レバノンのROCK/POPS(2)

2018/01/11
レバノン北部のトリポリで10日、シリア人難民の男性(43)が国連施設前で自らの体に火を付けて焼身自殺を図り、重度のやけどを負った。家族への援助が打ち切られたことへの抗議だったという。
 国連難民高等弁務官事務所(UNHCR)と国連世界食糧計画(WFP)によると、男性は4人の子を持つ父親。「この悲劇的な出来事は多くの難民が直面する負担と困難さを際立たせている。彼らは日増しに弱っており、(まれではあるが)このような自暴自棄の行動に訴える」との共同声明を発表した。

<シリア難民、国連施設前で焼身自殺図る 援助打ち切りに抗議 レバノン 国際ニュース:AFPBB News より一部引用>
http://www.afpbb.com/articles/-/3158135

2018/01/15
レバノン南部の港町サイダ(シドン、Sidon)で14日、自動車爆弾が爆発し、パレスチナ自治区のガザ地区(Gaza Strip)を実効支配するイスラム原理主義組織ハマス(Hamas)の関係者が負傷した。軍や医療筋が明らかにした。

<動画:レバノン南部で車が爆発、イスラム原理主義組織の関係者が負傷 国際ニュース:AFPBB News より一部引用>
http://www.afpbb.com/articles/-/3158522

2018/01/15
レバノンのベッリ国会議長がイスラム諸国に対し、アメリカ・ワシントンにある自国の大使館を撤収するよう求めました。
ベッリ議長は16日火曜、テヘランで行われている第13回OICイスラム協力機構議会連盟の会合で、「シオニスト政権イスラエルの脅迫に回答すべく、全てのイスラム諸国はワシントンにある自国の大使館を撤収すべきだ」と語っています。
また、シオニスト政権の犯罪行為に対するイスラム諸国のもう1つのアプローチとして、オスロ合意の破棄をあげ、「シオニスト政権との間に締結された全ての協定や合意は廃棄され、またイスラム諸国にあるシオニスト政権の大使館は全て閉鎖されるべきだ」と述べました。

<レバノン国会議長、「イスラム諸国は、在ワシントン大使館を撤収」 – Pars Today より一部引用>
http://parstoday.com/ja/news/iran-i38907

2018/01/19
 偽の暗号化アプリを使ってスマートフォン(スマホ)をハッキングするスパイ活動を遡ると、レバノンの情報機関にたどり着いた。この国のハッカーの威力が世界的超大国をしのぐほど大きくなっていることが明らかになった。

<[FT]レバノン情報機関、偽アプリでハッキング?:日本経済新聞 より一部引用>
https://www.nikkei.com/article/DGXMZO25888850Z10C18A1000000/

2018/01/19
 アカデミー賞外国語映画賞の選考リスト9作品に残っているレバノン映画『ジ・インサルト(英題) / The Insult』について、ジアド・ドゥエイリ監督が、1月12日(現地時間)、ニューヨークのクォッド・シネマで開催された特別上映後のQ&Aで語った。
 本作は、ベネチア国際映画祭にも出品され、主演のカメル・エル=バシャが最優秀男優賞を受賞した話題作。レバノンに住むキリスト教徒のレバノン人であるトニ(カメル)は、ある日ベランダにつながるパイプの処理でパレスチナ人のヤセルと些細な争いを起こす。ところが、ヤセルがトニを侮辱したことから裁判沙汰になり、やがて全国的な事件へと発展していく。

<外国語映画賞候補、公開禁止を乗り越えナンバーワン獲得の注目作とは ニコニコニュース より一部引用>
http://news.nicovideo.jp/watch/nw3229223

2018/01/22
レバノン当局は22日までに、シリアから越境してきた難民少なくとも14人が、国境の山岳地帯で凍死しているのが見つかったと発表した。
遺体は13体が19日に、1体が20日に、密入国に使用される経路上でそれぞれ発見された。このうち2体は子どものものだったという。
レバノンの国営メディアは難民3人が病院に運ばれたと報じた。

<CNN.co.jp シリア難民14人、凍死遺体で発見 レバノン国境 より一部引用>
https://www.cnn.co.jp/world/35113504.html

2018/02/03
 スピルバーグ監督のもとメリル・ストリープとトム・ハンクスが共演する映画 『ペンタゴン・ペーパーズ 最高機密文書』は、レバノンの首都ベイルートで日本に先駆けて早々封切られる予定だった。ところが検閲当局の意向で上映禁止になる模様だ。以前は彼の映画は問題なく上映されたのに!
 毒物に敏感なカナリアは泣きやむことで炭鉱のガス漏れを炭鉱員に知らせた。レバノンは逆に鳴き始めることで、中東情勢の急変を告げる。

<中東のカナリア、レバノンは何を語るのか  WEDGE Infinity(ウェッジ) より一部引用>
http://wedge.ismedia.jp/articles/-/11824

2018/02/03
1975年のレバノン内戦を舞台に元外交官が交渉術だけを便りに民兵部隊と戦う映画「BEIRUT」の予告編映像が YouTube で公開されています。監督はザ・コール 緊急通報指令室のブラッド・アンダーソン。出演はミニオンズでハーブ・オーバーキル役を演じたジョン・ハム、2014年にアカデミー主演女優賞にノミネートされ、サンダーバード ARE GOのペネロープ役でもしられるロザムンド・パイクなどが務めています。

<レバノン内戦で元外交官が「交渉」を武器に奔走する「BEIRUT」予告編 – GIGAZINE より一部引用>
https://gigazine.net/news/20180203-beirut-trailer/

BEIRUT | Official Trailer
視聴回数 5,273,873 回
Bleecker Street
2018/01/11 に公開

2018/02/03
米財務省は2日、レバノンのイスラム教シーア派組織ヒズボラの資金ネットワークに関わる6個人と7団体を制裁対象に指定した。指定されたのは、シエラレオネ、リベリア、ガーナ、レバノンに拠点を置く貿易や水産業に携わる企業や代表者ら。米国内の資産が凍結され、米国人との取引が禁止される。

<米、ヒズボラ資金網に制裁:時事ドットコム より一部引用>
https://www.jiji.com/jc/article?k=2018020300201&g=int

トランプ大統領がイスラエルの首都を同国が主張するエルサレムと認めたことで、レバノンの輿論は反アメリカへ大きく傾いてしまった。
まったく愚かな話で、トランプのような男のせいで新たな世界大戦が始まろうとしているのだから、ほとほと厭になる。

レバノンは中東音楽の伝統を守りつつ、フランスとの繋がりから西欧の音楽の影響も受けた独自の音楽シーンを形成している。
中東の歌姫として名高いファイルーズを始め、作曲家にしてウードの演奏家であるレバノン人でありながらパレスチナを主題とした音楽を多く発表し、「パレスチナ人の中のパレスチナ人」と言われユネスコの Artist for Peace を受賞したマルセル・ハリーファなどが有名である。その他の傑出したアーティストとしてはジュリア・ブトロス、マジダ・エル・ルウミ、サバー、ワディー・エル・サフィー、修道女であり歌手であるマリー・ケイルーズ、ナンシー・アジュラムなどの名が挙げれる。
他のアーティストが西洋の音楽との融合を図る中、ナジワ・カラームやアッシ・エル・ヘラーニのようなレバノンのアーティストは、’jabali’(「山より来る」)として知られるような伝統的な形式の音楽に忠誠を尽くしている。
近年では、欧米のプログレッシヴ・ロックの影響を受けたギタリスト Amadeus Awad の作品が国外でも発売されている。

<レバノン – Wikipedia>

シリア、イスラエルと陸続きであるレバノンで、以下のThe Sea-Dersのようなロックグループが生まれたのはキリスト教とイスラム教の両方の信者が住んでること、地中海に面していること、いっときフランス委任統治領出遭ったことの影響が大きい。

 

The Sea-Ders
The Cedars

メンバー:Albert John Haddad, Joe Shehadeh, Raymond Azoury, Zad Tarmush
レバノンのビートルズとも称すべきバンド。曲のクオリティはかなり高い。サイケっぽいのは時期的なものだろう。

The Sea-Ders – Thanks A Lot(1966)
Written-By: Albert John Haddad, Raymond Azoury

The Sea-Ders – Better Loved(1966)

The Sea-Ders – Undedicetly(1967)
Written-By: Albert John Haddad, Raymond Azoury

The Sea-Ders – Cause I Do Care(1967)

The Cedars – For Your Information
The Sea-Ders aka The Cedars
2度目の引用。

This is an A-side single to “Hide If You Want To Hide” and is written by Haddad, Azoury.
The 45 was released in 1968 by Decca Records and the catalog # F 22720.
This group is from Lebanon.

The Cedars – Hide If You Want To Hide(1968)

From the mid to late sixties, quite a good number of bands were borrowing elements of Eastern music to add a little mystery and exotica to their sound. Some examples of this trend include the Kinks’ ” See my friends” , the Beatles’ ” Norwegian wood” , the Byrds’ ” Eight miles high” or the Rolling Stones’ ” Paint it black” . Less known than the aforementioned acts, but acknowledged in some circles as masters of the form were the Cedars (also known as Sea- ders). Only, for them it wasn’t a case of flirting with foreign culture – they tapped right into the source in their own backyard. Formed in Beirut, Lebanon, around 1964 and originally known as the Top 5, by 1966 they became the Sea- ders (or Cedars!), and recorded a total of 10 tracks until their end in 1968. Two of them were never released, and unavailable. The other eight are now here altogether for the first time, with great remastered sound. The blend of occidental and Eastern music that they delivered is simply amazing…..the classic ” For your information” (big hit in Turkey at the time as well) is astounding , so are some others as ” Thanks a lot” or ” Hide if you want to hide”.

The Cedars – I Like The Way(1968)

The Cedars – I Don’t Know Why(1968)

◆    ◆    ◆

Hanan – Fat El Hélou فات الحلو – حنان
Lebanon

Fairuz – Addeysh Kan Fi Nass فيروز- -قديش كان في ناس(1973)

 

Sabah

Sabah – Lama Atariq Alain صباح – طريق العين
France/Lebanon(1971)

Sabah – Dek El Kaf صباح – دق الكف
Lebanon(1973)

Sabah – Rouh Tjawez Ya Abboud صباح – روح تجوز يا عبدو
Greece/Lebanon(1973)

Sabah – Allo Beyrouth صباح – آلو بيروت
France/Lebanon(1974)

 

Samira Tawfiq

Samira Tawfiq – Riydaha سميرة توفيق – ريدها
Lebanon(1968)

Samira Tawfiq – Ghandara سميره توفيق – غندرا
Lebanon(1968)

Samira Tawfiq – Min Zman سميره توفيق – من زمان
Lebanon(1968)

Samira Tawfiq – Wddyny Mishwar سميره توفيق – ودّيني مشوار
Lebanon(1968)

Samira Tawfiq – Toub El Badi Toubi سميرة توفيق – ثوب البدو ثوب
Lebanon(1970)

Samira Tawfiq – Habetak Ya Ghazali سميرة توفيق – حبيتك يا غزالي
Lebanon(1970)

Samira Tawfiq – Dahab Ma Baddi سميرة توفيق – ذهب
Lebanon(1971)

Samira Tawfiq – Hobbak Morr سميرة توفيق – حبك مر
Lebanon(1972)

Samira Tawfiq – Ya Badaouia سميرة توفيق – يا بدوية
France/Lebanon

Samira Tawfiq – Wein Moucharrek وين مشّرق – سميرة توفيق
Lebanon

Samira Tawfiq – Lali Lali سميره توفيق – لالي لالي
Lebanon

Samira Tawfiq – Ya’Ahl Alhuaa سميره توفيق – يا اهل الهوى
Lebanon

Samira Tawfiq – Miluu Warahuu سميرة توفيق – ميلوا وراحوا
Lebanon

Samira Tawfiq – Alssarukh سميرة توفيق – الصاروخ
Lebanon

Samira Tawfiq – Shiftou El Sobh سميرة توفيق – شفتو الصبح
Lebanon

Samira Tawfiq – Oyounak Nar سميرة توفيق – عيونك نار
Lebanon

 

Sabah

Sabah – Ya Rab Tchatti Irsan صباح – يا رب تشتي عرسان
Lebanon(1968)

Sabah – Shift Elouf شفت ألوف – صباح

Sabah – Tamaytak Souccar طعميتك سكر – صباح

 
 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です