加藤和彦死す

17日午前9時25分ごろ、長野県軽井沢町のホテルの客室で、歌手で音楽プロデューサー、加藤和彦さん(62)=東京都港区六本木1=が首をつって死亡しているのを県警軽井沢署員らが発見した。同署は、遺体に目立った外傷がなく、室内から遺書とみられる文書が見つかり、知人に自殺をほのめかす電話をかけていたことなどから自殺とみている。
http://mainichi.jp/select/jiken/news/20091017k0000e040055000c.html

詳しい事情はまだ分かりません。
高名な芸術家が、行き詰まりを感じて突然みづから命を絶つ・・・
特に日本人に多いといいます。

 平等院(京都府宇治市)鳳凰堂の扉絵で、沈む太陽を思い浮かべながら瞑想(めいそう)する仏教の教えを表現した「日想観図」(国宝)に、太陽を拝む女性や滝などが描かれていることが17日、分かった。平等院が発表した。日想観図は1053年に制作され、表面がはげ落ちるなどしているが、復元に向けた金沢美術工芸大の荒木恵信准教授らの調査で判明したという。
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20091017-00000026-jij-soci

日想観(にっそうかん、じっそうかん)という言葉から私が感じたイメージは日輪、すなわち白く輝く昼間の太陽なんですが、
調べてみるとそれは、オレンジ色に染まった西空の、その彼方に沈みゆく夕日を観想して、西方浄土を欣求(ごんぐ)する、浄土教の瞑想法の一つなのだそうです。
『三丁目の夕日』のポスターを凝(じっ)とみつめるようなもんでしょうかね。

Toni Fisher – West Of The Wall(1962)
orchestra conducted by Wayne Shanklin

Pop Chart Peaks: Cash Box 23, Music Vendor 25, Billboard 37
Topical hit from the “Big Hurt” lady about lovers separated by the recently-erected Berlin Wall, which (the lyrics predicted) “soon will fall.”

Groucho Marx – Go West, Young Man
“Copacabana”(1947)

Ben Bernie and his Orchestra – West Wind(1930)
vocal: Scrappy Lambert
recorded in NYC c. December 28, 1930

Abe Lyman’s California Orchestra – Down Where The Sun Goes Down(1928)
vocal: Phil Neely

A song that is possibly best-known from the Coon-Sanders recording.

Louis Armstrong and his Hot Five – West End Blues(1928)

Satchmo’s famous first recording of the 1928 King Oliver blues composition features Earl Hines (piano), Jimmy Strong (clarinet), Fred Robinson (trombone), Mancy Carr (banjo), and Zutty Singleton (hand cymbals).

寂照法師(= 大江 定基 おおえのさだもと)が唐の清涼山で詠じた

 笙歌遥聞孤雲上 聖衆来迎落日前

は、浄土宗における日想観そのものを伝えているように思えます。

能 石 橋しゃっきょう
向ひハ文殊の淨土にて常に笙歌の花降りて。笙笛琴箜篌夕日の雲に聞え来目前の奇特あらたなり。暫く待たせ給へや。影向の時節も今幾程によも過ぎじ
謡曲 實盛さねもり
笙歌せい がはるかに聞ゆ孤雲の上、聖衆しょうじゅ来迎す落日の前。
あらたっとや今日もまた紫雲の立つて候ふずや。
平家物語 潅頂巻 大原御幸
障子には、諸経の要文ようもん 共、色紙に書いて、所々におされたり。其なかに大江の定基さだもと 法師ぼっし が、清 涼 山しょうりょうぜんにして詠じたりけん、
「笙歌 はるかに きこゆ 孤雲上こうんのうえ 、聖衆 来迎らいごうす 落日前らくじつのまえ 」 とも書かれたり。

団塊世代のセレブリティ(名士)だった加藤和彦さん。
ホテルから見えた軽井沢の夕映えに何を感じたのでしょうか。

追加記事

●2010/12/31 10:00~11:25
テレビ東京『きたやまおさむ あの素晴しい愛について』
日本の音楽シーンに多大なる影響を与えたザ・フォーク・クルセダーズの元メンバー・きたやまおさむが開いたトークイベントの模様を中心に送るスペシャル番組。
“きたやまおさむ”は2010年、2月の九州大学退官記念の最終講義後、本格的に再始動した。4月には東京&大阪でのコンサートを実施。「まだ生きてます」というメッセージだった。そして11月「アカデミックシアター」の名のもとにハイパー講義で私たちの「こころのありか」に迫る。精神科医、ミュージシャン、作詞家、ラジオパーソナリティ、エッセイスト…

多彩な才能を持つ帰ってきた団塊のスーパースター“きたやまおさむ”の魅力のすべてをテレビ初公開の貴重映像と共に送る90分。
世界初!きたやまおさむライブ&トークイベント「アカデミックシアター」
テレビ初公開!アマチュア時代のザ・フォーク・クルセダーズ!
超貴重!加藤和彦&きたやまおさむラストライブ!など

出演:きたやまおさむ、加藤和彦、南こうせつ、姜尚中、村上龍、坂崎幸之助
http://tv.yahoo.co.jp/program/327945/?date=20101231&stime=1000&ch=8230

(2010年12月31日)

追加記事

京都の世界遺産、平等院鳳凰堂にある国宝の「日想観図」が、6日から初めて一般に公開されます。
平等院鳳凰堂にある国宝の「日想観図」は、鳳凰堂が建立された平安時代後期に描かれ、日本で最も古い「やまと絵」とみられています。
高さ2メートル60センチ、幅1メートル20センチの扉2枚に描かれた絵は、本尊の阿弥陀如来坐像の裏側にあったため、これまで参拝者の目に触れることはありませんでしたが、56年ぶりの大がかりな改修で取り外され、初めて一般に公開されることになりました。
平等院の「日想観図」は、海が描かれているのが特徴で、当時の実在の景勝地を描いた可能性もあるということです。
絵の劣化が激しいため、6日からの公開では、細かい部分まで色鮮やかに復元された絵と併せて展示されます。
復元画の制作に当たった金沢美術工芸大学の荒木恵信准教授は、「創建当初の扉絵がここまでの状態で残っており、重要な文化財だと思う。精緻に描かれた見応えがある作品だ」と話しています。
平等院鳳凰堂の国宝「日想観図」は、平等院の貴重な文化財を展示する鳳翔館で、6日から12月14日まで公開されます。
http://www3.nhk.or.jp/news/html/20121005/t10015548741000.html

3年がかりで修復したということですね。
(2012年10月5日)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です