送るつもりが送られて

 古都の夏を彩る風物詩「五山送り火」が16日、京都市街を囲む山々で行われ、夜空を赤く照らす炎の文字を浴衣姿の見物客らが見つめた。
 送り火は、盆に迎えた先祖の霊を再び送り出し、無病息災を祈る伝統行事。現在の形に定着したのは江戸時代とされる。
 午後8時、穏やかな風が吹く中、東山の如意ケ嶽では、一画が最長約160メートルの「大」の字が鮮やかに浮かび上がった。その後「妙法」「船形」「左大文字」「鳥居形」も次々と点火した。
 京都府福知山市の花火大会事故を受け、京都市消防局は、火を扱う露店への指導を例年より強化。消防職員らが巡回し、ガソリンの携行缶やガスボンベの安全な使用について重点的に指導した。
 京都府警によると、人出は昨年より約2万人少ない約8万人だった。
http://hochi.yomiuri.co.jp/topics/news/20130816-OHT1T00142.htm

2013/08/13
 京都市の伝統行事「五山送り火」。今年も16日夜にあるが、2年前に東日本大震災の被災地から届き、燃やされなかった「被災松」の薪(まき)がそのままになっている。放射線量の値は自然界と変わらないものの、市が「今も不安に思う市民がいる」として対応を先送りしているからだ。被災者からは戸惑いの声が上がっている。
 京都市西京区の山中にある「旧西部クリーンセンター」の倉庫。被災松の薪110本、削り取った樹皮や木くずなどが二重のポリ袋20個に入れられ、ブルーシートで覆われている。
 2年前、京都市は震災の犠牲者の鎮魂を目的に岩手県陸前高田市から薪500本分を送ってもらった。しかし、樹皮から1キロあたり1130ベクレルの放射性セシウムが検出されて中止に。昨年6月以降、市は薪の芯の部分で約200体の仏像や工芸品を造り、陸前高田市へ贈った。倉庫に保管されているのは、この時残った薪や木くずなどだ。
http://www.asahi.com/national/update/0813/OSK201308130047.html

日本文化はどちらかと言うと、小型化・縮みの傾向がまさっている。
それでも事物が過剰・末端肥大する例はある。
京都五山送り火などはその最たるものだろう。
縮むということは何か超越的存在=権威に対して縮むのであって、それは例えば天皇であったり神であったりということになる。相対的に超越的存在は大きく、重くなる。
門先で焚く送り火があそこまで巨大化したのは、これもまた神仏の側であるからで、大きいほど御利益・霊験がありそうな気がしてくるのである。

個人的には意匠・表現・ディテールが末端肥大化した例として、1950年代のアメ車の流線型とテールフィン、改造バイク(チョッパー)のスタイリングが思われるが、これはまた違う心理の発露であろうと思う。

五山の送り火「法」2013

京都 送り火 2013 左大文字

 インターネット図書館「青空文庫」の創設者であり、呼びかけ人である富田倫生(とみたみちお)さんが、本日(16日)の午後12時8分に亡くなられました。
 富田さんは、パソコン関係の書籍や宇宙開発の書籍などの著述業のほか、電子書籍の可能性にいち早く気づかれ、インターネット図書館「青空文庫」を他の呼びかけ人の方々と共に創設運営してきました。著作権延長問題でも反対の立場を明確にして闘ってきた闘士でもあります。そして長年に亘って病とも闘ってこられました。
 富田さんは、昨年の電子書籍エキスポの会場で何時にも増して青空文庫の歴史と存在意義、そして著作権問題について熱く訴えて居られました。

<青空文庫の富田倫生さん 逝去 ポシブル堂書店からのお知らせ より一部引用>
http://necom.cocolog-nifty.com/information/2013/08/post-0c44.html

立派な事業を遺されましたね。
ご冥福をお祈りいたします。

 犬が暴れたり、空が真っ赤に染まったり-。高知県は南海トラフ巨大地震対策として、大地震の前兆現象とされる情報の募集を始めた。地震との科学的な関係は明らかになっていないが、担当者は「日常生活で変わった現象に目を向け、防災意識を高めてほしい」と期待している。
 南海地震対策課によると、前兆現象には、動物の異常行動、気象の異変、井戸の水位の変化や地鳴りなどがあり、「宏観異常現象」と呼ばれる。
 県内で過去3カ月以内にあった現象をファクスや電子メールで寄せてもらい、現象ごとに集計し毎月ホームページ上で公表する。特定の情報が短期間に集中した場合に専門家への相談を検討するほか、将来的には予知に役立てることも考えるという。避難の勧告や指示の根拠にはしない。
http://www.zakzak.co.jp/society/domestic/news/20130816/dms1308161208014-n1.htm

2013/08/14
ブション博士らは、観測態勢の整っている日本沿岸を中心とした太平洋沿岸で、’99年1月1日 ̄’11年1月1日に起こったM6・5以上、震源の深さが50kmより浅い地震を抽出。
 このうち東日本大震災や南海トラフ巨大地震と同じ、プレート境界で起こるタイプの地震31個を調べたところ、25個の地震で、大きな地震(本震)の前に、震源周辺の地震活動が活発化する、前震の増加がはっきりと観測されていたことが判明したのだ。
 たとえば、’05年12月2日の宮城県沖地震(M6・5)では、地震4日前から最大M2・9の小さな地震が頻発。本震直前の4時間でさらに小さな地震が急増していたことが分かっている。
 こうした現象が、31回中の25回で観測されていた。率にして、実に8割―。「前震はあるかないかわからない、あっても普通の地震と区別できない」などと言って傍観している場合ではない。海溝型地震が起こり得る地域では地震活動が活発化した段階で、「これは大地震の前震の可能性が高い」と考えるべきなのではないか。
 電磁気による地震予知の研究が専門の、東海大学地震予知研究センター長・長尾年恭教授は、こう話す。
「これほどはっきりと前震がとらえられるというのです。ならば、『この地域はいま大きな地震が来そうになっていますよ』と警告を出すシステムを作るのに、技術的困難はまったくない。
『ここまで前震が活発化したら警告を出す』という値(閾値)をあらかじめ決めておいて、あとは従来通りの観測態勢で見守っていればいいのですから」
 関係者が青ざめたのは、この研究で博士らが用いたデータが、何も特別なものではなかったからだ。彼らが利用したのは気象庁も観測している、ごく一般的な地震計のデータだった。
(中略)
高性能の電子基準点が、地震の前兆をとらえていたという。
「私たちは約160回分の地震時のGPSデータを調べ、地震が起こる前の段階で変動が起こっていることを突き止めました。あまり小さな地震では前兆がとらえにくいのですが、M6以上のものならGPSでとらえることができます」
(中略)
 実はいま、このGPSの観測網に、驚くべき異変が観測され始めていると村井名誉教授は話す。
「今年1月からの、四国周辺に設置されている複数の電子基準点の動きを見ると、6月以降、我々が警戒すべき移動幅と考えている値を超える動きをする観測点が急速に増え始めている。
 愛媛県の宇和島から高知県室戸、和歌山県金屋まで、きれいに南海トラフに並行して異常値が出ています。東海、東南海では異常が出ていないので、3連動ではないけれども、南海トラフを震源とする南海地震が起きる可能性があるのじゃないかと思っているのです」
 その地震の規模について、村井名誉教授とともに予知情報を提供している、地震科学探査機構(JESEA)の顧問を務める荒木春視博士はこう語る。
「南海地震の震源の断層の長さからすると、M7以上になるでしょう。沿岸部での震度は6強になる可能性があります。紀伊半島から九州までの範囲で津波が大きくなる危険性もある」
 では、その地震はいつ発生すると考えられるのか。
「巨大地震の予兆は6ヵ月くらい前には出ますので、これから冬にかけてが警戒すべき時期と言えるでしょう。今年の12月から来年の3月までを警戒期間としたい」(村井名誉教授)
 実は、この研究とはまったく関係のないところで、本誌は村井名誉教授らの予測と奇妙に符合する証言を聞いている。武蔵野学院大学の島村英紀特任教授が語った、こんな言葉だ。
(以下略)
「週刊現代」2013年8月17日・24日号より

<全国民必読 世界的科学誌『ネイチャー』に発表された驚愕の調査結果「南海トラフ巨大地震が来る」賢者の知恵 現代ビジネス [講談社] より一部引用>
http://gendai.ismedia.jp/articles/-/36707

地震予知は可能になっている、という話題。
けれども、巨大地震が予知可能になっては困る人たちがいるもの確か。

 カナダのサーカス劇団「シルク・ドゥ・ソレイユ」が今月行った北京での公演で、中国ではタブーとなっている1989年の天安門事件に関する写真が会場の画面に映し出されていたことが分かった。香港紙、サウスチャイナ・モーニング・ポストが16日までに報じた。
 天安門事件では、民主化を求めて北京の天安門広場に集まった学生らを当局が武力弾圧した。
 同紙によると、写真が使われたのは米歌手、故マイケル・ジャクソンさんをテーマにした9日の初公演。天安門事件後に大通りを進む戦車の前で丸腰の男性が立ちはだかる有名な写真が、音楽に合わせ会場内の画面に4秒間、映された。観客らは驚き息をのんだという。
 劇団側は中国当局に公演内容を事前に説明、承認を得ていたといい、当局がチェックの際に見落としたとみられる。写真はその後の公演では演出から削除された。
http://www.nikkei.com/article/DGXNASGM16056_W3A810C1FF1000/

中途半端で、何をしたかったのか分からない。
観客の中国人には何のメッセージも伝わらなかったと思う。

 日本テレビのバラエティー番組「恋のから騒ぎ」でプロデューサーを務めた同社社員の小林正典容疑者(46)=東京都港区=が、無理やり女性の胸を触ったなどとして強制わいせつ容疑で逮捕されていたことが警視庁麻布署への取材で分かった。同署によると、小林容疑者は「胸は触っていない」と否認しているという。
 逮捕容疑は5日未明、港区のホテルで知人女性(19)を押し倒し、無理やり胸を触ったり、キスをしたりしたとしている。女性は同日、被害届を出した。
 小林容疑者は、2011年まで放送されていた「恋のから騒ぎ」で「キモイマン」として出演もしていた。日本テレビは「社員が逮捕されたことは遺憾。事実の詳細が明らかになり次第、厳正に対処する」とコメントした。
http://mainichi.jp/select/news/20130816k0000e040173000c.html

終戦記念日の15日、同局はジブリの新作公開を踏まえ、ゼロ戦や特攻について各番組内で特集を組んだそうだ。
人命を軽視する戦争指導者たちの「悪」についての批判は期待すべくもないと思うが、
見た人、どうだった?

2013.8.16
 イスラエル政府の元高官が広島と長崎に投下された原爆について「日本による侵略行為の報い」とした上で、犠牲者らを悼む両市の平和式典は「独善的でうんざりだ」などとインターネット上に書き込んでいたことが16日までに分かった。日本の外務省などが明らかにした。
 この元高官は近く首相府のインターネットを使った広報戦略の責任者に就任する予定だったダニエル・シーマン氏。イスラエル紙ハーレツ(電子版)によると、インターネットの交流サイト「フェイスブック」の自身のページに記していた。日本政府はイスラエル側に事実確認をした上で「極めて配慮を欠く内容だ」と抗議の申し入れをした。(共同)
http://sankei.jp.msn.com/world/news/130816/mds13081612390008-n1.htm

西欧人のホンネだろうなこれが。
連中の底の浅さを象徴している発言だ。

「独善的でうんざりだ」というのはどうだろう。あの式典には連合軍や原爆を投下したアメリカを非難するところがない。それどころか敢えてそういう部分をカットしているのだ。
それでも彼らが「うんざり」するのは彼ら自身が自分たちを正当化している、すなわち独善だからである。

2013/08/14
 東京電力福島第1原発2号機タービン建屋海側のトレンチ(ケーブルなどの配管用トンネル)で採取した水から放射性セシウムが1リットル当たり23億5000万ベクレル検出されるなどした問題で、東電は14日、滞留している汚染水は約210トンと推定されると発表した。
 同原発では放射性物質で汚染された地下水が拡散し、海へも流出している。汚染源の一つとしてこのトレンチが指摘されているが、実際に地中に漏れているかは分かっていない。
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20130814-00000144-jij-soci

 福島第1原発では今も、放射能汚染水が海に流れ出ている。東電は泥縄式に岸壁近くの井戸から汚染水をくみ上げたりしているが、なにしろ、海に流れ込んでいる汚染水の量は半端じゃない。東電は遮水壁をつくったり、地下水の流入を防ぐべく、凍土方式の検討を始めているが、どれもこれも場当たりで、いい加減で、福島県民をなめているのか、と言いたくなる。
(中略)
「汚染水の問題が報道されてから、与野党初めての視察ですが、止める、冷やす、封じ込めるの事故収束3原則が破綻していることが明らかになった。すべてが後手後手、東電の隠蔽、改ざん体質は変わっていないと疑わざるを得ません。作業員の方は頑張っておられるが、1日に膨大な汚染水がたまる。東芝製のアルプスでクリーンにするはずだったが、3カ月で壊れてしまった。凍土方式にも同じ疑問を持っています。今回のような大規模なスケールでの実績がないから、同じ失敗をする恐れがある。東電任せではなく、世界中から知見を集める必要があります」(増子輝彦・参院議員)
(中略)
「東電が汚染水の漏洩に気が付いていたのか、いないのか。これはひとつの大きな検証課題だと思います。また、凍土方式がどういう経緯で出てきたのか。実は事故当初から、この話はあったんです」(福山哲郎・参院議員)
 しかし、実現性に疑問符が付いて、実行には移されなかったのだ。

http://gendai.net/articles/view/syakai/144021

民主党議員がフクイチへ視察に行って、こういうことを言うのだけれど、民主党って「収束宣言」を承認してるんだよね。つまり彼らにとって事故は終わってるってことなんだね。

民主党も話にならんが、東電を始めとする原子力村の面々の、そのスカスカ頭ぶりには唖然・茫然だ。
笑ってしまうのは、事故対策として何かやり残していることはないか、まだやれることはないか、ずっと会議を重ねてきたというのだ。
おいおい、何を言ってんだよ、汚染水問題は事故直後から警告されてたじゃないか。
それなのに「心配はない」とろくに根拠もなく言い張って、無視してきたんじゃないか。
だから言わんこっちゃない。
例によって、その経緯についても、誰も触れないし責任も取らない。
どうやら悪知恵だけはあるようだ。

親方日の丸で、高給とって引退後はのんびり暮らすことしか頭にない、あさましき連中ばかり。
涼しく安全な部屋から、テレビ電話で、現場の技術者を怒鳴りつけて、それで恬として恥じるところがない、驕慢・独善の愚か者たちである。
あまりのヒドさにもはや言葉もない。

武田教授【原発】海洋のストロンチウム・・・サカナの骨から人間へ
公開日: 2013/08/13

  ※(追記:この動画は削除されました

 

Mike Williams – Something You Didn’t Done(1966)
タイトルは「君がまだしてない何か」の意。

格安回転寿司、安さの裏にある「死魚」ネタとは?
週刊SPA! 8月14日 (水 )9時21分配信
(中略)
回転寿司業界のコンサルを手がける、S氏に聞いた。
「回転寿司チェーンでは、原価が高い本物の代わりに、安い“代用魚”を使って利益を上げる会社が珍しくありませんでした。例えば、マグロの代わりにアカマンボウを利用する。原価がぐっと下がるわりに見た目も味もよく似ているので、安い回転寿司の味になれた客ではまず気がつきません(笑)」
 代用魚はまさしく法の抜け穴といえる手法。食品表示について定めた「JAS法」や「食品衛生法」では、パック販売するスーパーなどでの偽装表示は禁じられてはいるものの、その場で調理する飲食店では何の決まりもなかったのだ。
「しかし近年、こうしたカラクリが報道されるようになり、各自治体で代用魚を規制しようとする動きも出てきた。そこで現在の主流となっているのが、“死魚”です」
 死魚とは、釣りあげる前に死んでいた魚のこと。海底に沈んでいる「底魚」と、海面に腹部を出して浮かんでいる「浮魚」の2種類があり、卸市場といった通常の流通ルートではなく、特別な水産加工業者から仕入れるそうだ。
「死魚は本来なら捨てるしかないため、むしろ代用魚よりも安い。ネタによってバラつきはありますが、ネタの仕入れ価格は、通常のまともな魚に比べると驚きの5~10%です。見た目は、水産加工業者によって切り身にされていますし、ほとんどわからない。見た目は同じネタでも原価率が1・5~2倍にもなる“高利益”商品の出来上がりです」
 こうした死魚は、特定の種類に限るわけではなく、奇形になってしまった養殖魚や死んだ状態で水揚げされたマグロなど多岐にわたる。

http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20130814-00487471-sspa-soci

ナマモノだから、やはり新鮮で安全なものを食いたい。
しかし回らない寿司屋へ行くだけの蓄えも度胸もないのである。

Motiffe – Grotesque Piece(1971)

  ※(追記:この動画は削除されました

 

池田勇人が蔵相時代に「所得に応じて、所得の少い人は麦を多く食う、所得の多い人は米を食うというような、経済の原則に副ったほうへ持って行きたいというのが、私の念願であります」と述べたことを新聞記者が「貧乏人は麦を食え」と悪意ある曲解で報じたことを思い出した。
今では麦飯は健康食ということで、健康に金を惜しまないお金持ちがせっせと食っている。

 長野県諏訪市の諏訪湖畔で15日夜開かれた「諏訪湖祭湖上花火大会」が途中で激しい雷雨に見舞われ、多数の帰宅困難者が出た。同市によると、列車の運休などで帰れなくなった約5000人が、避難所として開放した市の施設など15カ所で一夜を明かすことになった。
 同市などで作る実行委によると、花火大会には約40万~50万人が訪れ、15日午後7時に始まった。しかし、雨と雷が強まり、同43分に中止に。JR東日本長野支社によると、雷雨の影響で岡谷駅(同県岡谷市)の雨量計が規制値に達し、夕方以降、松本発新宿行き特急「スーパーあずさ」や普通列車など18本が断続的に運休、95本が最大6時間20分遅れ、約5万人に影響が出た。
http://mainichi.jp/select/news/20130816k0000m040103000c.html

隅田川花火大会と同じパターン。
開始後20分間だけ打ち上げがされたそうだ。
保険金は降りるのかしらん?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です