「ひっちゃぶく」 は山梨の方言

Remembering John Lennon – 1980 | Today In History | 8 Dec 17

British Movietone
2017/12/07 に公開
On December 8, 1980, rock musician John Lennon was shot to death outside his New York City apartment building by Mark David Chapman. The former Beatle was 40.

きょうは何の日?
ジョン・レノンが暗殺された日(1980年12月8日)。

以下、「ジョン・レノン」「John Lennon」を含む投稿。

Post 2017/12/06 22:13
【Hoover Institution by Miles Maochun Yu 2017/12/05】
アメリカ合衆国と中華民国との間の相互防衛条約の締結から、先週で63年を数えた。
1954年12月2日にワシントンで締結された歴史的な相互防衛条約は、1955年から1979年までの間、台湾を中華人民共和国の侵略から守る鉄壁の保証となった。
1979年1月1日にジミー・カーター大統領がその重要な条約を一方的に破棄してからは、台湾は北京の共産党政府からの絶え間ない侵略の恐怖に晒されることとなった。

<【フーヴァー研究所・論文】アメリカのアジアでの同盟の取り組みを変更する時が来た _ 海外ニュース翻訳情報局 より一部引用>
https://www.newshonyaku.com/usa/study/20171206

人権派がなぜ中共赤色ファッショにシンパシーを感じ、進んで協力するのか、昔から不思議でならなかったし、今もそうだ。

2017/12/07
ロシアとの接触について米連邦捜査局に(FBI)にうその供述をした罪を認めた前米大統領補佐官(国家安全保障担当)のマイケル・フリン被告は、トランプ大統領の就任時にビジネス上の関係者に対し、米国によるロシア制裁が新政権で「破棄される」と請け合っていた。下院民主党が6日、内部告発者の話として明らかにした。
https://www.bloomberg.co.jp/news/articles/2017-12-07/P0KEIN6JTSHN01

「この人に一生を捧げていいのか、本当にずっと大切にしてくれるのか疑問が拭えず、1回だけ浮気をしてしまいました。そのことが彼にバレ、どうしても許せないと婚約解消に」(40歳・女性)

<「マリッジブルー」で婚約破棄もある! その症状と解決法 日刊大衆 より一部引用>
https://taishu.jp/detail/30778/

 Trump米大統領は5日、エルサレムをイスラエルの首都として公式に認め、在イスラエル米国大使館をテルアビブからエルサレムに移設する方針を表明した。これは米国がこれまで数十年間維持してきた外交方針を破棄することを意味し、中東での紛争を刺激するだけでなく、イスラム系過激派の大規模テロ誘発が懸念されている。一方で、朝鮮半島をめぐる緊張もくすぶる中、この中東地域での地政学リスクは「新たなブラックスワン(まさかの「黒い白鳥」)」の登場を警戒する事態になりかねない。

<新たな“ブラックスワン”?–中東の混乱とチャイナリスクを警戒 – ZDNet Japan より一部引用>
https://japan.zdnet.com/article/35111624/

ヨルダン川西岸ラマラ中心部の広場にも7日早朝から大勢の人が集まって、インティファーダを呼びかけた。パレスチナとイスラエルが1993年に交わした「オスロ合意」の破棄を呼びかける男性(48)は、「イスラエルとの関係を断ち、第3のインティファーダを始めるべきだ」と訴える。
https://www.cnn.co.jp/world/35111623.html

「私がこの業界に入ったときから、おそらくその前からこの事態は起きている。ビジネスは来年に支出を持ち越す、ということをしない。常に決算年度内での予算となる」と、大手エージェンシーで働く、エグゼクティブのひとりは語った。この人物は業界で働いて25年になる。
エッセンス(Essence)のグローバル・メディア・プランニングのエグゼクティブ・バイスプレジデントであるブライアン・クリック氏はこの現象を「非合理的な予算の破棄」と呼ぶ。

<年末の「予算消化」に見る、マーケティングの現実:「非合理的な予算の破棄」なのか? DIGIDAY[日本版] より一部引用>
http://digiday.jp/brands/irrational-budget-dumping-end-year-means-use-lose-marketing-projects/

この時期、慌ただしさに紛れて いろんなものが破棄され、反故にされている。

Phil Haley and his Comments – Rip It Up
“rip up” は「ひき裂く」「千切る」こと。紙などを小さく裂くこと。契約・約束をキャンセルすること。
2度目の引用。

Eero ja Jussi & The Boys – Rip It Up(1974)
2度目の引用。

Adriano Celentano – Rip It Up(1958)
2度目の引用。

Bill Haley and his Comets – Rip It Up(1956/08/06)

Billboard Chart Peaks: 25 (sales), 30 (Top 100)
Second most-popular single release of the Little Richard hit (with slight lyrical alterations).

Little Richard And His Band – Rip It Up(1956/06)

Richard’s powerful follow-up to “Long Tall Sally” reached #1 R&B and #17 pop.

 プロ野球の元監督・野村克也氏の夫人でタレントの野村沙知代さんが亡くなったことが8日、分かった。85歳だった。
 沙知代さんは福島県出身で、克也氏とは1978年に結婚。二人の間の第一子・克則氏もプロ野球選手に育てた。沙知代さんは克也氏と結婚前から野球場に姿を現すなど、積極的な外交術を展開。タレントとなってからも、「サッチー」と呼ばれ、毒舌風の語り口で存在感を示してきた。
 克也氏は南海、ヤクルト、阪神、社会人シダックス、楽天の監督を歴任。その間は沙知代さんとの“二人三脚”ぶりも注目された。また阪神監督3年目の2001年秋には沙知代さんが脱税容疑で逮捕された翌日に同監督を辞任していた。
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20171208-00000095-dal-ent

九六年の衆院選で、新進党が自民党に敗北した。その敗因のひとつにはやっばり信濃町の怖さが原因だった部分もあると思う。新進党の野村沙知代さんの選挙区、東京五区だって、実はあんなに話題になったんだけども、ほとんど浮動票を取っていない。大半が創価学会の組織票だった。

<佐高信、テリー伊藤『お笑い創価学会 信じる者は救われない―池田大作って、そんなにエライ?』光文社 知恵の森文庫(2002/09/01)225ページ より一部引用>

(下左)シングルCD 野村沙知代『サッチ・ア・ビューティフル・レディー』c/w『風に吹かれて』(1999/07/30発売)

(上右)シングルCD 野村克也『おれの花だよ月見草』(1993/04/01)
    こちらは背呂様より拝領した品。

タレントくらいならご勝手にだが、国会議員になろうとした時点で「おいおい世の中をナメるんじゃねぇ」と当然のごとく反発が出た。

2017/09/06
 全国約8万の神社を統括する「神社本庁」から傘下にある有力神社の離脱騒動が相次いでいる。
 大相撲の起源とされる「江戸勧進相撲」の発祥で、江戸三大祭である「深川八幡祭り」でも知られる東京・富岡八幡宮は、今年になって離脱の動きが取り沙汰されてきたが、「現在、離脱について手続きを進めております」(広報担当)と正式表明。原因は「富岡八幡宮が宮司に指名した人物を、神社本庁が承認しなかった」という“人事トラブル”だといわれている。
(中略)
 神社本庁の求心力が低下すると、影響を受けるのが安倍政権の進める改憲の動きだ。神社本庁はかねて憲法改正を推進しており、2016年には改憲を目指す団体とともに全国の傘下神社の境内で約700万もの改憲賛成の署名を集めた。
「神社本庁の政治団体、神道政治連盟の国会議員懇談会現会長は安倍首相。首相にとって神社本庁は改憲への動きを草の根で広げる重要な支持基盤なんです。ところが、氏子や参拝者が多く金銭的に余裕のある神社ほど、神社本庁の管理から離れようとする傾向が出てきた。このまま有力神社の離脱が相次げば、安倍首相の改憲を後押しするパワーも弱まってしまう」(前出・専門紙記者)
(中略)
※週刊ポスト2017年9月15日号

<神社本庁から有力神社が続々離脱、改憲賛同署名集まらぬ状況│NEWSポストセブン より一部引用>
http://www.news-postseven.com/archives/20170906_609709.html

2017/10/13
 その有名神社が本庁からの離脱を決めたのは5月末の責任役員会。決定内容を社頭で公示し、本庁に離脱を通知した後、8月末、宗教法人を所管する都に離脱のための神社規則変更を申請し、9月28日に認証の通知があった。
 同八幡宮の代理人を務める佐藤歳二弁護士によると、先代宮司が退任し、2010年に娘の富岡長子氏を宮司にするよう神社本庁に具申。ところがその後、数度の具申にもかかわらず、発令はなかったという。
 「地元の総意を本庁がくもうとせず、6年以上も放置するのはどうなのか。理由を照会しても、正面からの回答はなかった。今の本庁との信頼関係が失われた。当社は多くの氏子に支えられ、離脱のデメリットも考えにくい」と話す。
 一方の神社本庁総務部神社課は「今回のことで、本庁からお話しすることはない」としている。

<深川の八幡さま、神社本庁を離脱 注目集まる決断の背景:朝日新聞デジタル より一部引用>
http://www.asahi.com/articles/ASKBC34XWKBCUTIL008.html

 毎年30万人が初詣に訪れるともいわれる東京都内でも人気の神社・富岡八幡宮で7日、宮司がその弟に殺害されるという前代未聞の殺人事件が起きた。年末まであと3週間と迫った年の瀬。初詣はどうなるのか……。地域では「家内安全だけはお願いしたくない」という声も漏れ聞こえてきた。
 富岡八幡宮からほど近くの店で働く40代の女性は「私も子どもたちも七五三などの祝い事や厄除けの度に八幡さまに行ってきました。そこで祝詞を上げてくれた人がこんな事件を起こすなんて……」と肩を落とす。
「客足も心配です。敷地内でこんな事件が起きたとなると、初詣や祝い事では特に寄り付きたくないですよね。八幡さまが悪い神様なわけじゃないので、この街の活気が続いてほしい」
 姉弟のいがみ合いは地域では有名な話だった。
(中略)
「特に富岡八幡宮は今年の夏、3年に一度の例大祭を行い、横綱・稀勢の里の奉納相撲もありました。大規模修繕もしていますが、今年は多くのお金が集まったのではと予想できます。ただ、男尊女卑の文化が根強い世界でもあり、女性宮司になると家族や氏子さんたちとの間で揉め事が増えているようです。豊洲市場の氏神さまも富岡八幡宮だと聞きました。氏子地域に揉め事が広がらないといいのですが……」(鈴子さん)
 折しも相撲協会が日馬富士の暴行事件で揉めている最中に起きた、勧進相撲発祥の地での前代未聞の殺人事件。もとの活気を取り戻す日がくることを祈るばかりだ。
https://dot.asahi.com/dot/2017120800049.html

富岡八幡宮 6年ぶり大神輿2015
kuro3647
2015/08/15 に公開
2015年8月16日 富岡八幡宮祭り(江東区)

富岡八幡宮と事件現場の周辺
朝日新聞社
2017/12/08 に公開

神社でも神様でもなんでも、何かに祈って願いが叶うんなら、日本は戦争に負けてないよ(笑)
いい加減その物欲しげな生き方を改めることだなー。

追加記事

Source: 夕刊フジ報道部 Twitter

(2017年12月9日)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です