マレーシアのROCK/POPS(14)

2018/06/29
2017年2月13日、クアラルンプール国際空港で北朝鮮の金正恩・朝鮮労働党委員長の異母兄にあたる金正男氏が顔面に猛毒のVXを塗りつけられて「暗殺」された。この衝撃的な事件の実行犯で殺人罪に問われている女性2人の被告の公判がマレーシアの高等裁判所で6月28日開かれた。
検察側は2人の犯行には殺意が認められるとして殺人罪が立証可能との意見書を裁判官に提出した。マレーシアでは殺人罪で有罪となれば死刑が適用されるため、この日の公判は事実上の「死刑の求刑」となった。一方の被告弁護側は「2人はテレビのいたずら番組撮影と信じており、殺意はなかった」として無罪を訴え続けている。
この裁判では事件に深く関与したとされながらマレーシアを出国した北朝鮮国籍の容疑者、重要参考人らの訴追は事実上不可能であることからベトナム人のドアン・ティ・フォン被告(30)、インドネシア人のシティ・アイシャ被告(26)の両被告が「スケープゴートとして処断される」との見方が高まっている。
高裁は次回8月16日の公判で「無罪か裁判継続か」の判断を示す。
こうした中、マレーシアのマハティール首相は外交関係が途絶している北朝鮮との関係を改善するためにピョンヤンのマレーシア大使館を再開し、国交を正常化させる意向であることを明らかにした。

<マレーシア、北朝鮮との国交再開へ マハティール首相が決断する狙いは? ニューズウィーク日本版 オフィシャルサイト より一部引用>
https://www.newsweekjapan.jp/stories/world/2018/06/post-10500.php

北と国交を結ぶ、再開するなど、まともなじゃない。
類は友を呼ぶの言葉どおり、歴史を閲すればファシストはファシストにシンパシーを持つ傾向が強い。
マハティール首相にはそのような傾向があるのだろうか?

 

Sharifah Noor

Sharifah Noor – Tak Mumkinku Lupa(1968)

Sharifah Noor – Putus Kaseh(1969)
Singapore

Sharifah Noor – Puas Sudah Ku Chari(1969)
Singapore

Sharifah Noor – Salabat Laila(1970)

Sharifah Noor – Di Mana Bahagia(1970)

Sharifah Noor – Rindu Hati(1970)

Sharifah Noor – Oh Pujaan(1970)

Sharifah Noor – Humko Tumse Pyar Hai(1970)
Singapore

Sharifah Noor – Rela Menanti(1970)
Singapore

Sharifah Noor – Jeritan Kalbu(1970)
Singapore

Sharifah Noor ‎- Perwira Yang Ku Tunggu(1970)
Singapore

Sharifah Noor – Beban Asmara(1970)

Sharifah Noor – Mari Bergembira(1970)

Sharifah Noor – Ratapan Hampa(1970)

 

Sharifah Aini
歌手
1953/07/02 – 2014/07/05
出身:マレーシア ジョホールバル

Sharifah Aini – Ayam Den Lapeh(1970)

Sharifah Aini – Kenangan(1970)

Sharifah Aini – Jangan Tinggalkan Daku(1972)
タイトルはマレー語で「置いていかないで」の意。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です