WerFault.exe アプリケーションエラー

Windows7 64bitの通常アップデートのあと、昨日から『WerFault.exe アプリケーションエラー』が頻繁に出るようになりました。
『OK』をクリックしても、特に使用中のプログラムには影響が出ず(つまり裏で動いてるプログラムが問題?)、特段不都合はないけれども、アラート表示がうざいので、
スタート—>コントロールパネル—>システムとセキュリティ—>管理ツール/イベントログの表示
でチェック。
スタート—>プログラムとファイルの検索で「msconfig」と打ち込み、クリックして起動。スタートアップから外すものを選んで再起動。
とりあえずの原因は Java Platform SE Auto Updater 2.0 だったことが判明しました。

追加記事

Craving Explorer Version 1.4.0(2012/06/15)を使用中、突然このエラーが出て、アプリケーションは強制終了。
再インストールしても同じで、使用できず。
(2012年7月19日)

追加記事

Safari 5.1.7を使用中、突然 wermgr.exe のエラーが出て、アプリケーションは停止。使用できず。
どーなっておるのだ!?

(2012年7月20日)

追加記事

WerFault.exe アプリケーションエラーの警告が出て、ただちに強制終了、というパターンがまた増え始めました。
まったくWindowsには困ったもんです。
(2013年2月27日)

WerFault.exe アプリケーションエラー」への2件のフィードバック

  1. daiji nakajima

    私も同様、WerFault.exe アプリケーションエラーの警告が出て、先に進めずコンピューター使用不能になったままです。解決方法はないものでしょうか。

    返信
    1. 菅佐原 英二 投稿作成者

      この投稿を書いた菅佐原英二と申します。
      コメントありがとうございます。
      私が投稿時に使っていた Windows7 はその後 壊れて、今は Windows10 のパソコンを使っております。
      最近ヨーロッパで日本のプリンタが故障の時期を細工してるんじゃないかという話があり話題になりましたが、パソコンもそんなもんかもしれません。
      通常の使用なら、6~7万円程度のPCを使い倒して次々買い換える、というのが一番いいのかもしれませんね。

      返信

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です