地に落ちたのは? (a)ウラン核燃料 (b)東電の企業イメージ

Nuclear meltdown at Fukushima plant
By Julian Ryall in Tokyo 2:01PM BST 12 May 2011
Engineers from the Tokyo Electric Power company (Tepco) entered the No.1 reactor at the end of last week for the first time and saw the top five feet or so of the core’s 13ft-long fuel rods had been exposed to the air and melted down.
http://www.wallstreetsurvivor.com/CS/forums/t/44071.aspx

Nuclear meltdown at Fukushima plant
One of the reactors at the crippled Fukushima Daiichi power plant did suffer a nuclear meltdown, Japanese officials admitted for the first time today, describing a pool of molten fuel at the bottom of the reactor’s containment vessel.
http://www.telegraph.co.uk/news/worldnews/asia/japan/8509502/Nuclear-meltdown-at-Fukushima-plant.html

Tepco admits nuclear meltdown at Fukushima plant
12 May 2011 91 views No Comment BY: BNO News
TOKYO (BNO NEWS) — The Tokyo Electric Power Co. (Tepco), which operates the troubled Fukushima nuclear plant, on Thursday admitted that a nuclear meltdown occurred at the plant.
http://channel6newsonline.com/2011/05/tepco-admits-nuclear-meltdown-at-fukushima-plant/

TEPCO reports nuclear fuel meltdown at Fukushima No. 1
10:21 12/05/2011
Fuel rods in the No. 1 reactor at Japan’s crippled nuclear power plant may have melted after being fully exposed, the plant’s operator told the Kyodo news agency on Thursday.
http://en.rian.ru/world/20110512/163985787.html

経済産業省原子力安全・保安院の西山審議官は、13日午前の記者会見で「水が少なくても燃料が冷えることが分かり、格納容器を満水にするまで水位を上げる必要があるか疑問だ」などと述べ、原子炉の冷却に向けて必ずしも「冠水措置」にこだわる必要はないという見方を示しました。
福島第一原発1号機は、原子炉の水位が極端に減り、燃料の大半が溶けて下に落ちる、いわゆる〃メルトダウン〃が起きていたとみられることが、12日に明らかになりました。さらに原子炉の底に小さな穴が開いたことで、原子炉や格納容器から大量の水が漏れ出ているとみられていて、事故の収束に向けた工程表への影響が懸念されています。
http://www3.nhk.or.jp/news/html/20110513/t10015875721000.html

 燃料は、いつ圧力容器の底に溶け落ちたのか。燃料が溶け出す温度は、2800度と高温だ。二ノ方寿・東京工業大教授(原子炉工学)は「燃料が溶融したとすれば、発熱量の大きな事故直後に水から露出したときではないか。現在の発熱量は少なく、露出していても水蒸気で冷却できるはずだ」とみる。
 同じく燃料溶融が起きた米スリーマイル島原発事故(79年)では、溶けた燃料の取り出しが難航し、汚染の除去に14年かかった。二ノ方教授は「今回は事故当初、海水で冷却していたため、塩によって圧力容器の腐食が急速に進み、損傷する心配がある。溶融した燃料と被覆管の金属などが混ざって固まっている可能性もあり、(廃炉のため)取り出すのも大変な作業になる」と懸念する。
 燃料の損傷に関しては、保安院が「溶けた燃料棒が下へ落ちる状態」を最悪の「メルトダウン(炉心溶融)」と定義している。東電は「形状を維持していないという定義であれば(メルトダウンに)あたる」との見解を示した。
http://mainichi.jp/select/weathernews/news/20110513ddm003040067000c.html

なんか腑に落ちないところがあります・・・
圧力容器の底が抜けて(高熱で溶けて抜けたのか、地震の振動で割れたのか不明)、溶けた燃料が格納容器の底に落ちていると考えられるそうで。
今、その溶けた燃料の温度は何度くらいなのか?
やはり何千度とかで、まもなく格納容器の底を溶かして、コンクリも溶かして、とうとう地面に突入するというのか?
それだけ高温なら、なんでこれまで水蒸気爆発が起きなかったのか?
そして何より再臨界は起きるのか、起きないのか?
もし再臨界が始まったら、住民避難はすぐにできる体制なのか?

The Steinways – My Heart’s Not In It Anymore

 別れ話を持ちかけてきた交際女性を脅して復縁を迫ったなどとして、警視庁原宿署は強要未遂と住居侵入の疑いで、ロックミュージシャンの内田裕也容疑者=本名・内田雄也、東京都渋谷区富ヶ谷=(71)を逮捕した。
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20110513-00000517-san-soci

50歳の女性に71歳の男が未練がましく付きまとい。
ちょうど出演CMが流れている時期で、クライアントは大迷惑。

内田裕也とザ・フラワーズ
東宝『コント55号 世紀の大弱点』(1968)より

  ※(追記:この動画は削除されました

 

日活『あゝひめゆりの塔』(1968)より

内田裕也とザ・フラワーズ
日活『「恋のつむじ風』(1969)より
音楽担当は井上忠夫(井上大輔)、女優として斎藤チヤ子が出演しています。

内田裕也とザ・フラワーズ – サマータイム(1969/07)
vo. 麻生レミ

フラワー・トラべリン・バンド – Satori Part II(1971)

バンドやイベントのプロデュースに才能を発揮しましたが、ボーカリストとしては「?」
金儲けが下手なところは大いに「ロックンロール」だったと思いますよ。

フラワー・トラべリン・バンドは、万博カナダ館に来ていたカナダのグループ『ライトハウス』に誘われ、その前座として海外進出を果たしたんですが、
この『ライトハウス』は『南無妙法蓮華経』というヒットのある信濃町外人信者のバンドでして、たぶんメンバーはシツコク入会を勧誘されたはずです。

計画停電、東京23区は対象外―東電
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20110513-00000077-jij-bus_all

23区にある会社の社会的影響力は大きい、都下のは小さい、との認識でしょう。
おおむねその通りですが、だからといって端(はな)から「対象外」って極端すぎやしませんか?
これでまた人々の東電に対する怨念が膨らみそうです。

Abe Lyman and his Calufornia Orchestra – Turn Out The Light(1932)
vocal: Paul Small

追加記事

関係者によると、3月11日夜、1号機の状態を確認するため作業員が原子炉建屋に入ったところ、線量計のアラームが数秒で鳴った。建屋内には高線量の蒸気が充満していたとみられ、作業員は退避。線量計の数値から放射線量は毎時300ミリシーベルト程度だったと推定される。
この時点ではまだ、格納容器の弁を開けて内部圧力を下げる「ベント」措置は取られていなかった。1号機の炉内では11日夜から水位が低下、東電は大量注水を続けたが水位は回復せず、燃料が露出してメルトダウン(全炉心溶融)につながったとみられる。
さらに炉心溶融により、燃料を覆う被覆管のジルコニウムという金属が水蒸気と化学反応して水素が発生、3月12日午後3時36分の原子炉建屋爆発の原因となった。
http://www.47news.jp/CN/201105/CN2011051401000953.html

3月11日夜の高放射線量の事実を東電は隠蔽していました。
今回、関係者が匿名を条件にリークし、やっと世に出た話です。
東電は国民(とりわけ福島県の人々)の命をなんだと思ってるのか。
(2011年5月15日)

追加記事

 釈放後、内田に対して否定的な発言をする文化人やリポーターが増えたことに立腹し「待ち伏せして拉致したい、言ったら原宿署に『脅迫だから』と止められた。1年は我慢」と冗談とも本気ともつかないコメント。「サンドバッグのようにたたかれたけど、渡哲也さんだけは水ようかんを20本送ってくれた」とうれしそう。また、弁護士費用が払えていないことも明かし「ロックの宿命で経済的に貧困状態」と語った。
[2011/6/16-06:02 スポーツ報知]
http://hochi.yomiuri.co.jp/entertainment/news/20110615-OHT1T00345.htm

被害者意識が強いみたいですね。
こういうときロックを引き合いに出すとその価値を下げるだけと思うのですが・・・
(2011年6月16日)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です