【頑な】 他人にかまわず自分の思い込みを保つ態度。「――の心は、理解に欠けて、 なすべきをしらず、ただ利に走り、 意気銷沈して、怒りやすく、 人に嫌はれて、自らも悲しい」(中原中也)

フランスのエマニュエル・マクロン大統領が国内で続く抗議運動の収拾を図るなか、同国では19日も、10週目となる「ジレ・ジョーヌ(黄色いベスト、gilets jaunes)」の抗議デモが行われた。
 マクロン大統領は15日、同大統領政権に対する抗議デモ収拾を図るため、地方で行われた討論会に参加し、不満を持つ地方自治体長らと数時間におよぶ討論を行った。
 しかし数万人におよぶ抗議デモ参加者は19日、運動を解散することを拒否。首都パリでは凍えるような気温のなか、数千人の抗議デモ参加者たちが、大統領の辞任要求や警察による暴力を非難するプラカードを持ってパリ左岸を練り歩いた。
 パリやレンヌ、トゥールーズ、リヨンなど各都市で行われた抗議デモでは、フードを被り石や瓶を投げつける参加者に対し、警察が催涙弾や放水銃を使用するなどして散発的な衝突が発生した。
 しかし、過去数週間パリで続いた混乱や破壊行為はここ2週間影を潜めている。
 同国内務省は、19日の抗議デモにフランス全土でおよそ8万4000人が参加したと述べ、参加者数が前週と横並びだったことが明らかになった。パリでの参加者は前週の8000人から今週は7000人に減少している。
 フランスでは同日、秩序維持のために8万人の警官が動員された。

フランスで続く反政府デモは10週目に 大統領らが討論も運動解散は拒否 – ライブドアニュース
http://news.livedoor.com/article/detail/15898471/

強欲資本主義に抗議する貧乏人、
および現政権に不満のある左右両派の過激分子、
さらには便乗して騒ぎたい田舎の不良ども、
……そんなとこかな?

●なぜかこんなオシャレっぽい動画も。

以下、「フランス」「ガソリン高騰」「燃料課税引き上げ」「黄色いベスト」「Gilets jaunes」「抗議デモ」を含む投稿。

一方アメリカでは女性たちが……

トランプ米大統領が20日に就任丸2年となるのに合わせ、政権に抗議するデモ「女性大行進」が19日、全米で行われた。開催は3年連続。各都市で数千~数万人が「大統領弾劾」「(国境の)壁にノー」などと書いたプラカードを手に「トランプ氏は辞めろ」と声を張り上げた。
 首都ワシントンではホワイトハウスや連邦議会議事堂の周辺に市民らが集結した。史上最長となった連邦政府機関の一部閉鎖は29日目となり、参加者は「大統領の責任」と異口同音に非難。トランプ氏がこだわるメキシコ国境の壁を「必要ない」と一蹴した。

<東京新聞 全米で反トランプ政権の女性デモ 国境壁に反対、弾劾要求も より一部引用>
http://www.tokyo-np.co.jp/s/article/2019012001001095.html

「レイシズム反対」「国境壁に反対」「ロシアンゲート弾劾」「女性スキャンダルへの抗議」等々を訴えているようだ。

2019/01/19
 財務省は18日、環太平洋連携協定(TPP)参加国からの1月上旬(1~10日)の牛肉輸入量を発表した。オーストラリアやカナダなどから1万トンが輸入され、前年1月の1カ月分の半数に及ぶ高水準となった。輸入業者が関税が大きく下がるTPP発効を待って、輸入量を増やした形だ。「上旬の営業日は実質5日ほどのため、その期間での1万トンは多い」(商社)。
(中略)
 2月1日にはEUとのEPAが発効し、幅広い品目で海外からの攻勢は続く。
 発効に先駆け、小売業界で、輸入物の販売を強化する動きが出始めている。イオンは18日から本州・四国の約420店舗で、EU産ワインの値下げセールを行う。フランスやイタリアなど4カ国からの直輸入ワイン25種類を1~3割安で販売する。「日欧EPA発効記念先取りセール」と銘打ち、2月28日までの期間限定で売り込む。

<日本農業新聞 – TPP発効 牛肉輸入急増 実質5日で「半月分」 攻勢強まる恐れ より一部引用>
https://www.agrinews.co.jp/p46475.html

安いのはけっこうだが、安全かどうかだねえ。
ワインなら価格に関係なく「保存料無添加」だけ。たぶん輸入ワインにはないと思う。
安物買いの銭失い。健康まで害して医療費がかかったんじゃ馬鹿らしいよ。

以下、「食の安全」「有害物質」「有害化学物質」「加工肉」「結着肉」「油脂」「ショートニング」「イーストフード」「グリシン」「リン酸」「トランス脂肪酸」「飽和脂肪酸」「L-トリプトファン」「ソルビトール」「アクリルアミド」「ホルムアルデヒド」「ダイオキシン」「ベンゼン」「六価クロム」を含む投稿。

 小学生の人気投票の結果、圧倒的に『ゴールインマーク』の人気が高く、それを採用したのが始まりです。大正11年(1922年)から使用しております」

――マークのモデルが、金栗四三だというのは本当ですか?

「じつは、金栗選手を参考モデルのひとりにさせていただいたのは、2代目のマークなんです。
 店頭にいた利一が、女学生たちの『グリコの(初代)マークの顔がこわい』という会話を聞き、大正12年(1923年)にマークを描き直すことが決まりました。
 2代目マーク(冒頭の画像)は、昭和4年(1929年)から使用していますので、変更まで6年近くの年月がかかったことになります。描き直す決意をしてから、14名もの画家さんに依頼をしたと言われています。
 金栗選手のほかにも、『極東オリンピック(第5回極東選手権競技大会、1921年)』のマラソンで優勝した、フィリピンのカタロン選手や、『パリオリンピック(1924年)』に出場した短距離走の谷三三五選手。さらに、そのほか当時の多くの陸上選手のにこやかなゴールイン姿をモデルにした、という記録が残っています」

<NHK大河『いだてん』の主人公・金栗四三がグリコのモデル(SmartFLASH)- Yahoo!ニュース より一部引用>
https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20190120-00010003-flash-ent&p=1

グリコの初代マークの顔は同じ「こわい」でも「恐い」ではなく「怖い」のほうだろう。
疲労困憊でかなり辛そうな顔つき。べつに睨みつけて脅してるわけじゃない。

以下、「ロゴマーク」を含む投稿。

鉄道の表示版や道路標識の書体を模したフォントはあるが「修悦体」はまだらしい。
見本が少ないからか。

以下、「フォント」「Font」「書体」を含む投稿。

2019/01/19
 近年発生した車輪の脱落事故は、そのほとんどが左後輪。2017年度は、左後輪が実に83%、右後輪が16%、右前輪が1%、左前輪は0件という内訳でした。
 これについて国土交通省は、「原因については引き続き調査中」としつつ、次のような可能性が考えられるとしています。

  • 右折時は、比較的高い速度を保ったまま旋回するため、遠心力により積み荷の荷重が左輪に大きく働く。
  • 左折時は、低い速度であるが、左後輪がほとんど回転しない状態で旋回するため、回転方向に対して垂直にタイヤがよじれるように力が働く。
  • 道路は中心部が高く作られている場合が多いことから、車両が左(路肩側)に傾き、左輪により大きな荷重がかかる。

 また、前輪タイヤの脱落が少ないことについては、異常が発生した場合にハンドルの振動などで運転手が気づきやすいためと推定。つまり、左側の車輪は右と比べて負荷が大きく、しかも後輪は変化に気づきにくいため、左後輪の脱落につながっている可能性がある、というわけです。北海道トラック協会も、「左前輪が走行中に音を立て、ドライバーがそれに気づき、外れる寸前で停車したという事例もあります。しかし後輪の変化はわかりづらいでしょう」といいます。
 ただ北海道トラック協会は、車輪の脱落が左後輪に集中していることには、別の理由もあるのではないかと推測します。
「2010(平成22)年に大型車のホイール規格が、世界基準といえる『ISO方式』へ全面的に切り替わりました。それまで採用されていた日本独自の『JIS方式』では、右側の車輪のボルトは『右ねじ(右回し)』、左側は『左ねじ(左回し)』でしたが、新たなISO方式では左右輪とも右ネジです。この新方式を採用したトラックの増加と比例するかのように、脱落事故が増えています」(北海道トラック協会)
 左右輪でボルトの回転方向が異なる従来型のJIS方式では、タイヤの回転方向とねじの緩み方向が反対になり、走行すれば自然にボルトとナットが絞めつけられていましたが、新しいISO方式となって以後、左側の車輪のボルトはタイヤの回転方向と同一に。このため、走行によってだんだん緩んでくることがあるのではないか、という声が北海道トラック協会の会員から上がっているそうです。

<大型車のタイヤが脱落、後続車に激突も… 冬に増加の車輪脱落、「左後輪ばかり」のナゾ(乗りものニュース)- Yahoo!ニュース より一部引用>
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190119-00010003-norimono-bus_all

なるほど、面白いねぇ。
てことは左後輪を念入りにチェックすれば、脱輪事故はかなりの確率で防げるちぅわけやね。

以下、「左右」に関する投稿。

以下、「自動車」「Car」「クラシックカー」「名車」「タクシー」「Taxi」「Cab」「トラック」「Truck」「クルーズ」「Cruising」「ホイール」「Wheel」関連の投稿。

英王室のフィリップ殿下(97)の運転する車が別の車と衝突して横転する事故があった翌18日、英国内では運転免許の年齢に上限を設ける必要性をめぐり、議論が高まっている。
(中略)
フィリップ殿下は、元パイロットで馬車競技の選手経験もある。高齢のため公務からは引退したが、運転をやめる気配はない。

<97歳での運転はありか? フィリップ殿下の事故受け英国で議論(AFP=時事)- Yahoo!ニュース より一部引用>
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190120-00000035-jij_afp-int

としをかさねるほど人は頑なになる、若者が何かとグレやすいように老人もまたすねね・むくれ・ひがみ・いじけ、コミュ障となりがち……そんなイメージが強い。
世間へ対応できない場面が増えることで、それまでの自分にしがみつくような心理だろうか。

「老化」という現実を強く意識しながら なお運転をやめないのは、未練というより自分への甘やかしじゃないかな?
まぁ女王の夫だからって、国民へ率先垂範する義務もないんだろうけど。

●こんなアニメの引用もされてる。
 マグーだねこりゃ。

「だめだね。歴史の教科書、見てみろよ。女がいるかい。ナポレオンは? ミケランジェロは? アインシュタインは? 政治も芸術も科学も、歴史はすべて男が作ってきたんだ。女と男は根本的に違うんだよ。男が社会で働き、女はその世話をし子を産んで育てる、自然でそう決まってるんだ」
 その時には難攻不落に思えた古典的なこの性差別論を粉砕するのが、以後、私の大きなテーマになったし、リブそのものがこの論を相手に開始されたようなものだった。言うまでもなく、この論は、ギリシャ時代に遡っての性差別が、政治から芸術から科学から、そしてそれらの土台となる学問から、女を排除してきた、排除は自然ではなく、男社会の政策であった、そして現代の教科書はそのことになんの気づきも批判もない男社会によって作られている、という事実を無視しないと成り立たない。このことは、一九八〇年代には、少なくとも知識人の間では常識になった。しかし、青島さんは、死ぬまで意見を変えなかっただろう、と私は推測している。

<中山千夏著『芸能人の帽子』2014年講談社刊 208ページ より一部引用>

アメリカの男性用カミソリ(髭剃り)メーカーの「ジレット」が男性向けの啓蒙運動を始め、動画を公開した。

<有害な「男らしさ」には、さようなら|アメリカはいつも夢見ている|渡辺由佳里|cakes(ケイクス) より一部引用>
https://cakes.mu/posts/24049

We Believe: The Best Men Can Be | Gillette (Short Film)
22,801,345 回視聴
Gillette

2019/01/13 に公開
Bullying. Harassment. Is this the best a man can get? It’s only by challenging ourselves to do more, that we can get closer to our best. To say the right thing, to act the right way. We are taking action at http://www.thebestmencanbe.org. Join us.

Shaquem Griffin: Your Best Never Comes Easy | Gillette & The NFL (Short Film)
374,286 回視聴
Gillette
2018/09/13 に公開

性格が長所でもあり短所でもあることと同じで、
男らしさ・女らしさ、男性性・女性性、益荒男振り(丈夫風)・手弱女振りを否定する必要はないし、無くすことはできないはず。
必要なことは時代々々に適合したその顯れ方・能(はたら)きといったことについて、自身の言動において理性的にコントロールできるかどうかという点だろうね。

女権拡張、ウーマンリヴを浸透させたいなら、男を糾弾・説得・再教育するより、世の女性たちの意識を変える運動をしたほうが手っ取り早いと思われる。女性の最大の敵は女性であったりするのだから。

中川晃教 中河内雅貴 海宝直人 福井晶一 – Walk Like A Man 恋のハリキリ・ボーイ
My favorite music1
2018/08/14 に公開

Ruen Brothers – Walk Like A Man(2018/06/01)
同名異曲。

  ※(略)

 

以下、「Walk Like A Man」を含む投稿。

以下、「男と女」「男性」「Man」「素晴しき男性」「女」「Woman」「悪女」「Bad Girl」「女性差別」を含む投稿。

追加記事

2019/01/21
車を運転中に事故を起こした英エリザベス女王の夫のフィリップ殿下(97)が、事故からわずか2日後に、シートベルトを着用せずに運転している姿が目撃された。
フィリップ殿下が運転していた愛車のランドローバーは17日、イングランド東部ノーフォークの公道を走行中に事故を起こして横転した。殿下にけがはなかった。
その2日後に、フィリップ殿下が新しいランドローバーを運転している写真が撮影された。公道を走行する車ではシートベルトの装着が義務付けられているが、殿下は装着していなかった。
ノーフォークの警察は、この写真については認識していると述べ、「ドライバーには適切な助言をした」と説明。これはそうした情報が寄せられた場合の一般的な対応に沿った措置だと強調している。
英PA通信によると、写真の中のフィリップ殿下は黒っぽいめがねをかけ、シートベルトをしないまま、ノーフォークにある女王の別邸近くで車を運転していた。
17日の事故でフィリップ殿下の車と衝突した車には、女性2人と生後9カ月の男の子が乗っていた。
警察によれば、このうち28歳の女性は膝に切り傷を負い、45歳の女性は手首を骨折した。男の子は無事だった。
英王室は、事故の相手とは18日に善意を伝え合ったと説明している。
一方、英日曜紙メール・オン・サンデーの報道によると、男の子の母親で手首を骨折したエマ・フェアウェザーさんは、警察を通じて女王夫妻のメッセージを電話で伝えられたものの、フィリップ殿下からの謝罪の言葉はなかったと話しているという。

<CNN.co.jp – フィリップ殿下、シートベルト無着用で運転 事故から2日後 より一部引用>
https://www.cnn.co.jp/world/35131534.html

(2019年1月21日)

追加記事

GIRLS TAKE OVER THE LAND
戦場へ行った男たちに代わって農家の力仕事に従事するイギリスの女性たち。

British Movietone
2019/01/21 に公開
(14 Sep 1939) STORY
Girls take over agricultural jobs thus releasing men for the forces.

(2019年1月22日)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です