『なんということもない。私は、かぶりを振って溜息(ためいき)を吐く。これも私の、無風流のせいであろうか。私は、この風景を、拒否している。近景の秋の山々が両袖からせまって、その奥に湖水、そうして、蒼空に富士の秀峰、この風景の切りかたには、何か仕様のない恥かしさがありはしないか。これでは、まるで、風呂屋のペンキ画である。芝居の書きわりである。あまりにも註文とおりである。』(太宰治)

きょうは顧客サイトのPHPバージョンを上げたり、メールフォームにスパムボット対策用のクイズを付け加えるなど、わりと楽な仕事ばかりで、一日を了えた。

ランダムに出題されるスパムボット対策用クイズで、
「日本最高峰の名を漢字3文字で答えよ」
という問いを入れたのだが、後から「芙蓉峰」の美称もあったっけなぁ、と反省。
しかし マ、「芙蓉峰」だとエラー表示が出るので、「ならばアレしかなかろう」とロボットでなけりゃすぐ分かるはず。
もし「漢字2文字で」なら、
「日本最高峰の別名で、戦時中日本軍が計画した幻の超大型爆撃機の名は?」
なんてのはどうだ? 答えは一つ「富嶽」。

4~5年くらい前から登場し始めたこれらのブログは、トレンドブログと呼ばれており、2014年にはすでに「いかがでしたか?」はいかがなものか?と、苦言を呈する記事が出ていたりします。
(中略)
最近では文末で判を押したように乱発される、この「いかがでしたか?」になぞらえて「いかがでしたかブログ」と呼ばれています。
(中略)
そんな経緯で生まれたゴシップサイトブロッカー、制作者は一体何者なんでしょうか?

<ゴシップサイトブロッカーがヤバイ!本名は?彼氏は?彼女は?身長や年収は?年齢や学歴まとめ!現在の状況についても調査! – カトゆー家断絶 より一部引用>
http://katoyuu.hatenablog.jp/entry/2019/03/12/223058

注目事件の容疑者や当事者の個人情報をまとめ、気を惹くタイトルをつけてアクセスさせようとするクリックベイト系ブログサイトが「検索の邪魔」だと、昨年から話題になっている。

いやいや、このブログのことじゃァないんだよ(笑)

上掲記事にはブロック方法が記されているが、物理的な危険がない限りおれは排除はしない。
元ソースにリーチするための取っ掛かりにはなってるしね。

 3月13日午前11時ごろから、Googleが運営するメールサービス「Gmail」やオンラインストレージサービス「Google ドライブ」で、添付ファイル付きのメールが送受信しづらかったり、保存したファイルが開きづらかったりする障害が発生している。
(中略)
Twitterでも「添付ファイルが開けない」「添付ファイル付きメールが送受信しづらい」といった声の他、企業向けに提供しているビジネスツール「G Suite」内のメールサービスやGoogle ドライブも影響を受けていることから、「仕事にならない」という報告が相次いでいる。
 海外メディアの報道によれば、障害は全世界で発生中のようだ。

<GmailとGoogleドライブで障害 メールの送受信や添付ファイルのダウンロードなどが安定せず【追記あり】(ITmedia NEWS)- Yahoo!ニュース より一部引用>
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190313-00000040-zdn_n-sci

2019/03/13 11:53
Gmail の問題は調査中です。間もなく詳細情報をお知らせします。 影響を受けるユーザーも Gmail にアクセスすることはできますが、エラー メッセージの表示や大幅な遅延など、予期しない動作が発生することがあります。

2019/03/13 15:13
Gmail で発生していた問題は解決されました。ご迷惑をおかけいたしましたことをお詫び申し上げます。 Google ではシステムの信頼性を最優先事項としており、システムのさらなる改善のために努力しています。

<G Suite Status Dashboard より一部引用>
https://www.google.com/appsstatus#hl=ja&v=issue&sid=1&iid=082ee9e7a232740761ef507d7ac31eb2

2019/03/13 11:53
Google ドライブ の問題は調査中です。間もなく詳細情報をお知らせします。 影響を受けるユーザーも Google ドライブ にアクセスすることはできますが、エラー メッセージの表示や大幅な遅延など、予期しない動作が発生することがあります。

2019/03/13 15:13
Google ドライブ で発生していた問題は解決されました。ご迷惑をおかけいたしましたことをお詫び申し上げます。 Google ではシステムの信頼性を最優先事項としており、システムのさらなる改善のために努力しています。

<G Suite Status Dashboard より一部引用>
https://www.google.com/appsstatus#hl=ja&v=issue&sid=4&iid=082ee9e7a232740761ef507d7ac31eb2

Gmail、Yahoo!メール、Hotmail等々のWebメール、フリーメールのたぐいは、うちではあくまで予備、捨てメアドなので不要不急のものにしか使ってないのだが、
スマホ・ユーザーには Gmail のみって人も多いだろう。
そうした方面には御難だったねぇ。

●北朝鮮と Gmail の関わりはかなり前からあったようだ。

アヤシイ…(笑)

午前7時半ごろ、千葉県野田市清水公園東2丁目の市道で乗用車が歩道に突っ込み、信号待ちをしていた男女3人をはねた。60代と70代の女性2人が死亡し、70代の男性が意識不明の重体という。
(中略)
現場にブレーキ痕はなかった。●●容疑者は「出勤途中だった。意識を失った」と供述しているという。
 県警によると、現場は片側1車線の市道で、西側から来た車が対向車線を越え、交差点で信号待ちをしていた3人をはねた。車はさらに交差点を越え、高齢者施設の壁にぶつかって止まった。●●容疑者が直後に「3人をはねてしまった」と110番通報した。

<車が歩道に、2人死亡1人重体 運転の男「意識失った」(朝日新聞デジタル) – Yahoo!ニュース より一部引用>
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190313-00000037-asahi-soci

県警によると、3人は搬送先の病院で死亡が確認された。
(中略)
容疑者は容疑を認め「体調が悪かった」と供述しているという。

<信号待ちの男女3人はねられ死亡 千葉・野田(毎日新聞)- Yahoo!ニュース より一部引用>
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190313-00000030-mai-soci

2019/03/08
 8日午前11時20分ごろ、東京都目黒区大橋1丁目の国道246号で、乗用車が横断歩道を渡っていた自転車と歩行者の男女3人をはねた。警視庁目黒署によると、3人とも搬送され、20代くらいの女性が意識不明の重体。2人は男性で意識がある。
(中略)
 横断歩道には信号機があり、同署が詳しい状況を調べている。
 現場は東急田園都市線池尻大橋駅近くでマンションなどが立ち並ぶ一角。

<東京・目黒で3人はねられ1人意識不明 運転の男を逮捕 – 芸能社会 – SANSPO.COM(サンスポ) より一部引用>
https://www.sanspo.com/geino/news/20190308/acc19030814060001-n1.html

車が歩道に突っ込む事故が続いている。
ガードレールがあるからって、決して安心しちゃいけない。

2019/01/27
 宮藤官九郎さんが脚本を手がける2019年のNHKの大河ドラマ「いだてん~東京オリムピック噺(ばなし)~」の第4回「小便小僧」が27日に放送され、ピエール瀧さん演じる「足袋の播磨屋」の店主・黒坂辛作が登場した。

<いだてん:ピエール瀧が足袋屋「何の因果?」「『陸王』で散々ディスってたのに…」と突っ込みも – 毎日新聞 より一部引用>
https://mainichi.jp/articles/20190127/dyo/00m/200/029000c?inb=ys

 コカインを使用したとして、厚生労働省関東信越厚生局麻薬取締部は12日夜、東京都世田谷区、ミュージシャン、ピエール瀧(本名・瀧正則)容疑者(51)を麻薬取締法違反(使用)容疑で逮捕した。
(中略)
 瀧容疑者は俳優としても活躍し、NHKで放送中の大河ドラマ「いだてん」にも出演している。逮捕容疑は12日ごろ、都内またはその周辺で違法薬物のコカインを使用したとしている。
 麻薬取締部によると、同日午後6時過ぎに麻薬取締法違反容疑で瀧容疑者の自宅を家宅捜索。薬物は見つからなかったが、任意に尿検査を行ったところ、コカインの陽性反応が出た。

<ピエール瀧容疑者、コカイン使用疑いで逮捕 容疑認める – 毎日新聞 より一部引用>
https://mainichi.jp/articles/20190313/k00/00m/040/003000c

 テレビは、放送中のNHK大河ドラマ「いだてん~東京オリムピック噺(ばなし)~」で主人公のマラソン選手が使う競技用足袋を開発する職人を演じている。広報局は13日午前、今後の放送などについて「対応を検討中」と述べるにとどめた。
 TBSテレビ系では、バラエティー番組「人生最高レストラン」とドキュメンタリー番組「ゲンバビト」に出演中。「人生……」を制作するTBSテレビは「検討中」、「ゲンバビト」を制作するCBCテレビ(名古屋市)は「今後の対応を検討中」とした。
 TBSラジオの「たまむすび」にも木曜レギュラーで出演しているが、同局は14日の出演を見送るとしたうえで、今後は「検討中」と回答した。
 BS11の番組「世界の国境を歩いてみたら…」ではナレーションを担当。同局によると、3月の放送分はナレーターを差し替えて放送するという。
 また、瀧容疑者の地元、静岡市の静岡朝日テレビが制作するバラエティー番組「ピエール瀧のしょんないTV」にも出演。同局はホームページで「当社としても大変遺憾」として、番組の放送を休止すると発表した。
(中略)
 映画は5月17日公開予定の時代劇「居眠り磐音」で、松坂桃李さん演じる主人公の武士と敵対する家老役で出演。配給の松竹の広報担当者は13日午前、「事実関係を確認している。その上で、今後の対応を協議することになる」と対応に追われていた。
 公開が4月5日に迫っている「麻雀放浪記2020」では、2020年東京五輪組織委員会の元会長を演じていた。配給の東映は同日、「対応を協議中だが、今日中には何らかの結論を出したい」と話した。
(中略)
 瀧容疑者が参加するテクノバンド「電気グルーヴ」は結成30周年のツアーを2日の福岡公演でスタートさせたばかり。15、16日には東京公演も控えていた。

<テレビ、映画…売れっ子ゆえに対応に追われる関係者 ピエール瀧容疑者逮捕 – 毎日新聞 より一部引用>
https://mainichi.jp/articles/20190313/k00/00m/040/078000c?inb=ys

「電気グルーヴ」「ピエール瀧」。
その「名」しか知らぬが記事を読んだらずいぶん売れっ子のようだねえ。

コカイン中毒の度合いはどうあれ、一度手を染めた以上は一生モノ。完治はないよ。
したがって再犯を防ぎたいなら24時間常に監視される必要がある。
田代まさしと同じで、芸能人のキャリアはこれにておしまい。
マリファナ吸ったとかいうレベルじゃないからね。

 ピエールの場合、「いだてん」放映中のNHKは協議中だというが、新井の場合は2本の映画が公開中止、もしくは延期という結果となっており、今なお二人の出演した過去作品がどうなるかは予想がつかない部分も多い。
(中略)
現在のところ、日本の映画業界には「出演した俳優が不祥事を起こした映画の公開中止や延期を決定するためのガイドラインというものは存在しない。公開中止、延期、それぞれの判断を一体誰が、どのように下すのか。
(中略)
 ここで、新井が出演した作品群が現在どのような状況になっているかをもう一度整理する。映画『台風家族』は公開延期、主演映画『善悪の屑』は公開中止が決定。昨年公開された映画『SUNNY 強い気持ち・強い愛』『泣き虫しょったんの奇跡』のブルーレイ、DVD版は発売延期。NHKで「真田丸」の配信中止を発端にオンデマンドサービスでも出演作の配信を自粛している。また、日本テレビは、新井被告がゲスト出演したドラマ「今日から俺は!!」の3月1日以降の動画配信とDVD(発売未定)で代役を立てて撮り直したと発表した。
新井といえば、個性的な演技でバイプレイヤーとして活躍していたのは周知の事実。少しのシーンでの出演をカウントしていくと、本当に数多くの日本映画の名作が今後、観られなくなってしまう可能性も高い。
 一本の作品には何十人以上もの沢山のスタッフや俳優が関わっており、彼らの努力が集結して映画は完成する。こと監督に関しては、何年も前から企画を練り、準備をし、ようやく撮影が終わっても、編集作業を経てやっと上映の機会が巡ってくる。とてつもない時間と労働がかけられていることは間違いない。
その努力が、たった一人の役者の不祥事で全て水の泡になる。被害者感情はもちろん尊重すべきなのは言うまでもない。だが、つい「役者の責任は当たり前だが、作品に罪はないのではないだろうか?」という思いが頭をよぎる。最新作から過去作まで、ここまで多くの作品が「自粛」の形を取るのは何故なのだろうか。

<作品に罪はあるのか?俳優不祥事による映画公開中止はなぜ – シネマトゥデイ より一部引用>
https://www.cinematoday.jp/news/N0107452

これからは出演契約の前提として尿検査が必須になるかも。

被害者のいる新井浩文と、自分で違法薬物を使った今回のピエール瀧とでは、事情が異なる。
ピエールに関しては逮捕前の作品の公開・販売延期はあっても、お蔵入りまではしなくていいのではないか?

ピエール瀧 – まるちゃんの静岡音頭(2013/07/17)
作詞:さくらももこ、作曲:細野晴臣、振り付け:パパイヤ鈴木
静岡市広報課シティプロモーション係
2018/01/10 に公開

  ※(追記:この動画は削除されました

 

人生 – 人生(1991/08/23)
瀧勝 名義。

SNS上では「@jijicomさんからの画像」としたピエール容疑者の写真を使い、「ピエール使用の疑いでコカイン瀧容疑者逮捕」と見出しの付いたネット記事風のコラージュ画像が出回っている。

<時事通信社「そうした事実はありません」 誤植記事に見せかけた『ピエール使用の疑いでコカイン瀧容疑者逮捕』コラ画像拡散に注意喚起~ネットの反応「シャブ&ASKAを思い出したw」「ピエール学園OBの清原のことか!」- アノニマスポスト より一部引用>
https://anonymous-post.mobi/archives/4833

以下、「サイケデリック・ロック」「マリファナ」「ドラッグ」「薬物」「麻薬」「覚醒剤」関連の投稿。

 名古屋家裁の男性判事(55)が昨年、「反天皇制」をうたう団体の集会に複数回参加し、譲位や皇室行事に批判的な言動を繰り返していたことが12日、関係者への取材で分かった。少なくとも10年前から反戦団体でも活動。一部メンバーには裁判官の身分を明かしていたとみられ、裁判所法が禁じる「裁判官の積極的政治運動」に抵触する可能性がある。
(中略)
 関係者によると、判事は昨年7月、東京都内で行われた「反天皇制運動連絡会」(反天連、東京)などの「なぜ元号はいらないのか?」と題した集会に参加。今年6月に愛知県尾張旭市で開催され、新天皇、皇后両陛下が臨席される予定の全国植樹祭について「代替わり後、地方での初めての大きな天皇イベントになる」とし、「批判的に考察していきたい」と語った。
 昨年9月には反戦団体「不戦へのネットワーク」(不戦ネット、名古屋市)の会合で「12月23日の天皇誕生日に討論集会を開催し、植樹祭を批判的に論じ、反対していきたい」と発言。さらに「リオ五輪の際、現地の活動家は道を封鎖したり、ビルの上から油をまいたりしたようだ。日本でそのようなことは現実的ではないが、東京五輪に対する反対運動を考えていきたい」とも語っていた。
 判事は昨年2月と5月、不戦ネットの会報に「夏祭起太郎」のペンネームで寄稿し、「天皇制要りません、迷惑です、いい加減にしてくださいという意思表示の一つ一つが天皇制を掘り崩し、葬り去ることにつながる」「世襲の君主がいろいろな動きをする制度は、やっぱり理不尽、不合理、弱い立場のものを圧迫する」と記していた。
 判事は集会などで実名でスピーチしていたほか、団体の一部メンバーには「裁判所に勤務している」と話していたという。
 判事は平成5年に任官。名古屋家裁によると、現在は家事調停や審判事件を担当している。

<判事が「反天皇制」活動 集会参加、裁判所法抵触も(産経新聞)- Yahoo!ニュース より一部引用>
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190313-00000512-san-soci

“支配者面した慰霊,慰問の旅”はもうゴメンだ
夏祭起太郎
1.また繰り返された「琉球処分」
去る3月27日から29日の3日間の日程で,アキヒト・ミチコの沖縄・与那国訪問があった。訪問先は,国立沖縄戦没者墓苑,与那国島(与那国馬,漁協の施設の見学,日本最西端の碑視察),豊見城市の沖縄空手会館など。アキヒト・ミチコが沖縄入りした3月27日は,いわゆる「琉球処分」の記念日だ。※1
そして,与那国に立ち入った3月28日は,与那国の自衛隊駐屯地開設2周年の記念日だ。※2
要人の訪問日程などの政治的イベントの日取りにおいては,訪問する側及び訪問先の地の歴史的記念日が考慮されることがある。訪問にどんな意味を帯びさせるか(友好的か,脅迫的か,卑屈に恭順の意を表するか,相手方を尊重し敬意を示すか,あるいは,ことさら尊大にふるまうかなど)を気にするからだ(極東軍事法廷で絞首刑が宣告された東条英機らA級戦犯の処刑の日が当時の皇太子アキヒトの誕生日に行われたことは有名。「俺たちに逆らったオヤジの家来たちはお前の誕生日に吊るすからよく覚えておけ」という含意であろうと言われる。)。二つの記念日に,アキヒト天皇最後の沖縄訪問が設定されたのは偶然ではなかろう(そもそも,「琉球処分」の決行日の翌日に与那国の自衛隊駐屯地の開設が行なわれたのが記念日政治である。)。
(以下略)

<5)”支配者面した慰霊、慰問の旅”はもうごめんだ | 81号(2018年5月6日発行) | 不戦へのネットワーク会報バックナンバー | 不戦ネット より一部引用>
http://www.jca.apc.org/~husen/news81_5.pdf

「アキヒト・ミチコが」
こりゃ筋金入りの天皇制嫌いだねぇ(笑)
政教一致の宗教政党同様、憲法違反は明らか。
確信犯ってやつだ。

銀行は信用第一なので採用や昇進の際には昔から徹底した身辺調査を行っている。
調査員が来てご近所に評判を訊いて回るので「あゝ、○○銀行にお勤めの○○さんとこのご主人、栄転するんだな」ってすぐ判っちゃうのである。

警察官や裁判官も同じだろう。この判事の「思想傾向」はとうにバレてたろうが、いよいよ粛清の波に洗われる時が来たってことだね。
族議員やその有力OBの牛耳る「内閣人事局」が人事権で官僚の首根っこを抑えつけたのは2014年。
そしてお次は司法の「左翼」「反自民」狩り。
逆に民族主義や国家主義の人、そしてもちろん三色カルト信者なんかは温存されそうだ。

12世紀半ば以後の英語をすべて採録することを編集方針とし、1884年2月1日から編纂が開始され、1928年4月19日にようやく全10巻の完全版が発行された世界最高の英語辞典が「オックスフォード英語辞典(OED)」です。OEDの編纂に深く関わった2人の男性についてサイモン・ウィンチェスターが記した驚くべき実話「博士と狂人―世界最高の辞書OEDの誕生秘話」を元にした実写映画「The Professor And The Madman」の予告編が公開されています。
(中略)
「The Professor And The Madman」はクロアチアでは2019年3月7日に公開されていますが、主演のメル・ギブソンが制作会社のボルテージ・フィルムを告訴しているため、アメリカでの公開日は未定のままとなっています。なお、原作の「博士と狂人―世界最高の辞書OEDの誕生秘話」は文庫版および Kindle 版が Amazon で販売中で、Amazon のカスタマーレビューや WEB 本の雑誌の評価を読めば、原作がどのようなものかイメージをつかめます。

<オックスフォード英語辞典の編纂に関わったひとりの天才と殺人鬼の実話を描く映画「The Professor And The Madman」予告編 – GIGAZINE より一部引用>
https://gigazine.net/news/20190313-professor-and-madman/

The Professor And The Madman Official Trailer
Transmission Films
2019/03/10 に公開

極端に違う立場の2人の博士が大部の辞書づくりに挑む話らしい。
メル・ギブソン主演にしては地味な印象。
機会があったらぜひ観たい。

以下、「辞書」「事典」「Dictionary」「ピジン」「ジャーゴン」関連の投稿。

追加記事

(2019年3月14日)

追加記事

2019/03/15
 瀧容疑者は約10年前に家族とともに越してきた。建て売りの住居は推定1億円ほど。当時は役者として大ブレークする前で、自宅にいることも多かったという。
(中略)
 仕事先でも私生活でも“いい人”。常識人で通っていただけに、なぜ違法薬物に手を出したのか理解に苦しむ人は多いだろう。
 瀧容疑者がオーナーとされる東京・中目黒のおでんバーの周辺でも評判はすこぶる良い。近所の多くの人が「瀧さんは会った時などにちゃんとあいさつをしてくれて、良さそうな人だった」と口を揃え、今回の逮捕に驚きを隠せない様子だった。
 だが一度キレるとテコでも動かない一面もあった。そのため数年前には警察が出動するご近所トラブルが勃発していたというのだ。
 自宅近所に住む男性は「瀧さんの自宅の敷地内に無断で自転車を止めた人がいたのですが、これに瀧さんがブチ切れ、自転車を勝手に没収したんです。持ち主が『返してください』と頼んでも、瀧さんは応じず、最終的には警察が出動する事態になったそうです」。
 無断で自転車を止めた持ち主も悪いが、それを没収して返さない瀧容疑者は窃盗罪に問われてもおかしくない。何より普段温厚な瀧容疑者の“怖~い一面”に近隣住民はザワついたという。
 また約半年前の明け方、店の近くで不審な姿も目撃されていた。近隣住民は「(店から駅に向かう途中の)高架下の自転車置き場の近くで、立ちションをしていました」と明かした。
 公衆が集まる場所での立ちションは軽犯罪法で禁止されているとはいえ、酒に酔って尿意を我慢できなくなり物陰でつい…という人も多いだろう。ただ瀧容疑者は顔を知られた有名人であり、いつどこで誰に見られるか分からないだけに、立ちションは避けそうなものだが…。

<ピエール瀧容疑者ブチ切れ奇行 一度スイッチ入ると豹変…警察沙汰過去も(東スポWeb) – Yahoo!ニュース より一部引用>
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190315-00000005-tospoweb-ent

2019/03/15
 コカインを摂取したとして麻薬取締法違反の疑いでミュージシャン、俳優のピエール瀧(本名・瀧正則)容疑者(51)が逮捕された事件で、瀧容疑者が「20代のころからコカインや大麻を使用していた」と供述していることが15日、捜査関係者への取材で分かった。
 関東信越厚生局麻薬取締部は、瀧容疑者が常習的に薬物を使用していた疑いもあるとみて捜査。

<「20代からコカイン使用」 ピエール瀧容疑者が供述 | 共同通信 より一部引用>
https://this.kiji.is/479253056435258465?c=39550187727945729

「20代から」
あ、そりゃダメだ。完全なるシャブ中。脳が変質しきっとる。
復帰の可能性はゼロだな。
(2019年3月15日)

追加記事

2019/03/15
GmailやGoogleドライブで起きたシステム障害は、現地時間の2019年3月12日18時40分から22時50分までの約4時間にわたって続きました。原因はGoogleの内部BLOB(Binary Large Objects)ストレージサービスのサービスが中断したことで、これにより複数のGoogle Cloud Platform(GCP)サービスが影響を受けることとなりました。GoogleはGCPの可用性を向上し、この種の障害が今後発生しないようにするために早急に措置を講じていると記しています。

<Gmail・Googleドライブ・Googleフォトが一時使用不能になった件についてGoogleが詳細な原因を説明 – GIGAZINE より一部引用>
https://gigazine.net/news/20190315-google-cloud-storage-incident/

(2019年3月15日)

追加記事

(2019年3月16日)

追加記事

2019/03/16
自宅からたばこの巻紙数十枚が押収されたことが16日、捜査関係者への取材で分かった。関東信越厚生局麻薬取締部は乾燥大麻を吸引する際に使用していた可能性があるとみている。
 捜査関係者によると、巻紙はケースに入った状態で瀧容疑者の部屋から見つかった。瀧容疑者は「20代のころからコカインや大麻を使用していた」と供述しており、コカインだけでなく大麻も常習していた疑いがあるとみて調べている。

<ピエール瀧容疑者、大麻も常習か たばこの巻紙数十枚押収 | 共同通信 より一部引用>
https://this.kiji.is/479601105644618849

2019/03/16
NHKが15日、大河ドラマ「いだてん」の瀧容疑者が出演した全シーンを撮り直す方向で調整していることが分かった。
 同局関係者は「逮捕された人物が出演しているDVDや配信映像を発売することは難しいと判断があったようだ」と話している。瀧容疑者は主人公・金栗四三(中村勘九郎)にマラソン用の足袋を提供する足袋屋の主人役という重要な役柄で出演。12日の逮捕直前までに撮影は6月分まで進んでいた。NHKは14日に3月17~31日(11~13話)分の瀧容疑者の出演について「ない」と発表。関係者によると、実際は出演シーンはあったがその部分をカットして放送することを決定したという。そしてこの日、瀧容疑者が撮影を済ませた4月放送以降の場面は撮り直しで進んでいることが新たに判明。そのための代役探しを急ピッチで行っている。

<ピエール瀧容疑者「いだてん」出演シーン全部撮り直しへ― スポニチ Sponichi Annex 芸能 より一部引用>
https://www.sponichi.co.jp/entertainment/news/2019/03/16/kiji/20190316s00041000080000c.html

(2019年3月16日)

追加記事

2019/03/19
 コカインを摂取したとして麻薬取締法違反の疑いで逮捕されたテクノユニット「電気グルーヴ」のメンバーで、俳優のピエール瀧(本名・瀧正則)容疑者(51)が出演していたNHK大河ドラマ「いだてん」(日曜・後8時)で、瀧容疑者の代役が俳優の三宅弘城(51)に決定したことが18日、分かった。後日、正式に発表される。
 関係者の話を総合すると、NHKはここ数日のうちに、三宅に代役を任せることで一本化。すでに撮影に入っているかどうかは不明だが、関係各所との調整を終えたうえで、一両日中に発表する用意を整えているようだ。
 「いだてん」で瀧容疑者は、主人公の陸上選手・金栗四三(中村勘九郎)が信頼を置く足袋店「播磨屋」の店主・黒坂辛作を演じていた。すでに6月放送回まで撮影は進んでいたが、瀧容疑者はストーリー上、重要な役どころで、出演シーンをすべてカットして対応するのは困難であることから、制作陣は代役で撮り直すことを決断。今後は編集作業と並行しながら、三宅で新たに撮影したシーンに差し替えていくことになりそうだ。
 三宅は、人気劇団「ナイロン100℃」の看板俳優で、「いだてん」の脚本を手がける宮藤官九郎氏(48)と同じ「大人計画」に所属。ロックバンド「グループ魂」のドラム担当としても知られる。NHKでは15年後期の連続テレビ小説「あさが来た」で、ヒロイン・あさ(波瑠)が嫁ぐ両替商「加野屋」の中番頭・亀助役を好演。Eテレの幼児向け番組「みいつけた!」にも出演中だ。

<いだてん、ピエール瀧容疑者代役に三宅弘城 「クドカン」ファミリー – ライブドアニュース より一部引用>
http://news.livedoor.com/article/detail/16180930/

(2019年3月19日)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です