『「こいつは何うも飛んでもないことになつてしまつたな。我まゝ娘が、逆せたとなつたら仕末が悪いぞ。」私はわざと落つき払つて、冗談さうに呟いたりしたが、輝子は笑ひもせず稍蒼ざめた面持で凝つと虚空に瞳を凝してゐた。「若しも小鐘と結婚でもしたら、一生引つ越しの手伝ひばかりさせられるぞ。」』(牧野信一)

●政府が作った地震・津波への備えを解説したアニメ。

簡にして要を得たる説明。
コンパクトに纏まっていて分かりやすい。

World Wide Web(ワールド・ワイド・ウェブ、略名:WWW)とは、インターネット上で提供されているハイパーテキストシステムである。Web、ウェブ、W3(ダブリュー スリー)とも呼ばれる。俗には「インターネット」という表現がワールド・ワイド・ウェブを指す場合もある。情報提供を担う者はウェブサーバを公開し、一般利用者はウェブブラウザを介してウェブサーバにある情報を閲覧するようなシステムが基本である。

<World Wide Web – Wikipedia>

 2019年3月12日、World Wide Web(WWW)が30周年を迎えた。Google は検索ページに記念ロゴ(Doodle)を掲示。フロッピーディスクスロット付きのブラウン管ディスプレイの PC が電話線でつながり、地球の画像を表示しているロゴで、WWW 30周年を祝っている。Google の文字もドット絵風だ。

30年前の1989年3月12日は、ティム・バーナーズ・リー氏が欧州原子核研究機構(CERN)に、現在の Web の基本構想をまとめた「Information Management:A Proposal」を提出した日。URI(URLやURN)やHTTP、HTML など現在も使われている Web の根幹技術も、彼によって構築されたものだ。

<WWW 誕生から30周年 Google もロゴで祝福 – ITmedia NEWS より一部引用>
https://www.itmedia.co.jp/news/articles/1903/12/news062.html

IT関連も仕事となると辛いものがある。
学者として研究する分には愉しいかもしれんね。

2018年に入ってから、一部のインターネットユーザーの間でWindows 95B(Windows 95 OSR2)のインストール速度を競うスピードアタックが行われています。Windows 95はMicrosoftが1995年にリリースしたOSであり、使いやすさやユーザーのニーズを向上させたことでマーケティング的に大きく成功しました。Windows 95インストールスピードアタックの現行ルールではオリジナルのフロッピーディスクおよびCDが用いられていますが、ハードウェアの方に制約はありません。そのため、ハードウェアの進化に従って今後も最速タイムが着々と更新されていくものとみられています。
はじめてWindows 95インストールスピードアタックが広く紹介されたのは2018年11月のことであり、当時の最速タイムは3分49秒99でした。それから次々と最速タイムが更新されており、今ではなるべく速くインストールを行うためにRAMディスクを使うなどのテクニックが考案されてきたとのこと。記事作成時点での最速タイムは1分10秒9となっています。

<Windows 95の最速インストール速度を競うスピードアタックが登場 – GIGAZINE より一部引用>
https://gigazine.net/news/20190311-install-windows-95-rta/

Windows 95 install with timer
endertube
2018/11/23 に公開

[WR] Windows 95 Desktop% in 01:10.9
Reds
2018/11/26 に公開

年々早くなるのは理解できるが「競う」意味がサッパリ分からんぜよ。

話ちがうが、
「スタートボタン」「設定」「Windows の設定」「更新とセキュリティ」「Windows セキュリティ」「ウイルスの脅威と防止」で「クイックスキャン」を定期的に行い、何も問題がないからと安心してはならない。
「フルスキャン」をしたら「トロイの木馬」「Trojan:PDF/Phish」が見つかったなんてことはざらにある。
「バックアップ」が完了しない場合、そうしたヤバいものがジャマしてる可能性が大いに考えられる。

中国では、犬の散歩の仕方ですら間違えると、自分の信用情報に傷がつき、飛行機に乗れなくなるかもしれない…。
ディストピア先進国である中国の悪名高き「社会信用システム」は、すでに国民の活動の多くを制限していますが、すでに何千万件という単位で飛行機や電車のチケットの購入できない事例が発生していることが、先日のガーディアン紙の報道で明らかになりました。
国立信用情報機関が発表した情報によると、これまで1750万件の飛行機のチケットと、550万の電車のチケットの購入が制限され、「一度制限がかかると、その制限はどこでも適用される」とのことです。
(中略)
さらに「信用できない」場合に課せられる可能性があるその他のペナルティとして、保険の購入や不動産や投資への取引制限が含まれる、とのことです。
政府は「信用されざる行動」のリストに1,400万件を超える実例を追加したと述べています。

<中国の「信用されざる者」。飛行機や電車に乗れない人が数千万いる – ギズモード・ジャパン より一部引用>
https://www.gizmodo.jp/2019/03/china-untrasted-citizens.html

なんともはや、おぞましい、窒息しそうな社会だね。

こうした管理システムに反発せず飼い馴らされてしまうと、人間らしさが次第に失われていくと思われる。
いくら人口が多くても蝗のような者ばかりじゃ衰亡は免れまい。

絶対的権力者 習近平は けっきょく歴代皇帝と何ら変わらない存在。

中国の革命は中国人自身がすべきこと。日本人の出来ることは限られている。

以下、「オーウェル」「1984年」を含む投稿。

以下、「個人情報の扱い」「忘れられる権利」等に関する投稿。

以下、尖閣問題を除く「China」「中国」関連の投稿。

北朝鮮の金正恩朝鮮労働党委員長は10日行われた最高人民会議代議員選挙に立候補しなかった。12日に国営メディアが発表した当選者名簿に名前がなかった。指導体制の改編を準備している可能性がある。

金正恩氏、代議員に立候補せず | 共同通信
https://this.kiji.is/478101215874745441

10日に行われた最高人民会議(国会に相当)の代議員選挙で、投票率が99・99%に上ったと、国営メディアが12日報じた。
 事実上、指導部の追認機関となっている最高人民会議の代議員選挙は5年に1度行われる。
(中略)
 1選挙区につき候補者1人のこの選挙は、前回の投票率も99・97%でこれ以上はあり得ないと思われたものの、今回はそれをさらに上回った。欧米諸国では決して達成できない数字だ。
 金正恩氏率いる朝鮮労働党が強大な力を持つ北朝鮮においては、投票用紙に記されているのはたった1人の公認候補だけで、選挙結果が懸念材料になることはない。
 国営朝鮮中央通信(KCNA)は、今年の投票率は「在外者または海上労働者」が投票できなかったために100%をわずかに下回ったと伝えた。ただ前回2014年の選挙の際と同様、100%が賛成票を投じたという。

<北朝鮮代議員選、「投票率99・99%」と国営メディア報道(AFP=時事)- Yahoo!ニュース より一部引用>
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190312-00000047-jij_afp-int

こちらは元より絶対君主、いわゆる独裁者。

 マレーシア警察は11日、首都クアラルンプールにある北朝鮮大使館の外壁に同日、ハングルで「朝鮮を解放しろ」と落書きされているのが見つかったと発表した。 共同通信が確認した現場の写真には同じくハングルで「(朝鮮労働党委員長の)金正恩打倒連帯」などの内容の落書きもあった。同日中に大使館が被害を届け出て、外壁にペンキを塗り直した。
 警察は帽子をかぶった覆面姿の男4人が同日未明に犯行に及んだとみており、器物損壊容疑で行方を追っている。

<北朝鮮大使館に落書き マレーシア – 産経ニュース より一部引用>
https://www.sankei.com/world/news/190312/wor1903120003-n1.html

落書きは良くないが、そのメッセージには大賛成 (^o^)

国連安全保障理事会の北朝鮮制裁委員会に属する専門家パネルが今後公開する新たな報告書の内容が判明した。北朝鮮が2017年1月~18年9月の間、サイバー攻撃を用いて仮想通貨交換業者から少なくとも5億7100万ドル(約635億円)を窃取したと推計。この中に18年1月に起きた日本の仮想通貨交換業者「コインチェック」の巨額流出事件も含んでいる。

<北朝鮮、仮想通貨635億円窃取 制裁逃れに韓国関与も 国連の報告書 – 毎日新聞 より一部引用>
https://mainichi.jp/articles/20190311/k00/00m/030/171000c

北朝鮮では英雄的行為、勲章モノか(嗤)

「引っ越しシーズン」が、まもなくピークを迎える。ところが、転居の希望日は集中し、料金も高騰が止まらない。「引っ越し難民」が増えるのは、人手不足の深刻化に社会の変化が追いつかないためだ。
 就職のため、3月下旬に東京都から静岡県に単身で転居予定の20代女性は、引っ越し業者の見積もりに驚いた。インターネットのサイトで依頼したところ、40万円を超えていたのだ。
 「足元を見られている?」。10万円ほどだと思っていた。結局、宅配便を使った方が安いことが分かり、引っ越し業者への依頼は諦めた。
 「大手にとんでもない見積もりを出された。何とかならないか」。軽トラックによる個人運送で単身引っ越しを手がける「赤帽」には今年、そんな依頼が舞い込む。

<単身、東京→静岡で40万円 高騰止まらぬ引っ越し料金:朝日新聞デジタル より一部引用>
https://www.asahi.com/articles/ASM3C4FX6M3CPLFA006.html

都内だと1クルーで1日2件とか当たり前。
東京→静岡の距離と、作業時間を考えれば、依頼人1人で3~4件分を負担したことになる。
そう考えると、今どき「単身、東京→静岡で40万円」は、ムチャな金額ともいえんのだ。
ムチャな労働を強いられているのはクルーの若者たちで、とても人間の仕業とは思えんことをさせられている。

Déménageur / Déménageuse
Oriane
2015/09/04 に公開

Moving Day(1936)

British Pathé
2014/04/13 に公開
Full title reads: “Moving Day – New home for the League of Nations”.

どこの国でもだいたい同じか?
アメリカなんかだと家具つき賃貸が多いって聞くけど、大家の趣味を押しつけられてるみたいでおれはイヤだな。

以下、「引っ越し」「引越し」「転居」「Moving」を含む投稿。

2019/03/11
 堤実果著『日本が売られる』(幻冬舎新書)の「 6 医療が売られる」において、事実とは異なる説明や根拠のない主張が見られたことから、移住連は本日、以下の通りファクトチェックを示した書面を幻冬舎に送付しました。

<【お知らせ】堤未果著『日本が売られる』についてのファクトチェックを幻冬舎に送付しました – 移住連 |Solidarity Network with Migrants Japan -SMJ より一部引用>
http://migrants.jp/news/factcheck-nihongaurareru/

日本に「短期移住」する理由に「医療を受ける」があるとして、保険料を払っていればいいのかどうかという問題。
日本で仕事をしている医者は日本国民(日本国籍を持つ者)のためだけに存在するのか、医療目的の短期移住者も同等に診療すべきなのか。

ベトちゃんドクちゃんの手術、重度のやけどを負ったロシアの子供等々、日本で受け入れ治療した例、
難病の日本人の子供が募金を募ってアメリカで治療・手術を受けた例、
――などは特殊な部類だろうが、
日本人女性が韓国で美容整形手術を受ける例では、緊急度は低いし、むしろ日本国内で受けたほうがよかないか?とも感じられる。

災害時の救助・救急活動では重症度に基づいて、治療の優先度を決定して選別(トリアージ、トリアージュ、救急度判定)を行うが、そのパターンで出来るかというと、これも出来ない。
なぜなら滞在目的を偽っている可能性があるからね。

上掲記事には、

そもそも国民健康保険に加入する外国人は「急増」していません。2012年度以降5年間の外国人の国保被保険者数は、2012年度86万人から2016年度99万人とわずか13万人の増加にすぎません

とある。
4年間で13万人も増えたって?
これを「急増」と感じるのは おれだけなのか?

こうしたことのほかに、外国人労働者、留学生に関わるトラブルが多く報じられていて、きのうもこんなニュースが出た。

日本人のモラルハザードの直接の原因は当然のことながら日本の政治の保守化ではない。

が、軌を一にしているところは否めないのではないか?
つまりはたがが緩んでいるということ。
政府や官僚が平然と嘘をつき公文書を改竄しても責任を取らないばかりか罰せられもしない。それどころか地方自治や民主主義の冒瀆・蹂躙を繰り返してヘラヘラ笑ってるのだから、そうなるのもムリはなかろう。
財力・権力があれば、政治権力に連なってさえいれば何でも許される……そういう気分を醸成していったのは定めし自公の劣悪な保守政治であったろう。

ところで、政財界は「日本は生産性が低い」として「派遣制度」「非正規雇用」「低賃金」を国民に押しつけたが、実のところ生産性の低さの元凶は政官財の傲岸不遜な権威主義的体質、権勢・利権・保身を第一とする旧弊墨守体質そのものに由来するのであって、そこを改めない限り、日本の生産性が高まることはありえない。
日本にいるとそれが当たり前なのでなかなか気づかれないのだが。

▽謝ったら死ぬかもしれない病?
有本さんは誤りを認めるどころか、批判者を「ヘイトスピーカー」と誹謗したり、文法上は問題のない定冠詞に因縁をつけて逃げようして醜態を晒してしまいました。
 思い起こせば百田尚樹氏が昨年上梓した『日本国紀』の校正をしたのも有本さんでした。昨年11月の発売以来、ルイス・フロイスとフランシスコ・ザビエルを取り違えるなどのミスが次々と判明したのは記憶に新しいところです。
有本さんはチェックミスをなぜか百田さんに謝罪しましたが、読者に対しては正誤表の公表にも応じず、『日本国紀』は増刷のたびにこっそり訂正されました。今でも同書には単なる言葉のあやだった「マッカーサー神社」がさも計画されたかのように描かれたり、「ベ平連はソ連の活動団体」など根拠不明のデマがそのまま残されています。
 編集者として読者に誠実であれば、謝って事実を認めればいいのに、素直にできないのは「謝ったら死ぬかもしれない病」なのかもしれませんね。

<桜ういろうログ – 【有本香】得意の英語ネタで批判者を公開処刑するも大恥をかく より一部引用>
https://sakurauirou.xn--n8jdb7z5f1n6424a.com/2019/03/blog-post_11.html

アメリカの流行歌のタイトル、グループ名、歌詞を見てきて感じたのは、ヤンキーは「The」を一種の飾りというか、模様程度にしか感じてないんじゃないかってこと。
グループ名で「The」を付けない名乗りなんて大昔からいくらでもあって、さすがに「a」「an」との使い分けは明確だけど、ずいぶんといい加減なのだ。

いわゆる「ヘイト」も「アンチ」も、とにかく相手の人間性・人格を貶めることに全力で、右翼・左翼・カルトに顕著な逸脱が目立ち、一般大衆の感覚からはかなり遊離している。
この状態は問題解決に少しも寄与しないだろうと思われる。

2019/03/11
 南中部沿岸地方ビントゥアン省ラジ町のグエンフエ高校に勤務する若い女性教師が、教え子の男子生徒と性的関係を持った疑いが持たれている。男子生徒が16歳未満であることなどから、大きな話題となっている。
 疑いが持たれているのはHさんで、同校で数学教師として教鞭を執っていた。同省教育訓練局はこれに先立ち、捜査結果が出るまでHさんを職務停止処分としている。
 Hさんの夫のTさんは、2018年9月からHさんに不審な言動があったため秘密裏で調査し、同年12月にHさんと教え子の男子生徒が2人きりで同町のホテルの一室にいるところを発見した。

<女性教師と16歳教え子の不倫、夫がホテルで発見 [社会] – VIETJOベトナムニュース より一部引用>
https://www.viet-jo.com/news/social/190308204515.html

2019/03/06
6日、男子中学生にキスなどをしたとして、担任だった県北西部にある市立中学校の女性教諭(44)を懲戒免職処分にし、発表した。当時校長だった男性教諭(61)も監督責任から減給1カ月(10分の1)の懲戒処分とした。同日付。
 県教委によると、女性教諭は2017年12月15日~18年1月26日までに少なくとも7日程度、放課後などに同中学の校舎内のパソコン教室や教科準備室、休日には2人で出かけた東京ディズニーランドや葛西臨海公園(東京都江戸川区)で、当時担任だった男子中学生を抱きしめ、キスをした。
 女性教諭は県教委に「互いに好きだった」と述べ「いけないことだと分かっていたが、気持ちを抑えられなかった」と認めているという。
 昨年11月、「先生とキスをした」と男子生徒から聞いた保護者が市教委に相談し、今年1月28日に県教委に対し教諭の処分を求めて発覚した。

<ディズニーで生徒とキス、中学教諭を処分「互いに好き」:朝日新聞デジタル より一部引用>
https://www.asahi.com/articles/ASM3652RWM36UDCB00Q.html

女性教師がアクティブに恋愛事件を起こす昨今。
時代は変わった!

では、ご両人の未来に幸多からんことを祈りつつ、感じのいい恋愛ソングをお聴き下さい。(*^o^*)

Frank Kelly And The Hunters -‘Cept Me(1962/09)
シングル “Send Me The Pillow” のB面。
“Accept Me” は「私を受け入れて」の意。

Johnny Mathis – Let’s Love(1958/12/01)
orchestra conducted by Ray Ellis

Pop Chart Peaks: Cash Box 40, Billboard 44, Music Vendor 48
One of Johnny’s few non-ballad chart entries during those early years, with Rodgers & Hammerstein’s “You Are Beautiful” (from “Flower Drum Song”) on the flip side

Sarah Vaughan – Smooth Operator(1959/10)
conducted by Belford Hendricks
サラ・ヴォーンのポップス路線。この歌の Operator は電話交換手ではない。

Pop Chart Peaks: Cash Box 32, Music Vendor 39, Billboard 44
Follow-up single release to Sarah’s top-10 hit “Broken Hearted Melody.”

Nat “King” Cole – You Made Me Love You(1959/04)
orchestra conducted by Nelson Riddle

Pop Chart Peaks: Music Vendor 27, Cash Box 39, Billboard 45
This durable standard dates all the way back to the year 1913, when Al Jolson introduced it on the Broadway stage.

Jack Scott with The Chantones – With Your Love(1958/09)

Pop Chart Peaks: Music Vendor 26, Billboard 28, Cash Box 29
Jack’s follow-up single to his double-sided debut best-seller “My True Love / Leroy.”

Perry Como – No Other Love(1953)
orchestra & chorus conducted by Henri Rene

Richard Rodgers composed this melodic tango as part of the symphonic score for NBC’s highly acclaimed 1952-53 television documentary series “Victory At Sea.” Non-soundtrack studio recordings of the score, with Robert Russell Bennett conducting the RCA Victor Studio Orchestra, would later be issued on two best-selling LP’s, with this melody being assigned the title “Beneath The Southern Cross.”
In 1953, Rodgers’ tune was given the new “No Other Love” set of lyrics by Oscar Hammerstein II for inclusion in their new Broadway musical comedy “Me And Juliet” (opened May 28, ran 358 performances). Perry’s recording reached #2 on Billboard’s best-seller charts (#1 most-played on radio) and was his second most successful single of 1953 behind “Don’t Let The Stars Get In Your Eyes.”

Lou Preager and his Orchestra(from the Palais de Danse, Hammersmith)- Who Could Love You Like Me?(1946/05)
UK
vocal: Rita Williams

recorded c. January 1946
Original 78rpm courtesy of’Schnefsky’…track not available elsewhere on YouTube as of this posting; and for the flip side “I Don’t Know (What I’d Do Without You),” listen here: The Palais de Danse in Hammersmith, London (cited on the label) was a famed dance hall and entertainment venue that operated from 1919 to 2007.

Jimmie Grier and his Orchestra – You’re Looking For Romance(I’m Looking For Love)(1937)
vocal: Joy Hodges
2度目の引用。

recorded in Los Angeles May 14, 1937

Russ Columbo and his Orchestra – The Lady I Love(1932)

Recorded August 3, 1932.
This 1932 song was also recorded by Ben Selvin, Adrian Schubert (both available on this channel), Tom Gerun, and Smith Ballew.

Adrian Schubert & his Orchestra – The Lady I Love(1932)
vocal: Harold Van Emburgh

recorded in NYC July 11, 1932
The prolific Schubert offers yet another version of “The Lady I Love”.

Smith Ballew & his Orchestra – The Lady I Love(1932)
vocal: Smith Ballew

recorded in NYC July 6, 1932

The Knickerbockers – The Lady I Love(1932)
Ben Selvin as The Knickerbockers
vocal: Bruce Noble

recorded in NYC June 23, 1932
This 1932 song was also recorded by Russ Columbo, Adrian Schubert, Tom Gerun, and Smith Ballew.

Ben Selvin & his Orchestra – Loving You(1930)
vocal: Smith Ballew
recorded in NYC October 4, 1930

Charles Kaley and his Orchestra – Just Love Me (That’s All) (1927)
vocal: Charles Kaley

recorded in Chicago June 16, 1927
Singer-actor Kaley’s primary role in the recording studio from the mid to late-1920s was as session vocalist on various studio dance band recording dates, however this is one of eight 1927-28 Columbia sides on which he was also shown as the nominal director. For the flip side “Daisy Belle,”

John Steel – The Love Nest(1920)
タイトルは「愛の巣」の意。

orchestra conducted by Joseph Pasternack
recorded in Camden NJ May 12, 1920
A prominent song hit of 1920, introduced in the Broadwasy musical “Mary” (220 performances, produced by George M. Cohan).

 

これで飛んだら、靴下 燃えちゃうね。

●ザ・ピーナッツ – 手編みの靴下(1962/12)
作詞:竹内伸光、岩谷時子、作編曲:宮川泰
演奏:シックス・ジョーズ・ウイズ・ストリングス
2度目の引用。
●園まり – 逢いたくて逢いたくて(1966/01)
作詞:岩谷時子、作曲:宮川泰、編曲:森岡賢一郎

以下、「靴下」「ストッキング」を含む投稿。

2020年の東京オリンピック開幕まで500日前となった3月12日、渋谷駅・ハチ公前広場でPRイベント「SHIBUYA de 500~東京2020大会まであと500日!~」が開催された。

<東京オリンピック開幕まで500日、渋谷駅前でPR 卓球・伊藤美誠選手ら登場 – シブヤ経済新聞 より一部引用>
https://www.shibukei.com/headline/13953/

東京五輪まで500日 競技会場の建設 現在の様子は(19/03/12)
ANNnewsCH
2019/03/11 に公開

東京オリンピックまであと500日です。メイン会場となる新国立競技場などで建設が着々と進んでいます。 2020年の東京大会に向けては開会式や閉会式が行われる新国立競技場など11の会場が新たに建設され、そのほとんどですでに工事が始まっています。

東京オリンピックまで500日 記念切手の販売始まる(19/03/12)
ANNnewsCH
2019/03/12 に公開

東京オリンピックまであと500日、記念切手の販売が始まりました。 2020年東京オリンピック・パラリンピックの記念切手は、公式マスコットキャラクターの「ミライトワ」と「ソメイティ」のほか、国立競技場や大会エンブレムなどが描かれています。

東京オリンピックまで500日、競技の絵文字「ピクトグラム」発表
TBS NEWS
2019/03/11 に公開

2020年の東京オリンピックまで、12日で500日となりました。各地で様々なイベントが行われ、大会で行われる競技を絵文字で表す50種類の「ピクトグラム」も発表されました。
(JNNニュース 3月12日放送)

3・11追悼の翌日ということもあってか、お祭り騒ぎのようなことはなかったようだ。
そうでなくとも景気右肩下がりでは一向盛り上がりに欠ける。
不況感は秋以降、さらに強まるだろうしね。

以下、「Count Down」「カウントダウン」を含む投稿。

以下、「2020東京五輪」を含む投稿。

1986年、チェルノブイリ原子力発電所事故はなぜ起こったのか?に焦点を当てた「Chernobyl」の予告編が公開されています。爆発が起こった時、現場では自らを犠牲にして事故の処理にあったった人たちがいました。Chernobyl はこのような勇敢な人物に焦点を当て、当時の状況を再現した物語となっているとのこと。脚本家は「ハングオーバー!! 史上最悪の二日酔い、国境を越える」のクレイグ・メイジン、監督は人気ドラマ「ブレイキング・バッド」や「ウォーキング・デッド」のヨハン・レンクとなっています。

<人類史上最悪のチェルノブイリ原発事故からヨーロッパを救うべく自らを犠牲にした人々を描く「Chernobyl」予告編公開 – GIGAZINE より一部引用>
https://gigazine.net/news/20190312-chernobyl-trailer/

Chernobyl(2019) Date Announcement | Teaser Trailer
HBO
2019/03/11 に公開

Starring Jared Harris, Stellan Skarsgård and Emily Watson, Chernobyl dramatizes the story of the 1986 nuclear accident — one of the worst man-made catastrophes in history — and the sacrifices made to save Europe from unimaginable disaster. Chernobyl premieres this May.

人間の愚かさが招いた大惨事。

人類は有史以来 悪行の限りを尽くしてきたが、現実の上で決定的な区切りとなったのは原子爆弾の開発と使用だったろう。倫理的・因果応報的意味ではなく、科学的・論理的推論でいえば、それは自らの種を滅ぼす「終わりの始まり」だったに相違あるまい。

チェルノブイリ原子力発電所事故は、1986年4月26日1時23分(モスクワ時間 ※UTC+3)にソビエト連邦(現:ウクライナ)のチェルノブイリ原子力発電所4号炉で起きた原子力事故。後に決められた国際原子力事象評価尺度 (INES) において最悪のレベル7(深刻な事故)に分類され、世界で最悪の原子力発電所事故の一つである。
(中略)
この事故は、原子炉運用ルールの不徹底に始まり、行政当局による事故の隠蔽や、高レベル放射線により遠隔操作の機械が急激に大破・故障し、原子炉の暴走を食い止めるために数多くの人員が投入された事などが原因となり、人的被害は人類史上最悪となった。

<チェルノブイリ原子力発電所事故 – Wikipedia>

ウクライナ キエフ州 チョルノーブィリ(Чорнобиль)

Compilation of Rare 1986 Videos of Chernobyl Disaster. (English)
NewsFromUkraine
2016/04/30 に公開

On April 26, 2016, Ukraine marked the sad 30th anniversary of the Chornobyl nuclear disaster.
The Chernobyl disaster was a catastrophic nuclear accident that occurred on 26 April 1986 at the Chernobyl Nuclear Power Plant in the city of Pripyat, then located in the Ukrainian Soviet Socialist Republic of the Soviet Union (USSR). An explosion and fire released large quantities of radioactive particles into the atmosphere, which spread over much of the western USSR and Europe.

Zero Hour: Disaster at Chernobyl Discovery Channel(2004)
2,263,489 回視聴
Finest HQ
2013/10/28 に公開
Time 46:41

The Truth About Chernobyl, The World’s Worst Nuclear Disaster
The Story Behind
2019/03/12 に公開

It’s been 30 years since the Chernobyl disaster. The event immediately killed dozens and scarred the lives of tens of thousands of people over the ensuing decades. But what really caused the greatest nuclear accident in history?

Apple の元 CEO スティーブ・ジョブズ氏が余計なことに悩まされないようにと、毎日同じ服装で仕事をしていたことはよく知られていますが、服装だけでなく毎日の食事を同じメニューにすることにも意味があるかもしれないと、海外メディア The Atlantic が取材を通じて探っています。
(中略)
イギリスで実施された調査では、イギリス人の16人に1人が2年間毎日同じ昼食を食べており、さらに労働者に限定すると77%が9ヶ月間連続で毎日同じ昼食を食べているとの結果が報告されています。これは食品会社による世論調査なので偏りがある可能性がありますが、毎日同じ物を食べている人は確かに存在します。
(中略)
「毎日同じ食事内容」と聞くと退屈でクリエイティビティが欠けているような印象を持ちますが、プロフェッショナルたちが集中すべきことに集中するために役立っているとも取れます。

<毎日同じ食事にすることには「認知力の無駄遣い」を減らしてクリエイティビティを高める力があるかも – GIGAZINE より一部引用>
https://gigazine.net/news/20190312-meaning-eat-same-lunch-every-day/

そば、スパゲティ、うどん、スパゲティ、うどん、スパゲティ、スパゲティ
を繰り返してるおれだが、「クリエイティビティ」が高まった感は残念ながらまだ無い(苦笑)

伝えたい思いが心の中に確固として存在している場合でも、自身の母国語にはそれにふさわしいボキャブラリーが見つからないということがあります。ティエリー氏も「目標に向けてスタートを切るには遅すぎると心配する気持ち」を表すドイツ語の「Torschlusspanik」という単語を例に挙げ、他の言語圏では明確に発信しづらいその気持ちをドイツ語ではストレートに伝えることができると述べています。
この「Torschlusspanik」という単語は「門(Tor)」「閉じる(Schluss)」「パニック(Panik)」という単語が結合されてできた複合語で、元の単語の意味から大きく変化した「スーパーワード」と呼ばれるものです。このようなスーパーワードの大きな特徴が、「複合語の構成部分を文字どおりに翻訳することができない」という点にあります。ある言葉を別の言語に容易に翻訳できないときには言い換えを用いたり、たとえ話を使うことになりますが、その言葉になじみがない他言語圏の人は異なる概念をイメージすることが難しいのではないか、とティエリー氏は指摘しています。
このような言語と思考の関係についての根本的な問題は、古代ギリシャのヘロドトスから始まり、20世紀にアメリカの人類学者エドワード・サピアとベンジャミン・リー・ウォーフが「言語相対性理論」として確立したもので、「サピア=ウォーフの仮説」とも呼ばれています。この仮説は「どのような言語でも現実世界は正しく把握できる」という従来の立場に疑問を呈し、「言語は人の考え方に由来し表現され、同時に言語は思考にフィードバックを与える」という新しい言語観を発表したものです。

<言葉は思考によって紡がれ思考は言葉に影響される – GIGAZINE より一部引用>
https://gigazine.net/news/20190312-words-affect-thinking/

「Torschlusspanik(トルシュルスパニク。英訳:gate-shut panic)」は、中世、外敵に追われた農民が逃げ込もうとした城塞の、その門が閉められているのを見て感じた絶望のことだったそうで、そこから時間切れなどで希望が叶えられなくなったときの焦燥・落胆を指すようになったとか。
「タイムアップ」「遅きに失した」「遅かりし由良之助」「最早これまで」みたいな?

追加記事

2019/03/14
 住居不定の自営業・●●●●●容疑者(47)は、死亡した父親の○○さんの遺体をブルーシートで包み、2人で住んでいた千葉県柏市の自宅の床下に埋めたまま約2年前に引っ越した疑いが持たれています。遺体は今年1月、住宅を解体した際に廃材と一緒に千葉県白井市の資材置き場に運ばれ、分別作業をしていた作業員が見つけました。●●容疑者は、取り調べに対して「間違いない」と容疑を認めているということです。

<父親の遺体を床下に埋め引っ越しか 約2年後の住宅解体で発見 – ライブドアニュース より一部引用>
http://news.livedoor.com/article/detail/16160598/

(2019年3月14日)

追加記事

専制政府の覆滅した革命政府が専制するとなると、これは自家撞着ってやつだねぇ。
(2019年3月19日)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です