あらざらむ この世のほかの思ひ出に いまひとたびの 逢ふこともがな

2011/05/24
東京電力は、1号機と4号機の原子炉建屋の上空の空気を分析した結果を発表した。
コンクリートポンプ車を使って、原子炉建屋からどの程度の放射性物質が放出されているかを調査したものだが、放射性ヨウ素やセシウムなどの濃度は、国の基準の0・01倍から最大で0・18倍で、いずれも下回っていた。
http://www.fnn-news.com/news/headlines/articles/CONN00200039.html

今、我が子を福島に留めおいてる親は児童虐待だと思う。
累積被曝によりガンや白血病などで親より先に死ぬかもしれない、その原因を作ってるのがそういう親ですから。
この投稿記事を見た子どもは親に「疎開(そかい)させてくれ」と言いましょう。
バカ親のせいで20代くらいで早死するのはイヤでしょ?

気象庁は25日、国際原子力機関(IAEA)の要請に基づき行っていた福島第一原発事故による放射性物質の拡散予測について、IAEAの要請が終了したため、予測を中止すると発表した。
http://www.yomiuri.co.jp/science/news/20110525-OYT1T00471.htm

一体誰のためにやっていたのか。
最初から信用してなかったから、どうぞご勝手にという感じ。

 東京電力福島第1原子力発電所1号機への海水注入が、菅直人首相の言動を受け55分間中断したとされる問題で、東京電力が、海水投入の3時間以上前の3月12日午後3時20分ごろ、経済産業省原子力安全・保安院に海水注入する旨を事前報告していたことが24日、分かった。首相らが海水注入の協議を始める2時間40分前にあたる。首相は国会で「東電から海水注入の報告はなかった」と答弁しており、政府説明にまたも矛盾が浮上した。
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20110525-00000089-san-pol

 東電によると、3月12日の海水注入開始の約3時間半前の午後3時20分ごろ、原子力災害対策特別措置法に基づき、「準備が整い次第、海水注入を始める」との連絡を同原発から保安院にファクスで行った。
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20110525-00000462-yom-sci

経産省・東電など「原子力村」の住人たちがついに菅政権を見限ったようですね。
自公と話をつけた小沢・鳩山、それと原子力村の住人である自称平成の水戸黄門が次の政権の準備を始めた。その開幕ベルとなったのがおとといの小沢・渡部合同誕生会ではなかったか。
自公から民主へ政権が移ってますます政治が悪くなって、このあと菅政権以上のヒドい内閣ができるんですから、国民にとってこれ以上の不幸はありません。

あゝそれと、311と同程度の地震がまた起きても科学的には何ら不思議ではないそうで、スマトラ沖などの過去の例に照らして、3か月後となる6月以降は臨戦態勢ならぬ臨震態勢、常在戦場の構えが必要でしょう。
そしてまた積算放射線量が限度を超え強制避難区域が拡大されていく可能性が十分ある。これも厄介な話です。

Bon Jovi – Starting All Over Again(1993)

  ※(略)

 

Natalie Cole – Starting Over Again(1989)

  ※(略)

 

Champange – Maybe We Can Try Again(1983)
2度目の引用。

  ※(略)

 

Lamont Dozier – Starting Over(We’ve Made The Necessary Changes)(1981)

  ※(略)

 

John Lennon -(Just Like) Starting Over(1980)

  ※(略)

 

Dolly Parton – Starting Over Again(1980)

  ※(略)

 

The Barracudas -(I wish it could be)1965 Again(1980)

The Leopards – I Wonder If I’ll Ever See You Again(1978)

Sister Sledge – One More Time
from the album “We Are Family”(1979)

Swanee Quintet – Starting All Over Again(1977)

真木ひでと – 夢よもういちど(1975)
2度目の引用。

  ※(追記:この動画は削除されました

 

The Three Degrees – When Will I See You Again 天使のささやき
シングル発売は 英1974/06/21、米1974/09/04。
曲としては2度目の引用。

いしだあゆみ – Yesterday Once More

  ※(追記:この動画は削除されました

 

The Lewis Explosion – Start To Feelin’ Good Again(1973)

  ※(追記:この動画は削除されました

 

The Delfonics – Start All Over Again(1973)

Gerard Cox – 1948(Alone Again Naturally)(1972)
Gerard Coxはオランダの歌手・俳優。

Mel & Tim – Starting All Over Again(1972)

John Taylor – And Think Again
from the album “Pause, And Think Again”(1971)

Alto Saxophone: Stan Sulzmann
Bass: Chris Laurence
Drums: Tony Levin
Engineer: Terry Evennett
Piano, Composed By: John Taylor
Producer: John Surman
Soprano Saxophone: John Surman
Trombone: Chris Pyne
Trumpet: Kenny Wheeler
Voice: Norma Winstone

Mel & Tim – Starting All Over Again(1971)

  ※(追記:この動画は削除されました

 

The Counts – Why Not Start All Over Again(1971)

  ※(追記:この動画は削除されました

 

Sweet Linda Divine – I’ll Say It Again(1970)
ウーマンリブの歌です。

The Supremes – Then We Can Try Again

from the album “Right On”(1970)
Debut album of the “70’s” Supremes with Jean Terrell replacing Diana Ross.

The Beach Boys – Do It Again(1968)恋のリバイバル
The Frogmen “Underwater”(1961/01)のリズムを参考にしたそうだ。

<参考>
The Frogmen – Underwater(1961/01)

The Foundations – Back On My Feet Again(1968)

Timothy Carr – Let’s Start All Over Again(1968)

Timothy Wilson – Say It Again(Say I Love You)(1968)

Ed Townsend – Mommy’s Never Comin’ Back Again(1967)

The Sunshine Company – Back On The Street Again(1967/10)
2度目の引用。

Jon & Robin and The In Crowd – Do It Again A Little Bit Slower(1967/03)

Brenda Holloway – Starting The Hurt All Over Again(1967)

The Masqueraders – One More Chance(1967)

  ※(追記:この動画は削除されました

 

Kathy Gianncursio – I Want You Again

This is an A-side acetate to “This Is Our Time,” and was written by ” ? ”
The 45 was released in 196- , and the group is from New York.

Danny Williams – I’ve Got To Find That Girl Again(1966)

Al Brumley – It’s Starting All Over Again(1966)

  ※(追記:この動画は削除されました

 

Keith – It Started All Over Again(1966)
aka “Our Love Started All Over Again”(1966)

The Mamas and The Papas – I Saw Her Again(Last Night)(1966)

  ※(追記:この動画は削除されました

 

The Chymes – Let’s Try It Again(1966)

  ※(追記:この動画は削除されました

 

Ronnie Dove – Let’s Start All Over Again(1966)

  ※(追記:この動画は削除されました

 

The Symbols – To Make You Smile Again(1966)

The Fortunes – Here It Comes Again(UK:1965/10/01, US:1965/10)
conducted by Les Reed

Pop Chart Peaks: Billboard 27, Record World 32, Cash Box 37 – UK Chart Peak: 4
Follow-up single release to the group’s top-10 hit “You’ve Got Your Troubles.”

The Supremes – Back In My Arms Again(1965/04/15)涙のお願い

produced by Holland & Dozier
Pop Chart Peaks: Billboard & Cash Box #1, Record World #2
The fifth of twelve #1 Billboard singles for the Motown trio.

Gary And Jan Lorraine – Alone Again(1965/04)
UK
B-side of ABC-Paramount 45-10674 from 1965/06.
チャド&ジェレミーっぽい。

Lesley Gore – Start The Party Again
from the album “All About Love”(1965)

Bobby Freeman – I’ll Never Fall In Love Again(1965)

The Chadons – Let’s Start All Over Again(1965)

Brenda Lee – Time And Time Again(1965)

Karen Young – Let’s Start The Party Again(1965)

 ※動画なし。

 

Orchester Roberto Delgado – Wochenend’ und Sonnenschein(Happy Days Are Here Again)(1965)
2度目の引用。

Bernadette Peters – We’ll Start The Party Again(1965)

Linda Scott – If I Love Again(1965)

The Gobbledegooks – Now And Again(1964/11/13)
UK

The Ray Charles Singers – One More Time(1964/10)

Pop Chart Peaks: Record World 29, Billboard 32, Cash Box 33
Following “Love Me With All Your Heart” and “Al-Di-La” earlier in the year, this was the third and final top-40 single by the choral group.

The Cherokees – You’ve Done It Again, Little Girl(1964/06/26)

Dore Alpert – I’d Do It All Again(1964)

Charles Hodges – I’ll Never Go To A Party Again(1964)

Irma Thomas – Think Again(1964)

The Whispers – Never Again(1964)

Peter and Gordon – I Don’t Want To See You Again(UK:1964/09/11, US:1964/09/22)逢いたくないさ

U.S. Pop Chart Peaks: Billboard 16, Cash Box 18, Record World 23 – UK uncharted
The third of three 1964 hits by British duo Peter Asher and Gordon Waller that were written for them by Beatles John Lennon and Paul McCartney.

The Beatles – I Don’t Want To See You Again
Unpublished

 石原軍団が事実上の解散に見舞われた。先週半ばに渡哲也が石原プロモーションの社長退任を発表。同社の経営陣だった小林正彦専務、舘ひろし、神田正輝ら6人の取締役全員も退任。4月1日付で、故・石原裕次郎の妻で同社会長のまき子夫人が代表取締役会長に就任した。6月いっぱいで全社員がいったん退社するというが、実はこれには裏があるという。
「渡がまき子夫人にトップの座を禅譲することになり、他のメンバーも全員下野する。それでまき子夫人を筆頭に”新石原軍団”として生まれ変わるという算段ですが、本当は違うんです。今回の目的は”小林正彦専務外し”だったんです」(事情通)
http://www.cyzowoman.com/2011/05/post_3605.html

活動写真の昔から人気スターが製作プロを立ち上げるケースは数々あれど、続いた例(ためし)もありません。一代続けばいいほうで、大体はすぐに経営が悪化してつぶれるか吸収されるかのどっちかだ。
ひばりプロが著作権管理を中心にしてるのは賢明であり、黒澤プロがよけいな事業に金まで借りて手を出してるのは愚かでありますね。
石原プロの場合、ふつうの芸能プロとは違った、一般人の目には奇異にも映る、豪勢な催事や政策の是非を語らない選挙応援をするなどの動きが絶えず、どうなのかぁという感じで見ておりました。

所属俳優は役者道に専念してほしいですね。それ以外に新生石原プロが生き残る途にはないでしょう。

Al Martino – I Love You More And More Every Day(1964/01/13)
orchestra and chorus conducted by Peter DeAngelis

Pop Chart Peaks: Billboard 9, Cash Box 11, Music Vendor 11
Al’s first top-ten hit since his “I Love You Because” nearly a year before.

Bobby Vinton – There! I’ve Said It Again(1963/11/08)ブルー・ファイア

orchestra and chorus conducted by Stan Applebaum
(Charted late 1963) 1964 Pop Chart Peaks: #1 Billboard, Cash Box, and Music Vendor
Bobby’s equally-popular follow-up release to “Blue Velvet” was this year-straddling winner, reviving Vaughn Monroe’s #1 hit of the mid-1940s

Sammy Davis Jr. – Song From “Two For The Seesaw”(A Second Chance)(1963/01)
orchestra conducted by Marty Paich.

Movie: “Two For The Seesaw” (United Artists), starring Robert Mitchum, Shirley MacLaine, Edmon Ryan, and Elisabeth Fraser.
Jackie Cain sang it in the film, which was based upon William Gibson’s Tony-nominated Broadway play of 1958.

Wilfred Jackie Edwards & The Velvettes – Do You Want Me Again(1963)

  ※(追記:この動画は削除されました

 

Little Joe Cook – I’ll Never Go To A Party Again(1963)

  ※(追記:この動画は削除されました

 

Little Eva – Let’s Start The Party Again(1963)

Jim Dale – Start All Over Again(1963)

Bob Morris – I Knew I Lose Again(1963)

Michael Cox – Say That Again(1963)

Bobby Lewis – I’m Tossin’ & Turnin’ Again(1962)

Kay Barry – It Started All Over Again(1962)

Brenda Lee – It Started All Over Again(1962/06)
この「ウォッオゥ」はバディ・ホリーとは関係なさそうだ。

Pop Chart Peaks: Cash Box 26, Billboard 29, Music Vendor 34
Flip side of Brenda’s top-15 ballad hit “Heart In Hand”

Jack Moore And The Clefs – Here Comes That Dream Again(1962)
2度目の引用。

Joe South – Just To Be With You Again(1962)

Mary Wells – Old Love(Let’s Try It Again)(1962)

Geoff Goddard – Try Once More(1962)
バディ・ホリーのしゃっくり唱法。

4 Cal-Quettes – Again(1962)

Fats Domino – You Win Again(1962/02)
2度目の引用。

Pop Chart Peaks: Billboard 22, Music Vendor 29, Cash Box 30
One of the classic country songs written and introduced by Hank Williams (in 1952).

Art Wayne – Try And Try Again(1961)

The Supremes – Never Again(1961)

  ※(追記:この動画は削除されました

 

Dean Reed – Once Again(1961)

The Concords – Again(1961)

  ※(追記:この動画は削除されました

 

Buddy Skipper – Back On The Beach Again(1961)
2度目の引用。

Peppino di Capri – Let’s Twist Again(1961)

Bill Haley y sus Cometas – Más Twist(1961)
Let’s Twist Again

  ※(追記:この動画は削除されました

 

Johnny Burnette – Second Chance(1961)

Teddy Randazzo – One More Chance(1961)

  ※(追記:この動画は削除されました

 

The Platters – I’ll Never Smile Again(1961)
orchestra conducted by David Carroll

The #1 ballad of 1940, first popularized by the Tommy Dorsey orchestra with vocals by young Frank Sinatra with The Pied Pipers.
Pop Chart Peaks: Billboard 25, Music Vendor 30, Cash Box 32
Billboard R&B Peak: 17

Col Joye – More And More(1961)

  ※(追記:この動画は削除されました

 

Frank Sinatra – The Second Time Around(1961/02)
orchestra conducted by Felix Slatkin

Movie: “High Time” (20th Century Fox), starring Bing Crosby, Fabian, Tuesday Weld, Nicole Maurey, and Richard Beymer.
Blake Edwards directed, Bing sang it in the movie, and Frank chose this track to be the inaugural single release from his brand new Reprise record label.

以下、データ量が多くなりましたので、分割しました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です