新天地を目指して

 俳優の出光元(いでみつ・げん)さんが8日、肺腺がんのため亡くなった。82歳。かねてより病気療養中だった。
 出光さんはTBS系ドラマ『水戸黄門』『大岡越前』『Gメン’75』、NHK連続テレビ小説『まんてん』など数々のドラマや映画に出演。所属事務所によると、葬儀は近親者のみで執り行った。
http://www.oricon.co.jp/news/2095760/full/

やぁ懐かしい名脇役だ。
出光元を名乗る前、東 光生、東 晃声 と名乗っていたとは今さっき初めて知ったよ。
生い立ちとか学歴とか20代に何をしていたとか、そのへんの情報がまったく見当たらないね。

スペイン南部の海岸で、イルカの赤ん坊が死んだ。興奮した海水浴客がよってたかって触ったり自撮りをした結果だという。
動物愛護団体エクイナックのフェイスブックページによると、スペイン南東部モハカルの海岸にイルカの子供が一頭で迷い込み、たちまち「数百人」の人間に囲まれた。
心配した住民がスペインの動物救急ダイヤル112に電話し、エクイナックが救出のため派遣されたが、15分後に海岸に到着したときにはすでに死んでいた。
http://www.newsweekjapan.jp/stories/world/2017/08/post-8233.php

ただの一人も悪意はなかったのだと思う。
無知と浅慮と軽薄とわづかの無責任が、死を招いた。
牛を刺殺するさまを観て愉しむお国柄ではあるけれど、何を感じたろうか。

以下、「スペイン」関連の投稿。

2017/08/16
 若い世代のUターン増加につなげるため、県は10月28日、本県ゆかりの20~30代を対象とした「若者同窓会」を東京都新宿区で開く。結婚や子育てをはじめ、人生の転機が多い世代にふるさとを意識してもらい、本県に戻るきっかけづくりを狙う。
 企画は昨年に続き2回目。昨年も都内で開き、274人が参加した。
 開催の背景には、県外への人口流出が県内への流入を上回る「社会減少」がある。県のまとめでは、2015年10月~16年9月の1年間で社会減は5906人に上った。このうち進学、就職期に当たる15~24歳が4651人と8割を占める。この世代が本県に戻るかどうかは、本県の人口の動向に大きく影響する。
http://www.niigata-nippo.co.jp/news/politics/20170816340926.html

 都市部の若い世代が祖父母のいる地方に移り住む動きが目立つ。故郷に戻る「Uターン」や古里以外の地へ移る「Iターン」になぞらえ、「孫ターン」と呼ばれる。自然豊かな地方暮らしに憧れるが、見知らぬ土地は不安という若者にとって、祖父母の住む地域は溶け込みやすく、魅力的に映るようだ。
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170817-00010000-otekomachi-life

 自民党は、国内の過疎地で若者の雇用確保に取り組む団体を自治体が「地域社会維持発展法人」(仮称)に認定し、政府が財政支援する新しい制度の検討に入った。法人が農林水産、建設、福祉などの地元産業に若い人材を派遣して人手不足を補う一方、若者側は各産業にまたがって働くことで一定水準以上の収入を得られるようにし、定住を促すのが柱。議員立法で関連法案を策定し、来年の通常国会で成立を目指す。
 全国の過疎地では、少子高齢化に加え、農林業などの民間産業で若い世代がなかなか安定した収入を得られず、都市部に人口が流出する要因になっている。一方、これらの業種は繁忙期に一時的な人手不足に陥ることもある。新制度はこうしたギャップを埋めて過疎地の産業を支えつつ、さまざまな仕事に派遣することで、年間を通じて雇用を確保する構想だ。
http://news.nicovideo.jp/watch/nw2926256

進む地方の経済的壊死に対して、政府は財政支援で食い止めようとしている。
が、これは焼け石に水となることは目に見えている。
日本全体がものすごい勢いで人口減少しているのであって、かかる弥縫策ではなおさら如何ともしがたいのだ。

自治体が財政難から消滅することは自然なことで、無理やり合併させたり、ムダ金を注ぎ込む必要はないのである。
潰すところは潰す。大規模農業化できるところは促進する。工業地帯なら自治体すべてが工場だけでも良いではないか。第三次産業とそれに従事する人々は都市部へ移住しやすいよう優遇策を設ければ良い。
移住を強制するわけにはゆかぬが、過疎化の進行度に合わせて人口を各都市に「寄せる」ことは重要だ。

先祖伝来の土地や生まれ育った郷里に固執する老人はまだ多い。だがその気持より不便さのほうがそろそろ勝ってきているはずだ。医者や病院が遠く、介護を受けることもままならないとなれば、苦渋の選択も受け入れねばなるまい。

古来、食いつめた者が一家を引き連れ新天地へ旅立つというのは よくある話で、そもそも人類が後にアフリカとなる場所で誕生し、そこから世界中へ広がっていったのも食わんがため=生き残るためであったに違いない。
(満洲国のアイデアは おそらくアメリカ合衆国だったろう。日本人はそこでのWASPに相当する支配層になりたかったのではないか?)

日本は小さな島の寄せ集めだ。その中でわづかの移動すらためらうようでは、これからの地球環境、経済状況、政治状況にとてもじゃないが太刀打ちできまい。

いろいろな対応があってよい。
農業県(圏)に行きたい人は行く、工業県(圏)も以下同文。都市に行きたい人は都市に集まる。そうやって日本をガラガラポンして(機能別に再編して)、人口減に対応したコンパクトな国に仕立て直していくべき段階に はや達しているということ。
食わんがため=生き残るため、それが必要なのだ。当然政府は小さい政府。人口減に合わせて公務員もどんどん減らさないといけない。

おれはやはり自身が都市生活者でありたいと願う。パリとは言わぬし、ニューヨークとも言わぬ。東京、あるいは限りなく東京的であれば、東京以外の都市でも我慢するつもりだ。

――というわけで、歌でも聴こうかね。

第一次大戦直後、欧米で流行した歌の一つに
How ‘Ya Gonna Keep ‘Em Down On The Farm(After They’ve Seen Paree?)
というのがある。
パリの享楽を味わったのなら、もう田舎の農場へなんか戻るな、という主旨で、都会的生活・センスを謳歌している。
想像するに、この歌の隠された裏の意味として、アメリカの黒人たちがヨーロッパ戦線へ出征したことを契機とし、黒人ジャズミュージシャンがアメリカ黒人へ発した、農村を離れ都市を目指せという、ある種の「檄文」だったのではなかろうか?
この歌を黒人がどう聞いたかは記録にないが、農業地帯のプア・ホワイトは大いに刺激され、1920~30年の間に、大都市や西海岸の新興都市(ブームタウン)へ移住する者が増加した と云われている。

Bob Wilson and his Varsity Rhythm Boys – How Ya Gonna Keep ‘Em Down On the Farm?

“How ‘Ya Gonna Keep ‘Em Down On the Farm After They’ve Seen Paree?” from “Ziegfeld” OLC
“How ‘Ya Gonna Keep ‘Em Down On the Farm After They’ve Seen Paree?” (Track 05) from the 1989 Original London Cast recording of “Ziegfeld” featuring Len Cariou, The “Ziegfeld” Ensemble

Keefe Brasselle – How Ya Gonna Keep ‘Em Down On The Farm(1957)

Russ Conway – How Ya Gonna Keep ‘Em Down On The Farm)

Benny Goodman and his Orchestra – How Ya Gonna Keep ‘Em Down On The Farm

この歌は戦前のボードビリアン エディ・カンターの持ち歌としても知られていて、カンター自身、映画 “The Eddie Cantor Story” 以外にも何度かレコーディングしている。現在、YouTubeに上がってるいるものは、そのうちのどれか判然としないものが多いので、以下、明示されているものだけ引用した。

Eddie Cantor – How Ya Gonna Keep ‘Em Down On The Farm (After They’ve Seen Paree)
from the album “The Eddie Cantor Story (Songs By Eddie Cantor From The Original Sound Track)”(1953)
Conductor, Directed By – Victor Young

  ※(追記:この動画は削除されました

 

Eddie Cantor – How ‘Ya Gonna Keep ‘Em Down On The Farm? (After They’ve Seen Paree)(1947)
Conductor, Directed By – Victor Young

  ※(追記:この動画は削除されました

 

Eddie Cantor – How You Gonna Keep ‘Em Down On The Farm

Eddie Cantor – How ‘Ya Gonna Keep ‘Em Down On The Farm
Spoken Introduction

Eddie Cantor – How ‘Ya Gonna Keep ‘Em Down On The Farm? (After They’ve Seen Paree)(1945)
With Tommy Dorsey

Eddie Cantor With Henri René And His Orchestra – How Ya Gonna Keep ‘Em Down On The Farm(After They’ve Seen Paree)

  ※(追記:この動画は削除されました

 

Judy Garland – How You Gonna Keep ‘Em Down On The Farm?

Performed on the Screen Guild Theatre’s radio production of Judy’s 1942 hit”For Me and My Gal”, in which she reprised her role as Jo Hayden along with Gene Kelly as Harry Palmer; broadcast on 22 March, 1943.

Judy Garland – How You Gonna Keep ‘Em Down On The Farm?
from the movie “For Me and My Gal”(1942)いつも上天気

The Brian Sisters – How You Gonna Keep ‘Em Down On The Farm
from the movie “Our Gang Follies of 1936” (1935)

Here are the Brian Sisters making their very first film appearance in an Our-Gang short called “OUR GANG FOLLIES OF 1936”. From left to right, Gwen (was 8), Doris (was 10) and Betty (was 12). The song was written in 1919 by Joe Young, Sam E. Lewis (lyric’s) and Walter Donaldson (music). About soldiers returning home from war.

Mayfair Dance Orchestra – How Ya Gonna Keep ‘Em Down On The Farm?(1919)

Yerkes Jazarimba Orchestra – How ‘ya Gonna Keep ‘em Down On the Farm?(1919)

Dabney’s Band – How Ya Gonna Keep ‘Em Down On The Farm(1919)

Byron G. Harlan – How ‘Ya Gonna Keep ‘Em Down On The Farm(After They’ve Seen Paree?)(1919)

Nora Bayes – How ‘Ya Gonna Keep ‘Em Down On The Farm?(After They’ve Seen Paree)(1919)

Arthur Fields – How ‘Ya Gonna Keep ‘Em Down On The Farm(After They’ve Seen Paree?)(1919)

Lieut. Jim Europe’s The 369th U.S. Inf.(Hell Fighters)Band – How ‘Ya Gonna Keep ‘Em Down On The Farm?(1919)
Lt.=Lieut.=Lieutenant=中尉。Inf.=Infantry=歩兵。

以下、「逃げる」「逃走」「脱走」「脱出」「逃亡」「逃避行」「逃散(ちょうさん)」「逐電」「出奔」「遁走」「とんずら」「Escape」「Run away」「Runaway」「Getaway」「Fugitive」「Move」「Moving」等を含む投稿。

以下、「遷都」「東京脱出」を含む投稿。

以下、「日本脱出」関連の投稿。

2012/08/05
「この時期は、家出娘が宿泊目的に男に体を売る”神待ち”が急増。特に最近は出会い系や家出掲示板だけでなく、携帯の無料ゲームサイトにもその手のメッセージが見受けられる。以前よりも”神待ち少女”と知り合うキッカケも増えているんです」(風俗ライター)
 それだけではない。この夏は”ある場所”に家出娘たちが群がってきているのだ。風俗評論家・村上行夫氏が語る。
 「ズバリ、東京スカイツリーです。実際、この周辺のテレクラは今や大盛況。観光に来た女性グループが旅の開放感もあってか、遊びや援助目的でコールしてきているんです。その中には神待ち少女もいるそうです」

<夏休み突入 東京スカイツリーが”神待ち”女子高生のメッカに! – ライブドアニュース より一部引用>
http://news.livedoor.com/article/detail/6826013/

2014/11/10
 あてもなく繁華街を彷徨う家出少女。新宿は、アルタ前ロータリー広場、歌舞伎町旧コマ劇場前、区役所通りにあるカフェAYA、西武新宿駅前。渋谷は、ハチ公前、モアイ像前、センター街、道玄坂。池袋は、東池袋中央公園、池袋西口メトロポリタン前噴水公園。筆者的にはやはり新宿が圧倒的に沢山の家出少女がいると感じる。
住む場所も金もなく、傷ついた心でさまよう家出女
 家出少女の大半は、家庭内不和などが原因で、家にいられなかった傷心の少女たちである。スーツケース一つに衣類を詰め込み、街を彷徨っている。よく見れば幼い顔に無理に厚い化粧をしていることや、荷物が妙に多いことが分かる。
 家出少女たちは、住む場所がなくお金がない。昼職で働くのは難しいし、自立して暮らすには稼ぎが足りなすぎる。キャバクラや風俗でも、警察の取締強化からの相次ぐ摘発の影響で働かせてもらえない。年齢を誤魔化させて18歳以下を雇うことは、店側はリスクが大きすぎるのだ。
 なので、どこにも行き場がなく泊まる場所を探している。泊まる場所が無いので、ナンパ待ちをするしかないのだ。

<繁華街でさまよう家出少女に近づく、モテない男たち。その哀しい関係とは|R-ZONE より一部引用>
http://r-zone.me/2014/11/post-245.html

2017/03/15
繁華街にはぼったくり店や違法風俗店など「闇」はつきもので、一歩間違えれば犯罪に巻き込まれかねない。そんな危険をかえりみず、彼らはなぜミナミにすがりつくのか。キャバクラなどを紹介する「無料案内所」のある店舗は、そんな〝漂流民〟たちに住居と仕事を与えている。家出や前科の過去など事情はさまざまだが、所持金が尽きても公的機関に足を伸ばさず、案内所に駆け込む人たち。現代日本の福祉ではカバーしきれない「社会の隙間」が垣間見える。

<【関西の議論】福祉スルー〝漂流民〟の駆け込み寺 キャバクラ無料案内所…家出、出所「ワケあり」が救い求めて – 産経WEST より一部引用>
http://www.sankei.com/west/news/170315/wst1703150004-n1.html

2017/06/27
 スマートフォンを持つ子どもが、ツイッターなどのSNSを通じて、児童ポルノや児童売春などの被害にあうケースが相次いでおり、夏休みを前に警察庁と文科省が、全国の中学・高校で手口を紹介する資料を配布し、注意喚起をすることにした。
 これまでに、「19歳のイケメンモデル」を装った46歳の男が約130人の女子生徒に裸の写真を送らせていたケースや、売春あっせんグループが家出中の女子高校生に、SNSで「仕事を紹介してあげる」などといって近づき、1年にわたり監禁し、売春をさせていたケースもあったという。
 警察庁などは、裸の写真を送らないことや、ネット上での出会いに注意するよう呼びかけている。
http://www.news24.jp/articles/2017/06/27/07365392.html

夏休みももうすぐオシマイ。
いま時分は家出しようかどうか迷ったり、するつもりで情報を集めてる少年・少女が少なからずいることだろう。
都会に憧れてというのは昨今あまり聞かない。代わりに学校や家庭内の問題で実家に居たくないという動機が多いらしい。つまりは逃避行だ。

未成年が家出すると「不良行為」と見做され、保護者の責任が問われるが、成年に達した者が家出した場合、それ自体は何ら問題とはならない。ならないからといって、一夜の宿を提供するのはしかしヤメたほうがいい。
善意からでも家出人を自宅へ連れ込んだりすると、相手が未成年ならもちろん、大人であっても誘拐・監禁の罪に問われかねんのだ(美人局に遭う可能性もある)。
いざ鎌倉の「鉢の木」伝説のような展開は、残念ながら100%ありえない(笑)

以下、「家へは帰れない」を含む投稿。

以下、「帰る」「Back Home」「帰還兵」を含む投稿。

 韓国の文在寅(ムン・ジェイン)大統領のさまざまな指示の中でもユニークなのは「伽耶(カヤ)史を復元せよ」とする歴史学会への要請だ。古代の伽耶諸国は、慶尚道(キョンサンナムド=朝鮮半島南東部)から全羅道(チョルラド=同半島北西部)に及ぶ地域にあった。そこで伽耶史を見直せば、両道の差別意識を内包する壁を突き崩せる、というのが彼の狙いだ。
 しかし、朝鮮半島に伽耶史に関する史料は皆無といえる。それでも「復元して見直せ」と言うのなら、やがて出てくるものは”お家芸”ファンタジー創史でしかあるまい。
 韓国のインテリなら「史料はある。『駕洛国記』を知らないのか」と叫ぶだろう。だが、『駕洛国記』は、原本はもちろん写本もない。あるのは野史『三国遺事』(1289年)に収められた抄録だけだ。
 そこには、天から降りてきた金の卵から次々と男児が生まれ、伽耶5カ国の王になったこと、長男である金首露(キム・スロ)のところにはインドの阿踰ダ(アユダ)国から王女が嫁いできたという神話が載っている。
 日本の史学者の中にも、「天孫降臨の原型だ」と、はしゃぎ回った人がいた。
 ところが、半島に伝わる最古の正史である『三国史記』(1145年)は、金首露の子孫である新羅の英雄・金ユ信(キム・ユシン)の墓誌に「少昊金天氏之後、故姓金」とあることを記している。
 つまり、「天孫降臨の原型」は、金ユ信の没後、何者かによるファンタジー神話なのだ。
 『三国史記』は、その下手人についても示唆している。金ユ信の玄孫(孫の孫)が一族の伝記を書いたが「頗多醸辞、故刪落之」と。つまり、捏造ファンタジーがあまりにも多いので採用しなかった、と。

<【新・悪韓論】文大統領”ファンタジー指令”の愚 歴史学会ヘ「伽耶史を復元せよ」 – zakzak より一部引用>
http://www.zakzak.co.jp/soc/news/170817/soc1708170013-n1.html

たぶん任那日本府など倭国との関連を否定せよということだと思われる。

そも政治権力が学会に指示をだすのは如何なものか、チゥことやねぇ。

 オーストラリアの右翼政党「ワンネーション」の党首、ポーリン・ハンソン上院議員(63)が17日、顔を含む全身を覆う黒いブルカ姿で上院に登場し、治安上の理由を挙げて政府に公共の場での着用禁止を求めた。イスラム教徒ではないハンソン氏の行動に、議場は一時、騒然とした。
 ハンソン氏は「我が国の治安を考えて、ブルカを禁止にしないか。テロリズムは脅威だ」と質問。豪州でもイスラム過激派に感化されたテロの心配が強まっていることと、イスラム女性がかぶるブルカを結びつけて尋ねたとみられる。
 これに対し、ブランディス司法長官は「禁止にはしない。あなたがイスラム教を信じていないことをここの全員が知っている。その中で、あなたはブルカをかぶってきた。信仰心を害する行為だ。豪州にいる50万人のイスラム教徒の圧倒的多数は、法を守るよき豪州人だ」と一蹴した。
http://www.asahi.com/articles/ASK8K4RC5K8KUHBI016.html

とんだ自爆質問だ。

ナチにしろKKKにしろ、あんだけ奇っ怪だから、まだ分かりやすい。

もっと恐ろしいのは、一見真面目そうな七三分けにワイシャツ、スーツ姿。口を開けば世界平和、人権擁護、反核、反戦。
しかし一歩踏み込めば、カネ出せ、本買え、新聞買え、特定候補に投票しろ、指導者の指示や組織の方針に逆らうな、逆らえば地獄に落ちる、敵対者とは法律を破ってでも闘え、馬鹿野郎この野郎と罵倒しろ、、、というような狂った人たち。

つまりチョット見には狂ってるって分かりにくい連中。
そういうのが一番恐ろしいんだよね。

以下、「ブルカ」「ブルキニ」を含む投稿。

かつてカリフォルニア沿岸の島々には、先住民の部族が住んでいた。そして彼らの数千年前の骨を見ると、不可解な健康状態の悪化が見られる。
(中略)
この島には、総称して「チュマッシュ族」と呼ばれる先住民が住んでいた。大きな謎は、彼らの健康状態がなぜか約5,000年前から全体的に悪化し始めたことだ。
現存する骨を見ると、その時代のものから骨の質が劣化し始めている。発育が悪く、頭蓋骨が小さくなり、歯も悪い。これらの原因はたくさん考えられる。栄養不良、不十分な衛生状態、感染症。島の人口増加による資源不足などを指摘する研究者もいる。
(中略)
南カリフォルニアのいくつかのビーチでは、汚い小さなタールのかたまりを踏まないよう気をつけて歩かなければならない。沖合の石油掘削施設から流れてくるものもあるが、こうした「タールボール」は、実は何千年も前から浜辺に打ち上げられてきた。海底から浸出したものが流れてきたのだ。これが瀝青で、この地域の先住民は何千年もの間、船や武器をつくったり、水差しをつくったりするときに使っていた。
(中略)
チュマッシュ族はさらに、瀝青を塗った器で食べ物を食べていたと見られる。

<数千年前の「飲料水用プラスティックボトル」が、先住民族の健康を蝕んでいた?|WIRED.jp より一部引用>
https://wired.jp/2017/08/17/plastic-water-bottles-might-have-poisoned-ancient-californians/

チャンネル諸島(Channel Islands、通称:サンタバーバラ諸島)は、アメリカ合衆国カリフォルニア州サンタバーバラ郡、ロサンゼルス郡、ベンチュラ郡に属する8つの島々で構成される諸島。

<チャンネル諸島(カリフォルニア州) – Wikipedia>

チャンネル諸島

南カリフォルニアがアメリカ有数の油田地帯であると知ってれば、この話題はすぐにピンとくるだろう。
科学知識を持たない先住民が原油を利用して生活の道具を作ったために、健康被害が生じたのではないか、という仮説である。
そのとおりだと思うよ。

そういや出光元て芸名、出光石油となんか関係あんのかしら?

Ventura: Channel Island Views and Laid-Back Shores
KCETOnline
2016/07/20 に公開

以下、「チャンネル諸島」「チャネル諸島」を含む投稿。

以下、「カリフォルニア」「サンフランシスコ」を含む投稿。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です