暑中お見舞い申し上げます。

ゆうべの蒸し暑さで一体何人が救急搬送されたろう……?

特に歩いていないのに夜中、こむら返りが起きそうになって焦った。

 

ミナサマ、暑中お見舞い申し上げます。

 

 日本列島は25日、高気圧に覆われ、山口市で38・8度を観測するなど西日本を中心に気温が上昇した。東海から西日本は26日も高気圧に覆われておおむね晴れるが、午後からは大気の状態が不安定になり、雷雨になる地域もありそうだ。気温が高い間は引き続き熱中症への警戒が必要になる。
 気象庁によると、25日は京都市、広島県安芸太田町、高知県四万十市でも38度を超えた。東京都心は31・3度だった。
 26日は北海道や東北は曇りや晴れ。関東は東の海上から湿った空気が入り込み、雨になるところもありそうだ。

<山口市で38・8度 西日本中心に酷暑続く – 産経WEST より一部引用>
https://www.sankei.com/west/news/180725/wst1807250043-n1.html

以下、青空文庫に収められたテキストから「暑中」「暑中見舞」を検索し、抜き出してみました。

 表庭の百日紅に、ぽつぽつ花が咲き始める。おりおりせみの声が向いの家の糸車の音にまじる。六日は日曜日で、石田のところへも暑中見舞の客が沢山来た。
(中略)
 翌日あたりから、石田も役所へ出掛に、師団長、旅団長、師団の参謀長、歩兵の聯隊れんたい長、それから都督と都督部参謀長との宅位に名刺を出して、それで暑中見舞を済ませた。
(中略)
 八月の末に、師団長は湯治場とうじばから帰られた。暑中休暇も残少なになった。二十九日には、土地のものが皆地蔵様へまいるというので、石田も寺町へ往って見た。地蔵堂の前に盆燈籠の破れたのを懸け並べて、その真中に砂を山のように盛ってある。男も女も、線香に火を附けたのを持って来て、それを砂に立てて置いて帰る。

<森鴎外 鶏 – 青空文庫 より一部引用>
https://www.aozora.gr.jp/cards/000129/files/42375_18250.html

 一年余立って、私が東京へ帰ってからの二度目の夏になった。或る日安国寺さんが来て、暑中に帰省して来ると云った。安国寺さんは小倉の寺を人に譲ったが、九州鉄道の豊州ほうしゅう線の或る小さい駅に俗縁の家がある。それを見舞いに往くと云うことであった。

<森鴎外 二人の友 – 青空文庫 より一部引用>
https://www.aozora.gr.jp/cards/000129/files/675_23192.html

再び見舞といふ触れ込みにて去年の暑中見舞に、外より貰ひ受けたる吉野葛壱箱携へ、お糸の方へ至りしは、その実妻を監督する心とも、知らぬ母親は喜びて、
 ああ今の今まで庄太郎さんは、あんな深切なお方とは知らなんだ。御用も多かろにまた御見舞にとは……お糸庄太郎さんを大事にしてたもや、一生見捨てられぬやうにな、あんな深切なお方はまたとない、私もこれでお前の事は安心の上にも安心して死ねる。

<清水紫琴 心の鬼 – 青空文庫 より一部引用>
https://www.aozora.gr.jp/cards/001146/files/43513_16585.html

二疊の玄關は茶の間への廊下續きに當るところで、路地からの風も吹き入り夏は涼しい。ことしの暑中にも午後からはそこを讀書の場處にして、日除ひよけがはりに路地の片隅へ造りつけた朝顏棚の方へ行くことを慰みの一つにして來たが、いつの間にか枯れ/″\な蔓のみが疎らな竹の垣に殘るやうになつた。夏は深い日除になり、秋は黄葉の落ちるまでを味はせ、冬はまた物干場のかはりになるのも吾家の庭の片隅にある青桐だ。しかし、どうやら七年の重荷をおろすことの出來た自分にはこの舊い屋根の下もなつかしい。今は身も心も僅かに輕くなつたやうな氣がする。
(中略)
われら年若いころには、日の長い暑中でもめつたに晝寢をするといふことはなかつたが、年をとるにつれて、その味を覺え、この節はごく日の短いさかりでも、とき/″\寢たりなぞする。

<島崎藤村 桃の雫 – 青空文庫 より一部引用>
https://www.aozora.gr.jp/cards/000158/files/4854_31470.html

 先ず端書を読んだ。京都へ行って居る八重という本家の娘からの暑中見舞であった。
(中略)
「何と言うて来たかい。」
「別に何でもありません。八重さのは暑中見舞いですし、弟様のは礼状です。」
「それだけか?」
「え、それッ限です。」
(中略)
「馬鹿言えッ! それならお前に読うで貰わいでも、りゃちゃんと知っとるわい。」
「でも一つは暑中見舞だし、一つは長々お世話になったという礼状ですもの。他に言い様がないじゃありませんか。」

<加能作次郎 恭三の父 – 青空文庫 より一部引用>

https://www.aozora.gr.jp/cards/000247/files/1333_20664.html

 音に就いて思ひ出す。私の長兄は、そのころ東京の大學にゐたが、暑中休暇になつて歸郷する度毎に、音樂や文學などのあたらしい趣味を田舍へひろめた。

<太宰治 思ひ出 – 青空文庫 より一部引用>
https://www.aozora.gr.jp/cards/000035/files/1574_15508.html

探偵小説の使命はこれからである。
 全世界はまだまだそうした探偵小説の処女地である。何でもない暑中見舞のペン字の曲り目から、必死的な殺人の呪いが分析され、新しいハンカチの折目から持主の不倫行為の現場が映写し現わされ得る筈だ。
 この無良心、無恥な、唯物功利道徳の世界は到る処に探偵趣味のスパークが生む、新しい芸術のオゾン臭が、生々しくれ返っている筈だ。

<夢野久作 探偵小説の真使命 – 青空文庫 より一部引用>
https://www.aozora.gr.jp/cards/000096/files/2135_21916.html

 私の持つているこの象徴的なファンは手紙などはくれないが、そのかわり増えたり減つたりは決してしない。
 おせじをいつたり、暑中見舞をさしあげたりする必要はなおさらない

<伊丹万作 「ファン」について – 青空文庫 より一部引用>
https://www.aozora.gr.jp/cards/000231/files/43635_26160.html

●昭和十一年七月二十四日 千葉市登戸より ベルリン在 村岡敏宛
暑中御伺申上候サテサテ日本軍は勝ちましたか 城谷では十一月に赤ん坊が生れるそうです 伯林でもう少しはサインして貰ひましたか

(中略)

●昭和二十一年七月三十一日 大森区馬込末田方より 広島市古田町 前田恭子宛
 暑中見舞有難う。今年の暑さは非常であつたがこの二三日凉しく今日は雨。明日から又暑くなるさうだ。食糧困難に変りはないが近頃は休暇なのでまあ昼寝などしてゐる。

<原民喜 書簡 家族・親族宛 – 青空文庫 より一部引用>
https://www.aozora.gr.jp/cards/000293/files/4690_22318.html

さふいへば、、、イヤイヤそういえば荷風は『断腸亭日乗』の中で、幾度となく「蒸し暑さ」に対して言及している。夏が苦手だったんだねアノ人は。

 

愛知県みよし市の名古屋刑務所で24日、40代の男性受刑者が死亡、熱射病と診断されていたことが25日、刑務所への取材で分かった。受刑者がいた単独室に冷房はなかったという。

<名古屋刑務所で男性受刑者が熱射病で死亡 – 共同通信 より一部引用>
https://this.kiji.is/394761065755444321

「単独室」って独房のこと?
水は与えられなかったのかな?

 西日本豪雨や猛暑といった異常気象の影響で一部の野菜が品薄となり、価格が上昇している。野菜が傷んだり、生育が止まったりしているほか、炎天下で収穫がはかどっていないからだ。北海道では曇天が続き、野菜の成長を妨げている。ニンジンやキュウリは、大阪市での卸値が昨年の同じ時期より6割前後高くなっている。

<<野菜>記録的不作で高騰 大阪でニンジン・キュウリ6割高(毎日新聞) – Yahoo!ニュース より一部引用>
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180725-00000018-mai-brf

全国的に猛烈な暑さが続く中、兵庫県淡路島内の小学校で夏休みのプール教室を中止する動きが広がっている。
気象庁によると、洲本市では24日、最高気温が37・1度と観測史上最高を記録。あまりの暑さにプールの水はぬるく「のぼせる」ほどだ。
夏休みの学校に児童らがはしゃぐ姿はなく、セミの声が響くばかりとなっている。

<水温35度「のぼせる」 夏休みのプール、開放中止相次ぐ(神戸新聞NEXT)- Yahoo!ニュース より一部引用>
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180725-00000004-kobenext-l28

当ブログでは2013年7月15日に
数年後に待ち構える急上昇 register movement Part3

で、かかる事態に警鐘を鳴らしている。
おれでさえ知ってたことなので、世界や日本のお偉いさんたちには常識だったろう。

24日付けのアメリカの有力紙「ウォール・ストリート・ジャーナル」は、日本で続く猛暑について特集記事を組み、危険な暑さで死亡する人が相次いでいるなどと伝えています。
この中で、開幕まで2年となった東京オリンピックについても触れ、「猛烈な暑さで選手と観客の体調への不安が高まっている。夏の開催についての疑問が再燃した」と報じています。
そのうえで、前回、1964年の東京オリンピックは厳しい暑さを避けるために10月に開催されたことや、2022年にカタールで開催されるサッカーワールドカップは冬の時期にずらしたことを紹介し、東京オリンピックの開催時期も再検討すべきではないかとの見方を示しています。
またイギリスの有力紙「ガーディアン」の電子版は、「日本で熱波。2020年のオリンピックに懸念」という見出しをつけて、選手や観客が熱中症などの危険な状態になる可能性があると指摘し、開催時期を不安視しています。

<海外メディア “猛暑で東京五輪を不安視”の報道相次ぐ NHKニュース より一部引用>
https://www3.nhk.or.jp/news/html/20180725/k10011547641000.html

2018/07/23
TOKYO — A city near the capital reported Japan’s highest-ever recorded temperature of 106 degrees, as a heat wave that is scorching the nation raises concerns about the health of athletes and spectators at the Summer Olympics in 2020.
Authorities have reported at least 23 deaths related to the high temperatures, including one woman who was found collapsed in a field on Monday north of Tokyo. Nine high-school students were sent to a hospital with heat-related symptoms after attending a baseball game in southern Japan that was…

<Setting Records Japan Worries About Too-Toasty Tokyo for 2020 Olympics – WSJ より一部引用>
https://www.wsj.com/articles/setting-records-japan-worries-about-too-toasty-tokyo-for-2020-olympics-1532345582

●Google 翻訳

東京 – 首都圏のある都市では、2020年の夏季オリンピックでの選手や観客の健康に対する懸念が高まっている。
当局は、東京都北部の畑で倒れた女性1人を含む、少なくとも23人が死亡したと報告している。高校生のうち9人は、日本南部の野球試合に出席した後、熱に関連した症状で病院に送られた。

2018/07/24
Potential for scorching summer conditions has always concerned organizers, with temperatures in central Tokyo often exceeding 35 Celsius (95 Fahrenheit) in July and August, made more difficult because of high humidity.
This summer heatwave has resulted in more than 65 deaths and sent tens of thousands to hospitals. The temperature on Monday reached 41.1 Celsius (106 Fahrenheit), the highest ever recorded in Japan.
Experts have warned the risk of heatstroke in Tokyo has escalated in recent years, while noting the Olympics are expected to take place in conditions when sports activities should normally be halted.
“We are mindful that we do have to prepare for extreme heat,” John Coates, head of the IOC’s coordination commission for the Tokyo Games, told a recent news conference.
The 1964 Games in Tokyo were held in October to avoid the harshest of the heat. That was before the Olympics schedule was influenced by rights-paying broadcasters and sponsors.

<The 2020 Olympics will open in 2 years, and the heat is on – Associated Press News より一部引用>
https://apnews.com/0a64bd6df7f349879fb5ff7c3b6cafd7

●Google 翻訳

暑い夏場の可能性は、常に7月と8月の東京都内の温度が35℃を超えることが多く、湿度が高いために難しくなった主催者を懸念しています。
この夏の熱帯波は65人以上の死亡をもたらし、数万人を病院に送り込んだ。 月曜日の気温は摂氏41.1度(摂氏106度)に達し、日本ではこれまでに最高記録を立てた。
専門家たちは、東京での熱中症の危険性が近年高まっていると警告しているが、スポーツ活動が通常は中止されるべき条件でオリンピックが開催されると指摘している。
IOCの東京ゲームコーディネーション委員長のジョン・コーツ氏は、最近の記者会見で、「極端な熱を準備する必要があることを念頭に置いている。
東京で開催された1964年の大会は10月に開催され、最も厳しい熱を避けました。 それは、オリンピックのスケジュールが、権利を支払っている放送局やスポンサーの影響を受けていた前です。

日本が開催時期をずらすとしたら、ぎりぎりになってからだろう。
おれは強行するほうに5000ディナールだ。

以下、「酷暑」「熱波」「真夏日」「熱中症」「熱帯夜」「ヒートアイランド」を含む投稿。

きょう25日(水)午前3時、日本の南で台風12号が発生しました。あすにかけて発達しながら北東へ進み、27日(金)には小笠原諸島へ接近する見込みです。28日(土)には進路を北西へ変え、本州へ接近、上陸する恐れがあります。

<台風12号 週末に本州直撃の恐れ(日直予報士 2018年07月25日)- 日本気象協会 tenki.jp より一部引用>
https://tenki.jp/forecaster/y_nakagawa/2018/07/25/1463.html

西 —> 東 —> 西 へ移動するパターン。

恰も好し。文字どおり暑気払いとなるか。

 

2018/07/20 22:08
 日銀が、大規模な金融緩和策で「0%程度」としている長期金利の誘導目標の柔軟化を検討することが20日、分かった。一定程度の金利上昇を容認する。物価の伸び悩みで日銀が掲げる2%の物価上昇目標の実現が展望できない中、現在の緩和策は一段と長期化する見通し。金融機関の収益悪化や国債取引の低迷など副作用を軽減しつつ、緩和長期化に備えるのが狙いだ。
 7月末に開催する金融政策決定会合で検討する。ただ日銀内には長期金利目標の引き上げに慎重な声もある。会合では具体策をめぐり突っ込んだ議論となりそうだ。

日銀、長期金利目標の柔軟化検討=一定程度の上昇容認-7月末会合で議論:時事ドットコム より一部引用>
https://www.jiji.com/jc/article?k=2018072001101

2018/7/23 23:00
 市場が動いたきっかけは、20日夜に流れた一部報道だ。「日銀が長期金利の誘導目標の柔軟化を検討する」とし、7月にも利上げなど具体策を議論するという内容だ。
 「寝耳に水だ」。複数の日銀幹部は観測報道へのいら立ちをあらわにした。物価がなかなか上がらず金融緩和の長期化が避けられない中、慎重に対応策を模索しているさなかだったからだ。
 黒田東彦総裁も22日、出張中のアルゼンチンで「どういう根拠で報道しているかまったく知らない」と発言。日銀内では「総裁がいない間に、政策を決められるわけがない」と困惑が広がった。
 だが市場はすぐに反応した。日銀の政策は現状維持が当面続くと見られていただけに、20日夜には日本の夜間市場で国債金利が上昇。23日に債券市場が開くと、誘導目標の新発10年物国債利回りが一時0・09%と先週末より0・06%上がった。
 さらに日銀を慌てさせたのは円相場の動きだ。1ドル=110円台後半へと1円50銭以上の円高が進んだ。

<悩める日銀、市場が瀬踏み 緩和修正観測で円高に:日本経済新聞 より一部引用>
https://www.nikkei.com/article/DGXMZO33313860T20C18A7EA2000/

2018/07/24 06:03 JST 訂正 2018/07/24 16:52 JST
ブルームバーグ・エコノミクスの増島雄樹氏は、週末の報道は日銀の観測気球だったようだと指摘した。もしそうであれば、日銀は市場から明確な回答を得られた。23日の市場で日本国債のイールドカーブは約10ベーシスポイント(bp、1bp=0・01%)スティープ化。1日に1bp以上動くことがまれな日本国債にとっては極めて大きな変動で、日銀は指定した利回りで金額に制限を設けずに国債を買い入れる指し値オペを5カ月半ぶりに実施した。
 従って、日銀が近く利回り目標の柔軟化に動くことはない。2%の物価目標達成は全く視野に入っていないというのが悲しい現実だ。よりよい解決策は、5年債など期限の短い国債の利回りに10年債と同様の操作目標を設定することだろう。日銀が10年債利回りを上昇させるリスクをとるのは、その後でいいはずだ。

<【コラム】日銀の長期金利操作、山のように動かず – Bloomberg より一部引用>
https://www.bloomberg.co.jp/news/articles/2018-07-23/PCBVA56JIJUV01

 長期金利が今週に入って急上昇しています。新発10年物国債利回りは23日に一時0・090%まで上昇し、2月2日以来5カ月半ぶり高水準を付けました。先週までは0・030%前後で推移していました。

<長期金利、なぜ急上昇? 3つのポイント:日本経済新聞 より一部引用>
https://www.nikkei.com/article/DGXMZO33346160U8A720C1I00000/

新発10年物国債、買い手がつかんのは今後10年のうちに日本は没落するとみんな思ってるからだね。
平均株価だって政府筋の買いがなければ半分以下じゃないか?
アベノミクスや日銀の金融政策は、ブレーキとアクセルを同時に踏み込んでるイメージ。さもなくは卑弥呼が雨乞いして卑弥呼とその支援者の家だけザーザー雨が降ってる感じ。

 

2018/07/23
심 박사는 이날 강좌에서 “중국 기록인 ‘산해경山海經’ ‘무경총요’ ‘태평환우기’ ‘선비족 모용은의 비문’ 등 에서 찾은 내용들을 근거로 중국에서 최초로 건국된 나라가 고조선이며 한민족이 북경의 첫 주인이고 첫 국가를 세웠다. 이러한 것을 문헌에서 확인하였고, 또한 고고학적으로 보아도 홍산문명의 발견으로 확인되었다.”고 말했다.
심 박사는 “지난해 시진핑 주석이 미국을 방문했을 때 트럼프 대통령이 ‘시진핑 국가주석이 사실상 한국은 중국의 일부였다고 하였다’라고 발언하였으나, 사실은 문헌학적, 고고학적으로 오히려 중국이 한국의 일부였다. 한족의 유방이 한나라를 세우기 이전 3,000년 동안 중국을 주도적으로 지배한 나라가 고조선이었다.”라고 반박했다.

<한민족의 홍익정신으로 공생공익을 도모해야 – 코리안스피릿 より一部引用>
http://www.ikoreanspirit.com/news/articleView.html

シム博士はこの日の講座で「中国の記録である山海経、武経総要、太平寰宇記、鮮卑族慕容恩義碑文等で探した内容を根拠に中国で最初に建国された国が古朝鮮であり韓民族が北京の最初の主人として初めての国家をたてた。このようなことを文献で確認したし、また、考古学的に見ても紅山文明の発見で確認された。」と話した。
シム博士は「昨年、習近平主席が米国を訪問した時、トランプ大統領が『習近平国家主席が事実上、韓国は中国の一部だったと言った』と発言したが、事実は文献学的、考古学的にむしろ中国が韓国の一部であった。漢族の劉邦が漢国をたてる以前3,000年間、中国を主導的に支配した国が古朝鮮だった。」と反論した。

<韓国が「漢建国前の3千年間、中国は韓国の一部だった」と正式に発表してしまった結果wwwwwww – あじあニュースまとめちゃんねる より一部引用>
http://asianews2ch.jp/archives/45781.html

歴史学者でなくて国粋主義の夢想家だね。
戦前の日本にもけっこういたよ。

 中国で史上最大規模の人工降雨の実施計画が検討されている。「天河工程」というプロジェクトだ。
 慢性的な水不足に悩む中国では、第二次世界大戦後から人工降雨を続けている
(中略)
 砂漠化などで水不足に悩む中国では、14年末に南部を流れる長江(揚子江)の水を北京などに向けて流す「南水北調」の大運河を開通させている。
 天河計画は「空中の南水北調」とも呼ばれる。インドモンスーンが運ぶ水蒸気をチベット高原で雨に変える。実行すれば最大で年間100億トンの水量確保が見込まれるということだ。
(中略)
種にはヨウ化銀の微粒子と塩化ナトリウム(塩)などの吸湿性粒子-の2種類があるという。
 対象とする雲の頂上部分が氷点下15度などと十分に低いときにはヨウ化銀の微粒子が効果を発揮する。
 雲頂温度がそれより高い氷点下5~0度の場合には吸湿性粒子が使われる。
 後者の方式の人工降雨はタイで長年、実施されている。農業国としての発展には十分な水が不可欠であるとして、プミポン前国王の主導で人工降雨への取り組みが始まったのだ。
 人工降雨の科学は第二次世界大戦直後に米国で確立され、世界に広まった。
 中国では現在3万~4万人が、浙江省を除く本土全域で人工降雨業務に従事している。既に国家事業だ。08年の北京五輪でも直前に雨を降らせておいて開会式を晴れにした。

<【ソロモンの頭巾】長辻象平 中国の「天河計画」 史上最大の人工降雨の不気味 日本の空に影響も? – 産経ニュース より一部引用>
https://www.sankei.com/column/news/180725/clm1807250005-n1.html

やるのは勝手だが、日本に飛んでくるヨウ化銀の微粒子を吸い込むのはゴメンだ。

2018/07/24
 ラオスの国営メディアは24日、南東部アッタプー県で建設中の水力発電用のダムが23日夜に決壊し、数人が死亡、数百人が行方不明になっていると伝えた。建設に参加しているタイの企業は、暴風雨が続いたのが原因と説明。ラオス当局が救助を続けているが、被害がどこまで広がるのか予断を許さない状況だ。
 報道などによると、建設中のセピエン・セナムノイダムが決壊し、大量の水が流出。洪水が六つの村を襲い、6600人以上が家を失った。トンルン首相は閣僚や高官らとともに現地に向かった。ダムの運営会社は23日、大雨で危険な状態だとし、周辺住民への避難の呼びかけを地元当局に要請していたという。

<ラオスでダム決壊、大量の水流出 数百人が行方不明か:朝日新聞デジタル より一部引用>
https://www.asahi.com/articles/ASL7S5SMSL7SUHBI02C.html

2018/07/24
 ラオスの国営メディアは24日、同国南部アッタプー県で建設中だった水力発電用のダムが23日に決壊し、数人が死亡、少なくとも100人以上が行方不明になったと報じた。
 報道によると、決壊したのはセピアン・セナムノイダム。ダムから流れ出た水で、家が流されたという。建設していたのは韓国の企業などによる合弁会社だったとしている。決壊の詳しい原因は不明。
 在ラオス日本大使館によると、日本人の被害は確認されていない。ラオスには日本が建設中のダムもあるが、決壊したダムの建設に日本は関わっていないという。

<ダム決壊し100人超が行方不明 ラオス南部、数人死亡 – 産経ニュース より一部引用>
https://www.sankei.com/world/news/180724/wor1807240023-n1.html

2018/07/24
ダムを建設する合弁会社には韓国のSK建設も参加している。死者も発生しているが、正確な数字は分かっていない。
 事故は23日夜、ラオス南東部のアタプ―州で発生。ダム決壊により50億立方メートルの水資源が放出された。周辺の六つの村が洪水に襲われ、数百人の住民が行方不明になっているという。
 ダムは韓国のSK建設・韓国西部発電などが参加する多国籍合弁会社、セピアン-セナムノイ電力会社(PNPC)が建設を進め、今年から商業運転に入る予定だったという。

<ラオスでSK建設が参加のダム決壊、数百人不明 – Chosun online 朝鮮日報 より一部引用>
http://www.chosunonline.com/site/data/html_dir/2018/07/24/2018072402912.html

 ラオス南東部のアッタプー県で23日夜に起きた建設中のダムの決壊で、トンルン首相は25日、少なくとも26人が死亡し、131人が行方不明になっていると述べた。AFP通信などが伝えた。地元メディアは同日朝の段階の当局者の話として、3千人以上が救助を待っていると伝えており、救助が難航すれば犠牲者の数は増える可能性がある。
 地元紙ビエンチャン・タイムズ(電子版)によると地元当局者は25日朝、6千人以上が被災し、約2850人が救助されたが、まだ3千人以上が濁流につかった家の屋根や木の上に取り残されていると話した。
 ラオス当局は捜索・救助活動を続ける一方、被災者を支援するため国内外に食料や水、衣服、薬などの提供を呼びかけている。周辺国が救助チームを派遣する動きもある。
 ダムは水力発電用で建設中だった。建設に携わる企業側は、決壊について、暴風雨が続いたのが原因と説明している。

<ラオスでダム決壊、26人死亡 131人不明:朝日新聞デジタル より一部引用>
https://www.asahi.com/articles/ASL7T41DLL7TUHBI00V.html?iref=pc_extlink

建設工事に参加している韓国の企業は、ダムは決壊ではなく、氾濫したと説明している。
ラオスの国営メディアによると、23日夜、南部のアッタプー県で、建設中の水力発電ダムが決壊し、大量の水が流れ出た。
流れ出た水は、6つの村を襲い、これまでに数十人が死亡、およそ300人が行方不明となっている。

<韓国企業は「決壊ではない」 ダム決壊で300人不明 ラオス南部 – FNN.jpプライムオンライン より一部引用>
https://www.fnn.jp/posts/00397117CX

ข่าวด่วนเขื่อนลาวแตก เขื่อนในประเทศลาวแตกหนีตายจ้าละหวั่น สูญหายกว่า200ราย Laos dam collapses
Dejchat SISAKET CHANNEL
2018/07/24 に公開

ダムというより ただのコンクリ塀にしか見えんが、、、?

laos hydroelectricity dam breaking Hottest :24/07/2018, 水電大壩破碎
lonely Bird
2018/07/23 に公開

Flash floods hit Attapeu Province, Laos after Xe Pian Xe Namnoy Dam collapse, Laos
idsala ອິດສະຫຼະ
2018/07/24 に公開

Flash floods hit Attapeu Province, Laos after Xe Pian Xe Namnoy Dam collapse, Laos
idsala ອິດສະຫຼະ
2018/07/24 に公開

Laos dam collapse:’Hundreds missing’ after flash floods hit villages
Cities of the World
2018/07/24 に公開

ラオスでは去年もダム決壊の洪水が起きている。

Laotian Dam Failure 09/11/2017
Fresh Tube Media
2017/09/19 に公開
DAM BREAKS-Disaster due to Emergency water release | DAM LEAKS | WATER PRESSURE | 2017

以下、「鉄砲水」「ダム」「放水」「放流」を含む投稿。

2018/07/24
 ギリシャの首都アテネ近郊の沿岸部各地で23日、大規模な山火事が発生し、AFP通信によると、消防当局は24日、74人が死亡したことを明らかにした。負傷者も160人以上に上っている。現地は40度を記録するなど猛暑が続き、熱波が影響している可能性がある。
 火災は沿岸部の森林地帯や村で発生した。死者の多くはアテネ東方のリゾート地マチの自宅や車中で発見され、当局は住民や観光客らに屋内からの退避令を出した。被災者は海岸に詰め掛け、ボートによる救助を待った
 政府は被災各地につながる列車を運行停止にし、道路を封鎖。アテネの観光名所パルテノン神殿も火災による気温急上昇のために閉鎖した。
(中略)
AFP通信はフィンランドやノルウェーなどでも今年、火災が起きた事例を紹介。高温が続くラトビアでは山火事が5日間続き、8平方キロ以上が焼失した。

<ギリシャで山火事、74人死亡=負傷者160人超、猛暑関係か:時事ドットコム より一部引用>
https://www.jiji.com/jc/article?k=2018072400764

ギリシャではこのところ毎年のように猛暑で山火事が起きている。

以下、「山火事」を含む投稿。

以下、「異常気象」関連の投稿。

2018/07/05
イギリスの警察は4日、イギリス南部に住む男女2人が重体となっており、「正体不明の物質」にさらされた疑いがあると発表した。近くでは今年3月にロシアの元スパイの暗殺未遂事件が起きている。

<”正体不明の物質”原因か…2人重体 英|日テレNEWS24 より一部引用>
http://www.news24.jp/articles/2018/07/05/10397710.html

 ローリーさんは意識不明になる6月30日の数日前、セロハンでラッピングされた箱を拾った。中には「香水の瓶」が入っていた。エイムズベリーの自宅に持ち帰り、後日、パートナーのドーン・スタージェスさん(44)にあげたという。
 スタージェスさんは被害に遭った日、瓶の液体を両手首に吹き付け、しばらくして頭痛を訴え、風呂場で倒れたという。病院に搬送されたが、今月8日に死亡した。
 ローリーさんも瓶をスタージェスさんに手渡す前、液体が両手にかかった。「香水の匂いはしなかった。油のような感触ですぐに洗い落とした」といい、スタージェスさんから数時間遅れで倒れたが、その時の様子は覚えていないという。
 瓶を拾った場所は、思い出そうと努力しているという一方、拾った瓶は未使用の本物に見え、「安全だと思った」と主張。瓶を放置した人物には「毒物を誰でも拾えるような状態で放置するのは無責任」と憤った。「(重体から回復し)自分は幸運だと言われるが、パートナーを亡くし、幸運とは感じない」とも話した。
 警察は、化学兵器研究施設で分析した結果、瓶の中身は猛毒のノビチョクだったと発表。2人が事件前に訪れた庭園や教会、薬局などを封鎖し、瓶を入手した経緯などを調べている。

<拾った「香水の瓶」はノビチョクだった 英の神経剤事件:朝日新聞デジタル より一部引用>
https://www.asahi.com/articles/ASL7T25GGL7TUHBI005.html

拾った物をふつう他人にあげるか?

つーか、拾うか? ふつう。

「鍵をなくして家に入れない」という理由で業者を呼んだら、高額料金を請求された――。そんな被害が相次いでいるとの情報が西日本新聞の特命取材班に寄せられた。福岡県内の複数の鍵店によると、料金は高くても数万円のはずが、「数千円」の低料金をうたって10万円以上請求する業者もいるという。調べてみると、厳しい業界事情が浮かんできた。

<「鍵なくした」請求10万円も 料金トラブル相次ぐ、10年で5倍 背景に厳しい業界事情(西日本新聞)- Yahoo!ニュース より一部引用>
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180724-00010000-nishinp-soci

不特定多数を相手にする業界はいづれもジリ貧。
生き残るため、魔道に踏み入るのである。

 昨年、従業員への残業代未払いが発覚した宅配便大手ヤマトホールディングス(HD)でまた、不祥事が明らかになった。傘下の引っ越し会社ヤマトホームコンビニエンス(YHC)が、法人向け引っ越し事業の4割で料金を過大に請求していたことが判明。社外からの指摘で発覚するまで長年、過大請求が放置されてきたとみられ、ずさんな管理体制が浮き彫りとなった。
(中略)
 ヤマトHDによると、11年に内部告発で過大請求の指摘があり、当時、社内調査を行い対処したという。だが、「全国的な問題との認識に至らなかった」(山内社長)といい、全社的な調査は行わなかった。今回も報道機関からの問い合わせを受けた調査で発覚しており、過大請求は長年見過ごされてきたとみられる。
 YHCの18年3月期の営業利益は5億2200万円で、過大請求分を差し引くと赤字に陥っていた可能性がある。会見では、記者団から「業績をよく見せかけようとしたのでは?」など動機を尋ねる質問が相次いだが、山内社長は「外部専門家による調査委員会の調査で究明したい」と述べるにとどまった。
 ヤマトHDでは昨年、宅配便子会社のヤマト運輸でドライバーに対する大規模な残業代の未払いが発覚。未払い残業代の支払いに追い込まれるとともに、人手不足による長時間労働が背景にあるとして、ドライバーの増員に加えて宅配便の値上げを実施した。

<ヤマト:長年ずさん管理 過大請求、社外指摘まで放置 – 毎日新聞 より一部引用>
https://mainichi.jp/articles/20180725/k00/00m/020/118000c

「社外からの指摘」って、赤旗なの?

以下、「引っ越し」「引越し」「転居」「Moving」を含む投稿。

 米グーグルの閲覧ソフト(ブラウザー)「クローム」の最新版の配布が米国時間24日に始まったが、経済産業省や総務省のホームページを閲覧すると、「(通信が)保護されていません」と警告文が表示される事態となっている。安全対策が不十分とクロームが認識したためとみられる。
 両省は政府のサイバーセキュリティー政策の中核で、企業や自治体へのサイバー攻撃対策を進める立場。「顔」とも言えるホームページの運営姿勢が問われそうだ。
 専門家によると安全対策は「常時暗号化」と呼ばれ、対応していないと利用者がホームページ上で入力した内容を第三者に読み取られたりする懸念がある。

<経産省HPに「警告」表示 閲覧ソフト「クローム」最新版で – 共同通信 より一部引用>
https://this.kiji.is/394731500563694689?c=39546741839462401

早速 Google Chrome を
バージョン: 67.0.3396.99(Official Build)
へ更新。

デフォルトテーマが変な色で閉口。
Modern Flat なるテーマを選び Chrome を再起動。
アクティヴでないタブの文字が読みにくいので、さらに Plain に。

いの一番にうちのサイトへアクセス。
うちは、常時SSL化(常時HTTPS化)をしてないんで、アドレスの入力欄に「保護されていません」と出た。
それ以外は「警告文」らしき表示は出ないことを確認。
今は通販もやってないんで、SSL化はうちにとっちゃ喫緊の課題じゃないんだよね。

追加記事

2018/7/26 12:44
 26日の国債市場で長期金利の指標である新発10年債の利回りが一時、前日終値より0・035%高い0・100%に上昇し、約1年ぶりの高水準となった。

<長期金利が1年ぶり高水準 – 共同通信 より一部引用>
https://this.kiji.is/395059532076450913?c=39550187727945729

(2018年7月26日)

追加記事

(2018年7月26日)

追加記事

2018/07/26
森喜朗会長が語る、この猛暑が東京五輪成功のカギに
日刊スポーツの単独インタビューで森氏は、

この暑さでやれるという確信を得ないといけない。ある意味、五輪関係者にとってはチャンスで、本当に大丈夫か、どう暑さに打ち勝つか、何の問題もなくやれたかを試すには、こんな機会はない。“ピンチはチャンス”という発想で、暑さ対策で日本のイノベーションを世界に発信する機会だ。

と、語ったというのです。
ピンチはチャンス???
これは一体どういう意味なのでしょうか?
暑さ対策として検討されてきた、道路の遮熱性舗装、街頭ミストなどを今年試して「冷却効果あり」という結果が得られれば、「本番もオッケー!」と自信を持てるということなのでしょうか?
あるいは月曜日に「打ち水」のイベントが行われましたが、「やっぱり打ち水はいいね! 涼しくなるね!」と意見が集まり、路面温度が少しでも下がれば「実証実験で効果あり!」とお墨付きを与えるということでしょうか?
(中略)
もし、何かあったらどうするつもりなのか?
観客や準備スタッフだって危険です。「直射日光が当たらないようにする」とか、「ミストを噴射する」とか焼け石に水。
「カチ割りの配布も検討中です!」と組織委員会は胸を張りますけど、んなもん意味ないつーの。
30度を越す早朝に、何万もの人たちが沿道に押し寄せる、何万人もの人が駅に溢れている状況を、イメージするだけでもぞっとします。
マラソンだけではありません。屋内競技でも中に入るまで観客は灼熱地獄の外で待機するわけです。気分が悪くなる人が相次ぎ、競技どころではなくなってしまうんじゃないでしょうか?
それに…、今年は梅雨明けが早かったので、7月に入ってから連日連夜酷暑になっていますが、梅雨明けが遅い年の場合、この時期は梅雨末期の豪雨の季節です。
ゲリラ豪雨が降る、洪水が起こる、雷鳴が轟く…。そんな状況になった時、避難計画は徹底されるのでしょうか?

<猛暑もチャンス発言の森喜朗会長へ。これでは東京五輪で死者が出る – まぐまぐニュース! より一部引用>
https://www.mag2.com/p/news/366011

(2018年7月26日)

追加記事

2018/07/27
ギリシャの内務省は26日、首都アテネ近郊の沿岸部各地で23日に発生した大規模な山火事は、放火が原因とみられると発表した。山火事ではこれまでに82人が死亡し、180人以上が病院で治療を受けた。 内務省高官は記者会見で、「犯罪行為」を示す証拠があったと説明。また、40度に達する熱波が延焼に拍車を掛けたと指摘した。

<森林火災、放火が原因か=死者82人に=ギリシャ|ニフティニュース より一部引用>
https://news.nifty.com/article/world/worldall/12145-063182/

(2018年7月27日)

追加記事

2018/7/27 23:25
ラオス南東部のアッタプー県で発生したダムの決壊事故を受け、ラオスのカンマニー・インティラートエネルギー・鉱業相が26日の記者会見で「基準に満たない低水準の建設が事故の原因」との見方を示した。27日、ラオス国営通信が報じた。「降り続いた大雨が原因」とする企業側の主張をはねつけた。
 決壊したセピアンセナムノイダムは韓国大手財閥SKグループのSK建設と韓国西部発電、タイ政府系の発電大手ラチャブリ電力、ラオスの国営企業が合弁で建設していた。筆頭株主は26%を出資するSK建設。2013年に着工し、19年の稼働を目指して建設を進めていた。
 被害の全容はなお不明だが、ダムの決壊で周辺の村落が水没。少なくとも27人が死亡、3千人以上が家を失ったことが確認されている。

<ラオスのダム決壊「基準に満たない建設が原因」 ラオスエネルギー相:日本経済新聞 より一部引用>
https://www.nikkei.com/article/DGXMZO3353526027072018FFE000/

(2018年7月27日)

追加記事

2018/07/28
 猛暑が続く中、京都拘置所(京都市伏見区)の熱中症対策が不十分だとして、京都弁護士会人権擁護委員会が、収容者の生活環境の改善を求めている。空調機器の整備が進んでおらず、居室温度は昼夜を問わず30度超を記録。今月に入って収容者計20人が熱中症の症状を訴えており、「命を守る対策を早急にとるべきだ」と指摘している。
 京都弁護士会によると、京都拘置所内でエアコンが設置されているのは、病舎6室と女性居室2室のみ。共同室(定員8人)31室と廊下には扇風機しかない。単独室175室は何もなく、室温が36度を超えることもある。ただ、電源設備が古いなどの理由から、エアコンや扇風機の増設は難しいという。

<空調や扇風機無し、室温30度超で熱中症続出 京都拘置所(京都新聞) – Yahoo!ニュース より一部引用>
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180728-00000033-kyt-soci

(2018年7月28日)

追加記事

4 名無しさん@1周年2018/07/29(日) 10:24:10.19ID:AoeHbwyE0>>26>>36>>47>>71>>84>>92>>93
まとめ

ラオス政府は重力式を想定しセナムノイダムの工事業者を選定。
入札前調査で日本企業が軟弱地盤を指摘。
軟弱地盤ということで、日本企業はロックフィル方式を提案。
韓国企業も真似してロックフィル方式を提案。
日本案は周りの地盤整備を含めた総合ロックフィル方式。
韓国案は見た目だけロックフィル方式(実はアースダム)
https://i.imgur.com/3PA7eIu.jpg
韓国案は予算が日本案の三分の一以下で工期も短いので当然のように韓国が落札。
ちなみに、日本案では完成後50年間の保証と事故発生時の賠償保証を付けた。
韓国も対抗して同様の保証を付けた。

韓国は優秀なので予定工期より4ヶ月早く完成し早期完成ボーナス2000万ドル(22億円)を受け取った。
試験運用で注水を開始するが、すぐにサドルダムDで地盤の沈降及び堤に亀裂が確認され注水停止。
補修作業を行おうとするも大雨に阻まれ難航。
メインダムであるセナムノイダムから緊急放水開始。
この時点でSK建設関係者53名はすぐに帰国した模様。
およそ4日後にサドルダムDが決壊(雨は降ったが貯水率は30%以下とも)
下流域への警告はなかったとCNNの報道。
現地のラオス人工事関係者および住民数十名が死亡、行方不明者も未だに数百名。
失われた家屋は7000世帯に上り、今なお取り残されている要救助者が3000名以上。
隣のカンボジアまで洪水に襲われ17の村が水没。1200名が避難。
未だ被害の全貌は不明。

韓国側はとりあえず2億ウォン(2000万円)の見舞金を出して解決済みにしようと画策。
SK建設は50年保証+事故発生時の保証を謳ってしまっているのでこれから発生する巨額の賠償から全力で逃走中。
「想定外の大雨による自然災害」だと主張←貯水率30%以下で想定外の決壊w
「ラオス人労働者の質が低くて工事が思うように進まなかった」とラオス人のせいにし始める。

ちなみに日本の関西電力がラオスで作ってるナムニアップダムが2019年の1月から発電所稼働試運転予定。
貯水量22億トン 出力273MW
韓国の新聞は「ラオス初の水力発電完成 = 韓国の快挙!」と7月22日に報道。
SKが作ったセナムノイダムと水力発電所は、貯水量は11億トン 出力410MW
工期を5ヶ月短縮して一年早く発電所の試運転を開始したのは早期完成ボーナス狙いの他に、関西電力のダムへの対抗意識もあった模様。

なお韓国の掲示板では、日本の業者が手がけた部分から決壊したと盛んに書き込まれている。
また、日本のマスコミは自然災害であるとの論調で、報道自体もかなり少ない。

<【ラオスのダム決壊】企業側「大雨が原因」 ラオスエネルギー相「基準に満たない低水準の建設が原因」★6 より一部引用>
https://asahi.5ch.net/test/read.cgi/newsplus/1532827369/-100

(2018年7月29日)

追加記事

2018/07/30
アテネ近郊で23日に起きた山林火災の死者は29日、3人増え91人となった。消防当局が発表した。当初、行方不明者が100人近くいるとの情報もあったが、当局は同日、不明者は25人だと明らかにした。
 身元が判明していない遺体も多く、不明者の大半は91人の死者に含まれる可能性が高いという。火災はアテネ近郊マティなど十数カ所で発生。

<ギリシャ山火事死者91人に アテネ近郊で発生 – 共同通信 より一部引用>
https://this.kiji.is/396446550307406945

(2018年7月30日)

追加記事

드론으로 촬영한 라오스 댐 붕괴현장
한겨레 영상뉴스
ドローンで撮影した、ラオスのダム崩壊現場
ハンギョレ映像ニュース
2018/07/27 に公開

(2018年7月30日)

追加記事

「撃て!撃て!」警察官とクロネコヤマト従業員が刃物男を捕獲
視聴回数 587,328 回
odachan
2018/07/29 に公開

(2018年7月30日)

追加記事

(2018年7月30日)

追加記事

(2018年8月1日)

追加記事

2018/08/02
31日付の韓国・聯合ニュースによると、ラオス政府と韓国SK建設の間で、事故発生前にこの地域に大雨が降ったことによる天災だとの認識では一致している。SK建設によると、現地では事故発生前の10日間積算雨量が1000ミリを超え、事故の前日だけで438ミリの雨が降った。
ラオスのカンマニー・インティラート・エネルギー鉱業相は26日、地元メディアのインタビューで、「基準に満たない建設と予期せぬ規模の豪雨が事故の原因だ」との見方を示し、「補助ダムには早くからひびが入っていた。この隙間に水が浸透し最終的な決壊を招いた」と手抜き工事疑惑を提起した。
ラオスのトンルン・シースリット首相は29日、「政府は、真相を究明するために事故原因を徹底的に調査する」とし、補償問題については「ダム建設に関連するすべての責任は、契約に基づいてプロジェクトの開発業者が100%負担しなければならない」との認識を示した。
一方で、SK建設側は、ダムから直線距離で75キロも離れた低地で大きな人命被害が発生した原因は、天災に加え、ラオス当局や住民の事故抑止意識の低さにあるとみている。
被災地では毎年、雨季に水害に見舞われ、事故前日の22日にも付近で橋が流されるということがあった。現地時間22日午後9時ごろ、現地住民が決壊の兆候を発見し、SK建設が直ちにラオス当局に連絡して近隣住民を避難させるよう求めた。
SK建設は23日朝、再び当局と近隣の村長に対して避難指示を出すよう要求。村長らは同日昼、「すべての人を避難させた」と報告したが、午後3~4時ごろに「洪水の水位が高くなって避難できない」という住民の声が届いたため、SK建設では再び現地当局に確認を求めた。関係者は同6時ごろ、SK建設の建設現場職員に「住民の避難が完了したことを確認した」と伝えたという。

<韓国企業とラオス政府、ダム決壊の「責任」めぐり攻防加熱―韓国メディア|レコードチャイナ より一部引用>
https://www.recordchina.co.jp/b630298-s0-c30-d0035.html

(2018年8月2日)

追加記事

(2018年8月22日)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です