祀られて」の意。

Will Osborne and his Orchestra – There’s A Gold Mine In The Sky(1937)
vocal: Will Osborne

recorded in NYC September 20, 1937
This western-flavored ballad spent three months on radio’s popular “Your Hit Parade” survey with several recorded versions registering moderate sales activity, and in 1957 it returned as a top-15 hit for Pat Boone

Silver Shadows And Golden Dreams(1944 movie soundtrack)

Movie: “Lady, Let’s Dance” (Monogram), starring Belita, James Ellison, Walter Catlett, and Frick & Frack. Silver Shadows and Golden Dreams (Lew Pollack-Charles Newman) was sung by a chorus in this ice skating musical.
Special thanks to T.J. Mulvaney for providing the excellent-quality audio

Peggy Lee – Golden Earrings(1947)

Don Cherry – Band Of Gold(1955/10/31)バンド・オブ・ゴールド

orchestra and chorus conducted by Ray Conniff
Cherry’s first major hit in several years was also the first of several memorable arrangements by Columbia Records’ new conductor Ray Conniff, who helped revive the lagging recording careers of some of the label’s male vocalists (Guy Mitchell’s “Singing The Blues,” Johnnie Ray’s “Just Walking In The Rain,” and Frankie Laine’s “Moonlight Gambler”).

<参考>
Jo Stafford – On London Bridge(1956)霧のロンドンブリッジ
2度目の引用。

by Roy C. Bennett, Sid Tepper
recorded on October 14, 1956, in New York.
released on COL. 4-40782 on October 22, 1956.
Paul Weston as conductor.

お聞きのとおり「Band of Gold」と「On London Bridge」のイントロは全く同じ。
会社も同じ米コロムビア。こちらの編曲はジョー・スタッフォードの夫のポール・ウェストン(Paul Weston)。♫ババーバのコーラス担当は両曲ともレイ・コニフ・シンガーズ。「Band of Gold」の編曲はレイ・コニフなので、こちらの♫ババーバは彼の承諾の下、録音されたと考えられます。なぜ同じアイデアを使ったのか、理由が判りません。

Patti Page – A Poor Man’s Roses(Or A Rich Man’s Gold)(1957/02/04)
orchestra & chorus conducted by Vic Schoen
2度目の引用。

Pop Chart Peaks: Billboard 14(radio play) 27(Top 100), Cash Box 25, Music Vendor 55
Patti’s ‘pop’ cover of the Patsy Cline country hit (released on the flip of Patsy’s “Walkin’ After Midnight”).

Pat Boone – There’s A Gold Mine In The Sky(1957)
orchestra and chorus conducted by Billy Vaughn

On the flipside of Pat’s “Remember You’re Mine” single was this revival of a 1938 western ballad hit. Though he did make newly-recorded stereo remakes in 1959 of this title and several of his other early singles, the authentic ‘hit’ version of “There’s A Gold Mine In The Sky” is only available in the mono form posted here.

Neil Sedaka – Moon Of Gold(1959)
B-side of “I Go Ape!”

  ※(追記:この動画は削除されました

 

Jimmy Young With Rob Roy and his Music – Golden Girl(1959)

Craig Douglas – Golden Girl(1959)

Walter Brennan with Billy Vaughn and his Orchestra – Dutchman’s Gold(1960)
ほとんど語り。

Pop Chart Peaks: Music Vendor 27, Billboard 30, Cash Box 36
Triple-Oscar-winner Brennan was currently starring in the TV series “The Real McCoys” when he recorded this top 40 charted hit. His biggest recording success would come two years later with “Old Rivers”

Tony Brady – Golden Boy(1961)

Los Viking Boys – Cuándo Mi Luna Brillará(When My Blue Moon Turns To Gold Again)(1961, Mexico)

  ※(追記:この動画は削除されました

 

Jimmy Elledge – A Golden Tear(1962)

  ※(追記:この動画は削除されました

 

James Gilreath – Little Band Of Gold(1963/02)
arranged by Hurshel Wiginton
Pop Chart Peaks: Billboard 21, Music Vendor 25, Cash Box 28

The Bee Gees – Little Band Of Gold(1963)

  ※(追記:この動画は削除されました

 

Sette uomini d’oro(1965)黄金の七人
music by Armando Trovajoli(アルマンド・トロヴァヨーリ)

Bobby Vee – Objects of Gold(1967)
from album “Come Back When You Grow Up”.
2度目の引用。
ブラザーフッド・オブ・マン(Brotherhood Of Man)の「想い出のラスト・キッス(Save Your Kisses For Me)」、パリス・シスターズ(The Paris Sisters)の「Golden Days」と似た雰囲気の部分があります。

The Five Day Week Straw People – Gold Digger(1968)

  ※(追記:この動画は削除されました

 

Bobby Bland – A Piece Of Gold(1969)

Freda Payne – Band Of Gold(1970)
同名異曲のヒット。

Rotary Connection – I Am The Black Gold Of The Sun(1971)

  ※(追記:この動画は削除されました

 

山口百恵 – イミテイション・ゴールド(1977)
2度目の引用。

  ※(追記:この動画は削除されました

 

B級グルメとして知られる静岡県富士宮市の「富士宮やきそば」が21日、米ニューヨークの青空市に初めて登場した。
 町おこしで始まった「富士宮やきそば」は、B級ご当地グルメの日本一を決める「B-1グランプリ」で06、07年とチャンピオンに輝き、年間60万人がこれを目当てに訪れる観光資源に成長。隣の富士市出身の日本人留学生の紹介で青空市を知り、海外でも知名度を高めようと出店した。
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20110822-00000011-mai-soci

B級グルメ NYに殴り込み 富士宮やきそば(11/08/19)

NYでも好評!富士宮やきそば「パスタのよう・・・」(11/08/22)

いつか富士宮の町を歩く機会があったら、ぜひ食べてみたいですねぇ。

身延線前面展望(西富士宮~富士宮)

白糸の滝 静岡県富士宮市

宮おどり大会-2011.8.7 – みんなで大盛り上がり!

追加記事

(2012年8月15日)

追加記事

これも「アベノミクス効果」なのか――。為替相場で円安ドル高が続くなか、国内の金価格が急騰している。
 安倍政権が打ち出した「2%の物価上昇目標」を決めた日本銀行の金融政策決定会合の初日にあたった2013年1月21日には、現物の小売価格が1グラムあたり5146円に上昇。じつに32年ぶりの高値を付けたのだ。

「1ドル1円動くと、金価格は約50円動く」
 貴金属大手の田中貴金属工業によると、2012年の国内の金価格(年平均)は、前年の4060円を261円上回る、1グラムあたり4321円だった。
 12年2月以降、欧州財政問題に対する不安感でユーロ安ドル高が進行したことや、中国の景気減速による宝飾需要の弱まりで値を下げ、6月には平均3975円の最安値をつけた。
 ところが、9月に米国で量的緩和第3弾(QE3)の実施が発表されると値を戻しはじめ、減税失効と歳出の強制削減が重なる、いわゆる「財政の崖」への懸念に加えて、日本国内では12月の衆院選後の「大胆な金融緩和」への期待感からくる円高修正で、12月の平均価格は最高値の4567円まで上昇した。
 2013年は、その勢いが年始から止まらない。12年12月21日に1グラム4731円だった金価格は、1月21日には5146円を付けた。わずか1か月で415円も急騰したのだ。
(中略)
金の売却、昨年末より「増えている」
 2013年1月に入って、1グラムあたり5000円を突破した国内の金価格。1980年1月に、6495円の最高値を付けたことがあるとはいえ、このときの円相場は1ドル226円(年平均)だったのだから、金価格がかなりの高値圏で推移していることは間違いない。
http://www.j-cast.com/2013/01/25162803.html

主婦が金のアクセサリーを店に持込み現金化するところをテレビのニュース番組でやってましたよ。
(2013年1月25日)

追加記事

人間の排泄物に金などの希少金属が含まれており、アメリカ人100万人あたりで1300万ドル(約16億円)の価値に相当する希少金属を排出するという研究結果が登場しています。これは、単純計算でアメリカ人全体の排泄物から4800億円相当の希少金属が採れる可能性があることになります。
http://gigazine.net/news/20150326-poop-gold-source/

「うんこ」と「黄金」。
チト出来過ぎだなぁ。
(2015年4月26日)

追加記事

都市鉱山とは、1988年に東北大選鉱製錬研究所の南條道夫教授らによって提唱されたリサイクル概念で、地上に蓄積された工業製品を資源とみなして「都市鉱山」と名付け、資源をそこから積極的に取り出すこと試みる概念です。
(中略)
電子機器内の基板(都市鉱山に対して「都市鉱石」と呼びます)には様々な部品が存在し、各部品の中には、レアメタルやレアアースを含む希少・有価な金属を含有するものもあります。
http://www.nims.go.jp/research/elements/rare-metal/urban-mine/

Pat Boone – There’s A Gold Mine In The Sky(1957 original hit version)

Bing Crosby – There’s A Gold Mine In The Sky(1938)
with Eddie Dunstedter at the organ

Both Bing and Horace Heidt released successful recordings of the Nick & Charles Kenny western ballad, followed twenty years later by a popular Pat Boone revival.

Horace Heidt and his Brigadiers – There’s A Gold Mine In The Sky(1937)
vocal: Larry Cotton

Joel Whitburn “Pop Memories”-charted track, not elsewhere on YouTube as of this posting. Larry sings the western-flavored ballad that was also recorded successfully by Bing Crosby (then) and Pat Boone (1957).

(2015年10月19日)

追加記事

(2018年1月11日)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です