「カンツォ~ネ!」の島田夫妻はいずこへ?

今さっき、イタリアからアクセスがありました。Google翻訳を使ってこのブログをご覧になったようです。
元の日本語がヘンなので、きっとおかしなイタリア語になってしまったことでしょう。
どの記事がお目当てなのかは分かりませんが、たぶん昨日の「金嬉老」のではないかと思われます。
あるいは「仁義なき戦い」の文字に反応したのかもしれません。

イタリア人と日本人は、家族主義、母性賛美、あるいは情動的という部分で似通った国民性だと感じていました。
また一方、「声をかけないと却って女性に失礼」といわれるほどのあの積極性は逆に日本人にはないもので、これは大きな違いです。
日本で最初のイタリア・ブームは1960年代前半、カンツォーネ(イタリアン・ポップス)が流行ったころですね。
あのころのイタリアの歌、いいのがたくさんありました。
日本では伊東ゆかり、布施明のカバーが秀逸でしたっけ。

Wilma Goich – Le colline sono in fiore 花咲く丘に涙して
San Remo Festival Japanese TV(1965)

(上) 「ウィルマ・ゴイク」ではなく、「ウィルマ・ゴイチ」って言ってますね。
   でも山田吾一は山田ゴイクじゃない。うむ、これだけはいえるナ。

Lauretta Fiordaliso – Non Ho L’età(1965)夢みる想い

Emilio Pericoli – Al Di La’ from “Rome Adventure”(US:1962/02 45single version)
orchestra conducted by Giampiero Boneschi
Giampiero Boneschi’s Orchestra, Recorded by Dischi Ricordi, Italy
ワーナーの同じ品番で1961/03に米盤シングルが一度リリースされている。
英盤シングル(UK:1962/06/15)のタイトル表記は Al Di La(”Theme From “Lovers Must Learn”)”
イタリアとアメリカで一番売れたのは映画の中で歌うシーンがあるこの人のレコード。トランペッターのアル・ハートも自身の役で出演している。

Italian singer Emilio Pericoli performed this ballad in the popular 1962 romantic film drama “Rome Adventure,” which starred Troy Donahue, Suzanne Pleshette, Rossano Brazzi, and Angie Dickinson. This post is the issued hit single of Pericoli’s commercial recording of the song, which is more than a minute shorter than the full-length album version.

布施明 – 君に涙と微笑みを
Se Piangi, Se Ridi

  ※(追記:この動画は削除されました

 

Mina – Tintarella di luna(1959)月影のナポリ
from the movie “Juke box – Urli d’amore”(1959)

下の動画はイタリアのテレビ番組らしい。
さすがオペラの国だけあって堂に入(い)ってます。

I Classici Del Quartetto Cetra(dalla “Biblioteca di Studio Uno”)
Il “Conte di Montecristo” ed “I tre Moschettieri”: due brevi spezzoni tratti dalla “Biblioteca di Studio Uno” del Quartetto Cetra, trasmissione in 8 puntate andata in onda dal 15 Febbbraio al 18 Aprile 1964.

  ※(追記:この動画は削除されました

 

 

◆    ◆    ◆

イタリアといえば、ヒデとロザンナのロザンナ・ザンボンさんが夕刊フジに短期連載していた「自伝」が終了したようですね。
二人はほんとに歌がうまかった。歌うために生まれてきたようなコンビでした。
楽曲的にも恵まれたほうだと思います。
どの曲も時代の微妙な変化をちゃんと反映していて、しかもオシャレなものが多い。
これからもずっと聴き続けていきたいと思ってます。

  • 【自伝「ロザンナ」】ふるさと 「七つの子」覚えて17歳で日本へ
  • ※(追記:以下の記事はすでに削除されています 2012/09/18)
  • 【自伝「ロザンナ」】6畳一間のアパートに叔父が女性連れ込み…
  • 【自伝「ロザンナ」】「まずい、運命の男だ!」私の「ひとめ惚れ」
  • 【自伝「ロザンナ」】「彼といられるのに眠るなんて、もったいない」
  • 【自伝「ロザンナ」】浮気!ヒデが派手なハイヒールを5、6足も
  • 【自伝「ロザンナ」】パンツ1枚のヒデが女性と一緒に
  • 【自伝「ロザンナ」】ヒデ「あの女とは別れるから時間をくれ」
  • 【自伝「ロザンナ」】「60キロになったら結婚」真に受けドカ食い
  • 【自伝「ロザンナ」】ハワイ挙式 マスコミからバッシング
  • 【自伝「ロザンナ」】ヒデに末期がん宣告…最後の「愛はいつまでも」
  • 【自伝「ロザンナ」】わたし的子育て 3人の子どもと4人の孫
  • (下)2008年7月4日付記事
  • 衝撃の赤裸々半生!「ヒデとロザンナ」のロザンナ、亡くなった夫の愛人が病室に…

ヒデとロザンナ – 愛は傷つきやすく(live)

追加記事

島田夫妻 – 愛の始発駅~夕張夫妻のうた~
アップロード日: 2007/12/18

夕張夫妻がカンヌの国際広告祭でグランプリ
アップロード日: 2009/07/15

(2013年2月14日)

追加記事

マンドリンによるイタリアン・ムード。
ホッとするね、こういう音楽。

Raoul Meynard “Strolling Mandolins” 1961 STEREO Space Age Italian Pop FULL ALBUM

This is from the original stereo vinyl pressing and may have a few audible defects. Please keep in mind my videos are never meant to take the place of higher quality sources, and I urge everyone interested in owning this album to seek it out.

0:00 Return To Me
2:44 Three Coins In The Fountain
5:46 Oh, Marie
8:27 Come Back To Sorrento
11:33 The Song From Moulin Rouge
14:27 Neapolitan Nights
17:18 Non Dimenticar
20:11 Mattinata
23:22 Arrivederci, Roma
26:27 Vieni, Vieni
29:04 Santa Luca
31:08 Volare

This original longplay record album was released in the USA as WS 1405 by Warner Bros. in 1961, and is part of my personal collection. I ripped its contents for my enjoyment and created this video hoping to share it with others who appreciate hard-to-find and obscure music. Should the current copyright holders require its removal from this site I will comply.

(2015年3月23日)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です