専業主婦は勝ち組?

ゆうべの夢。
昔の神宮プールのような場所。
スタンド席には南米系の男たちがいて、タンバリンやらラッパやらを鳴らしながら さかんに応援している。
どうやら労働移民の一団のようだ。
彼らの眼前では団体対抗でなにか競技が行われているようすだが、何を応援してるのか肝心な部分はイメージされない。

そのすぐ脇が急な上り坂になっている。
坂には木枠の内側に薄い金属の板を貼り付けた 蓋のない長方形の容器が段々畑のように設置されていて、中には水が張られ、あらゆる種類の瓶入り・缶入り飲料が冷やされている。
これはきっとスタンドに陣取っている男たちのためのものだろう。

その坂を登りきると、周囲の風景は一変していて、
水分を含んでベタついている粘土状の地面に、イネ科によくある細長く先の尖った葉を持つ、茎だけでも直径5センチはあろうかという、やけに背の高い緑色の植物がびっしり生い茂っている。
おれはその中へ分け入ろうとしたのだが、とても進めるふうではなく、諦めざるをえなかった。

目ざめてから十数時間経ってしまい、細かい部分はほとんど忘れている。
この後、ぜんぜん違う夢を見たが、そっちは全く思い出せない。
まぁ、どうでもいい話だ。

以下、「夢」「Dream」を含む投稿。

 

Windows 64ビットPCに、高機能で評判のフリーソフト「KRITA」を入れるべく、

Krita Desktop – Krita
https://krita.org/jp/download-jp/krita-desktop-jp/
にて
Krita 4.1.5
Windows インストール版 64ビット版(97MB)
(リリース日: 2018/10/11)

krita-x64-4.1.5-setup.exe
を2分かかってダウンロード。

と、ここで Windows 月例アップデートが入ってしまったので、そちらを優先。

ようやくアップデートが終わり、
さっそく exe を起動して、インストールを開始。
抱き合わせのソフトもなく、スッキリと完了。
はなはだ好印象。

さらば GIMP ! こんにちは KRITA ってなもんやね。

以下、「KRITA」を含む投稿。

以下、「GIMP」を含む投稿。

Une fusillade a éclaté ce mardi soir dans le centre-ville de Strasbourg. Au moins quatre personnes ont été blessées, selon plusieurs sources au Figaro. D’après nos informations, un homme a ouvert le feu à l’arme automatique dans la foule dans le secteur de Grand’Rue. Selon le maire de Strasbourg, Roland Ries, le tireur n’a pas été appréhendé à ce stade. La mairie invite les habitants à rester chez eux.

<Un homme ouvre le feu à Strasbourg, plusieurs blessés より一部引用>
http://www.lefigaro.fr/flash-actu/2018/12/11/97001-20181211FILWWW00312-un-homme-ouvre-le-feu-a-strasbourg-plusieurs-blesses.php

フランス北東部のストラスブールで日本時間12日未明、何者かが銃を乱射する事件があり、これまでに13人が死傷した。
現地メディアによると、現場はストラスブールの中心地で、1人の男が銃を乱射し、これまでに2人が死亡、11人がケガをしたという。
男は現在も逃走している

<フランス北東部で銃乱射事件が発生 2人が死亡、11人がけが – ライブドアニュース より一部引用>
http://news.livedoor.com/article/detail/15726925/

フランス東部ストラスブールの中心部で11日午後8時(日本時間12日午前4時)頃、男が銃を乱射し、AFP通信によると、カスタネール内相は3人が死亡、12人が負傷したと述べた。現場近くではクリスマス市が開かれており、大勢の観光客らでにぎわっていた。仏検察当局はテロと断定し、逃げた男の行方を追っている。
 AFP通信によると、地元市長は4人が死亡したと話しているという。
(中略)
 仏メディアの報道によると、防犯カメラの映像から、容疑者は近くに住む29歳の男と特定された。容疑者は過激派思想を持っている疑いがある人物のリストにも登録されていたという。

<仏の銃乱射、テロと断定…近所の29歳男か 読売新聞(YOMIURI ONLINE) より一部引用>
https://www.yomiuri.co.jp/world/20181212-OYT1T50029.html

 

Strasbourg : fusillade au centre-ville
France 3 Grand Est
2018/12/11 に公開

Deadly Terror Attack Near Christmas Market In Strasbourg | NBC Nightly News
NBC News
2018/12/11 に公開

ATTENTAT À PROXIMITÉ DE LA CATHÉDRALE DE STRASBOURG (11 DÉCEMBRE 2018)
TARANIS NEWS
2018/12/11 に公開

Strasbourg: images of injured person shortly after shots fired
AFP news agency
2018/12/11 に公開

France shooting: Gunman kills four in Strasbourg
Associated Press
2018/12/11 に公開

 

 

イスラム過激思想の心酔者によるテロのようだ。
フランス人もマホメット(ムハンマド)をずいぶんとコケにして挑発してるからね。
自ら恨みを買った観がある。

ストラスブール(Strasbourg)

Roy Hargrove Quintet – Strasbourg Saint Denis
3,637,012 回視聴
incognitotraveler
2010/10/01 に公開

Roy Hargrove Quintet, Paris 2007, New Morning Club
Roy Hargrove – tp
Justin Robinson – as
Gerald Clayton – p
Danton Boller – b
Montez Coleman – dr

以下、「銃」関連の投稿。

以下、「イスラム」を含む投稿。

ワシントン・ポスト(電子版)は11日、中国のサイバー攻撃を巡り、米司法省が今週、中国国家安全省と関係のある複数の中国人ハッカーを起訴する方針だと伝えた。
(中略)
対象となるのは「APT10」と呼ばれる中国のハッカーグループで、中国の情報機関である国家安全省の活動に協力し、米国のネットワークを標的に長期間にわたってサイバー攻撃に関与した疑いが持たれている。
 米司法省は9月以降、中国の国家安全省が関与するスパイ活動を相次いで3件摘発した。11月には司法省内に新たな対策チームを設置して中国による企業秘密の窃取の取り締まりの強化にあたっている。

<やまぬサイバー攻撃、中国ハッカー集団を起訴へ 読売新聞(YOMIURI ONLINE) より一部引用>
https://www.yomiuri.co.jp/world/20181212-OYT1T50037.html

物理的攻撃やハッキングのほかに、ロシアの米大統領選介入のようにネットを使って情報操作・工作をする被害もある。

2018/10/05
 5日の香港株式市場で、中国のパソコン大手、聯想(レノボ)グループの株価が一時、前日終値比で23%下落した。米メディアが中国で製造されたコンピューターサーバーに中国人民解放軍が特殊なチップを埋め込んでいたと報じ、同社製品も関連しているのではないかとの連想から売られた。終値は前日終値比15%安だった。
(中略)
 米誌ブルームバーグ・ビジネスウィークは4日、人民解放軍が米粒ほどの大きさのチップをサーバーの基板に埋め込み、米国の企業や政府機関の情報を窃取しようとしていたと報じた。

<レノボ株、一時23%急落 チップ埋め込み報道で – 産経ニュース より一部引用>
https://www.sankei.com/economy/news/181005/ecn1810050040-n1.html

 ハードウェアメーカーの Super Micro Computer は米国時間12月11日、同社のマザーボードに悪質なハードウェアが仕込まれていたと報じられた件について、「証拠はまったくなかった」とする調査会社による調査結果を明らかにした。
(中略)
 Bloomberg Businessweek が10月、AppleやAmazon Web Services(AWS)といった Super Micro の顧客を監視する目的で、中国のスパイチップが同社のハードウェアに仕込まれていたと報じた。今回の調査はそれを受けたもの。
 AppleとAmazon は、Bloomberg の記事の内容を否定していた。

<中国製スパイチップは「証拠なし」――Super Microが調査結果を発表 – CNET Japan より一部引用>
https://japan.cnet.com/article/35129982/

12月7日、各メディアが一斉に「政府がファーウェイの製品を分解したところ、ハードウェアに”余計なもの”が見つかった」と報じた。
そう語ったのは「与党関係者」(笑)
今のところ「余計なもの」に関する続報が伝えられる見通しはない。

それに、バックドアがハードウェアとは限らんのじゃないか?

米国政府機関でのZTE、ファーウェイ製品の使用を禁じ、ファーウェイ製品を使用する企業との取引もしないとなった。この米国の使用禁止を英国、豪州、ニュジーランド政府も行うとした。日本政府も政府機関でのZTE、ファーウェイ製品の使用を禁じた。しかし、ドイツは禁止しない。独中同盟ができつつある。
中国も今後、アップルやシスコなどの米国製品の使用が禁止になる。相互主義を取る中国は、やられたらやり返す。米国企業の幹部を逮捕する危険があると、訪中を控える米企業も多い。
そして、このファーウェイのルーターを全面的に使用しているのがソフトバンクであり、今後、ソフトバンクが米国で事業を継続したいなら、ルーターをシスコなどの中国以外の製品に置き換える必要になる。5G以外に既存ネットへの投資も必要になる。
(中略)
米中の本格的な経済・技術戦争になれば、ココムが復活して、日本は米国陣営につくしかないので、貿易の半分以上を止めることになる。日本も一時的に大不況になる。勿論、米国も不況になり財政破綻させないためには、ハイインフレにするしかない。

<開戦確実か。ファーウェイCFO逮捕で引かれた世界大戦の引き金(津田慶治)- まぐまぐニュース! より一部引用>
https://www.mag2.com/p/news/379196

いったん全交換となれば、元に戻すことはないだろう。

対日経済封鎖「ABCD包囲網」の再現。ただし今度の枢軸国は中・露・北、そしてもしかしたら韓国ってことだな。
あのときも暗号解読で機密情報がバレていた。
今度の米中対立でもアメリカは、中国がアメリカの情報を抜くと非難しつつ、中国の情報をあらゆる手を尽くして探ってるはずだ。

以下、尖閣問題を除く「China」「中国」関連の投稿。

2018/12/10
 結婚相手に求める唯一の条件は、「専業主婦にしてくれる」こと。今回の相談者・美佳さん(仮名、35歳)は、その一点にこだわっていました。
 しかし、こだわった結果、恋人と別れ、婚活は思うようにいかず……と、苦しい日々を送ることになってしまったのです。

<「専業主婦になりたい」のに婚活で失敗ばかり – 読売新聞(YOMIURI ONLINE) より一部引用>
https://www.yomiuri.co.jp/life/hobby/love/20181206-OYT8T50005.html

各世帯こぞって「専業主婦」が成り立たぬほどの「収入減」。
家事・子育ては分担、妻も死ぬまで働かねばならない。
今の日本はそこまで零落してるんだよ。

 

「漢字の日」のきょう12月12日、日本漢字能力検定協会は今年の漢字を発表しました。平成最後の今年の漢字は「災」。ちなみに日本気象協会に所属する気象予報士100名が選んだ「今年の天気を表す漢字」の1位も「災」でした。自然災害の多さや大きさが印象に残ったことが今年の漢字にも表れた結果となりました。

<今年の漢字は「災」 気象予報士も選んだ(日直予報士 2018年12月12日)- 日本気象協会 tenki.jp より一部引用>
https://tenki.jp/forecaster/deskpart/2018/12/12/2954.html

「騙」「堕」など、悪いイメージの字しか思い浮かばない。
政府が平気で嘘をつき、書類を改竄・破棄するようになってしまった。
「外国人実習生こんだけ死んでますよ」と質問すれば首相はヘラヘラしながら「知らない」とうそぶく。
教育委員会はイジメやイジメによる自殺を隠蔽し、嘘の報告書まで作る始末。
日本人の堕落、モラルハザードは目を覆わんばかりだ。

以下、「今年の漢字」を含む投稿。

 

米タイム誌は11日、年末恒例の「今年の人」に真実を守る戦いの「守護者」として、殺害されたサウジアラビア人記者のジャマル・カショギ氏らジャーナリスト4人と銃撃を受けた米新聞社を選んだ。
(中略)
同誌が死者を「今年の人」に選んだのは初めてという。

<米タイム誌「今年の人」にカショギ氏ら 故人を初選出:朝日新聞デジタル より一部引用>
https://www.asahi.com/articles/ASLDC7D4FLDCUHBI02L.html

日本の場合は、そんなふうに選ぶこと自体しないね。
善も悪も すべては相対的。長いものには巻かれろ。そういう村社会だから。

午前7時過ぎから、東京都や神奈川県、茨城県で計約1万2千戸が停電した。東京電力によると、停電が起きたのは、横浜市港北区などで約7400戸、東京都江東区で約3300戸、茨城県ひたちなか市などで約1300戸。午前10時ごろまでにすべて復旧した。停電は別々に発生した

<東京・神奈川・茨城で1万2千戸が一時停電 すべて復旧:朝日新聞デジタル より一部引用>
https://www.asahi.com/articles/ASLDD2RWNLDDUTIL001.html

突然のことでパソコンのハードディスクがワヤんなった人も多かったろう。
無停電電源装置(UPS)、必須やで。

以下、「停電」「Black Out」を含む投稿。

2018/12/09
A massive storm brought snow, sleet, and freezing rain across a wide swath of the South on Sunday — causing dangerously icy roads, immobilizing snowfalls and power losses to hundreds of thousands of people.
Accidents on snow-covered interstates caused major delays, hundreds of flights were canceled and drivers in North Carolina and Virginia got stuck in snow or lost control on icy patches. Meanwhile, kids and the young at heart took advantage of the early winter snow with snowball fights, sledding and snowmen.
Police in North Carolina and Virginia said they’d responded to hundreds of snow-related traffic accidents as of Sunday afternoon, as cars, trucks and tractor-trailers all struggled with the snow and ice.

<Winter Storm Causes Icy Roads Across Swath Of South – HuffPost より一部引用>
https://www.huffingtonpost.com/entry/swath-of-south-faces-wintry-mess-snow-sleet-freezing-rain_us_5c0d26f4e4b0a606a9a98e12

2018/12/10
米南東部が9日にかけて大雪に見舞われ、路面の凍結による事故や空の便の欠航などの影響が広がっている。ノースカロライナなど数州では54万6000戸あまりが停電した。
(中略)
米国立測候所は、南部と中部のアパラチア山脈地域では9日の積雪量が約30センチを超すと予想。アパラチア山脈からノースカロライナ・サウスカロライナにかけての地域では、10日までの積雪が30~50センチに達する見通し。
(中略)
被害の大きいノースカロライナ州では24万戸以上、サウスカロライナ州では22万戸以上が停電に見舞われ、アラバマ、テネシー、ジョージアの各州でも2万~3万戸が停電した。
(中略)
同州ダーラム郡では9日朝までに、年間の降雪量に匹敵する15センチの積雪を観測。
(中略)
温暖な州として知られるサウスカロライナ州でも、路面が凍結して運転は危険な状況になっている。
一部地域では9日午前4時半までに6センチを超す雪が積もり、30分後に1万4000戸あまりが停電した。

CNN.co.jp – 米南東部で大雪 交通まひ状態、54万戸で停電
https://www.cnn.co.jp/usa/35129868.html

暖房器具や湯沸器でも電気で起動するものが多い。
そのへんが使えないと大変だろ。

ノースカロライナ州は元々大雪の降るところであるらしい。

以下、「雪」「Snow」を含む投稿。

2018/12/11
 政府の中央防災会議の作業部会は11日、南海トラフ巨大地震の震源域で大地震が起きた場合、域内の被災していない地域にも避難を促すことなどを柱とする報告書をまとめた。報告書を踏まえ、国は太平洋沿岸を中心に29都府県707市町村や企業、学校などに新たな防災計画の策定を求める。
 報告書では、巨大地震の想定震源域のうち、
〈1〉東側か西側のどちらかをマグニチュード(M)8以上の地震が襲う「半割れ」
〈2〉一部でM7以上の地震が起きる「一部割れ」
〈3〉断層がずれ動く「ゆっくりすべり」

――の三つを前兆現象と定義。いずれかの現象が起きた場合、気象庁は最短2時間で「臨時情報」を発表し、政府もほぼ同時に防災対応を取るよう呼びかける。
(中略)
 内閣府は来年度中にも計画策定の手助けとなるガイドラインを完成させ、自治体などに示す。前兆現象への国としての対応をまとめた防災計画も併せて作る。

<南海トラフ「前兆現象」で避難、震源域に促す 読売新聞(YOMIURI ONLINE) より一部引用>
https://www.yomiuri.co.jp/national/20181211-OYT1T50044.html

南海トラフはきょう明日に起きても不思議はない。
足の不自由な人や老人は、海岸線から遠い地区、あるいは頑丈な建物の上層階へ転居したほうがいいと思うよ。
それとも覚悟を決め、座して死を俟つか?

追加記事

アメリカも同じことをやってます。DELLのPCとか、CIAやNSAがチップ仕込んで、相手国の情報フツーに抜いています。
いまさら……という感じです。お互いやりあってるだけです。
 ていうか、インターネット自体、アメリカ国防総省の「仕掛け」ですから。そもそもネットでビジネスすること自体が、自動的に「アメリカに情報筒抜け」なだけです。
 最近、日本人はバカなんでベトナムに企業が進出したがり行ってるようですね。ベトナムは今もれっきとした社会主義国であり、以前は「超」反米国家でした。
 アメリカにケンカ売られて戦争までして、大空爆され、枯葉剤まかれ、それで子供たちは奇形になりまくりました。
 で、今は……まだ社会主義国ですよね。いくら経済開放しても。
読者でベトナムとやってる人が嘆いていましたが「ワイロばかりだよ」って。
そう、発展途上国で必要なのは「イチにワイロ、2にワイロ」です。実弾ワイロ攻撃ができないと、すぐ、逮捕され、ゲリラに拉致されます。
それが途上国です。
そして、社会主義国のほうが公務員不正が多いのです。中国だっていまだに「共産主義国家」ですからね。でも、ワイロや不正多いでしょ?

内海新聞(2018/12/12 No.1380)社会●ソフトバンクの崩壊来るぞ!ナイアガラドッカーン
http://www1.odn.ne.jp/~cad79480/

製品のセキュリティ上の懸念に関する根拠のない報道について
2018.12.14
ファーウェイはサイバーセキュリティの重要性を認識し、各国政府やお客様のセキュリティに関する懸念を理解しております。事業を展開するすべての国や地域の法規制や国際電気通信規格を遵守し、業界のベストプラクティスを参照したうえで、戦略や組織、業務プロセス、マネジメント、技術などにおいて、持続的かつ信頼性の高いエンドツーエンドのグローバルサイバーセキュリティ保証システムの確立に、会社の重要方針として取り組んでまいりました。ファーウェイにとりサイバーセキュリティへの取り組みは最重要事項であり、自社の商業的利益をこれに優先させることは決してありません。ファーウェイは、オープンかつ透明性の高い姿勢で各国政府、お客様、パートナーと協力し、グローバル市場におけるサイバーセキュリティの脅威という共通課題に取り組んでいきたいと切に願っております。
一部の報道において、「製品を分解したところ、ハードウェアに余計なものが見つかった」「仕様書にないポートが見つかった」といった記述や、それらがバックドアに利用される可能性についての言及がありましたが、まったくの事実無根です。日本に導入されているファーウェイの製品はファーウェイならびに日本のお客様の厳格な導入試験に合格しております。
ファーウェイは、これまで通り、日本の通信業界とともに通信技術について研鑽を重ね、日本社会に貢献できるよう努めてまいります。

https://www.huawei.com/jp/press-events/news/jp/2018/HWJP20181214N

2018/12/15
今回ファーウェイが否定したのは、製品の欠陥を示唆する内容の日本の報道。具体的には、「製品を分解したところ、ハードウェアに余計なものが見つかった」という記述や、「仕様書にないポートが見つかった」という記述を挙げ、「事実無根」と否定しています。
前者の「製品を分解したところ、ハードウェアに余計なものが見つかった」という記述は、フジテレビが”与党関係者”の談として伝えたもので、「政府がファーウェイの製品を分解したところ、ハードウェアに”余計なもの”が見つかった」という内容です。”与党関係者”が誰であるかは明らかにされておらず、政府が発見したという”余計なもの”が具体的になにを指すのかも不明で、具体性に乏しい発言と言えます。
後者の「仕様書にないポートが見つかった」という記述は、日本経済新聞が12月12日付で掲載した「ファーウェイ製品危ないか セキュリティー専門家の目」と題する記事にみられます。この記事はセキュリティー専門家へのインタビューで、ファーウェイ製品による被害が起こっているかという問いに対し、「実害は断定できないが、これまでに何度か深刻な問題が見つかっている。例えば通信機器に、仕様書にないポート(通信の出入り口)が見つかった例がある」と答えたものです。

<ファーウェイ、「余計なものが見つかった」フジ報道を否定 – Engadget 日本版 より一部引用>
https://japanese.engadget.com/2018/12/15/huawei/

(2018年12月16日)

追加記事

2018/12/15
 立命館大学環太平洋文明研究センター教授の高橋学氏(災害リスクマネジメント)が言う。
「私は、M8~9クラスの南海トラフ地震が1~2年後に起こるとみています。今月の地震の中でも特に注目すべきは、房総半島南方沖、東海道南方沖、三重県南東沖で発生したM4~5クラスの地震です。これらは南海トラフが直接動いた揺れです。1927年からのデータを見る限り、この規模で、南海トラフの直接的な地震が、わずか1週間程度の間に3回も起きることはなかった。いよいよ南海トラフそのものが動きだしたのです」
 1~2年後に南海トラフ地震が起きたらどうなるのか。
「フィリピン海プレートは相模湾までカバーしているため、首都圏も大きく揺れ、時期によっては2020年の東京五輪に影響が出ます。また、直撃する大阪は、揺れに加えて、津波で繁華街はすべて水没します。25年は復興万博になるのではないか。

<M4~5級が異例頻発…南海トラフ地震「1~2年後」と専門家|日刊ゲンダイDIGITAL より一部引用>
https://www.nikkan-gendai.com/articles/view/life/243749

以下、「2025年」「万博」「招致」「立候補」を含む投稿。

(2018年12月15日)

追加記事

2018/12/18
「スパイウェアに似たような挙動をする」という事実無根の報道について
ファーウェイはサイバーセキュリティとユーザーのプライバシー保護を会社の最重要事項とし、商業的利益よりも優先しております。また、エンドツーエンドでグローバルサイバーセキュリティ保証システムの確立を会社の重要方針として取り組んでまいりました。さらに、事業を展開するすべての国や地域の政策や法制度を遵守しています。
一部のメディアにおいてファーウェイのスマートフォン製品が「スパイウェアに似たような挙動をする」「スパイのような動きをする“悪質”なもの」などという報道がありましたが、まったくの事実無根です。このような根拠のない批判報道に対して法的手続きを進めています。
ファーウェイは今後も、サイバーセキュリティとプライバシー保護をさらに強化することで、政府、サプライヤー、そして消費者の皆様に対する企業責任を果してまいります。

https://consumer.huawei.com/jp/press/news/2018/news-1801042/

(2018年12月19日)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です