« 特撮ヒーローBESTマガジン | メイン | ジェリー藤尾の真実 »

新婚旅行は宮崎へ

寝台特急「彗星」37年の歴史に幕…ファン殺到

 10月のJRダイヤ改正で寝台特急「彗星(すいせい)」が37年の歴史に幕を下ろすことになり、京都行き最終列車が30日夕、JR南宮崎駅を出発。ブルートレインとの別れを惜しむ鉄道ファンら約250人が見送った。
(中略)
 JR九州によると、「彗星」は1968年、宮崎−新大阪を結ぶ寝台特急として登場。宮崎が新婚旅行ブームに沸いた当時は多くの客を運んだが、近年は飛行機や新幹線に押され、利用客が低迷。2000年からは、南宮崎−京都を毎日上下各1本運行していた。
http://www.zakzak.co.jp/top/2005_10/t2005100118.html

「宮崎が新婚旅行ブームに沸いた当時」・・・
デュークエイセスの『フェニックス・ハネムーン』は、『いい湯だな』『女ひとり』『筑波山麓合唱団』などと同じく「にほんのうた」シリーズの一曲。いまから考えると、キャンぺ−ン・ソングのようでもあり、ニュース歌謡のようでもありました。
日南海岸の景観はその後の新婚旅行のメッカ「ハワイ」「グァム」を髣髴とさせますね。
宮崎の前、昭和30年代は熱海でしたか。ロマンス特急が話題になったりしました。
熱海、宮崎、ハワイ、グァム、、、、
してみると共通するのは椰子の木ではなく、海岸ということでしょうか。
新婚さんと海岸……謎です。

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
https://pointex.biz/eiji/blog/mt/mt-tb.cgi/310

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)