危険度赤丸急上昇

 東京都は地震による建物倒壊や火災発生の危険度を、地域ごとに5段階で評価した調査結果を5年ぶりに発表した。総合危険度が高い100地域をみると、荒川・隅田川沿いの木造住宅が密集した下町エリアが多いが、新宿、豊島、中野、杉並区など山の手地域も危険度が急激に悪化している。
 調査は町や丁目で区切った都内5177カ所を対象に、地震による「建物倒壊危険度」と「火災危険度」に、「災害時の活動困難度」を加味して総合危険度を算出。順位付けを行い、危険度を1~5段階に分類した。
 危険度が最高のランク5は85カ所で、全て23区内。1位の荒川区町屋4丁目をはじめ、荒川や足立、葛飾、墨田、江東区の荒川・隅田川沿いエリアが多い。地盤が弱く、古い木造住宅が多いことや、道路整備の不足などが要因という。
(中略)
32位の中野区若宮1丁目は2013年の前回調査の223位から急上昇、ランクも4から5に上がった。火災危険度が5、災害時活動困難度が4と高い。
 杉並区天沼1丁目は前回の671位から60位に上昇。危険度ランクも3から5へ2段階悪化した。災害時活動困難度が2から5に上がった。

<都内の地震危険度ランキング、山の手地域が急激悪化 最高ランク5は下町エリアに集中 – zakzak より一部引用>
http://www.zakzak.co.jp/soc/news/180216/soc1802160023-n1.html

今まで比較的安全と思われてた中野・杉並近辺。
場所によっては危険と判ったのは調査が進んだからだね。
下町が危険なことは動かしがたいけど、安全と云われてた地域も実際はどうなるか。

東京都中野区若宮1丁目

 

昨年11月に20歳前半の新人大卒社員が自殺した大東建託赤羽支店。建築営業課で連日長時間の「飛び込み営業」をやらされ、業績が悪いとして叱責を受けていたという。
 「取り組んだら放すな、殺されても放すな、目的完遂までは」――電通直伝「鬼十則」を実践し、社員の使い捨てぶりの激しさで有名な大東建託株式会社(熊切直美社長)で、昨年(2017年)11月、赤羽支店建築営業課(東京都北区)に所属する20代の大卒新入社員が、社宅で自殺していたことがわかった。同僚らによれば”業績不良”を理由に上司から連日、叱責を受けていたことから、長時間労働による過労とパワハラで精神にダメージを負ったことが原因である可能性が高い。同社では、2007年に藤枝支店の40代営業社員が自殺。昨年6月にも八千代支店の50代営業社員が自殺しており、1年で2名の自殺が発覚した。一方、不採算に陥ったオーナーが大東建託を裁判に訴え、「修繕費見積もりが低すぎる」として約5千万円の賠償を勝ち取ったことが判明。利益至上主義の大東建託商法に、司法も厳しい目を向けはじめた。

<大東建託赤羽支店で大卒新入社員が自殺、過酷なノルマと連日の叱責でうつ病発症か 三宅勝久 MyNewsJapan より一部引用>
http://www.mynewsjapan.com/reports/2376

CM 大東建託 「お見せできるのは未来です。」中井貴一

大東建託CM「賃貸経営受託システム これは新しい」編

恋するフォーチュンクッキー 大東建託 Ver. / AKB48[公式]
視聴回数 236,011 回
AKB48
2014/06/17 に公開

【懐かCM】1989年 大東建託 ~Nostalgic CM of Japan~

昔、電話帳に番号を載せていたことがあり、株屋をはじめとするいかがわしい連中からよく電話が掛かってきた。そのつどおれは「どこの世界に電話一本で見も知らぬやつにカネを払うバカがいる? お前の会社の所在地とお前の役職と名前を言え。お前ンとこの社長にねじ込んで、必ずお前をクビにしてやる」というと、たいてい二度と掛かってこなかった。

電話だけではない。どこで情報を得たか知らぬがダイレクトメールを送ってくる会社とは一切 関わらないことにしている。
ましてや営業マンが飛び込みでやってくる会社など絶対 相手にしない。

以下、「家賃保証」「家賃保証会社」を含む投稿。

オーストラリア・シドニーの沖合を航行していたクルーズ船内で乱闘騒ぎを起こし数人が負傷したとして、16日、同じ親族の23人が船から降ろされていたことが明らかになった。地元メディアが報じた。シドニーでは数日前にも、同様の理由で別の船が港に引き返すことを余儀なくされている。

<クルーズ船内で乱闘騒ぎ、親族23人を強制的に下船 豪 写真1枚 国際ニュース:AFPBB News より一部引用>
http://www.afpbb.com/articles/-/3162880

クルーズ船内でのケンカはよくあることらしい。

現代ではちょっと叩いたくらいで訴えられたりもするが、映画の中ではそうしたことにはお構いなしに、襲撃、決闘、大喧嘩が続けられている。

Top 10 Movie Fight Scenes of 2017
視聴回数 359,225 回
The TV Regent
2017/12/12 に公開

California(1977)

Marathon Man(1976)
マラソンマン

The Cowboys(1972)
11人のカウボーイ

Darker Than Amber(1970)

The Wrecking Crew(1968)
サイレンサー/破壊部隊

Charlie Bubbles(1967)

Persona(1966)
スウェーデン映画
監督:イングマール・ベルイマン
出演:リヴ・ウルマン、ビビ・アンデショーン

Our Man Flint(1966)
電撃フリントGO!GO作戦

A Shot In The Dark(1964)
暗闇でドッキリ

Irma la Douce(1963)
あなただけ今晩は

The Manchurian Candidate(1962)
影なき狙撃者

椿三十郎(1962)

A Thunder of Drums(1961)
独立騎兵隊

Day of the Outlaw(1959)

Rebel Without a Cause(1955)
理由なき反抗

The Wild One(1953)
乱暴者(あばれもの)

Fight scene from 1948 Chinese movie

1948 film “All the People of One Mind” or “Bloodshed in a Beseiged Citadel,” directed by early Shanghai filmmaker Ren Pengnian, starring his wife, wuxia actress Wu Lizhu, has early martial arts-style fight scenes. This one shows Wu fighting Japanese soldiers.

そして、おれにとって最も印象に残ってるファイトシーンはこれ。

Giant(1956)
ジャイアンツ
4度目の引用。

以下、「Quarrel」「Fight」「けんか」「喧嘩」「Fight Scene」を含む投稿。

 中国江蘇省南京市で、墓室の壁に絵が描かれた大型の壁画墓がみつかり、南北朝時代の南朝、梁(りょう、502~557年)の皇太子、昭明太子(しょうめいたいし、蕭統〈しょうとう〉、501~531)の墓の可能性が高いことが分かった。昭明太子は、日本の平安文学などにも影響を及ぼした詩文集「文選(もんぜん)」の編纂(へんさん)者として知られる。中国で皇帝陵クラスの墓が発掘調査されるのは異例で、日中の研究者は注目している。
(中略)
 墓室のれんがには壁画が描かれ、1号墓の壁には南朝皇帝陵で描かれることの多い「竹林七賢(ちくりんしちけん)図」「羽人(うじん)戯虎図」があった。「竹林の七賢」は3~4世紀ごろの7人の知識人。社会の混乱で儒教が衰えた一方で、個人主義や虚無主義的な論議(清談〈せいだん〉)が流行。7人は自由奔放な生活を送り、竹林の中で議論するのを好んだとされ、七賢図は南朝で好まれた絵のモチーフとなった。

<壁に竹林の七賢図、昭明太子の墓か 異例の規模に脚光:朝日新聞デジタル より一部引用>
https://www.asahi.com/articles/ASL1Z5QPBL1ZPTFC019.html

毛沢東時代に見つかってたら狂った紅衛兵どもに破壊されていたろう。

3世紀中葉~7世紀ごろの日本は弥生時代と飛鳥時代の中間で、考古学上は古墳時代の名で呼ばれている。
歴史の教科書では任那日本府の設置や仏教公伝がトピックだが何しろ判然としないのである。

「竹林の七賢」と並び称されるのが「建安七子」。

【建安七子】
けんあんしちし
建安年間、曹操(そうそう)父子を中心とする文学集団に属した七人の文人。孔融・陳琳・王粲(おうさん)・徐幹・阮瑀(げんう)・応瑒(おうとう)・劉楨(りゆうてい)をいう。鄴下(ぎようか)の七子。
出典 三省堂大辞林 第三版

<建安七子(けんあんしちし)とは – コトバンク より一部引用>

以下、「7」「Seven」「七」を含む投稿。

中国の春節(旧正月)の大みそかにあたる15日夜に国営中央テレビ(CCTV)で放送された国民的番組「春節聯歓晩会」(春晩)で、アフリカを舞台に中国人女優が黒人にふんして演じた寸劇が「人種差別ではないか」と物議を醸している。
寸劇には中国人とケニアやウガンダなどアフリカ諸国出身の黒人の出演者が登場。ダンスや歌を交えながら、中国がアフリカで進める鉄道建設をたたえ、黒人女性が裕福な中国人男性と結婚したいと話すなど中国に対するアフリカの「好意」を強調する筋書きだ。主役級の女性を演じる中国人女優は顔を黒く塗り、尻を大きくした扮装(ふんそう)で舞台に立ち、「中国が大好きだ」と述べて会場を沸かせた。
 中国版紅白歌合戦ともいわれる「春晩」は世界で8億人が視聴する。放送直後からツイッターや中国のSNSで「ひどい人種差別だ」「顔を黄色く塗った白人を見たらどう思うのか」などの批判が集まった。

<春節:中国版紅白番組で「寸劇が黒人差別」と物議 – 毎日新聞 より一部引用>
https://mainichi.jp/articles/20180217/k00/00e/030/211000c

中国はアフリカ諸国にカネをばら撒いて調子こいてるからねぇ、、、

2018北京卫视春节晚会
視聴回数 128,836 回
北京卫视官方频道 Beijing TV official Channel
2018/02/16 に公開

追加記事

(2018年4月2日)

追加記事

2018/04/04
物件を所有者から一括で借り上げ、転貸する「サブリース」と呼ばれるビジネスをめぐりトラブルが相次いでいる。
(中略)
「30年借り上げる」「安定した家賃収入が受け取れる」
 関東地方の高齢男性は不動産会社にこう勧誘され、3階建てアパート(24部屋)を建築した。アパートは会社が一括で借り上げる形で運営をスタート。しかしその後、1部屋3万5000円だった家賃を「5000円にしたい」と打診され、受け入れなければ「解約する」と迫られた。
 提示された金額では、ローンの返済額が家賃収入を上回るのは確実。会社側に「担当者から『30年のローン返済が終わるまで解約しない』と言われ、念書もある」と訴えたが、聞き入れてもらえなかった。

<家賃減額、解約迫る…サブリース業者とのトラブル多発 – 産経ニュース より一部引用>
https://www.sankei.com/premium/news/180330/prm1803300012-n1.html

(2018年4月4日)

追加記事

(2018年5月23日)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です