独壇場と土壇場の間

2017/08/10
この銭湯、ゲイの間では同性愛者同士の出会いのである”ハッテン“として知られているという。
(中略)
 ハッテンとなっている銭湯では、そので気に入った者同士が湯船に漬かりながら手コキをしたり、トイレで性行為や口淫などが行われることもあるという。
(中略)
 前出のゲイは「公共のでの迷惑行為は同性愛へのマイナスイメージにしかならないし、偏見を助長させるだけから、ゲイにとっても迷惑」と話している。

<一部スーパー銭湯”ハッテン化”にゲイも激怒 より一部引用 – 東スポweb>
http://www.tokyo-sports.co.jp/nonsec/social/728895/

2017/08/11
 学校法人「加計学園」の獣医学部新設をめぐり、菅義偉官房長官が首相官邸での記者会見で、「ここは質問に答える場所ではない」などと言って、説明を拒む面が続いている。
http://www.huffingtonpost.jp/2017/08/11/suga-chief-cabinet-secretary_n_17724436.html

一方的な大本営発表なら「記者会見」の「」を設ける必要がなかろうて。

2017/08/13
 相模原市が検討している公民館の有料化を巡り、利用者や自治会の代表者たちでつくる各公民館の運営協議会への市の説明が終了した。
公民館を無料で使える自治体は少なく有料化は時代の大勢とはいえ、人口が急増した同市では、新旧住民が集い、交流を深めるという貴重な役割を担ってきた。
周知も十分とはいえず、「一度立ち止まって考えるべきでは」との声が上がっている。
http://www.tokyo-np.co.jp/article/kanagawa/list/201708/CK2017081302000132.html

利用する者もしない者も、利用資格を持つ全員がコストを負担するという考え方は、受信料契約と同じだね。

2017/08/13
 13日午後4時15分ごろ、山口県周南市の大津島にある人間魚雷「回天」発射跡の海岸で、男性が岸に浮かんでいるのを通行人が発見。病院に運ばれたが死亡が確認された。
(中略)
男性はグループで大津島に遊びに来ており、飲酒した後、午後4時ごろからシュノーケルをつけて遊泳していた。

http://www.sankei.com/west/news/170813/wst1708130075-n1.html

飲酒して水泳だなんて、
いちばんやっちゃいけないことだ。

2017/08/13
 旭川市の市民東鷹栖スキーの斜面で10日から、発光ダイオード(LED)電灯約4千個でつくる「北」の大文字のライトアップが行われている。夜空の下、柔らかい光がこうこうと輝いている。
https://www.hokkaido-np.co.jp/article/125431

なして「北」?
昨今、北というと金正恩しか思い浮かばん。

それにしても、世の中にはいろんな「場」があるものだ。
たいがい目的を持って設けられているので、目的外と判定されると先日のドレスコードの話題のように「排除」されたり、
場合によっちゃ警棒で殴られたり、逮捕されたりもする。

「場」がそうした危険性を内包している以上、立ち入る者としちゃ多少なりとも緊張を強いられることになる。
おれみたいに自己疎外の傾向が強いとそういうことには特に敏感になるんだよ。

量子場の理論は主に素粒子を扱うための理論である。一般に物理的なものは常に 量子的な状態として記述されねばならず、粒子といえども例外ではないといえる。 一般に粒子は真空と呼ばれる何もない状態の中に1つの粒子が現われた状態として 記述されるのである。このように粒子の存在を量子力学的に記述する方法として 場の理論という方法が知られているのである。

<場の量子論 – Wikibooks>

場の理論
ばのりろん
ナビゲート ビジネス基本用語集の解説
K・レヴィンが提唱した理論で、人間は個人の特性によるだけでなく、その人が置かれた「場」に影響を受けて行動するものだという説

<場の理論(ばのりろん)とは – コトバンク>

広場
ひろば
Plaza, square
都市内部に設けられる公共の空地。市民の集会や散策,祝祭のためのスペース。

<広場(ひろば)とは – コトバンク>

トポス(希: τόπος)とは、ギリシア語で「場所」を意味する語

<トポス – Wikipedia>

印象的な「場」、記憶に残っている「場」を挙げるとすれば、

  • 小学校の運動場(あまりいい思い出はない)
  • 新宿駅西口地下広場(のち、新宿駅西口地下通路と改名。何年かの間、ほぼ毎日あそこを通っていた)
  • 大阪万博のお祭り広場(開催期間中、実際に行っているが、記憶にあるのは新聞や雑誌の写真のほう)
  • 天安門広場(言わずと知れた虐殺現場)

――あたりか。
おれの場合、不思議なことに、学校の教室とか、自分が育った実家とか大人になって賃借した部屋とかは、そのディティールをほとんど憶えていない。
おそらく居心地が悪かったせいだろう。

どのような場所であっても(あるいは景観もそうだが)、自分との関係性においては感情を介した結びつきがあって初めて意味のある場所になるわけで、おれに限っていえばそれはすなわち自分の支配下にある空間(つまり所有する場)なのだった。

エートス(古希: ἦθος, ἔθος; ethos, 複: ἤθη ἤθεα; ethe, ethea)は、「いつもの場所」(ἤθεα ἵππων)を意味し、転じて習慣・特性などを意味する古代ギリシア語である。他に、「出発点・出現」または「特徴」を意味する。

<エートス – Wikipedia>

パトス
理知的な精神に対して、感情的・熱情的な精神。
▷ ギリシア pathos

<パトス – Google 検索>

パトス【(ギリシャ)pathos】 の意味
出典:デジタル大辞泉
アリストテレス倫理学で、欲情・怒り・恐怖・喜び・憎しみ・哀(かな)しみなどの快楽や苦痛を伴う一時的な感情状態。情念。⇔エートス。

<パトス【(ギリシャ)pathos】の意味 – goo国語辞書>

ペーソス
哀愁。しんみりとした哀れさ。
▷ pathos

<ペーソス – Google 検索>

元々は印欧祖語の*kwent(h)-(苦しむ、耐える)から派生し、ギリシャ語の”πάθος”(直訳では「降りかかるもの」転じて苦悩、強い感情、災難、苦難)を経由し、1660年代に英語pathosとして流入。
ギリシャ語から日本語に流入したものがパトス、英語から日本語に流入したものがペーソスである。

用法
ペーソスは普通「哀愁」と訳す。ペーソスは哀愁よりも芸術作品などで哀れを誘う力や調子をいうことが多い。
哀感はペーソス哀愁よりも、より心にしみ入るような、強いもの悲しさをいう。

<ペーソス – ウィクショナリー日本語版>

さて、8月は慰霊の月。
追悼の場は、たいがい悲しみの情感を湛えているけれども、それが打ち震えるようなものか あるいはしみじみしたものか、パトスかペーソスか、どちらのニュアンスに近いかは参集者各人の「場」との距離(関係性)によって違ってくるんだろうね。

 

Dean Randolph – A Quiet Place(2011)
2度目の引用。

Michael Jackson – A Place with No Name
recorded in 1998
2度目の引用。

  ※(追記:この動画は削除されました

 

Tracey Ullman – You Broke My Heart in 17 Places(1983/11)街角ハートブレイク
2度目の引用。

Earth, Wind & Fire – In The Market Place(Interlude)/ Jupiter(1977)
2度目の引用。

Otis Clay – Show Place(1976/07)
2度目の引用。

渡辺プロ、松竹=松竹『喜劇 ここから始まる物語』(1973)予告篇

  ※(追記:この動画は削除されました

 

Mitty Collier – I’d Like To Change Places With His Part Time Lover(1972)
2度目の引用。

  ※(追記:この動画は削除されました

 

Ireen Sheer – Another Place Another Time(1971)
2度目の引用。

August Tide – Far Away Places(1971)
3度目の引用。

Goose Creek Symphony – Talk About Goose Creek And Other Important Places(1970)
2度目の引用。

Diana Ross – My Place(1970/09)

The Magic Lanterns – Another Place, Another Time
2度目の引用。

60s hit for singer Jimmy Bilsbury's band, he went on to co-found and join The Les Humphries Singers in 1970.

The Beach Boys – The Nearest Faraway Place
from the album “20/20″(1969/02)
シングルでは “Cottonfields”(1970/04/20)のB面。
Composer, Producer, Arranger: Bruce Johnston

Junior Mance – A Time And A Place(1968)
2度目の引用。

  ※(追記:この動画は削除されました

 

Junior Reid – Time And Place
2度目の引用。

  ※(追記:この動画は削除されました

 

Toussaint McCall – Nothing Takes The Place of You(1967)
2度目の引用。

  ※(略)

 

Engelbert Humperdinck – A Place In The Sun(1967)太陽のあたる場所
2度目の引用。

The Phinx – To No Place Of Its Own
2度目の引用。

This song was recorded along with “Everything’s Right.”
Unfortunately, they were never printed on vinyl, but reel to reel and stored in a vault and forgotten.
The band is from Texas, and the year was 1966.

Stevie Wonder – A Place In The Sun(1966) 太陽のあたる場所

  ※(追記:この動画は削除されました

 

The Motions – There’s No Place To Hide(1966)
2度目の引用。

The Loved Ones – Another Time Or Place
3度目の引用。

This is a B-side single to “Surprise, Surprise (For You)” and is written by Terry Johnson.

The 45 was released in 1966 by Ambassador Records and the catalog # is TIF-212.
This group is from Tennessee.

The Seeds – The Other Place
2度目の引用。

This is a B-side single to “Try To Understand” and is written by Saxon, Hooper.
The 45 was released in 1966 by GNP Crescendo Records and the catalog # is GNP 370X.
This group is from California.

Johnny Braff – Nobody Can Take Your Place
2度目の引用。

  ※(追記:この動画は削除されました

 

The Animals – We Gotta Get Out Of This Place(1965/08 US 45 single release version)朝日のない街

produced by Mickie Most
Pop Chart Peaks: Record World 12, Billboard 13, Cash Box 14 – UK Chart Peak: 2
This famous anthem with its raw Eric Burdon vocal was issued in the U.S.on this MGM 45 and subsequent LP using a so-called “mistaken” take, as opposed to the different “correct” take of the song which was released in the UK. Later CD compilations usually contained the British-release version rather than this posted track which was the familiar hit in America.

The Animals – We’ve Gotta Get Out Of This Place(1965/07/16 UK 45 single release version)朝日のない街

Petula Clark – Viens Avec Moi(I Know A Place)(1965/05)
2度目の引用。

The Cherokees – A Wondrous Place(1965/02/05)
3度目の引用。
タイトルは「不思議な場所」の意。

  ※(追記:この動画は削除されました

 

Petula Clark – I Know A Place(UK:1965/02, US:1965/03)アイ・ノウ・ア・プレイス
conducted by Tony Hatch
3度目の引用。ミッシェル・ポルナレフの『シェリーに口づけ』(1969)とどこか共通するムードが感じられます。

Pop Chart Peaks: Cash Box 2, Billboard & Record World 3 – UK Chart: 17
The follow-up single release to Petula’s international chart-topper “Downtown.”

Helge Nilsen og The Stringers – There’s A Place On Earth(1964)
Norwegian
2度目の引用。

Chuck Berry – No Particular Place To Go(1964/04)
2度目の引用。

Pop Chart Peaks: Record World 6, Cash Box 9, Billboard 10
After a fairly dry period, Chuck made it back into the Billboard’pop’ top 10 for the first time since 1958 with a song similarly constructed to his classic 1957 hit “School Day.”

Azie Mortimer – Put Yourself In My Place(1963)
2度目の引用。

  ※(追記:この動画は削除されました

 

Keith Colley – Someone To Take Your Place(1962/05)
2度目の引用。

Rod Lauren – A Wondrous Place(1962/04)
2度目の引用。

Betty Barnes – Dancin Place(1962)
2度目の引用。

The Corsairs featuring the voice of Jay “Bird” Uzzell – Smoky Places(1962)
arranged by Sammy Lowe, produced by Abner Spector
2度目の引用。

The only top-40 hit by this group reached #12 on Billboard’s Hot 100 and #10 on the R&B chart.

Johnny Wilson – Sometime, Someplace, Somewhere(1961)
2度目の引用。

Frank Fafara – A Tear Has Taken Your Place(1961)
2度目の引用。

Billy Fury – Wondrous Place(1960/09/25)
3度目の引用。

  ※(追記:この動画は削除されました

 

Andy Rose – A Wondrous Place(1960/09)
3度目の引用。

  ※(追記:この動画は削除されました

 

Mavis Rivers – Far Away Places(1960)
2度目の引用。

Judy Garland – Any Place I Hang My Hat Is Home いずこも我が家
The Judy Garland Show
lyrics: Johnny Mercer
music: Harold Arlen
2度目の引用。

Bernie Nee – What Would You Do (If You Were In My Place)(1957)
2度目の引用。

  ※(追記:この動画は削除されました

 

Day, Dawn & Dusk – Anytime, Anyplace, Anywhere(1956)
2度目の引用。

Les Smith and The Rawhiders – Where Has My Young Years Gone
タイトルは「若い頃に過ごした場所」の意。

Lord Kitchener – London Is the Place for Me
2度目の引用。

Joe Morris and his Orchestra featuring Laurie Tate – Anytime, Any Place, Anywhere(1950)
2度目の引用。

Rosemary Clooney – What Would You Do (If You Were In My Place)(1953)
2度目の引用。

  ※(追記:この動画は削除されました

 

Savoy Hotel Orpheans – There’s A Time And Place For Everything(1931)
vocal: Al Bowlly
2度目の引用。

This track was recorded at the initial session of the newly-reorganized “Savoy Hotel Orpheans” orchestra, formerly billed as the “Savoy Orpheans” and now under the co-leadership of pianist Carroll Gibbons and alto sax player Howard Jacobs.

Paul Tremaine & his Orchestra – Is There A Place Up There For Me?(1930)
vocal: Paul Tremaine and chorus
2度目の引用。

Van Phillips and His Band – No Place But Home(1930)
vocal: Maurice Elwin
2度目の引用。

A song from the late-1930 British stage production “Ever Green,” which was the last of three musicals written by Rodgers & Hart in London. The popular play (254 performances) starred Jessie Matthews, who would also appear in the 1934 film version titled “Evergreen” (though this song did not).
You’ll note here some melodic echoes of Rodgers & Hart’s “Dancing On The Ceiling,” which was the major song hit from “Ever Green.”

 

Will F. Denny – Any Old Place I Can Hang My Hat is Home, Sweet Home to Me
lyrics: Williamn Jerome(1865-1932)
music: Jean Schwartz(1878-1956)
2度目の引用。

Charles Hart – Out Where The Blue Begins(1923)
2度目の引用。

以下、「Place」「場所」「場」を含む投稿。

追加記事

(2018年12月4日)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です