月影のピョンチャン

清正公前に住んでた時、しばしば魚籃坂の大丸ピーコックで買い物をした。
手前の二股を左へ行くとほどなく麻布十番だったが、当時あまりカネがなく、そっちは素通りすることが多かった。

ほんとにフラレたんだね。

以下、「フラレた気持」「You’ve Lost That Lovin’ Feelin’」を含む投稿。

では、本年最後の恋愛トラブルソング、失恋ソングを、ど~ぞ。

Roger Miller – You Don’t Want My Love(1960/10 version)
aka “In The Summertime”
with The Anita Kerr Singers, produced by Chet Atkins
2度目の引用。

The first record hit by the talented young songwriter reached #14 on Billboard’s country music chart. The song was also covered at the time by Andy Williams and was redone by Miller several years later for the Smash label.

Ray Charles, his Orchestra and Chorus – Ain’t That Love(1957/01/31)
R&B Chart Peak: 9

Waring’s Pennsylvanians – It Made You Happy When You Made Me Cry(1926)
vocal: Tom Waring
1935年出版の『ブロードウェイの子守唄(Lullaby Of Broadway)』の出だしを連想した。

Waring, Isham Jones, Gene Austin, and Paul Specht were among the artists who released versions of this popular tune.

Ricky Nelson – Congratulations(1962)なみだの慕情

Lawrence Welk and his Orchestra – Last Date(1960/11)

Pop Chart Peak: Billboard 21
Pianist Frank Scott was featured on this moderately popular cover version of the big Floyd Cramer hit. Welk’s recording spent 11 weeks on Billboard and was followed a couple of months later by his #1 smash “Calcutta.”

Jim Reeves – I’m Gettin’ Better(1960/06 stereo mix)
with the Anita Kerr Singers, produced by Chet Atkins

Pop Chart Peaks: Music Vendor 18, Billboard 37, Cash Box 44 – C&W Chart Peak: 3
Follow-up single release to Jim’s huge ballad hit “He’ll Have To Go,”

Jim Reeves – He’ll Have To Go(1959/11)
2度目の引用。

produced by Chet Atkins (stereo mix)
Pop Chart Peaks: Music Vendor 1, Billboard & Cash Box 2
“Gentleman Jim’s” most famous recording was not only a best-selling pop-charted single, but also spent an impressive 14 weeks at #1 on the country chart.

Billy Brown – He’ll Have To Go(1959/04/13)
2度目の引用。

recorded April 20, 1959
1st Recording Of “He’ll Have To Go”
Jim Reeves’ huge country/pop hit version was recorded six months after this Billy Brown original.

 

薬師如来の脇侍で、左を日光菩薩・右を月光菩薩で三尊で並び独尊で祀られることはありません。日光菩薩と月光菩薩は鏡を見ているようにそれぞれ左右対照的に造られることが多いです。
<日光菩薩・月光菩薩 仏像ワールド より一部引用>
http://www.butuzou-world.com/butuzoumnomiryoku/dictionary/bosastu/nikkou/

脇侍は「きょうじ」とも「わきじ」とも読むが「With B」とは読まない。

月の場合は「光り」というより「明かり」のほうが表現としてしっくりくる。
物理的にも太陽に照らし出された月面を地上から眺めてるわけだしね。

♪オ ファトァンバンコ・ネラ サビャ・ペルナスコンデレ(私は隠そうと思い、砂に穴を掘った)

♪青い月の光を浴びながら
と日本語を載せたのは漣健児(故・草野昌一 シンコーミュージック・エンタテイメント元会長)。時に1964年秋、齢三十三の砌であった。

Bernie Cummins and his Orchestra – Livin’ In The Sunlight, Lovin’ In The Moonlight(1930)
vocal:

Al Bowlly, Les Allen – Livin’ In The Sunlight, Lovin’ In The Moonlight(1930)

  ※(追記:この動画は削除されました

 

Maurice Chevalier – Livin’ In The Sunlight, Lovin’ In The Moonlight(1930)

Paul Whiteman and his orchestra – “Livin’ In The Sunlight, Lovin’ In The Moonlight(1930)
vocal: Bing Crosby

Ambrose and his Orchestra – Livin’ In The Sunlight, Lovin’ In The Moonlight(1930)

Ed. Loyd and his Orchestra – Livin’ In The Sunlight, Lovin’ In The Moonlight(1930)
with vocal group

Song introduced on-screen that spring by Maurice Chevalier, co-starring with Claudette Colbert in the Paramount film “The Big Pond,” which also featured the 1930 song hit “You Brought A New Kind Of Love To Me”
‘Ed Loyd,”Ed Lloyd,’ and’Ted Wallace’ were among the more common pseudonyms used on record by bandleader-vocalist-organizer Wallace T. “Ed” Kirkeby, remembered as manager of the California Ramblers and Fats Waller. This 78 is included under the Ted Wallace listings in Johnson-Shirley ADBORAF.

Hotel Pennsylvania Music – Livin’ In The Sunlight, Lovin’ In The Moonlight(1930)

Ben Bernie and his Orchestra – Livin’ In The Sunlight, Lovin’ In The Moonlight(1930)
vocal:

Harry Hudson’s Melody Men – “Livin’ In The Sunlight, Lovin’ In The Moonlight

Tiny Tim – Living In the Sunlight(TV live)

 司法改革の柱の一つとして設立された法テラス(日本司法支援センター)でも今年9月、全国にある地方事務所の窓口対応専門職員230人に対し、来年3月末日で雇止めとなる突然の予告通知があった。ちなみに法テラスは全国に110か所ある。
 法テラスは、法的トラブル解決のために国の税金で運営されている「独立行政法人に準じる」組織。http://www.houterasu.or.jp/houterasutowa/index.html
 国は雇用の安定をめざし法改正を進めているわけだが、その一方で法務省所管の公的法人でおこっている法改正に逆行するような事態について、首都圏の法テラスに勤務する当事者、数人に話を聞いた。
 雇止めのターゲットとなった窓口対応職員は、外部からの問合せ内容に応じた法制度や、解決のための相談窓口を案内する情報提供業務、経済的に余裕がない人に無料法律相談や弁護士・司法書士費用などの立替えを行う民事法律扶助業務に携わっている。週1~2日勤務の1年契約で、実質70歳定年。契約が更新されない例はこれまで殆どなかった。
 クビ切りの宣告は個別面談で行われ、来年3月に一斉に「契約終了」すること、その理由として、予算の厳しさ、社会の変化に合わせた業務内容の見直し変更が必要なためであることが説明された。
 「予想もしてなかった契約終了にショックを受け、ほかの説明は頭に入らなかった」「雇止めの理由がまったく納得できない」「新しい業務内容はただの予定でしかなく、実行可能なのか疑問に思った」「これまでと同じくシフトの席数を減らす方法で予算削減はできる」などなど、面談内容に強い不信不満を抱いたと、職員らは口々に訴える。
 「ただし、現職員は情報提供専門職員(仮称)の新規採用募集にご応募いただくことができます」と言われ、示された新規募集要項案の雇用期間は上限5年となっていたそうだ。

<「法テラス」地方事務所でも230人が雇止め/広がる「無期転換逃れ」- レイバーネット より一部引用>
http://www.labornetjp.org/news/2017/1225kiji

日本司法支援センター(にほんしほうしえんセンター、英語: Japan Legal Support Center)は、総合法律支援法に基づき、独立行政法人の枠組みに従って、日本国政府が設立した法務省所管の法人で、総合法律支援に関する事業を迅速かつ適切に行うことを目的としている。2006年(平成18年)4月10日に設立され、同年10月2日から業務を開始している。
愛称は法テラスで、「法で社会を明るく照らす」「陽当たりの良いテラスのように皆様が安心できる場所にする」という思いが込められている。

<日本司法支援センター – Wikipedia より一部引用>

「社会を明るく照らす」どころか”皆既日食”状態。闇は深いなー。

 

ジャパンライフに1年間の業務停止命令 目的告げずマルチ商法に勧誘
JNN: 日本のニュースネットワーク
2017/12/15 に公開

「ジャパンライフ」弁護士が愛知県警に告発
CBCニュース
2017/12/19 に公開

磁気ネックレスなどを使ったビジネスを展開する「ジャパンライフ」を、愛知県の弁護士らが、愛知県警に刑事告発しました。
 詐欺などの疑いで刑事告発されたのは、磁気ネックレスなどを使ったビジネスを展開する東京の「ジャパンライフ」と経営者の親子です。
 愛知県の弁護士らが、愛知県警に提出した告発状などによりますと、「ジャパンライフ」は、ことし10月、愛知県内の70代の男性に対し、会社が338億円の債務超過に陥っているにも関わらず、契約の際、そのことに触れず、財務状況に問題がないとして契約した詐欺などの疑いがあるということです。
 ジャパンライフは、消費者庁からこれまでに4回、業務停止命令を受けていました。
 弁護団は会見で、「新たな被害を防ぐには刑事処分が必要不可欠だ」と述べました。

  ※(追記:この動画は削除されました

 

2017/12/21
 老人を食い物にしたのか。磁気治療器などの預託商法を展開する「ジャパンライフ」(東京)が巨額の債務超過を顧客に隠して勧誘したなどとして、愛知県の被害者対策弁護団が20日、詐欺や預託法違反などの疑いで同社と山口隆祥会長、長女のひろみ社長に対する告発状を県警に提出した。
 被害者は全国に広がり、消費者センターには、2015年春以降で計515件の相談が寄せられ、約7割が70代以上の高齢者という。
 ジャパンライフは1975年設立。同社が手掛けた「マルチ商法」の被害が広がり、85年には衆院商工委でジャパンライフ問題の集中審議が行われた。14年には消費者庁から文書で行政指導を受け、16年には同庁から行政処分が下り、一部業務について1年間の業務停止を命じられた。
 消費者庁から行政指導を受けながら、42年もの間、なぜ営業を続けてこられたのか不思議だが、実は、ジャパンライフは安倍首相の側近と”密接”な関係にあるのだ。
(以下略)

<また”アベ友”か 首相側近とマルチ商法告発企業の蜜月関係|日刊ゲンダイDIGITAL より一部引用>
https://www.nikkan-gendai.com/articles/view/news/219964/1

「12月25日、月曜日」
(中略)
【13時30分】
 ジャパンライフが12月20日に、一回目の資金ショートを引き起こしたとの情報が入る。
 4度目の行政処分、被害対策弁護団の告発と時を同じく、社長辞任、本社売却と動きが急に慌ただしくなったジャパンライフ。先週末から社内は混乱しているようだ。高齢女性など会員から集めた預り金は2,000億円を超すとみられる。多数の一般個人を巻き込む最悪の事態に発展すると負債4,330億円を抱え破産した(株)安愚楽牧場(TSR企業コード:260136662)の再来になる可能性もある。
 会社側は預り金をどうしたのか。何を考えているのか。本社が沈黙を続ける以上、会員や債権者の不安が日ごとに募るのは当然だ。一日も早い会社側の説明が求められる。

<第二報!ジャパンライフ取材ルポ (12月22日15時~) : 東京商工リサーチ より一部引用>
http://www.tsr-net.co.jp/news/analysis/20171225_02.html

2017/12/25
 磁気製品などを販売し、消費者庁から1年間に4回の業務停止命令を受けたジャパンライフ(東京)が、解約を申し出た顧客を説得して阻止した社員らに、契約額の1%程度を奨励金として支払うと呼び掛けていたことが24日、内部文書や社員への取材で分かった。
 同社は解約妨害を理由に15日、消費者庁から特定商取引法違反として4回目の一部業務停止命令を受けた。度重なる処分の影響による資金流出を防ぐため、組織的に実施した可能性がある。

<ジャパンライフ、解約阻止した社員に報酬 契約額の1% – 産経ニュース より一部引用>
http://www.sankei.com/affairs/news/171225/afr1712250012-n1.html

 家庭用磁気治療器を販売するジャパンライフ(東京)が2度の資金ショートをおこし、26日に銀行から取引停止処分を受けて倒産したことがわかった。
(中略)
 ジャパンライフは、高いもので数百万円を支払ったオーナーから磁気治療器などを預かり、レンタル収入として1年間で商品価格の6%を支払うとのビジネスを展開。しかし、保管する商品数が契約数より大幅に不足していたことなどから、昨年12月以降、消費者庁から特定商取引法違反や預託法違反で、一部業務停止命令などの処分を計4回受けていた。
 東京商工リサーチによると、ジャパンライフの2017年3月期決算は当初、資産総額から負債総額を差し引いた純資産が40億円あった。しかし、消費者庁の求めで同社が公認会計士らによる監査を実施した結果、実際は338億円の債務超過で負債総額は2405億円だったという。
 ジャパンライフのホームページによると、同社は1975年設立。資本金4億7640万円、従業員746人(5月11日現在)。
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20171226-00000040-asahi-soci

 ジャパンライフの事実上の倒産が発覚した26日、東京都千代田区にある本社ビルは施錠され、ひっそりと静まり返っていた。昼前には報道を受けて、ジャパンライフと取引のあった企業関係者が次々と訪れ、インターホンを鳴らす姿も。
(中略)
 ジャパンライフと取引があったという物品販売会社の男性は「電話がつながらないので見に来た。債権者向けに張り紙でもあるかと思ったが…。会社に戻って対応策を考えたい」とため息混じりに語った。8月ごろから、支払いが滞りがちになっていたと話す取引先もおり、関係者は一様に「どうすればいいのか」と表情を曇らせていた。
http://www.sankei.com/affairs/news/171226/afr1712260045-n1.html

重要なお知らせ
消費者庁から当社は2年以上前から行なっていない連鎖販売・預託取引の業務停止の指示がありましたが全国80店の大型店舗で通常通り営業を行っております。
 当社は、2年以上も前から「訪問販売」「連鎖販売」「預託取引」(消費者庁管轄の業務)は一切行っておりませんが、現在行っていない業務に対して、停止処分を消費者庁が出したため、現在行っている事業まで停止されたと関係者に誤解されたり、報道されたりして、風評被害が甚大で大変迷惑を受けております。
 当社の営業実態を正しく理解して頂きたいと思いこの文章を作成しました。
 良く事情を分からないお客様が業務の全てを停止になったと誤解されて困っています。
 当社は、業務停止処分の業務を2年以上も前から行っておりませんのでご安心ください。
 当社が2年以上も前にやめた業務に対しての停止処分ですから、現在の業務には一切関係ありません。尚、支障もきたしておりません。
 当社の、企業理念は「高齢者が健康で元気で毎日楽しく過ごすための治療器(寝具タイプ・装着タイプ)及び栄養補助食品、化粧品の開発・普及」です。
 現在、全国80店の大型店舗で、皆様の健康作りに貢献するために、営業しております。
 正社員800名とアシスタント2,000名、地域センター長1,000名とアンテナショップ店主6,000名と共に、高齢者活性化産業確立のために頑張っております。是非、ご来店ください。 当社は、今後も今まで通り法令を遵守して活動して参ります。
ジャパンライフ株式会社
代表取締役 山口 隆祥

<重要なお知らせ|磁気治療器、寝具、羽毛ふとんをお届けするジャパンライフ>
http://www.japanlife-net.co.jp/information/information20170326.html

高額契約に不安を抱いた高齢者らの話からは、手厚い“接待”で心をつかんでいく手法が浮かび上がってくる。
 「山に行こう」。愛知県の80代女性は約7年前、友人からそう誘われ、ジャパンライフの代理店に連れていかれたという。
 店では「腰がよくなる」などと言われて磁気ベルトなどを体験。その後、女性宅を訪れるようになった担当者から、「商品を購入してレンタルすれば、預貯金より利率がいい」「レンタルユーザーが殺到している」などと勧誘を受けるようになった。「相続税対策にもなる」などとも言われた女性は平成22~27年ごろにかけて30回以上契約し、計1億円以上を支払った。
 ジャパンライフの担当者が自宅を訪問していることや、女性が多数の契約を交わしていることに同居の孫が気づき、弁護士に相談。この女性は返金を受けることができた。
 「ジャパンライフ被害対策中部弁護団」には、こうしたジャパンライフとの契約に関する相談が多数寄せられている。相談に来るのは70~80代が中心で、勧誘される商品の多くは100万~600万円と高額だ。高齢者らは店でマッサージを受けたり、温泉施設に集められて舞台鑑賞をさせられたりする中で心を許し、契約を交わすケースも多いとされる。

<事実上の倒産のジャパンライフ、集金額1億円超も 温泉にマッサージ、舞台鑑賞…高齢者逃さぬ接待手口 – 産経ニュース より一部引用>
http://www.sankei.com/affairs/news/171226/afr1712260044-n1.html


Source: 磁気治療器、寝具、羽毛ふとんをお届けするジャパンライフ

ジャパンライフ 企業CM(30秒バージョン)
ジャパンライフ
2015/12/09 に公開

ジャパンライフ 工場ムービー|寝具タイプ 磁気治療器
ジャパンライフ
2015/12/09 に公開

最新磁気治療寝具の製造過程をご紹介します。
創業時から改良を重ねてきたマットレスの変遷、最先端の製造設備、厳選された羽毛の採取など、ジャパンライフの素材へのこだわりをご覧ください。

ジャパンライフ 工場ムービー|会社紹介 社長インタビュー
ジャパンライフ
2015/12/09 に公開

ジャパンライフが企業として大事にしていること、お客様や商品に対する想い、そして未来へ向けたビジョンを代表取締役社長・山口ひろみのインタビューを通してご紹介します。

ジャパンライフ 店舗ムービー|巣鴨アンテナショップのご紹介
ジャパンライフ
2016/11/28 に公開

ジャパンライフが展開する巣鴨アンテナショップの店内やサービスをご案内します。

1984年 ジャパンライフ CM ナターシャ・キンスキー 2種

ジャパンライフは、寝具、磁気寝具、磁気治療器、磁気治療器レンタル、磁気マットレス、羽毛ふとんを販売する会社。北海道から沖縄まで全国に支社・営業所を開いている。

磁石で健康になれるか、磁力で血行が促進されるのかについては、以前書いた。

マルチで大損した人は自業自得。
顧客が営業・販拡までするのはカルト宗教かマルチ(ねずみ講)しかないのだから、引っかかるほうが悪いとしか言えない。
大晦日を前に路頭に迷う 社員・派遣従業員たちこそ哀れ。

5月、9月、12月は自殺が増える時期。
他人様にメーワクかける死に方だけはヤメてほしい。

さらに困るのは本人にはその気がさらさらないのに、けっきょく他人に大メーワクをかけて死んじゃう粗忽者。失火で焼死とか、そのパターン。

ビル・マンション火災の消火は困難を極める。
ホコリの溜まったコンセントのトラッキング等、あらゆる可能性を考え未然に防止することが肝要だ。

いくら「○○なう」だからって、不特定多数に 逐一 居場所を知らせるなんてリスク高すぎ。
単身者が海外旅行とかしたら絶好の空き巣ターゲットなわけで。

2017/12/19
米FBI、平昌五輪に9・11対テロ要員30人を派遣 米連邦捜査局(FBI・Federal Bureau of Investigation)所属の対テロ要員30人が来年1月、訪韓する。平昌(ピョンチャン)冬季オリンピック(五輪)に関連したことだ。一種の「五輪対応チーム」であるわけだ。
匿名を求めた韓国政府の高位関係者は18日「FBI要員が韓国に入国して一時的に対テロ業務などを遂行することになる」と話した。彼は「入国の時期は1月中旬以降だ。セキュリティー上、正確な時期は明らかにできない」と話した。平昌五輪の日程(2018年2月9~25日)を考えれば、1月末にFBI要員が訪韓するものと予想される。
韓国に来るFBI要員は、9・11テロなど大型事件に直接関与した経歴20年以上の専門情報分析要員と現場要員だという。政府関係者は「入国する要員の規模は様々な国内外安保状況によって変わる可能性がある。さらに増えるかもしれないという意味だ」と話した。
米国の核心的捜査およびセキュリティー機関であるFBIは主に米国内のテロ攻撃やスパイ行為、サイバー犯罪、組織・暴力犯罪などを扱う。FBIは自国民が参加する国際行事・大会(五輪も含む)にテロ脅威などがあると判断される場合はFBI要員を派遣してきた。2012年ソチ冬季五輪や2012年ロンドン、2016年リオデジャネイロ夏季五輪にもFBI要員を派遣した。韓国捜査当局関係者は「国内行事にこのように多くの米国要員が入国した前例はない。米国政府が平昌五輪に参加する自国選手の安全問題に対する心配が大きいようだ」と話した。FBI要員の大規模訪韓は北朝鮮の発安保危機、米国とイスラム圏の対立が高まっている局面が考慮されたと分析される。ドナルド・トランプ米大統領は最近、エルサレムをイスラエルの首都と認めると宣言し、イスラム圏の反発を呼んだ。韓国政府関係者たちはFBI要員が韓国でテロ対応連携より自国選手を保護する活動に重点を置くものと見られる。

<米FBI、平昌五輪に9・11対テロ要員30人を派遣 Joongang Ilbo 中央日報 より一部引用>
http://japanese.joins.com/article/684/236684.html

2017/12/20
 現在までに平昌五輪への出場の意向を示した国は92カ国・地域で、冬季五輪として参加国数が最も多かった14年のソチ大会(88カ国・地域)を上回る。エントリー締切日の18年1月29日まで待つ必要があるものの、記録更新に期待が高まっている。

<開幕近づく平昌冬季五輪 ハード面の準備ほぼ整う -Chosun online 朝鮮日報 より一部引用>
http://www.chosunonline.com/site/data/html_dir/2017/12/20/2017122001300.html

2017/12/22
怒りの矛先は、ヘイリー国連駐在米国大使だ。12月6日、米FOXニュースのインタビューで、「(平昌冬季五輪参加は)まだ解決されていない問題」とコメント。緊迫する北朝鮮情勢を理由に、アメリカ選手団が参加を辞退する可能性があるかのような発言だった。
(中略)
ヘイリー大使は4日後になってようやく「アメリカ選手団は平昌五輪に参加する」と発言を修正し、事態の収拾に大わらわ。ところが、韓国国内の動揺はいまだに収まっていないという。某韓国紙の東京特派員がこう言う。
「ヘイリー大使の修正発言を額面どおりに受け止める人は少ない。米上院軍事委員会のメンバーでもある共和党のグラム上院議員が12月3日、米国防総省(ペンタゴン)に対して『在韓米軍の家族をすぐにでも退避させるべきだ』と求めたことは、韓国内でも広く知られていますから。
トランプ政権による北朝鮮攻撃の可能性は日増しに高まっています。いずれ米朝どちらかに何か軍事的な動き、あるいはその兆候があれば、アメリカ選手団の参加辞退の話は蒸し返されることになるはず。その瞬間、各国の”辞退ドミノ”が起こり、平昌五輪は史上例を見ない”空っぽオリンピック”になってしまうかもしれません」
北朝鮮ウオッチャーの間では、次なるミサイル発射あるいは核実験は、故・金正日(キム・ジョンイル)総書記の命日である12月17日から金正恩(キム・ジョンウン)委員長の誕生日である18年1月8日までの間に行なわれる可能性が高いとの見方がある。

<米国の平昌五輪参加辞退を国連駐在米大使が示唆 後に発言修正も、不参加を懸念する声|ニフティニュース より一部引用>
https://news.nifty.com/article/sports/athletic/12176-96860/

2017/12/25
フランスのマクロン大統領が来年2月に開催される平昌(ピョンチャン)冬季オリンピック期間に韓国を訪問する予定で具体的な日程を調整していると、韓国のハンギョレ新聞が24日報じた。
同紙は外交筋を引用し、「まだ公開されていないが、フランス大統領が平昌五輪に出席する」とし「平昌五輪を安定した雰囲気で開催するのにプラスになるとみられる」と伝えた。
マクロン大統領は平昌冬季五輪開幕式への出席を目標にしているが、日程を調整できなければパラリンピック期間に訪韓することも検討中という。外交筋は「マクロン大統領が開幕式に出席するという内容をフランス側から聞いた」と伝えた。しかし外交部の関係者は「最初は開幕式を予定していたが、今は別の日を考えているようだ。平昌パラリンピック期間に訪問する可能性もある」とし、日程は流動的だと明らかにした。

<マクロン仏大統領、平昌五輪に出席(中央日報日本語版) – Yahoo!ニュース より一部引用>
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20171225-00000009-cnippou-kr

FBI要員の平昌派遣は事前チェックなのか、それとも開戦準備なのか。
開会式は2018年2月9日。
無事に始まり、続くパラリンピックが終わるまで、何事も起こらなければよいが、、、

以下、「平昌五輪」を含む投稿。

カナダの女優、ヘザー・メンジースさんが24日、カナダ東部オンタリオ州で死去、68歳。脳腫瘍を患っていた。
 49年、トロント生まれ。テレビドラマに子役として出演し、その後、家族で米ロサンゼルスに。米ミュージカル映画「サウンド・オブ・ミュージック」(65年)で7人の子どもたちの1人、ルイーザ役を演じたほか、映画やテレビでも活躍した。
https://www.zakzak.co.jp/ent/news/171226/ent1712264797-n1.html

海外の記事でも「サウンド・オブ・ミュージック」が代表作になっている。
つまりは早すぎた栄光というやつか。

誤診による手術で美声を失ってしまったジュリー・アンドリュースはというと、きょう現在82歳で御健在。

以下、「サウンド・オブ・ミュージック」「Sound Of Music」「菩提樹」を含む投稿。

追加記事

2017/12/29
 写っているのは、モリカケ疑惑でも問題視された昭恵夫人だ。笑顔を浮かべる夫人の隣にいるのは、10月27日に消費者庁から3カ月間の一部業務停止命令を受けた「48ホールディングス(HD)」の淡路明人会長である。48HDは「公開前に購入すれば、1カ月半後には10倍に値上がりする」などとウソを言って仮想通貨を販売。マルチ商法まがいで3万5000人の会員をかき集め、この2年で約220億円を売り上げたという。
 ジャパンライフと48HDには接点がある。48HDの渡部道也社長はかつてジャパンライフの取締役を務めていたのだ。

<マルチ商法「ジャパンライフ」の陰にまた昭恵夫人が登場|日刊ゲンダイDIGITAL より一部引用>
https://www.nikkan-gendai.com/articles/view/news/220446

(2017年12月29日)

追加記事

2018/01/23
 1月20日、磁気治療器などの預託商法を手がけるジャパンライフ(株)(千代田区)の相談を受け付けている全国の弁護士が、名古屋市で初会合を開き「全国ジャパンライフ被害弁護団連絡会」を立ち上げた。
 ジャパンライフは昨年12月26日、事実上倒産したが、今年に入って各地で説明会を開催し活動を再開している。1月17日には消費者庁長官が、「不正確な説明を行っている疑いがある」として、1月12日付で行政指導を行ったことを明らかにしている。
 会議室には「ジャパンライフ問題」の関心の高さを反映し、部屋に入りきれないほどの多くのメディアが取材に訪れ、熱気に溢れた。初会合では先物取引被害全国研究会の代表幹事の大植伸弁護士(大植法律事務所、広島県)やジャパンライフ中部被害対策弁護団団長の杉浦英樹弁護士(杉浦英樹法律事務所、愛知県)など、全国の弁護士約20名が参加。「全国ジャパンライフ被害弁護団連絡会」の立ち上げを正式に決定した。

<「全国ジャパンライフ被害弁護団連絡会」が初会合、債権者破産も視野に : 東京商工リサーチ より一部引用>
http://www.tsr-net.co.jp/news/analysis/20180123_01.html

(2018年1月23日)

追加記事

2018/02/04
 政府が、北朝鮮による韓国・平昌五輪を狙ったミサイル攻撃などがあった場合の日本人観光客らの避難を想定して、五輪会場周辺のシェルターを調査していたことが3日、分かった。複数の政府関係者によると、韓国を訪問した佐藤正久外務副大臣も2日に平昌のシェルターを視察した。政府は日本人観光客らの迅速な避難に向け、韓国側と協議するなど態勢づくりを進めている。
 政府関係者によると、政府は既に五輪会場周辺の地下駐車場などシェルターとして利用できる複数の地下施設を視察した。公表されていないが、佐藤氏もシェルターとして使われるトンネルなどを視察したという。平昌五輪組織委員長と会談し、北朝鮮の攻撃を受けた際の避難計画についても協議した。
 平昌は南北軍事境界線がある非武装地帯(DMZ)から約80キロ。北朝鮮がDMZ沿いに配備する多連装ロケットの射程100~300キロ内だ。選手団や大会関係者、観光客が世界中から集まる平昌が標的になれば甚大な被害が予想される。
(中略)
 北朝鮮が平昌周辺に攻撃を行った場合は韓国当局の指示に基づき、競技会場やホテルなどで韓国語や英語で避難先や避難方法がアナウンスされる。在韓日本大使館も避難指示メールを送り、日本語で避難先などを通知する計画だ。メールを受け取るためには外務省の海外旅行登録「たびレジ」に登録する必要がある。
 また、政府は日本国内の旅行代理店各社に平昌五輪観戦ツアーの概要や、ツアー責任者などの情報提供を依頼した。万一の場合にはツアー責任者に連絡し、観光客をシェルターに誘導することも想定している。

<平昌のシェルター視察 北攻撃想定 政府、邦人客避難協議 (産経新聞) – Yahoo!ニュース より一部引用>
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180204-00000001-san-pol

(2018年2月4日)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です