『なんということもない。私は、かぶりを振って溜息(ためいき)を吐く。これも私の、無風流のせいであろうか。私は、この風景を、拒否している。近景の秋の山々が両袖からせまって、その奥に湖水、そうして、蒼空に富士の秀峰、この風景の切りかたには、何か仕様のない恥かしさがありはしないか。これでは、まるで、風呂屋のペンキ画である。芝居の書きわりである。あまりにも註文とおりである。』(太宰治)

きょうは顧客サイトのPHPバージョンを上げたり、メールフォームにスパムボット対策用のクイズを付け加えるなど、わりと楽な仕事ばかりで、一日を了えた。 ランダムに出題されるスパムボット対策用クイズで、 「日本最高峰の名を漢字 […]