夜がゲラゲラ笑ってる 老気横秋篇

2018/09/20
夜開催は難しく
 こうした状況を受け、組織委の森喜朗会長は7月、夏の間だけ時計の針を1~2時間進めるサマータイムの導入を安倍首相に要望した。しかし、サマータイムを実施すると、午前の競技は比較的涼しい時間帯に移るが、夕方以降の試合もあるサッカーやラグビーなどは、むしろ暑い時間帯になるケースも出てくる。
 競技日時は各競技団体や外国も含めたテレビの放映時間、交通機関の運行状況など、様々な条件を踏まえて決めており、大会関係者は「サマータイムの導入で、全競技の開始時間を一律に前倒しすることが可能なのか」と疑問を呈する。
 また、森会長は11日、「全国知事会議で、『夜にやったらどうか』という意見もあった」と発言。ただし、競技関係者によると、日中や朝のレースに慣れている選手にとって、夜開催はコンディションの調整が難しいという。

東京五輪マラソン「夜やったらどうか」と提案も 東京五輪・パラリンピック 読売新聞(YOMIURI ONLINE)
https://www.yomiuri.co.jp/olympic/2020/20180918-OYT1T50018.html

他国のテレビ局とIOCの都合で開始時間が決まるのだからナサケナイ話。
今から出来ることをやるしかないでしょう。
あとは日本の組織委員会のトップの全責任だ。

2018/09/15
情報の宝庫「夜の銀座」に通う
1990年代にバブルが崩壊するまで、東京・銀座の夜は、様々な人で賑わった。高所得の医師や弁護士、外交官、大企業の創業家の御曹司、文壇を代表する作家、そして政治家の秘書。取り巻きも続く。そんな世界だから、虚実が混ざった「情報の宝庫」だった。
その銀座へ、ひんぱんに足を向けた。くつろぐためではない。大事なお客をもてなすと同時に、会話と情報の渦のなかから、世の中の次の姿をつかむヒントを得るためだ。
(中略)
「愛爵禄百金、不知敵之情者、不仁之至也」(爵禄百金を愛みて敵の情を知らざる者は、不仁の至りなり)――間諜に爵位や俸禄、わずかなお金を与えることを惜しんで敵情を知ろうとしない者は、兵を無駄に死なせる配慮のない人間だ、との意味だ。中国の古典『孫子』にある言葉で、「情報収集に金を惜しむな」と説く。ビジネスでも同様、多様な情報が集まる銀座に着目し、自腹も含めて通った渡辺流は、この教えに重なる。

<酒も飲まず“夜の銀座”に半世紀通った理由 (渡辺 勝) – プレジデントオンライン より一部引用>
https://president.jp/articles/-/26108

「夜の銀座」で情報収集。
そういえば某金満カルト集票団体も、ホステスさんの組織があって情報収集してるそうだ。昭和40年代の話だからずいぶん昔だな。

2018/09/21
こんにちは。ダイエットトレーナーの小山圭介です。
就寝前は、1日の中で最もリラックスできる時間ですよね。
日中のストレスや緊張から解放されて甘いものを食べると、心地よい“快”を感じるのではないでしょうか。
人間の脳は、快楽を感じることを継続したくなります。だから、寝る前に食べてしまう習慣をなかなかやめられなくなるんですね。
逆にいえば、「朝」に、あなたが“快”を感じる楽しいことをはじめて、すがすがしい時間を過ごせばいいのです。
そうすれば、がんばらずに自然と朝型の生活に変わっていきますよ。…

<「夜型」から「朝型」にシフトして、やせやすい体をつくる方法(2018年9月21日)|ウーマンエキサイト より一部引用>
https://woman.excite.co.jp/article/beauty/rid_Fytte_34581/

おれのバヤイ、朝は寝疲れしていて、頭も冴えないし、イマイチ食欲がない。
それとは逆に、夜になるとガンガン食って、ガンガン飲みたくなる。

「夜型」から「朝型」へシフトするためには就寝時間を少しずつ早めていくしかなかろう。いったんクセがつくとどんどん早くなっていくもんだ。
ただし仕事の都合があるから早寝ばかりしてられないのだが。

 川内野地区は標高約200メートルの山あいにあり、田んぼにイノシシの侵入を防ぐ金網が張り巡らされている。夜は明かりが少なく真っ暗になる中、イルミネーションをともせばさぞきれいだろうと、住民と交流のある佐賀大農学部地域資源学研究室が企画を考案した。
 イルミネーションは「夢耕房たきの」近くに約200メートルにわたって設置する。アーチ型の門やハートや動物をかたどった電飾もある。地域おこしグループと佐賀大生が2カ月かけて準備を進めてきた。
 同地区と伊万里市街地を結ぶ県道は、7月の豪雨による土砂崩れで寸断され、通行止めになっている。住民は今も不自由な生活を強いられているが、県によると、現場の脇を通る仮設道路が23日夕方までには開通する予定だという。
 24日午後7時から点灯式があり、1カ月ほどライトアップする。

<イノシシよけでイルミネーション 夜の輝き地元を元気に 豪雨で被害の伊万里・川内野地区 佐賀大生協力、24日点灯式|まちの話題|佐賀新聞ニュース|佐賀新聞LiVE より一部引用>
https://www.saga-s.co.jp/articles/-/277864

今日が9月21日だから3日後だね。
誰か Twitter にUPするかな?

Los Daytonas – Midnight Surfer(2005)
Jerry Cole & His Spacemenのカバー。

The Roomates – On A Night Like This(2004)
UK
冒頭、The Earls “Never”(1963)の雰囲気。2度目の引用。

The Crystalairs – Night Of Wonders(1994)

The Golden Sounds – Nightime Lovers(1984)
2度目の引用。

Randy Crawford – This Night Won’t Last Forever(1983/08)
2度目の引用。

Great Lakes Orchestra – This Is The Night For Loving(1982)

Robert Farnon R.I.P. – “How Beautiful is Night” featuring Singers Unlimited

From 1977’s “Eventide,” Singers Unlimited & an orchestra under the baton of Robert Farnon perform the latter’s arrangement of his own composition, “How Beautiful is Night. ” For this video, I’ve recycled some of the images from my earlier upload of George Shearing’s 1993 rendition, likewise arranged & conducted by the composer. Moreover, the music for this video’s memorial postscript is actually also drawn from that 1993 version, in fact its final 39 seconds, to be precise.

Michael Johnson – This Night Won’t Last Forever(1979/07)
2度目の引用。

山口百恵 – 夜へ…(1979)

  ※(追記:この動画は削除されました

 

Bill LaBounty – This Night Won’t Last Forever(1978/02)
2度目の引用。

produced by Jay Senter
Pop Chart Peaks: Billboard 65, Cash Box 68, Record World 108
This title song of his second LP was also the most successful pop single release by singer-songwriter LaBounty (though the 45 was more than a minute shorter than the original album cut heard here). In 1979 it was Michael Johnson’s version of the tune which cracked the Billboard Top 20.

Peter McCann – Right Time Of The Night(1977/05)
2度目の引用。

produced by Hal Yoergler
Later a hit for Jennifer Warnes, this was written by McCann and issued on the flip side of his own top-5 single “Do You Wanna Make Love”

Eddie Holman – This Will Be A Night To Remember(1977/04)
2度目の引用。

Glen Campbell – Southern Nights(1977/01)
2度目の引用。

Jennifer Warnes – Right Time Of The Night(1977/01)
2度目の引用。

しばたはつみ – マイ・ラグジュアリー・ナイト(1977)

  ※(追記:この動画は削除されました

 

The Four Seasons – December, 1963(Oh, What A Night)(1975/12)1963年12月(あのすばらしき夜)
4度目の引用。

Composer: Bob Gaudio, Judy Parker
Producer: Bob Gaudio

Allen Toussaint – Southern Nights
2度目の引用。

1st Recording Of “Southern Nights”
from the album “Southern Nights”(1975)Reprise Records MS 2186
Influential New Orleans musician, songwriter, and record producer Toussaint introduced “Southern Nights” with this unusual and atmospheric arrangement…wildly different from Glen Campbell’s later chart-topping 1977 version

The Stylistics – Children Of The Night
from the album “Round 2″(1972)
2度目の引用。

Sammi Smith – Help Me Make It Through The Night(1970/12)
2度目の引用。

Kris Kristofferson – Help Me Make It Through The Night
2度目の引用。

produced by Fred Foster
recorded October 1969
from the album “Kristofferson”(1970)Monument SLP18139
The 1969 LP “Kris Kristofferson” (later re-packaged and reissued as “Me And Bobby McGee”) included his memorable early songwriting hits “For The Good Times,” “Me And Bobby McGee,” “Sunday Mornin’ Comin’ Down’,” and “Help Me Make It Through The Night,” which was subsequently slowed-down and popularized by Sammi Smith in 1971
Per’The Originals Project’ website, this Kristofferson country standard was initially recorded by Bill Nash, but his version was not released and the master tape hasn’t turned up.

ユミ・ハビオカ – 夜を恋して(1970)

  ※(追記:この動画は削除されました

 

The O’Jays – One Night Affair(1969)

Sugar Creek – Night Flash(1969)

  ※(追記:この動画は削除されました

 

Niky – Se passi di sera(1969)
Italy

The Grass Roots – Midnight Confessions(1968/06)
2度目の引用。

斉条史朗 – 夜の銀狐(1968)

  ※(追記:この動画は削除されました

 

The Ever-Green Blues – Midnight Confessions(1967/11)
2度目の引用。

produced by Jimmy King
The Grass Roots did a pretty good copy of this arrangement for their own million-selling version the following year

The Beach Boys – Here Comes the Night(1967)

The Fantastic Four – Just Another Lonely Night(1967)
2度目の引用。

Cindy Lynn And The In Sounds – Meet Me At Midnight(1967)

The Rolling Stones – Let’s Spend the Night Together(1967)夜をぶっとばせ

  ※(追記:この動画は削除されました

 

川辺妙子 – 夜が終るまで

Darrow Fletcher – Sitting There That Night(1966)

Frank Sinatra – Strangers In The Night(1966/04)夜のストレンジャー
2度目の引用。

arranged by Ernie Freeman
produced by Jimmy Bowen
from The Universal-International Film “A Man Could Get Killed”
Pop Chart Peaks: Billboard, Cash Box & Record World #1
Sinatra’s highest-charting solo hit of the decade was this 1966 ‘Record of the Year’ Grammy winner, a lyrical version of a Bert Kaempfert tune from the James Garner comedy-thriller film “A Man Could Get Killed.”

Solomon Burke – Tonight’s The Night(1965/05/12)
conducted by Gene Page

Pop Chart Peaks: Record World 22, Cash Box 23, Billboard 28 – R&B Chart Peak: 2
Follow-up single release to Burke’s #1 R&B hit “Got To Get You Off My Mind.”

Bobby Vinton – Long Lonely Nights(1965/02/19)ロング・ロンリー・ナイト
conducted by Stan Applebaum
2度目の引用。

produced by Bob Morgan
Pop Chart Peaks: Record World 12, Cash Box 14, Billboard 17
Bobby’s update of the 1957 hit was the follow-up single release to his #1 best-seller “Mr. Lonely.”

The Galaxies IV – That Night(1965~67 ?)

Brice Coefield – Just One More Night(1965)

The Memphis Men – Oh What A Night(1965)

The Leaders – Night People(1965)

Jill Jackson – Here Comes The Night(1965)

Alma Cogan – How Many Nights, How Many Days(1965)

Wilson Pickett – In The Midnight Hour(1965/06)

produced by Jim Stewart & Steve Cropper
Pop Chart Peaks: Record World 19, Billboard 21, Cash Box 22 – R&B Chart Peak: 1
The Stax session musicians back up Pickett on his famous first hit for Atlantic Records.

Them – Here Comes The Night(UK:1965/03/05, US:1965/04)

produced by Bert Berns
Pop Chart Peaks: Cash Box 18, Record World 20, Billboard 24 – UK Chart Peak: 2
Van Morrison sings lead on the Northern Irish band’s highest charting single release.

Bobby Vinton – Long Lonely Nights(1965/02/19)

conducted by Stan Applebaum, produced by Bob Morgan
Pop Chart Peaks: Record World 12, Cash Box 14, Billboard 17
Bobby’s update of the 1957 hit was the follow-up single release to his #1 best-seller “Mr. Lonely.”

Johnny Rivers – Midnight Special(1965/01)
例によって手拍子がうるさいライブ風録音。

adapted by J Rivers, produced by Lou Adler.
Pop Chart Peaks: Billboard 20, Record World 31, Cash Box 37
Yes, Imperial really did issue this single of the folk standard with that curiously abrupt end-chop.

The Super Stocks – Midnight Run(1964 stereo version)
from the album “The Super Stocks Featuring Gary Usher – Surf Route 101″(1964)
シングル盤は1964/07。

The Cockneys – I’ll Cry Each Night(1964)

The Rev-Lons – After Last Night(1964)

Dale Ward – Young Lovers After Midnight(1964)
2度目の引用。途中「ダイアナ」っぽいところあり。

Charles & Walter – Night(1964)

  ※(追記:この動画は削除されました

 

The Four Kings – One Night(1964)
フォー・シーズンズ風。以下に引用している Neil Diamond “At Night” と同じく「ブルー・ムーン」タイプの曲。

The Rockin’ Shadows – The Night(1964)
Netherlands

Joey Powers – Midnight Mary(1963/10)
フィンガースナップが入る。
3度目の引用。

produced by Artie Wayne
Joey’s only national hit.
(Debuted late ’63) 1964 Pop Chart Peaks: Billboard 10, Cash Box 10, Music Vendor 12

Jerry Cole – Midnite Mary(1963/10/07)
2度目の引用。

arranged & conducted by Jimmie Haskell
1st Recording Of “Midnight Mary” As “Midnite Mary”
A more fully-produced Jimmie Haskell arrangement was featured on this initial version of the ballad, which would soon-after become a top-10 hit for Joey Powers

Dontay and The Infernos – I Cry In The Night(1963/09)

The Cougars – Fly-By-Nite(1963/06/21)

Ral Donner – I Wish This Night Would Never End(1963)
2度目の引用。

Neil Diamond – At Night(1963)
シングル「バイクでバイバイ」ザ・リップ・コーズ c/w「アット・ナイト」ニール・ダイアモンド

Mike Minor – Rumble In The Night(1963)

The Cookies – Softly in the Night(1963)

  ※(追記:この動画は削除されました

 

The Palisades – Make The Night A Little Longer(1963)

  ※(追記:この動画は削除されました

 

Roy Tyson – Oh What A Nite For Love(1963)

以下、「夜」「Night」「Nite」「真夜中」「Midnight」「Night And Day」を含む投稿。

以下、「秋」「Autumn」「風立ちぬ」「孤独」「孤愁」を含む投稿。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です