諸君、偉大なる博士は風となったのである。果して風となったか? 然り、風となったのである。

きのう3月3日の東京は冷たい風が吹いて真冬に逆戻りした感じでした。
暖かかったり寒かったり、一日のうちでも温度差があり、どんな格好で出ればいいのか困ります。
といってもたくさんある中から一着択ぶわけではなく、寒い日用とやや寒い日用の2種類くらいしかない(笑)
択びまちがえると滝のような汗をかいたり風邪ひいたり。
だからよけいに困るんデス。

2011/02/22
ミハイル・ゴルバチョフ元ソ連大統領は21日、プーチン首相がロシアで権力を独占し、有権者から民主的な選択の自由を奪っているとして非難した。
 プーチン首相は2000年から08年までロシアの大統領を務め、同国では今でも最高権力者とみなされている。ゴルバチョフ氏は、プーチン首相と同首相が3年前に大統領へと導いたメドベージェフ大統領が2人で、来年3月に行われる大統領選挙の候補者を決めるだろうと指摘した。
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20110222-00000558-reu-int

ロシアのメドベージェフ大統領は2日、80歳の誕生日を迎えたゴルバチョフ元ソ連大統領に国家の最高位勲章を授与した。
 メドベージェフ大統領はゴルバチョフ氏が「(ソ連末期の)非常に困難で劇的な時期に国家を指導した」とその功績をたたえた。ゴルバチョフ氏が「(喜びで)心臓の鼓動が大きくなっている」と話すと、大統領は「あなたが心の中で80歳よりはるかに若いことの表れです」と応じた。
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20110303-00000020-mai-int

これくらいの大物になると口封じで殺すわけにもいかないので、「名誉」と「勲章」で黙らせるということでしょう。
それにしても「民主主義」というのは、その制度を使いこなすだけの国民の成熟度がないと「猫に小判」ですね。日本もそうだ。

キャスターのテリー伊藤が問題提起。大学は安易に警察に頼ったのではないかというのだ。
(中略)
「学校のカンニングで警察に逮捕されるなんてことはなかった。今回、すごい前例をつくることになる。僕らの時代には、学園に警察権力が入ることには違和感があった」
学園紛争の時代を知る世代の中には、同様の思いをもった人も少なくないかもしれない。それより若い世代の本村は、「警察に頼まなかったら、時間がかかって合格発表の日まで間に合わない可能性があった」
http://www.j-cast.com/tv/2011/03/03089516.html?p=2

大学紛争のとき、戦後の「大学の自治」は事実上終わりました。
団塊世代が大学当局を占めてる現代でも状況は同じ。
つまり彼ら世代は何も変えられなかったし、本気で変えようともしなかった、ということです。
だいたいゲバ棒で人を殴ったり火炎瓶を投げたりするような人間が「知性的」なわけがない。
せっかく民主主義の国になったのに、共産主義というファッショ運動に夢中になったり、暴力で社会を変えようとしたり……
学校の勉強は出来たんでしょうけど、人間としては傲慢・独善・幼稚、観念的で短絡的、しかも社会にずいぶんと迷惑をかけた。その点では彼らのダメさは父親世代と大差ありません。
その結果が日本の今の惨憺たる有様じゃないですか。
彼らは年老いましたが、ほんとうに大人になったんでしょうか。
年金貰い逃げ、あとは野となれ山となれ、チェンマイあたりで昼寝してるバヤイじゃないでしょう。

米ハンバーガーチェーン大手ウェンディーズ・アービーズ・グループは3日、今秋をめどに、約2年ぶりに日本国内に再進出すると発表した。
 まず東京都内に出店し、今後5年間に70店舗を展開する計画だ。最終的に700店舗まで増やすことも視野に入れている。
 セットメニュー価格は、国内チェーンで中心の500~600円台を上回る設定で、付加価値の高い商品を中心にする見通しだ。
(中略)
 ウェンディーズは、牛丼大手ゼンショーと日本で店舗を展開していたが、フランチャイズ契約の終了で2009年12月に撤退していた。その後も日本でのパートナーを探していたという。
http://www.yomiuri.co.jp/atmoney/news/20110303-OYT1T00931.htm

ウェンディは夢見がちな少女の代名詞でもあります。

The Beach Boys – Wendy(1964/09/21)

Pop Chart Peaks: Billboard 44, Record World 46
A popular track from their “All Summer Long” LP which was not then issued in the U.S. as a regular single but charted via the 45 extended-play release “4-By The Beach Boys.”

The Beach Boys – Wendy – The Ed Sullivan Show

  ※(追記:この動画は削除されました

 

Andy Prieboy – Tomorrow Wendy(1990)

Concrete Blonde – Tomorrow Wendy(1990)

「明日ウェンディは死ぬだろう」とうたっているこの歌には、
KennedyとJackieの名が出てきます。

ウェンディの次は、一字違いのウィンディといきましょう。
風の時代、嵐の時代――60年代こそはまさにそうした時代でした。
“答え”は40数年たった今も、風に舞い続けているんです。

Paul Gayten – Windy(1958)

The Travelers – Windy and Warm(1963)

The Association – Windy(1967/05/01)
チェンバロが印象的。

produced by Bones Howe
Pop Chart Peaks: Billboard, Cash Box & Record World #1
Released in-between their other two chart-toppers of “Cherish” and “Never My Love.”

The Association – Windy (Chicago, 1967)

Windy Cityというと、これはシカゴの別名です。
ドリス・デイがラブコメ西部劇『カラミティ・ジェーン(Calamity Jane)』(1953)の中で『The Windy City』というのをうたっておりまして、この場合もシカゴを意味してます。

Doris Day – The Windy City 映画『カラミティ・ジェーン』(1953)より

Jack Bonus – Cold Chicago Wind(1972)

  ※(追記:この動画は削除されました

 

The Dells – Windy City Soul(1972)

  ※(追記:この動画は削除されました

 

Vee-Jayのアルバム『Oh, What a Nite』(1959)の日本盤リイシュー(テイチク)を買ったのは1978年。夜明けか夕暮れかは判りませんが、ざっくりした石畳の堤防で、ハイヒールを手にした女性が男性と抱擁しているかっこいいジャケットでした。
デルズはメンバーチェンジをしながら、60年代、70年代にもヒットを出し、つい最近2009年まで活動を続けていたようですね。
ちなみにかつてテレビ東京で放送されていた番組『おーわらナイト』(奥村チヨの姪=麻生祐未が出ていた)はデルズのこの『Oh, What a Nite』から付けられたタイトルでした。

 

WINDY LADY
タイトルは、山下が好きなシカゴの通称 “Windy City” から取ったもの。
<CIRCUS TOWN – Wikipedia>

 

The Sweet – Windy City(1977)

Rodney Franklin – Windy City(1980)

Lars Bartkuhn – Windy City(2005)

シカゴの御当地ソングはシナトラの『シカゴ』をはじめたくさんあります。ここでは触れませんが。

シカゴってそんな風が強い街なんでしょうか。
その割に風車だとか凧だとかの話はあまり聞いたことがありません。

「風の街」という表現は風の強さからきているとの考えが一般に受け入れられているが、事実はそうではない。そもそもオクラホマシティの方が、より風が強いぐらいである。
「風の街」の由来は、1892年万国博覧会の候補地としてニューヨークとシカゴが争ったとき、ニューヨークのある雑誌がシカゴ市民を「Chicagoans’ talk was full of windy. 」と評したことである。
これを直訳すると「シカゴ市民の話は風に満ちていた」だが、そのこころは「シカゴ市民の話は中身のない言葉だけ」、である。つまり上記の英文はシカゴ及びシカゴ市民を馬鹿にした発言である。
このことが本来の由来を離れて使用されるに至った。なお、1892年の万博は結局シカゴで開催され、それまでの万博で最大の規模となった。
<シカゴ – Wikipedia>

なるほど、そうでしたか。ちーとも知らなンだ。

「デーサク死んでた」と二階堂ドットコム。どーだかね。

人が死んだら届けを出さないと法律に違反します。
まずは医師が死亡診断書を書くのですが、死因や死亡時期を偽っていれば、ふつうはそこでバレてしまう。
ところがもし、医師・警察官・検察官・裁判官・役所の職員・葬儀社・司法書士・税務署員がぜんぶグルだったら、死亡の事実を隠して、あたかも生存しているかのように誤魔化すことが可能となります。
特定の個人を熱狂的に崇拝し、法律(世間の法)よりも上位にあるドグマでマインドコントロールされている集団=カルト組織では、それが十分起こり得ますし、実際、それに近い事件も過去にありました。
しかし、違法は違法です。
要人の死亡説はだいたいが入院中の人物にかかわることですが、そうでないときは、これは要注意でしょう。

追加記事

(2017年4月7日)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です