行為はリズムにのせて

女優の今川宇宙が、2月1日に放送される読売テレビ・日本テレビ系バラエティ番組『ダウンタウンDX』(毎週木曜22:00~)に初登場。父・西郷輝彦が、ノリノリでふなっしーを演じていたことを暴露する。
https://news.mynavi.jp/article/20180130-578173/

今川宇宙(いまがわうちゅう)の母親は西郷の最初の妻・辺見マリではなく、再婚相手の一般女性だそうだ。

2018/01/16
 千葉県を走る新京成電鉄と人気キャラクター「ふなっしー」のコラボ企画ツイッターアカウントは16日、ファンからの要望を受け「ふなっしートレイン」グッズの通信販売を2月から開始すると発表した。
 「ふなっしートレイン」は「ふなっしー地上降臨5周年プロジェクト」として昨年7月から期間限定で運行、16日で終了する。

<「ふなっしートレイン」プラレールなど要望受けグッズ通販開始へ スポーツ報知 より一部引用>
http://www.hochi.co.jp/topics/20180116-OHT1T50145.html

船橋市非公認キャラクター・ふなっしーが、1月26日に東京スカイツリーの商業施設・東京ソラマチ「スペース634」にて、ファンミーティングイベントを開催した。
(中略)
ふなっしーのオフィシャル動画サイト「274ch」が中心となり、感謝祭限定&先行グッズなど約130種類を販売。ふなっしーの焼きそば「ふなやきそば」や「ふなっしークレープ」など、フォトジェニックなメニューが楽しめる期間限定カフェも同時にオープンし、連日この催事目当てに数多くの人で盛り上がっている。

<ふなっしー、東京ソラマチ「スペース634」にてファンミーティングイベント開催 Musicman-NET より一部引用>
https://www.musicman-net.com/artist/73013

自治体・企業・イベント等の、着ぐるみのゆるキャラ。
ブームもとうに終わった感じだね。
そのあどけなさとは裏腹の、銭ゲバの性根が透けて見え、おれなどはどうもゾッとしなかった。

「ぷっしゃー!」のふなっしーはそろそろ辞め時を摸(さぐ)ってる?

Curtis Mayfield – Pusherman
from the album “Super Fly”(1972)

2018/01/18
 合唱で先走って歌ってしまった。カラオケで手拍子のテンポが狂ってしまった。ライブで感極まるも、腕をあげるタイミングが周囲とずれていた――そんな経験に心あたりがないだろうか(わたしは大いにある)。『日本人とリズム感』(樋口桂子/青土社)は、著者がチェロ教室でつきつけられた「あなたはリズム感が悪い」という言葉が執筆のきっかけだったという。
 なぜリズム感が悪いのか。素朴な疑問が、まずは日本と西洋との違いへのまなざしとなる。まえがきでは象徴的なエピソードが紹介されている。イタリア人と日本人との会話をみていた著者は、両者のうなずきかたが逆であることに気づいた。日本人は「そう、そう」と上から下へ打ち下ろすようにあごを動かす。一方でイタリア人の相槌は、むしろ上方に向かっていたのだという。しかも日本人が”タン、タン”と正拍でうなずくのに対し、イタリア人は”ンタンタ”と裏拍で相槌を打っていた。またそのイタリア人は、タクシーで流れた演歌の歌声に「この歌手は腹でも痛いのか」と心配げな反応をした。

<執筆のきっかけは「あなたはリズム感が悪い」の一言から! 日本人がもつリズム感のルーツをさぐる旅 ダ・ヴィンチニュース より一部引用>
https://ddnavi.com/review/430190/a/

ハッキリ言っておれはリズム感が悪い。悪すぎだ。
小心者でイベントが迫ると身が竦む。
それでつい先走ってしまい、何かとタイミングが合わない。
そういう人間だから、時間芸術である音楽・歌唱はもちろん、スポーツやダンス、車の運転などもまったくの不向き。
少なくともこの件についちゃ「鈍くさい」のそしりは甘受せざるをえんのだよ。

そりゃそうと、人生というのはこの「リズム」というのが大切で、長生きしたけりゃ先ず以て「リズム」を「整える」ことが肝要となる。

Lana Del Rey – Music To Watch Boys To(2015)

  ※(略)

 

Andy Williams – Music To Watch Girls By(Remix)
from the album “Studio Rio Presents The Brazil Connection”(2014)

Tom Gaebel – Music To Watch Girls By(2010)

Andy Votel – Music to Watch Girls Cry(2003)

  ※(略)

 

Terry Hall – Music To Watch Girls By(1999)

Undercover S.K.A. – Music to Watch Girls By

Satan’s Pilgrims – Music To Watch Girls By(1994)

The Higsons – Music To Watch Girls By(1984)
UK

The Ray Charles Singers – Music To Watch Girls By(1974)
口笛が入ります。

Jaki Byard – Music to Watch Girls By

Recorded 2 April 1968
Jaki Byard – organ and piano
Ron Carter – cello
Ray Nance – violin
George Benson – guitar
Richard Davis- bass
Alan Dawson – drums, vibraphone

Les & Larry Elgart – Music To Watch Girls By(1968)

Karel Duba se Svým Orchestrem – Music To Watch Girls By(1968)

Chet Atkins – Music To Watch Girls By(1968)

Ray Anthony & His Band – Music To Watch Girls By(TV live, 1968)

The James Taylor Quartet – Music To Watch Girls By

Recorded at Sunset Sound, Hollywood, CA. Mixed at A&M Recording Studios, Hollywood, CA.
Bass – Gary Crockett
Drums – Neil Robinson
Engineer [Assistant] – John “Geetus” Aguto
Engineer, Mixed By – Phil Kaffel
Guitar – Graham Day
Organ [Hammond] – James Taylor
Producer – James Taylor
Saxophone, Flute – John Wilmott
Trumpet – Dominic Glover
Written-By – Sidney Ramin, Tony Velona

The Tony Hatch Sound – Music To Watch Girls By(1967)

Les McCann – Music To Watch Girls By(1967)

Ray Conniff And The Singers – Music To Watch Girls By(1967)

Ronnie Aldrich And His Two Pianos ‎with The London Festival Orchestra – Music To Watch Girls By
from the album “Two Pianos – Today!”(1967)

Al (He’s The King) Hirt – Music To Watch Girls By(1967)

  ※(追記:この動画は削除されました

 

Living Marimbas – Music To Watch Girls By(1967)

Orchester Roberto Delgado – Music To Watch Girls By(1967)

Horst Jankowski – Music To Watch Girls By(1967)

Benny Golson – Music To Watch Girls By(1967)
from the album “Tune In Turn On – To The Hippest Commercials Of The Sixties”(1967)

The Ventures – Music To Watch Girls By
from the album “$1,000,000.00 Weekend”(1967)

Lafayette & Seu Conjunto – Music To Watch Girls By(1967)

Walter Wanderley – Music to Watch Space Girls By(1967)

Leonard Nimoy – Music to Watch Space Girls By(1967)

Franck Pourcel – Music To Watch Girls By(1967)

Xavier Cugat And His Orchestra – Music To Watch Girls By
from the album “Xavier Cugat Today!”(1967)

Trudy Pitts – Music To Watch Girls By
from the album “Introducing The Fabulous”(1967)

The Tattoos – Music To Watch Girls By(1967)

Caroline – Le jeu du téléphone(1967)
3度目の引用。

Andy Williams – Music To Watch Girls By(TV live)恋はリズムにのせて
シングル発売は1969/03/02。

Billy Vaughn – Music To Watch Girls By(1966)

The Bob Crewe Generation – Music To Watch Girls By(1966/12)

    2018/01/27
    先輩ママに最近夜泣きがひどくて寝不足で身体がつらいと相談しました。
    すると、「生活のリズムをつけてあげるといいかもよ」とアドバイスしてくれました。
    早速私は赤ちゃんの生活リズムについて調べてみました。すると、なるべく毎日同じ時間に同じことをしてみようとのこと。
    それからは、起きる時間、お風呂の時間、ミルクの時間、お昼寝時間、布団に入る時間を、毎日同じ時間になるように意識しました。もちろん、赤ちゃんなのでずれてしまうことはしょっちゅうありました。
    あとは、夕方のお昼寝をあまりさせないように、散歩や遊びをするように。
    このように生活リズムを意識し、1週間たった頃。前よりも夜寝てくれている! と、感じました。
    8時30分に寝ると次起きるのが1時から2時間の間。そして次は、6時から7時の間と、いつの間にか生活リズムが整ってきたのです。
    生活リズムをつくってあげることで、夜泣きが改善されて本当によかったです。赤ちゃんにとって生活リズムはとても大切なものなんだなと思いました。

    <生後5ヶ月から始まった夜泣き。生活リズムを整えたら改善された! [T-SITE] より一部引用>
    http://top.tsite.jp/news/kids/o/38481056/

    人間の生体機能のリズム、はたまた生活のリズムの原泉は何かといえば、答は明らかで、自転による日の出・日の入り、公転による春夏秋冬。

    ヒトはこの地球上で誕生しそのリズムで生存してきたわけで、季節ごとのフレキシブルな対応を禁ずる近代文明、その「働き方」こそ いの一番に改革すべきものであることは言うまでもなかろう。

    以下、「暦」「カレンダー」「Calendar」「忌み日」「旧暦」「太陰太陽暦」を含む投稿。

    The Beach Boys – She’s Got Rhythm
    from the album “M.I.U. Album”(1977/09)

    The Happenings – I Got Rhythm(1967/03)

    conducted by Herb Bernstein, produced by The Tokens
    Pop Chart Peaks: Cash Box 1, Record World 2, Billboard 3
    The group’s second chart-topper (”See You In September” was the first) was this pop & jazz standard made famous by Ethel Merman in the 1930 Gershwin stage musical “Girl Crazy.”

    Major Lance – Rhythm(1964/08)

    arranged by Johnny Pate
    Pop Chart Peaks: Cash Box 23, Billboard 24, Record World 24
    Written and co-produced by Curtis Mayfield, who composed nearly all of Lance’s charted tracks.

    The Pharos – Rhythm Surfer(1963/05)

    Patsy Cline – Gotta Lot of Rhythm in My Soul(1959)
    2度目の引用。

    Charlie Ventura and his Bop for the People – Lullaby In Rhythm(1949)
    vocal: Jackie Cain & Roy Kral
    2度目の引用。

    Billboard R&B Chart Peak: 13
    Revival of the 1938 Benny Goodman hit by the tenor sax jazz star, formerly with the Krupa band.

    Joe Rines and his Orchestra – Mama I Wanna Make Rhythm(1937)
    vocal: Joe Rines

    Cab Calloway performed this number in the Republic Pictures comedy-musical “Manhattan Merry-Go-Round” and also released his own recording of it (as did Bunny Berigan, Ben Pollack, Bernie Cummins, and others).

    Cab Calloway and his Orchestra – Mama, I Wanna Make Rhythm(1937)
    vocal: Cab Calloway

    Cab Calloway and his Orchestra – Mama, I Wanna Make Rhythm(1937)
    vocal: Cab Calloway

    Shep Fields and his Rippling Rhythm Orchestra – Rippling Rhythm(1936)
    Rippling=波打ち、翻り、波動、うねり

    Chick Webb and his Orchestra – Rhythm And Romance(1936 Hi-Fi Transcription)
    vocal: Ella Fitzgerald

    Posting four swinging tracks recorded by the Chick Webb band in February 1936 and distributed to radio stations on World Program Service transcription discs for broadcast use. Of the four, this is the only tune that was also recorded by Webb for Decca, though that earlier commercial release was taken at a slower tempo.
    As pseudonyms were commonly used on such media by artists who were currently under contract to a commercial record label, Chick Webb and Ella Fitzgerald were identified on the World disc as “Chuck Warner” and “Evelyn Fields.” See also “You Hit The Spot” “Big John’s Special” and “Keepin’ Out Of Mischief Now.”
    LP audio courtesy of The Rick Colom Collection, originally issued on World W-1272 – Rhythm And Romance (Johnson-Whiting-Schwartz) by Chuck Warner (Chick Webb) & his Orchestra, vocal by Evelyn Fields (Ella Fitzgerald), recorded in NYC February 19, 1936

    Dick Messner and his Orchestra – Rhythm And Romance(1935)
    vocal: Irene Collins

    The five Messner brothers formed a dance band in the early’30s, recording 12 tracks for ARC in 1935 under the name of brother Dick (pianist). In 1937 four of the Messners went their own ways and brother Johnny reformed the band under his name.

    Chick Webb and his Orchestra – Rhythm And Romance(1935)
    vocal: Ella Fitzgerald

    Webb and Ella also recorded a more brisk-tempo’d version for the World transcription service (radio broadcast use only)

    Freddy Martin and his Orchestra – Get Rhythm In Your Feet (And Music In Your Soul)(1935)
    vocal: Terry Shand

    Both this and the also-posted flip side “If You Want My Heart” are songs from the Republic film “Frankie and Johnnie,” which starred Helen Morgan and Chester Morris. The movie had completed production in 1934 but wasn’t released to theaters until May 1936, a full year after this Martin session.

    Chick Webb and his Orchestra – That Rhythm Man(1934)
    vocal: Taft Jordan

    Shown simply as “Rhythm Man” on this original 78 label, it’s one of the “Fats” Waller-Harry Brooks-Andy Razaf songs composed for the 1929 off-Broadway revue “Hot Chocolates” (aka “Connie’s Hot Chocolates”), which also included “Ain’t Misbehavin'” and “Black And Blue” in the score. “Rhythm Man” and the also-posted flip “Lona” were recorded at the Webb band’s first session after moving over to the newly-formed (American) Decca label.

    Mills Blue Rhythm Band – Keep The Rhythm Going(1934)
    conducted by Lucky Millinder

    Chick Bullock and his Levee Loungers – That’s How Rhythm Was Born(1933)

    flip side “Swingy Little Thingy,”
    Actually this is a recording by Joseph Robechaux and His New Orleans Rhythm Boys. Singer Bullock was not a bandleader but was sometimes label-billed as such on recordings in which he was accompanied by various jazz groups.

    Baron Lee & his Blue Rhythm Band – Rhythm Spasm(1932)

    From early 1932 until he was replaced by Lucky Millinder in late 1933, Baron Lee conducted the current incarnation of the Mills Blue Rhythm Band and received record label name credit for much of that time.

    Cab Calloway and his Orchestra – Sweet Rhythm(1932)
    vocal: Cab Calloway

    Harold Lem and His Orchestra – I Got Rhythm

      ※(追記:この動画は削除されました

     

    44

    Red Nichols and his Orchestra – I Got Rhythm(1930)
    vocal: Dick Robertson

    Fred Rich & his Orchestra – I Got Rhythm(1930)
    vocal: Paul Small

    recorded in NYC October 20, 1930
    This Gershwin standard had been composed for the 1928 musical “Treasure Girl” (to be performed at a slower tempo), but it was Ethel Merman who made it famous in the 1930 production of “Girl Crazy.” Also from the show was “Embraceable You,” which is on the Rich flip side
    Nine days after the Columbia session, Rich recorded a different arrangement of “I Got Rhythm” with Smith Ballew on vocal which was released (under various pseudonyms) on OKeh and several of Columbia’s “dime store” labels

    Coon-Sanders Orchestra – Rhythm King(1928)
    vocal: C. A. Coon

    This catchy number was also recorded by Ben Bernie, Paul Whiteman’s Rhythm Boys, and Bix Beiderbecke & his Gang

    以下、「Music」「Rhythm」「Sound」「Symphony」等を含む投稿。

    インドネシア国営アンタラ通信によると、同国西部アチェ州の警察は28日朝、男性の体で生まれたが女性として生活しているトランスジェンダーの12人を拘束したうえ、「男になる」ための「指導」として強制的に髪を短く切り、男性用の衣服を着させた。
    地元警察の責任者がアンタラ通信に語ったところによると、警官らはさらに12人を長時間走らせ、「男性の声が出るまで」大声で発声させた。
    同責任者は、性的少数者(LGBT)が国内の次世代に「悪影響」を与えることを防ぐための作戦の一環と述べたという。
    しかしその後、CNNとのインタビューでは、12人のいた美容室5カ所が高校生の男子らに無料のサービスを提供していたという通報や、周辺で薬物が乱用されているとの情報を受けた取り締まり作戦だと説明。LGBTを狙ったわけではないと主張した。
    国際人権団体のヒューマン・ライツ・ウォッチは30日、この作戦を「悪い兆しだ」と批判する声明を発表。
    https://www.cnn.co.jp/world/35113942.html

    12人にしたら日本はさしづめ「天国」だろう。
    インドネシアは信仰の自由を認めているけど、地域によって多数派が異なるのでこういうことにもなる。それでもいきなり石打ちの刑で殺されないだけ、他のイスラム国よりましかも。

     音楽ランキングの老舗オリコンが改革に乗り出す。小池恒社長が朝日新聞の取材に対し、今秋をめどに、CDの売り上げやダウンロード購入数などを合算して一つの指標にまとめた複合ランキングを新設する方針を明らかにした。CDの特典商法拡大や音楽の楽しみ方の多様化で、CDの売れ行きだけで流行を追えない現状が背景にある。
     同社は昨年から、iTunesなどでのダウンロード数を集計した週間ランキングの発表を始めているが、複合ランキングは、CDの売り上げにこれらの値を加味したものが基本になる見通しだ。対象は「シングル」「アルバム」の2部門で調整中という。
     小池社長は「アップルミュージックやスポティファイなど近年利用者が増えている定額制音楽配信サービス(インターネット上の聴き放題サービス)での曲の再生回数も加味する方向だ」とも話し、週間での発表を検討している。

    <オリコンがランキング改革 CD売り上げでは流行追えず:朝日新聞デジタル より一部引用>
    https://www.asahi.com/articles/ASL1T7HQJL1TUCVL02L.html

    若い世代はもうダウンロード専門だね。どこまでリアルな数字に肉薄できるか。それが出来なけりゃオリコンなぞいらぬという話にもなる。
    それにしてもこの国、「レコード大賞」とか「紅白歌合戦」とかいまだにやってるんだよね。しかも「審査員」たちが最終的な決定をするという、まるで神事か何かのような(笑)
    あ、日本の代議員制度、議会制民主主義もおんなじか。

     フランス西部のアングレームで開かれた「第45回アングレーム国際漫画フェスティバル」(25~28日)で、漫画家の楳図かずおさん(81)の作品「わたしは真悟」が、永久に残すべきだと認められた漫画に与えられる「遺産賞」を受賞した。同フェスティバルは欧州最大級の漫画祭で、日本人の同賞受賞は、水木しげるさん、上村一夫さんに次いで3人目。
    https://mainichi.jp/articles/20180131/k00/00m/040/027000c

    おめでとうございます。
    この人の恐怖漫画はこの齢(とし)になってもコワくて正視できません。いやホント。

     東芝が経営合理化を理由に3月末で降板する国民的アニメ「サザエさん」の新スポンサーに、インターネット通販大手アマゾンジャパンやベビー用品専門店の西松屋チェーン、大和ハウス工業が決まったことが30日、分かった。日曜日の夜に家族がそろって楽しめる人気番組で、いずれも提供企業に加わることでイメージアップなどの宣伝効果を期待している。
     入札が行われ、10社近くの参加企業から選定された。
    http://www.sankei.com/economy/news/180130/ecn1801300060-n1.html

    「サザエさん」はもはや終わるべきだ、――日本人の大多数がそう感じるようになれば、この国は少しは変われるかもしれんね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です