2019/02/21 北海道厚真町で震度6弱

2019/02/21 22:03
2月21日(木)21時22分頃、北海道で最大震度6弱を観測する地震がありました。
震源地:胆振地方中東部
マグニチュード:5・7
震源の深さ:約30km
この地震による津波の心配はありません。
昨年9月6日に最大震度7を観測した北海道胆振東部地震以降、北海道で震度6弱以上の揺れを感じたのは今回が初めてです。
(中略)
震度6弱:【道南】厚真町鹿沼
震度5強:【道南】安平町追分柏が丘 むかわ町松風
震度5弱:【道央】札幌北区新琴似 札幌手稲区前田 千歳市北栄 千歳市若草 千歳市支笏湖温泉 長沼町中央
     【道南】厚真町京町 安平町早来北進 平取町振内

<北海道 胆振地方で震度6弱 津波の心配なし – ウェザーニュース より一部引用>
https://weathernews.jp/s/topics/201902/212122quake/

 

 
大きな被害は報じられていない。

 

追加記事

2019/02/22 01:20
 厚真町役場によると、午後9時20分過ぎに横揺れに襲われ、徐々に揺れが大きくなり、数秒間続いたという。役場には、けが人や火事などの情報は入っていない。役場内は一時停電したが、すぐに復旧した。町内の一部で断水している。避難所を2カ所設けたが避難者はいないという。
(中略)
 一方、札幌市北区などでは震度5弱を観測。市営地下鉄は21日、全路線で終日の運転見合わせを決めた。JRでは乗客を乗せたまま、立ち往生した列車も。JR札幌駅改札口は、帰宅できない人たちであふれ返った。
 駅の構内の電光掲示板はほぼ表示が消え、足止めされた利用客はスマートフォンで情報を調べながら途方に暮れた様子だった。駅に隣接するバスターミナルにも長い行列ができ、客の列が近くのビルの中まで延びていた。
 「ニッカウヰスキー」の看板が光る繁華街、すすきの交差点の近くでも、タクシーを待つ人が数十メートルの列を作った。
 気象庁によると、21日午後11時の札幌市の気温は零下0・7度まで冷え込んだ。市はJR札幌駅周辺と繁華街の大通り地区を南北につなぐ地下歩行空間「チ・カ・ホ」(約520メートル)を、閉鎖せずに終日開放することを決めた。市営地下鉄の終日運休で、自宅に戻れない帰宅困難者が多数発生する恐れがあることを踏まえた措置という。

<札幌で帰宅困難者あふれる 地下通路を解放 北海道地震(朝日新聞デジタル)- Yahoo!ニュース より一部引用>
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190222-00000002-asahi-soci

2019/02/22 01:41
JR北海道が線路の点検を行った影響で、千歳線の駅間で列車が一時最大5本停止し、乗客計約680人が車内に閉じ込められた。
 JR北海道によると、うち2本は運転を再開して駅に到着。22日午前0時45分現在、残りの北広島―島松、島松―恵庭、サッポロビール庭園―長都で計3本に約260人が閉じ込められたままとなっている。

<地震で乗客680人一時閉じ込め JR北海道、在来線の駅間(共同通信)- Yahoo!ニュース より一部引用>
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190222-00000012-kyodonews-soci

2019/02/22 05:42
21日午後9時22分ごろ、北海道で最大震度6弱を観測する地震があり、3人がケガをした。去年9月に大きな被害を受けた厚真町でも土砂崩れが発生したが、家屋など被害はなかった。
(中略)
地震の被害は、苫小牧市で2人、札幌市で1人の合わせて3人が軽いケガをしたという。また、陸上自衛隊によると、厚真町吉野地区で土砂崩れが発生したが、家屋や道路などへの被害はないことが確認されたという。さらに、むかわ町では民家の煙突が倒れる被害が出たが、ケガ人はいなかった。

<北海道で震度6弱 3人ケガ…土砂崩れも(日本テレビ系(NNN))- Yahoo!ニュース より一部引用>
https://headlines.yahoo.co.jp/videonews/nnn?a=20190222-00000021-nnn-soci

2019/02/22 08:10
 21日午後9時22分ごろ、胆振地方中東部を震源とする地震があり、厚真町で震度6弱を観測したほか、むかわ町や安平町で震度5弱を観測しました。
 この地震で、札幌市と苫小牧市で男女3人が転倒するなどし、軽いけがをしました。
 去年9月に続き、再び強い揺れに見舞われた厚真町では、現在も110世帯で断水しています。
 また、JRの列車5本が線路上で停止し、約680人が数時間、列車内に閉じ込められたほか、新千歳空港では、JRで移動できなくなった人が一夜を明かしました。
 札幌市営地下鉄は午前5時過ぎに全線、運転を再開しました。

<厚真で震度6弱 帰宅困難者が新千歳空港で一夜明かす JR列車内680人一時閉じ込め 北海道(北海道ニュースUHB)- Yahoo!ニュース より一部引用>
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190222-00000003-hokkaibunv-hok

2019/2/22 12:03(2019/2/22 21:54更新)
道は22日、苫小牧市の80代と40代の女性、30代男性が転倒して軽傷を負ったと明らかにした。登別市と札幌市の70代男性も負傷し、けが人は5人。震度6弱を観測した厚真町では22日、水道管破損の影響で67戸で断水が続いた。道は、厚真町幌里、幌内両地区で小規模な雪崩を確認し、人的被害や巻き込まれた建物はなかったと発表した。
苫小牧市などによると、同市内の負傷者のうち40代女性と30代男性は、トヨタ自動車北海道の工場従業員で避難中だった。
JR北海道によると、地震を受けた線路の安全確認などの影響で22日は特急列車など計58本が運休。21日夜、駅間に停止した複数の列車は、22日未明までに駅に移動し、乗客が閉じ込められた状況は解消した。札幌市によると、地震後に点検のため運転を見合わせていた市営地下鉄は22日朝、全線で運転を再開した。
厚真町によると、豊沢地区の67戸の断水は完全復旧まで数日かかる見通し。町は住民に非常食と水を配布した。町職員が雪崩の発生状況を調べたところ、家屋や道路に影響はなかった。厚真町では昨年9月の地震の際、大規模な土砂崩れで36人が犠牲になった。
気象庁によると、今回の地震の震源は、昨年9月の地震の震源から北に約10キロ。9月以降、震度1以上の地震が300回以上発生し、10月には震度5弱を観測するなど、周辺の南北約30キロの領域を中心に活動が続いている。気象庁は当初、今回の地震の規模をマグニチュード(M)5・7としていたが、5・8に修正した。
<北海道の震度6弱、転倒で5人軽傷 厚真町では雪崩 – 日本経済新聞 より一部引用>
https://www.nikkei.com/article/DGXMZO4160218022022019CC0000/

(2019年2月22日)

追加記事

2019/02/23 20:02
厚真町の一部地域で続いていた断水が23日夕までに全て解消した。また、同町の女性(86)が避難時に軽傷を負っていたことが新たにわかり、今回の地震による負傷者は道内3市1町で計6人となった。
 21日夜に発生した地震で、厚真町では水道管が2か所で破損し、22日午後7時現在で67戸が断水していた。町によると、23日午後5時頃までに破損箇所の修復が完了した。
(中略)
町には23日、ボランティア約25人が駆けつけ、町内の巡回などを行った。
 同町では23日未明にも震度3を観測する地震が発生した。気象庁によると、震源の深さは約30キロ、地震の規模を示すマグニチュードは3・9と推定される。

<震度6弱の厚真町、断水が解消…負傷者6人に(読売新聞)- Yahoo!ニュース より一部引用>
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190223-00050209-yom-soci

(2019年2月23日)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です