遁辞/逃げ口上/捨て台詞

Engelbert Humperdinck – Too Beautiful To Last(1972)

 

The Beatles – The Long And Winding Road
録音 1969年1月31日
リリース 1970年5月11日(USA, シングル盤)

  ※(略)

 

Frank Sinatra – My Way
録音 1968年12月30日
リリース 1969年(USA, シングル盤)

  ※(略)

 

Enric Madriguera and his Orchestra – It Was So Beautiful(1932)
vocal: vocal by Richard Barry
recorded August 31, 1932 (actual label scan not available)

Joel Whitburn “Pop Memories”-charted track, not elsewhere on YouTube as of this posting. This unusual running time of 4:35 on one side of a ten-inch 78rpm disc was part of a “longer playing record” experiment undertaken in 1932 by Columbia Records for a brief period. Only a few such discs were released.
Kate Smith performed this dramatic Arthur Freed-Harry Barris tune in the 1932 film “The Big Broadcast” while several popular recorded versions enjoyed moderate sales, including this one by Madriguera (Columbia), George Olsen (Victor), Harry Richman (Columbia), Ruth Etting (ARC), and Ozzie Nelson (Brunswick).

George Olsen and his Music – It Was So Beautiful(1932)
vocal: Paul Small
recorded July 13, 1932

Ozzie Nelson and his Orchestra – It Was So Beautiful(1932)
vocal: Ozzie Nelson
recorded in NYC July 11, 1932

Art Kahn’s Orchestra – It Was So Beautiful(1932)
The ARC studio orchestra
vocal: Chick Bullock
recorded in NYC July 1, 1932

Kate Smith performed this dramatic Arthur Freed-Harry Barris tune in the 1932 film “The Big Broadcast.”

今となっては、すべてが美しく、また愛おしい、、、
――来し方を振り返り、無反省な自己陶酔、際限なき自己肯定に恍惚とする老人に、私はなりたくない。
かといって、忸怩たる思いに煩悶し、輾転反側、眠れぬ夜を過ごすほど、誠実な人間でもないのだが。
今、一つの区切りを迎え、万感胸に迫れども、黙して語らず。アイスバーを持って拈華微笑よろしくウケケケケと痴笑するのみである。
ただひとつ言えるのは何ごとにもリミットがあるってこと。IMF融資の返済期限と同じだ。
現象世界の存在・事象はそっくりそのまま有限である。ハードやソフト、データといえども例外ではない。

Bobby Lewis – Tossin’ And Turnin’(1961)
orchestra conducted by Joe Rene
タイトルは「輾転反側」の意。

さて、
救急車の有料化で浮いた予算は、、、 register movement Part3
でもお知らせしたとおり、
このブログ『register movement Part3』での投稿数が1000件を超えてしまったので(正確にはこの投稿で1065件)、次のブログへ引っ越しすることにしました。
データベースが肥大化すると、バックアップ作業に支障が出たり、通常でもサーバに負担をかけ、つまりは同じサーバを使っている赤の他人にもメーワクがかかったりしますんで、これは致し方ありません。

Tal Henry and his North Carolinians – I Can’t Go On Like This(1934)
vocal: Taz Wolter

Shakin’ Stevens And The Sunsets – Give Me A Break(1983)

Larry & Mike – So Long Little Buddy(1964)

Johnny Flamingo – So Long(1956)

Four Aces – So Long(1954)

Russ Morgan and his Orchestra – So Long(1940)
vocal: Russ Morgan

Morgan co-wrote his band’s closing theme, which was revived in 1954 as a top-20 hit for The Four Aces.

というわけで、本稿はここでの最後の投稿となります。
続きは、以下のとおりです。

では、全くやる気のない選曲の、名目だけご覧ください。

東方神起 – Good-bye for Now(2014)

  ※(略)

 

水田かおり – 元気でね(2013)

  ※(略)

 

DNT – 元気でね(2012)

  ※(略)

 

Dorothy Little Happy – デモサヨナラ(2011)

  ※(略)

 

南こうせつ –  元気でね(2010)

  ※(略)

 

ケツメイシ – さよならまたね(2007)

  ※(略)

 

日高のり子、佐久間レイ、川村万梨阿、矢尾一樹、大木民夫、若本規夫 – 元気でね
OVAアニメ原作のテレビゲーム『トップをねらえ! Gun Buster』(2005)挿入歌

  ※(略)

 

小林幸子 – 元気でいてね
映画『クレヨンしんちゃん 嵐を呼ぶ モーレツ!オトナ帝国の逆襲』(2001)ED曲

  ※(略)

 

加藤いづみ – 元気でね、バイバイ(1999)

  ※(略)

 

飯島真理 – 元気でね(1996)

  ※(略)

 

りんけんバンド – 元気でね(1994)

  ※(略)

 

馬渡松子 – さよならbyebye(1993)
『幽☆遊☆白書』2代目ED曲

  ※(略)

 

辛島美登里 – See You Again(1992)

  ※(略)

 

天地真理 – また逢うためにさようなら(1974)
1974年9月 東京・九段会館ホールに於けるライブ録音。

  ※(略)

 

尾崎紀世彦 – また逢う日まで(1971)
2度目の引用。第13回日本レコード大賞受賞曲。

  ※(略)

 

Cookie Carr y su Conjunto – Adios(Goodbye)(1959)

青木光一 – 元気でね、左様なら(1953)
青木の出世作。以降ヒットを連発する。

  ※(略)

 

Kay Kyser and his Orchestra – We’ll Meet Again(1940)
vocal: Ginny Simms, Harry Babbitt, and ensemble
2度目の引用。

Dolly Dawn and her dawn Patrol – Goody Goodbye(1939)
vocal: Dolly Dawn

“Fats” Waller and his Rhythm – Bye, Bye, Baby(1936)

A #4 “Hit Parade” song (different from the later “Bye Bye Baby” in “Gentlemen Prefer Blondes”)

Isham Jones and his Orchestra – Goodbye Again(1933)
vocal: Joe Martin