We’ll Meet Again

睡眠時間が狂うとおかしけな夢を見る。
男が3人並んで、ズボンのチャックに手をやり
「チャックあーげテ」「チャック下げないでェ」「チ○○だーしテ」
あんまりくだらなくて目がさめた。
どうやらトイレへ行きたかったようだ。

 中国安徽省に住む17歳の少年、鄭くんはこの春、インターネット上で腎臓売買の仲介業者に出会った。アップルのタブレット端末「iPad2」が欲しかったので、4月28日、この業者の指示を受けて湖南省の病院で腎臓の摘出手術を受け、業者から2万元(約25万円)を受け取った。しかし今、彼の手元にiPad2はない。それを買う前にノートパソコンとアップルのスマートフォンを買ってしまい、お金を全て使い果たしたのだ。
彼は今、暴走する物欲を抑えられなかったことを後悔している。絶対に買わなければならないものでもないのに、腎臓まで売ってしまった。
http://www.xinhua.jp/socioeconomy/politics_economics_society/276039/

iPad2を買うために腎臓を売ってしまった若者。
せめてその腎臓が誰かのために役立つことを祈るしかありません。

江戸時代の日本の子どもの識字率については嘉永年間の江戸で70~80%、武家階級ではほぼ100%と推定されております。
年端もゆかぬ洟垂れが「身體髪膚、受之父母、不敢毀傷、孝之始也(身体髪膚之れを父母に受く。敢えて毀傷せざるは、孝の始めなり)」などと素読(そどく)していた。
それが100年たたぬうちに、「陛下の御為なら身は鴻毛(こうもう)より軽し」なんてことになるんですから、教育ってのはオソロシイもんです。

共産中国は基本的に唯物論ですから人間を物扱いする。自分でも自分を物扱いするので、2コついてるうちの1コを売ってお金にしちゃえという発想にもなるんでしょう。
マァ強盗よりマシなのかもしれませんけど、テレビのインタビューでこの少年の母親はさすがに涙ぐんでましたよ。

Rita Montaner – El Manisero(1928)

recorded c. November 1927
1st Recording Of “Peanut Vendor” As “El Manisero”
Cuban singer-actress Montaner is heard on this well-known Spanish-language piece written in 1922 by Cuban composer-musician-conductor Moisés Simons. The top-selling recording of the tune came in 1930 as played by the orchestra of Don Azpiazu

Don Azpiazu and His Havana Casino Orchestra – The Peanut Vender(El Manisero)(1930)
vocal: Antonio Machin
英語の綴りでは Vendor / Vender 両方ともOKのようだ。

recorded in NYC May 13, 1930
Major best-selling recording of the Cuban “rumba”

榎本健一 – エノケンの南京豆売り

Stan Kenton and his Orchestra – The Peanut Vendor(1947)

Esther Borja With The Orquesta De Camara De Madrid – El Manisero

Xavier Cugat and his Orchestra – El Manisero(Peanut Vendor)

  ※(追記:この動画は削除されました

 

<参考>
Bill Haley & His Comets – Mambo Rock(1955)
南京豆売り(The Peanut Vendor)のイントロが引用されている。

Son Clave de Oro – El Manisero

<参考>
Dorian Burton – I Want You(1957/02)

Antonio Machín – El Manisero

ザ・ピーナッツ – 南京豆売り

  ※(追記:この動画は削除されました

 

Ed Townsend – If A Peanut Farmer Can Do It(so Can I)(1977)

文部科学省が3日、発表した東京電力福島第一原発事故による県内の放射線量定点調査で、伊達市霊山町2地点と南相馬市、飯舘村のそれぞれ1地点で、年間積算線量推計値が計画的避難区域となる基準の20ミリシーベルトを新たに上回った。
伊達市は同区域に指定されておらず、市は一時避難を希望する住民への支援を検討する方針。
南相馬市の1地点について区域設定は不明だ。
今回の発表された年間積算線量推計値では、伊達市霊山町上小国が20・8ミリシーベルト(前回発表16・2ミリシーベルト)、同市霊山町石田が20・1ミリシーベルト(同14・6ミリシーベルト)となった。
南相馬市原町区大原は23・8ミリシーベルト(同19・6ミリシーベルト)となった。
同地区は一部が計画的避難区域に指定されているが観測地点が区域内かどうかは不明。
飯舘村大倉は20・2ミリシーベルト(同17・3ミリシーベルト)だが、同村は計画的避難区域で大半の住民が村外に避難している。
http://www.kfb.co.jp/news/index.cgi?n=201106040

 福島県郡山市の避難所となっているイベント会場「ビッグパレットふくしま」で2日、同県富岡町の家畜処分の説明会が開かれ、農林水産省の男性職員が福島第1原発から半径20キロの警戒区域を「現状では人も家畜もすめないようなところ」と発言、参加者から抗議を受けていた。同省職員はその場で謝罪した。
http://mainichi.jp/select/jiken/news/20110604ddm041040155000c.html

まことに残念ですが、これは事実でしょう。
本当の話を聞きたくないというのは、もしも基準値以上の結果が出ると売れなくなるから新茶の検査をしないといってる知事と同じです。
事実と向き合うことは苦痛を伴うでしょうが、それをしないと、より大きな苦痛を受けることにもなりかねない。
事実、そうした日本人特有の気質が今回の原発事故を招いたと、私はそう思いますよ。

Vera Lynn with Arthur Young on the Novachord – We’ll Meet Again(1939 version)また会いましょう

recorded September 28, 1939
1st Recording Of “We’Ll Meet Again”
This most-famous British recording of the WW2 era featured a simple novachord accompaniment to the plaintive vocal by 22 year-old Vera and contributed to her reputation as “the Forces’ Sweetheart” during the war years. It was the first of several recorded versions that she made over the decades…the most commonly-heard one with full orchestra and chorus was released in the early 1950s

Kay Kyser and his Orchestra – We’ll Meet Again(1940)
vocal: Ginny Simms, Harry Babbitt, and ensemble

Woody Herman and his Orchestra – We’ll Meet Again(1942)
vocal: Billie Rogers

Benny Goodman and his Orchestra – We’ll Meet Again(1942)
vocal: Peggy Lee

One of the more swinging arrangements of the sentimental war tune, first popularized in England by Vera Lynn in a 1939 recording with simple novachord accompaniment. Lynn’s fully-produced version with male chorus that was featured in “Dr. Strangelove” was an early-50s remake.

Vera Lynn with Chorus of Sailors, Soldiers and Airmen of Her Majesty’s Forces – We’ll Meet Again(1953 version)
orchestra conducted by Roland Shaw
スタンリー・キューブリック監督『博士の異常な愛情 または私は如何にして心配するのを止めて水爆を愛するようになったか(Dr. Strangelove or: How I Learned to Stop Worrying and Love the Bomb)』(1964)のエンディング・テーマに使われてから、若い世代にも歌われるようになりました。

“Dr. Strangelove” version
Vera’s famous original 1939 recording of the song included only Arthur Young’s simple novachord accompaniment, while the arrangement for this stirring ’50s update was patterned after her popular 1952 hits “Auf Wiederseh’n, Sweetheart” and “Yours.” It was with an edited version of this posted track that Stanley Kubrick would accompany the dramatic finale of his darkly comic 1964 political satire.

Frank Sinatra – We’ll Meet Again(1962)

<参考>
Dr. Strangelove(1964)trailer

The Turtles – We’ll Meet Again

The Byrds – We’ll Meet Again(Outtakes, 1965)

P. J. Proby – We’ll Meet Again(1972)

  ※(追記:この動画は削除されました

 

Julie Andrews – We’ll Meet Again(1974)

Tommy Cooper – We’ll Meet Again(1978)

  ※(追記:この動画は削除されました

 

Engelbert Humperdinck – We’ll Meet Again

Johnny Cash – We’ll Meet Again(2002)

  ※(追記:この動画は削除されました

 

Urker visserskoor Crescendo & Vera Lynn – We’ll Meet Again

◆    ◆    ◆

●以下、参考。

Lys Assia – Wenn Du Fortgehst Von Mir(1953)
“Tell Me We’ll Meet Again”

We’ll Meet Again Sweetheart – Foggy Mountain Boys
May 1962, Flatt & Scruggs Grand Ole Opry Show.

Connie Francis – Till We Meet Again
from the album “Greatest American Waltzes”(1963)

The Blue Diamonds – Till We Meet Again(1961)

The Midnighters – We’ll Never Meet Again(1955)

The Pied Pipers – We’ll Be Together Again(1945)
with Paul Weston and his Orchestra
3度目の引用。

First commercial release of this pretty tune, with lyrics by pre-stardom Frankie Laine and music by his pianist-conductor Carl Fischer.

Nicholas Orlando’s Orchestra with vocal chorus – Till We Meet Again(1919)
vocal: Charles Hart & Harry MacDonough

recorded in NYC January 19, 1919
“Smile the while you kiss me sad adieu.” This beloved waltz is purported to have become the largest sheet music seller of all time and was an early success for songwriter Richard Whiting. On the flip of this 78 is the also-popular Waldorf-Astoria Dance Orch. version of “Beautiful Ohio”.

以下、「Again」を含む投稿。

 

追加記事

Peanut Pushing Race – 1938 | The Archivist Presents | #90

British Movietone
2017/03/28 に公開
March is Peanut Month apparently. Why not organise a peanut pushing race?
To celebrate the Peanut harvest a nut pushing race is held. The contestants put sticking plaster across their noses and proceed to push the nuts with their noses.

(2017年3月29日)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です