ただ今 大放出中!

さよならiGoogle……11月1日のiGoogle終了で今やるべきことをまとめてみた
(中略)
ということで、iGoogleをバリバリ使っている場合、即座に代替サービスへの移行を検討しなければならない。ではどういったサービスがあるのか。探してみると、特に名が挙がっているのは以下の3サービス。

・Netvibes( http://www.netvibes.com )
・My Yahoo!( http://my.yahoo.co.jp )
・まとみ( http://matomi.jp )

これらは、いずれもiGoogleと同じように、好みのガジェットをページに配置できるタイプ。といっても、またガジェット選びからやり直すのかよ、めんどくさいよ、という方も少なくないだろう。だがご安心を。NetvibesとMy Yahoo!はiGoogleの設定を引き継ぐことが可能だ。
http://getnews.jp/archives/431703

「My Yahoo!」と「まとみ」を試したが、見た目も使い勝手も気に入らない。

2013/10/08
今も毎時1000万ベクレル 大気中に放出続く
 東京電力福島第一原発事故に伴い大気中に放出された放射性物質は「セシウムの134、137を合わせて2万兆ベクレルになるとみている」と東電の廣瀬直己社長が7日の閉会中審査の参議院経済産業委員会で語った。
 廣瀬社長は「現在も毎時1000万ベクレルの追加的放出がある」と大気汚染が継続的に続いているという深刻な状況にあることを示した。
 また、海洋への放射性物質の放出について「当初は7100兆ベクレル放出されたとみている。その後、地下水の汚染などにより、最大で1日あたり最大200億ベクレルのセシウムが放出されているとみている」と述べた。
 日本共産党の倉林明子参議院議員の質問に答えた。また、田中俊一原子力規制委員長は「これ以上、海洋への汚染が広がらないようにするのが我々の役目だと思っている」と答えた。茂木敏充経済産業大臣は「海を汚さないため、万全の対策をとっていきたい」とした。
http://www.zaikei.co.jp/article/20131008/155680.html

大気には、事故から現在(いつの現在か?)まで、セシウム134と137が2万兆ベクレル、それプラス、現在も毎時1000万ベクレルの放射性物質が、
海には、同じく7100兆ベクレル、それプラス現在も最大で1日あたり最大200億ベクレルの放射性物質が、放出され続けている、
と東電社長が国会で証言した。
これではいくら除染したところで、貝殻で海水を組み上げるようなものだ。

2013/10/08
 日光市内で観光物産品卸売会社などを営む男性(35)によると、ことし5~7月分の損害賠償を8月上旬に請求したところ、通常なら約2週間で振り込まれる賠償金が入らず、9月上旬に東電側から「賠償金のご請求に関するお知らせ」と題したA4の書面2枚が郵送された。
 書面によると、東電側は「事故から相当期間が経過した現時点では、通常代替取引先の開拓および代替事業の展開等が可能であり、そうした中で貴社の売り上げが減少したことと事故との因果関係は認められないと判断した」などと説明。「賠償金の支払いはできない」としている。
 男性は原発事故後から賠償金を請求し、これまで支払いを受けてきた。今回の請求についても東電側の担当者と事前にすり合わせし、今までと同じ手続きで請求したという。
http://www.shimotsuke.co.jp/news/tochigi/local/news/20131008/1375929

 東京電力福島第1原発事故による風評被害の損害賠償をめぐり、東電側から賠償の打ち切りを書面で通知された日光市内の観光物産業者が8日、下野新聞社の取材に「会社に来た東電社員から『一次被害のホテル側から賠償請求がないのに、(ホテルなどと取引している)二次被害の業者に支払うことはできない』と言われた」などと証言した。
 東電側は業者に書面で「売り上げの減少と事故の因果関係は認められない」などと伝えていた。書面と異なる社員の説明に業者は「打ち切りの根拠や理由がまったく分からない」と東電側の対応を批判している。
 東電広報部は「損害賠償をめぐる個別のやりとりについてはコメントを差し控えたい」としている。
http://www.shimotsuke.co.jp/news/tochigi/local/news/20131009/1376997

東電って国有化されたんじゃなかったっけ?

2012/07/31
 政府の原子力損害賠償支援機構は31日、東京電力への1兆円の出資を完了した。機構は議決権の50.11%をにぎって実質国有化した。
http://www.nikkei.com/article/DGXNASFS3100B_R30C12A7MM0000/

てことは、東電の賠償金支払い拒否は「事実上」政府が拒否してることになるよね。
ここでもまた東北棄民方針が見て取れる。
某官僚が匿名で「東北の復興は不要」とブログで書き込んだように、政府や永田町は「東北は人が住めなくなっちゃった。もうどうでもいいや。ほっとこう。次は五輪と消費増税で儲けよう」と考えているのだろう。

2013/09/26
匿名ブログで「復興は不要」 経産省官僚、身元ばれ閉鎖
 復興は不要だと正論を言わない政治家は死ねばいい――。2年前、匿名ブログに書き込まれた一文が、ここ数日、インターネット上に広まり、騒ぎになっている。閲覧者らが身元を割り出し、筆者が経済産業省のキャリア男性官僚(51)であることがばれたためだ。事態をつかんだ経産省も「遺憾であり、速やかに対応する」として、処分を検討し始めた。
 この男性は経産省の課長などを務め、今年6月から外郭団体に出向している。復興に関わる部署ではないという。ブログでは匿名だったが、過激な書き込みが目立ち、仕事にかかわる記述から閲覧者らが身元を割り出したとみられる。24日午後から、実名や肩書がネット上にさらされた。
 「復興は不要だ」との書き込みは、2011年9月のもの。被災地が「もともと過疎地」だというのが根拠だ。今年8月には、高齢者に対して「早く死ねよ」などと書き込んだ。同7月には「あましたりまであと3年、がんばろっと」などと、天下りを示唆する内容も記した。
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20130926-00000006-asahi-soci

マノレコーもコウモリ党らしく、原発推進 ⇒ 反対 ⇒ 推進と、短期間で目まぐるしく態度を変えた。
プレスリー好きの元首相も、原発推進から反対へ宗旨替え・転向を表明。

自らの権力志向 と 大衆へのおもねり の間にクラゲのように漂う彼らの醜悪さにメシも不味くなる「食欲の秋」であるが、
諸物価高騰・値上げラッシュで食欲も満たせなくなってきたか。

東京電力福島第1原発の貯蔵タンクから約300トンの高濃度汚染水が漏れた問題で、東電は9日、漏れたタンク北側の観測用井戸で7日に採取した地下水から、放射性物質のトリチウムが1リットル当たり25万ベクレル検出されたと発表した。6日には同23万ベクレルが検出されており、漏えいタンク周辺では最高値が2日続けて更新された。
http://www.jiji.com/jc/c?g=soc_30&k=2013100900363

 9日午前10時ごろ、東京電力福島第1原発で、放射性汚染水の塩分除去装置の配管から「汚染水が漏れ出した」と現場作業員から免震重要棟に連絡があった。東電によると、作業員が高濃度汚染水を浴び、6人の体に放射性物質の付着が確認された。被ばく量などを調べている。
http://mainichi.jp/feature/20110311/news/20131009k0000e040210000c.html

あそこで作業する以上は異常な量の被曝は避けられない。
現場作業員はシロートばかりで、みな使い捨て。
目先のわづかなカネのために命を縮める、哀れな人たちだ。
そのうち応募者すらいなくなって、裁判員制度と同じく無作為選抜で強制ボランティア制(矛盾してるネこの言葉)が敷かれるカモ!

現場作業員といえば、このような話題もあります。

週刊『モーニング』の新人賞『第34回MANGA OPEN』大賞に選ばれた同作品が掲載されているのは、去る11月3日に発売された44号。そこにあったのは、事故後自ら志願して福島第一原発の作業員となった同漫画の作者、竜田一人さんの目を通して描かれた、リアルな「いちえふ(福島第一原発、通称1Fを指す言葉)」の姿でした。
早朝の集合風景から、防護服の詳細やそれらを身につける手順、福島第一原発周辺の現在の状況など、のっけから読者を強烈に惹きつける同作。しかしそこには決して、メディアで報じられるような仰々しさはありません。
作業員である竜田さんそして同僚たちは、ただ淡々と日々の業務をこなし、お弁当を食べ昼寝をし、再び我が家へと帰っていきます。
もちろん、年間20ミリシーベルトという被ばく線量を常に気にしなければいけない点など、普通の仕事現場とは全く異なる状況であることに変わりはありません。けれど、それでも彼らは、一部メディアが報じるような、いわゆる「地獄」にいるわけではないのだ。そのことを『いちえふ』は教えてくれたような気がします。
「センセーショナルにとらえられがちなあの場所ですが、実際の現場の空気感みたいなものを伝えられればと、こんな作品を描きました(原文ママ)」と、竜田さん。
http://youpouch.com/2013/10/07/137571/

鎌田慧のルポタージュ『自動車絶望工場 ある季節工の日記』(1973)や、
森崎東の映画『生きてるうちが花なのよ死んだらそれまでよ党宣言』(1985)
を連想しましたよ。

 債務の上限問題が生じている原因は、米国の法律の構造的欠陥によるものだ。債務上限の数値を法律で決めているため、すぐに債務額が上限に達し、しばしばそれが政治駆け引きに使われている。
 今回は10月17日までに、16兆7000億ドル(約1623兆円)の債務上限を、引き上げなければならないという。2年前の2011年7月にも、すったもんだの騒ぎの後に、債務上限が引き上げられたのを記憶している人もいるだろう。
 ただし、これは珍しいことでない。これまで約100年間で75回も債務上限が引き上げられている。いってみれば年中行事だ。
 今回の場合、債務上限問題を控えて暫定予算が通らなかった。米国の会計年度は10月1日から始まるが、暫定予算が通らないため、政府機関閉鎖となってしまった。
 もっとも、本予算も暫定予算も通らない予算空白というのも、それほど珍しいわけでない。最近30年間でも20回近くの予算空白が生じている。日本では予算空白は少ないが、それでも戦後約70年間で20回くらいある。
 日米いずれも、予算空白が短期間であれば、政府機関が閉鎖されていないのが実情だ。ただ、今回は今月中旬の債務上限引き上げ期限まで予算空白が続く見込みなので、政府機関閉鎖になったものと思われる。
http://www.zakzak.co.jp/society/domestic/news/20131009/dms1310090727005-n1.htm

中国ほどではないにせよアメリカ政府もかなりインチキな連中だ。
どっちへ転んでも大儲けする人たちが雲の上から操ってる感じ。

問題は、日本が買い込んでいる米国債を日本が自由に売れないこと、
日本が所有する金塊がなぜかアメリカにあること、
そして日本がアメリカの衛星国、もっとハッキリいえば属国であるということ。

その大きな原因の一つが第二次大戦の日本の敗北だった。

ビートルズ「アビイ・ロード」幻の別カットを日本初公開!
 ビートルズの代表的なアルバム「アビイ・ロード」(1969年)のジャケット用に撮影された写真7枚が、日本で初めて同時公開されることが8日、分かった。横断歩道を渡る4人の有名な写真には、別カットが存在している。ビートルズファンの芸能事務所「オフィスオーガスタ」の森川欣信社長(61)がこのほど、ジャケットの裏面写真を含めた全7枚を購入。11月15日から都内展示会でお披露目予定。森川氏によると、7枚の一挙公開は世界でも2度目という。
 横断歩道を歩く4人の写真。このあまりにも有名なアルバムジャケットが撮影されたのは1969年8月8日午前11時35分。ロンドンの「EMIスタジオ(現アビイ・ロード・スタジオ)」に向かう路上で、ジョン・レノンの友人だったカメラマンのイアン・マクミランさんがシャッターを押した。
 4人は横断歩道を3回往復。行きと帰りで1枚ずつ、計6枚撮影。裏ジャケットの「ABBEY ROAD」と書かれたプレート写真と合わせ7枚ある。そのうち偶然、4人の足がそろった1枚がジャケットに使われた。現場の横断歩道はファンの聖地になり、2010年に英政府から文化遺産に指定されている。
 7枚の写真はマクミランさんとビートルズとの契約により、マクミランさんが持つ1セットとは別に25セットだけ現像された。すでに美術市場で販売が完了しており、これら「オリジナルプリント」は世界各地のファンらが所有。ジャケット写真と反対の左方向に歩いている1枚は、2012年に競売業者によってオークションに出品され、1万6000ポンド(約200万円)で取引された。
 7枚をすべて所有している人物がいるかは不明だが、森川氏によると7枚が同時に展示されたのは過去にロンドンの画廊でビートルズのアート展が行われた1度のみ。日本では初という。06年に亡くなったマクミランさん所有の7枚を、遺族が代理人に託したことで森川氏がこれを入手。11月にポール・マッカートニー(71)が11年ぶりに来日公演を行うタイミングでもあり、11月15日から12月3日まで公開する。
 展示の中には、マクミランさんが撮影時間と場所について説明した証明書と、マッカートニーが撮影前にイメージを描いたイラストのコピーもある。「まさに奇跡の作品群」と胸を張る森川氏は「ポールが来日した際に寄って見てくれたらうれしい」と夢見ている。

 【1969年8月8日@アビイ・ロード~Original Photos by Iain Macmillan~】
▼日程 11月15日~12月3日
▼場所 SOCIAL TOKYO GALLERY(東京都渋谷区渋谷1の22の5)
▼入場料 800円
[2013/10/9-06:03 スポーツ報知]
http://hochi.yomiuri.co.jp/entertainment/news/20131009-OHT1T00030.htm

Abbey Road


大きな地図で見る

どんどん建て替わって、だいぶ景観が変わってきている。
それでも街としての統一感が感じられるところは、さすが伝統の国。
日本じゃこうはいかない。

CSあと4日、最後は「幸せになろうね」
2013/10/08
島倉千代子(右)と結婚した阪神・藤本勝己。スター同士のカップルだった

しかし大沢は「なんでもズケズケときいてやろう」と監督王貞治に「こういう短期決戦では何を最優先されますか?」と聞いたら例の大きな目ん玉をぎょろりとさせて「そんなもの、決まっとるだろ。守備だよ。攻撃は水物。投手力はある程度計算できるんだ」ときっぱり。それで“翁”筆特派員大沢は「三塁今江敏晃(ロッテ)-一塁は小笠原」と書いて、結果的にそうなって王ジャパンは世界一になった。
 「そやから守り勝つためのスイッチを和田監督はいつ入れるかなんや…」。西から台風24号が接近してくる。うるさい赤ヘル旋風の対策も急務だ。お千代さんはこう歌っているゾ。
 ♪幸せになろうねって あの人はいいました…それがくちづけすらの思い出も残してくれなかったら承知しないぞョ…虎諸君。
http://sankei.jp.msn.com/sports/news/131008/bbl13100808160000-n3.htm

 “ビッグダディ”こと林下清志さんが9日、公式ブログ『ビッグダディの~今日こそしあわせに~』を開設した。元妻でタレントの美奈子も7月1日からブログを始めており、後を追う形となった。
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20131009-00000320-oric-ent

戦後の日本人が追い求めたのは、生活の質の向上だった。それが希う「しあわせ」だった。
高度経済成長で、大金持ちには成れなかったが、そこそこ食いたいものを食えるようにはなった。そのこぢんまりとした「しあわせ」を掴んだがゆえに、日本人は不幸になったのかもしれない。

℃-ute – LALALA 幸せの歌(2008)

  ※(略)

 

島倉千代子、石川さゆり – 浪花姉妹

  ※(追記:この動画は削除されました

 

榊原郁恵 – しあわせのうた

  ※(追記:この動画は削除されました

 

森昌子、森進一 – しあわせのうた

  ※(追記:この動画は削除されました

 

つなき&みどり – 雨の軽井沢

  ※(追記:この動画は削除されました

 

三田明 – 七色のしあわせ

  ※(追記:この動画は削除されました

 

都はるみ – 七色のしあわせ(1969)

  ※(追記:この動画は削除されました

 

しあわせの歌
2009/10/27 うたごえ喫茶『さんたま屋』(国立)にて

宮城まり子 – しあわせの歌
家の光協会選定歌

  ※(追記:この動画は削除されました

 

 2020年東京オリンピックが決定してからというもの、根強かった誘致反対の声はすっかり鳴りをひそめた。だが、歓迎ムードに抗してあくまで反対を訴え続ける人々がいる。今年1月に結成された市民団体「反五輪の会」( http://hangorin.tumblr.com/ )だ。
「反五輪の会」がオリンピック開催に反対する最大の理由は、それが社会的弱者の排除・抑圧につながるからだという。大きなスポーツ・イベントのたびにホームレスが排除される現象は、世界中で起きているのだそうだ。日本でも、2002年日韓共催サッカーW杯の会場となった大阪・長居公園から野宿者のテントが強制撤去されたことがある。「反五輪の会」は、今後7年間続く競技場建設と再開発ラッシュによって、東京中でホームレスの排除が行われることを危惧している。
 実は、すでに排除は始まっている。今年3月4~7日のIOC評価委員会の候補地調査に先立ち、視察ルートから野宿者の追い出しが行われていたという。2月13日、東京都第二建設事務所と代々木警察署は、代々木公園近くの都道で生活する野宿者に「2月27日までにテントや荷物を撤去しなければ処分する」「3月8日までに戻ってきた場合、即刻処分する」と通告。20人近い野宿者たちが荷物を抱えて街をさまよい歩くことになったのだ。
http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20131009-00518115-sspa-soci

とんでもない情報が入ってきた。日本人と思われる複数の Twitterユーザーが、2020年に開催される東京オリンピックにおいて、サリンをまくと犯行予告をしているのだ。サリンといえば神経ガス系の毒物であり、1995年にはオウム真理教が使用して多くの死者を出した。

・多くの人たちが命を落とす可能性
東京オリンピックは、世界上から多くの人たちが日本にやってくる「今世紀最大のイベント」といっても過言ではない。そこでテロ行為としてサリンが使われれば、多くの人たちが命を落とす可能性がある。以下は Twitter に書き込みされた犯行予告の引用である。

・Twitter に書き込みされた犯行予告

「東京五輪開催日にサリン撒きます」( @Re2sy
「東京オリンピックの選手村にサリン撒きます」( @kyara_choco
「な~にが東京オンリピックだよ、そんなもん潰すわ、2020年に東京全体にサリン撒きます」( @_U_K_M
「東京オリンピックにサリン撒きます」( @syokatukiller

http://rocketnews24.com/2013/10/09/377216/

実は前回の東京五輪でも左翼勢力、インテリ、学生を中心に反対論はあった。
本来国民・都民の暮らしのために使われるべき税金の無駄遣い、役人・政治家・業者の利権争奪、新幹線建設のための強引な土地買収・・・
理由は今とさして変わらない。おそらく当時も「乞食」「浮浪者」排除があったはずだ。
結果的には五輪を開催して良かったのだが、直後から不況となったし、国や都の財政も怪しくなった。そして新たな数字のごまかしが始まった。
まさに五輪が作った光と影である。

予約しなくても、皇居外苑と皇居東御苑は見学可能。ですが、予約をすれば、通常は入れない宮殿や宮内庁庁舎の建物など、皇居内の一部を見学できるって、ご存じですか?
しかも「宮内庁生活協同組合」という “秘密のお店” で、そこでしか購入できない「皇居みやげ」が買えちゃうんです! し、知らなかった~……。
どんなものが販売されているのか、気になったので実際に足を運んでみました。
前もって「皇居一般参観」に申し込み、いよいよ皇居へ。宮内庁職員の案内で皇居内を見学し、お待ちかねの「宮内庁生活協同組合」に立ち寄ります。おおおお、すげえええ!
食料品から文房具、食器、酒類まで、幅広いラインアップです。菊の御紋が入ったお茶碗や湯飲み、カステラ、皇居の地図が描かれた下敷き……目移りしちゃう。
しかし、ここで迷っているヒマはありません。なぜなら、「宮内庁生活協同組合」に滞在できるのは約15~20分。気に入ったら臆せず買うべし、これ鉄則!
http://youpouch.com/2013/10/07/137632/

生協があって、皇室ブランドの土産物まであるとは、知らなんだ。
商標登録しないと、中国にやられちゃうんじゃないかしらん。

みずほ、総退陣必至 悪質な暴力団融資に金融庁激怒!「金のためには手段選ばず」
 頭取は知っていた。みずほ銀行が暴力団への融資を放置した問題で、グループのトップ就任直後の2011年7月以降、出席した取締役会などで資料により報告を受けていたことを明らかにした佐藤康博頭取(61)。同行が問題を把握した当時の西堀利(にしぼり・さとる)頭取と塚本隆史前頭取の歴代頭取にも報告されていた。この事実を金融庁検査で伝えず、組織的に問題を先送りし隠蔽していたとなれば、事態は極めて悪質だ。前身の銀行が反社会的勢力への利益供与で大打撃を受けながら、懲りないみずほ。佐藤氏ら首脳の総退陣に波及する可能性も出てきた。
http://www.zakzak.co.jp/society/domestic/news/20131009/dms1310091811017-n1.htm

金融庁激怒?
反日国是の韓国の輸出入銀行へ未担保で500億無担保貸した「罪」はどうなのだ?
武闘派後藤組と古くからつるんでいたカルト教団のカネならいいのか?

韓国起源の文化、技術は枚挙にいとまがない。
 たとえば、世界では中国の四大発明のひとつと“勘違い”されているが、「活版印刷」や「羅針盤」は、もともと韓国で生まれたものだ。韓国人の間では常識。
 日本の桜もそうだ。韓国文化庁や国立研究所は「日本の桜は済州島から持ち出されたもの」と主張している。さらに韓国語版ウィキペディアの「わさび」の項目には「韓国を原産地とし、韓国と日本の川辺や川で育つ」との記述も。わさびがそうなんだから、もちろん寿司もルーツは韓国である。
 そのほかには、柔道、剣道、合気道、空手といった日本古来の武道、歌舞伎、和歌、華道、演歌、アニメや漫画といった文化・芸能、日本語や仮名文字までが韓国発祥だといわれている。
 惜しむらくは、この素晴らしい発明家の国から、ノーベル賞の学術部門の受賞者がひとりも出ていないこと。もしや、韓国人は“殿堂入り”しているため、選ばれる必要がないのか。
※週刊ポスト2013年10月18日号
http://www.news-postseven.com/archives/20131007_215476.html

いわゆる「ウリジナル」現象の記事。
大学教授がこのレベルなので、愕然とさせられる。

【湯浅博の世界読解】列強の政策しのいだ日本の朝鮮統治 ハワイ大名誉教授が検証
2013.10.09
 「文化人はその時代を真っ暗だったという。それは戦後に生まれた迷信である」。戦前の真っ暗史観をこう揶揄(やゆ)したのは、コラムニストの山本夏彦であった。ハワイ大学名誉教授、ジョージ・アキタ氏の最新著を読むと、夏彦翁のコラムと同じ感性を感じる。ただ、アキタ教授のそれは、夏彦翁の変則斜め切りでなく、正眼の構えから一気に面を打つすごみがある。
 「日本の朝鮮統治は現実主義と相互主義に裏打ちされた、より穏健でバランスの取れた政策の下に実施され、戦後韓国のあの驚異的な発展の奇跡の礎になったとの結論を下すに至った」(「『日本の朝鮮統治』を検証する」 草思社)
 アキタ教授はその第1章から、妄想にまみれた民族主義史観を排し、事実を積み上げた研究成果を予告する。微妙な「日本の朝鮮統治」に挑み、韓国と米国の一部にある民族史観に修正の必要性を強調した。日本に「過去を直視せよ」と繰り返す韓国の朴槿恵(パク・クネ)大統領には、実証主義的な歴史学者の声を心静かに聞いてもらいたい。
 アキタ氏はまず、元アイオワ州立大学教授のティーターズ女史が、明治維新からわずか一世代のうちに日本が「司法の独立」概念を取り入れたと称賛する論文を紹介する。彼女は明治24(1891)年に来日したロシアのニコライ皇太子が、警備の津田三蔵巡査に頭部を切りつけられる大津事件に着目した。
 ロシアの報復を恐れた明治政府と世論は、ロシアに謝意を表し、大逆罪で「死刑に処すべきだ」と主張した。だが、時の大審院長、児島惟謙は皇太子を死に至らしめたわけではないと、謀殺未遂罪を適用して終身刑が妥当と判断した。
 政界に対する司法の壮絶な戦いを知るにつけ、平成22年に起きた中国漁船衝突事件をめぐる菅直人政権の政治決定を思い出す。仙谷由人官房長官(当時)が菅首相(同)の意向を踏まえ、中国人船長を釈放するよう法務当局に働きかけた(9月24日付産経)。那覇地検は船長を釈放し、官邸は「検察独自の判断だ」と責任を検察に押し付けた。近代化を推進した児島らの近代精神を踏みにじったといえまいか。
 アキタ氏はティーターズ論文から、法至上主義の精神は「事件からほぼ20年後に始まった朝鮮の植民地化においても、朝鮮の人々に対する総督府の基本的な姿勢にきわめて重要な影響を及ぼし、公正さ、穏健さ、相互主義などの面で列強の植民地政策をはるかにしのぐ統治を朝鮮において可能に」と指摘する。
 韓国でよく聞く「史上もっとも過酷な植民地支配」との非難には、欧米によるアジア植民地化の実態を明かして反証している。米領フィリピンをはじめ、仏独蘭英も含め、多くは強制労働と強制収容所で過酷な生活を強いた。
 欧米の植民地政策に比べると、日本の朝鮮政策は教育や産業開発への巨額投資がなされ、公衆衛生に取り組み、ために朝鮮では一度も飢饉(ききん)がおきなかったという。アキタ氏は「従軍慰安婦」なるものが「性奴隷」だったというのは、「不適切な主張」であり、総督府は李朝時代からの悪しきムチ打ち刑を廃止し、「日本と同等の刑法制度を導入している」と指摘する。
 朴大統領には耳の痛い話ばかりだが、迷信を冷静に受け止められる人には、真実を知る福音書になる。
(東京特派員)
http://www.zakzak.co.jp/society/foreign/news/20131009/frn1310091530002-n1.htm

全文引用させていただきました。
実証主義は学問の大前提です。
韓国にはこれがない。
感情が全てに優先する社会では学問もないし真実も語り得ないですね。

乱暴だったのは政府ではなく、むしろ個々の日本人、男性、とくに警官や軍人です。
彼らは平気で市民を殴った。そういう部分で悪感情が芽生えるので、統治上は逆効果でした。

【藤井厳喜】従軍慰安婦の全貌― 韓国と反日勢力による捏造の実態を暴く [H25/5/­23]

The Comfort Women Controversy : Sex Slaves or Prostitutes【Gemki Fujii 藤井厳喜】

 防衛省は9日深夜、大阪府吹田市の万博記念公園で地対空誘導弾「パトリオット3(PAC3)」の展開訓練を実施した。PAC3は北朝鮮の弾道ミサイル発射などに備えた防衛手段。自衛隊の施設外での展開訓練は、東京都以外では初めてという。
 政府が「弾道ミサイルなどが日本に飛来する恐れがある」と判断し、自衛隊法に基づく破壊措置命令を閣議決定すると、PAC3による防護地域と展開地が決まる。極めて緊急性が高い状況では、防衛相の判断で破壊措置命令を出す場合もある。命令後に速やかに迎撃態勢をとるため、自衛隊の施設外では2010年4月に新宿御苑、12年10月に葛西臨海公園で訓練が実施されていた。
http://www.asahi.com/national/update/1010/OSK201310090154.html

『人類の進歩と調和』だったんだよなぁ千里万博は。
首はすっ飛ぶし、地対空誘導弾の軍事訓練は行われるしで、
岡本太郎氏も泉下でさぞや驚かれてることだろう。

Mary Hopkin sings Yesterday at Osaka Expo 1970

追加記事

高齢者が長年住んでいる都営住宅の立ち退き
「突然出て行けと言われてびっくりです。ここが死に場所のつもりでいましたから」
 メインスタジアムとなる国立競技場の近くの都営霞ヶ丘アパート(10棟240世帯)。住民は昨年夏、東京都から、国立競技場の拡張工事のため、2年後までの退去を求められた。同アパートは、’64年の東京オリンピックのために立ち退かされた住民のために用意された。冒頭の言葉は、そのときから住んでいる女性のもの。
 住民の大半は高齢者。「どこにも行きたくない」と思っている。解決策はただ一つ。「私らもエレベーターが必要なので、高層アパートに建て替えてほしい。それなら、五輪への土地も確保できるはず」
http://nikkan-spa.jp/516660

 1960年代につくられた都営霞ヶ丘アパート。1964東京オリンピックでの国立競技場改築など明治公園整備時の立ち退きにともなって作られた。現在10棟約400名が居住し、66才以上の高齢者が214名と半数を超える。この都営アパートが再びオリンピックのための立ち退きに迫られている。
 霞ヶ丘アパート敷地は新国立競技場(オリンピックスタジアム)の関連敷地として建造物は建てない広場的な滞留空間として整備されることになった。
 この内容は、国立競技場の運営団体である日本スポーツ振興センターが、2012年7月16日「新国立競技場国際デザインコンペ募集要項」で、住民に対しての相談や説明もなく突然発表したものだ。
 〈募集要項〉というアパート住民を対象としないもので既定事実として発表するということ自体が非民主的であり住民をとことん軽視するものだ。
 ちなみに、都営住宅を管轄する東京都都市整備局は、この募集要項の発表まで、霞ヶ丘アパートが同地に立て替えられないことを知らなかったという。住民に相談や説明がないばかりか、行政内部においても、きちんとした意思疎通がなされていない様子だ。

<反五輪の会 NO OLYMPICS 2020 – 都営霞ヶ丘アパート立ち退き問題 より一部引用>
http://hangorin.tumblr.com/post/43712113643

ホームレスにでもなれってことか。

(2013年10月13日)

追加記事

140420_01
Source: Famous Album Covers Pasted into Exact Locations in Google Street View – My Modern Metropolis
(2014年4月20日)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です