新宿ソーラン節

La La Land (2016 Movie) Official Trailer –’Start A Fire’

La La Land (2016 Movie) Official Trailer –’Dreamers’

Another Day of Sun – La La Land (Original Motion Picture Soundtrack)

La La Land – Behind the Scenes “Traffic” – In Cinemas Now

『ラ・ラ・ランド』は、ハリウッド黄金期のミュージカル映画の文法を下敷きとして、そのスコープを通して、現在のLAのリアルを描き出すという建てつけになっている。結果、過去の文法とそこで描かれる現在の対象との間にズレが生じているのは事実だろう。けれども、監督のダミアン・チャゼルが、あえて(としか考えられない)選んだ戦略は、まさに、その「ズレ」を意識化させることにあった、と見ることはできないだろうか。
つまり、「あえて」マイノリティを後退させ、そのなかでライアン・ゴスリング演じるセブに「ピュアなジャズの死」を語らせることで、かえって「後退化させられたマイノリティ」に注目が行く。そうすることでチャゼルは、ミュージカルの世界を称揚しつつも、その一方で「白人優位」だったミュージカルの世界をも批判するのだ。そして、さらなる拡大解釈が許されるのであれば、そこには、いまなお続く、白人、そして男性優位のハリウッド社会への批判までもが含まれている。
とはいえ、セブが語る「ピュアなジャズ」が何を指しているのかを映画のなかで必ずしも明確にしていないのは、やはり「あえて」解釈の余地を残したと見るべきなのだろう。実際監督は、あるインタヴューで、セブの伝統主義的な志向を、必ずしも是とはしていないと語っている。『セッション』を観ても明らかなようにジャズに一家言をもつ監督なれば、こと音楽の領域において「白人優位」と簡単に謗られるような短絡はしないと思いたい。むしろ、セブの存在は、ここでは問題提起となっていると考えたい。あなただったらどうする? どう思う? 監督は、至るところでこうした「問い」を投げかけていく。

<『ラ・ラ・ランド』を、擁護してみる|WIRED.jp より一部引用>
http://wired.jp/2017/03/06/why-we-hate-this-movie/

菊地成孔の『ラ・ラ・ランド』評:世界中を敵に回す覚悟で平然と言うが、こんなもん全然大したことないね – 菊地成孔の欧米休憩タイム~アルファヴェットを使わない国々の映画批評~ 特別編 |リアルサウンド 映画部|Real Sound
http://realsound.jp/movie/2017/03/post-4278.html

おれ自身好みが激しいということもあり、
攻撃、批判、非難、批難、論難、弁難、非議、誹議、難詰、指弾、責め、問責、咎め、糾弾、糺弾、罵り、譏り、謗り、誹り、そしりはしり、悪口、憎まれ口、悪たれ口、さがな口、悪言、侮言、雑言、謗言、謗り言、罵言、罵詈雑言、悪口雑言、讒謗、罵詈、誹謗、罵詈讒謗、罵倒、嘲罵、冷罵、唾罵、痛罵、酷評、悪態、無礼、辱め、侮辱、恥辱、間然
等々の対象とされることがよくある。
ろくに口も利いたことがない相手からいきなり面と向かって「大嫌い」と言い放たれたことも一再ならず。
ところがおれはあまり気にしないんだな、これが。
感情的好悪はこれは 渡世上 避けがたいのであって、致し方ないところがある。
日本の社会に限らず「出る杭は打たれる」ということもあろう。

傾聴し、反省材料とすべきは理性的・論理的な諫言で、これは謙虚に受け止めないと損をするのは自分ということになる。

映画はしょせん娯楽であるからして、自分が見る前に専門家の論評を参考にする必要はまったくない。まづは自分の勘と好みで金を払って観るべきかどうか決めれば宜しい。

おれはかなり昔にはなるが映画製作の現場にいたので、作る側の事情もおおよそ理解はできる。
それでもメディアスクラムで擬似ブームにしようという手法は「作品そのもので勝負してない」「大衆をナメている」という気がして馴染めなかった。
また、各種の賞が相変わらずインチキであることにも不満がある。
が、やはり娯楽は娯楽であって、大ヒットしたところで残らないものは残らないのだから、目くじら立てることもなかろう。世の中もっと大事なことがいくらでもあるしね。

『ラ・ラ・ランド』を観て
『シェルブールの雨傘』『男と女』『ニューヨーク・ニューヨーク』『カサブランカ』『巴里のアメリカ人』を連想した
って人がけっこう多い。

繰り返すが少しずつ、または大きく変化していること。渋滞。オーディション。デート。
立場逆転の演出。お客の女優とカフェの店員。

運命の歯車を回す「奇跡」はミュージカルにこそ相応しいのか?
文無しのピアニストが自分の店を持つにはいったいいくら必要か?
女優とジャズクラブ経営者のカップルはすれ違うしかないのか?
例えば遠距離恋愛とか難しいのか?
――等々、いろいろ考えさせられる作品らしい。

The Delfonic – La La Means I Love You(1968)

以下、「La La」を含む投稿。

以下、「好き」「嫌い」「好き嫌い」「蓼食う虫も好き好き」「大好物」を含む投稿。

国立新美術館(東京都港区)は3月8日(水)から6月5日(月)まで「ミュシャ展」を開催します。アール・ヌーヴォーを代表する芸術家であるアルフォンス・ミュシャが、晩年の17年間を捧げた超大作「スラヴ叙事詩」全20点を、チェコ国外で初めて展示。同時に、ミュシャが同作を描くまでの足跡を約100点の作品でたどります。
1860年にオーストリア領モラヴィア(現チェコ)で生まれたミュシャは、34歳の時に手掛けた舞台「ジスモンダ」のポスターで一躍注目を集め、アール・ヌーヴォーを代表する芸術家の一人として知られるようになりました。女性や植物などのモチーフを美しい曲線で描いた独自の作風で、今なお多くの人々を魅了し続けています。
ミュシャは華やかなポスターや装飾パネルのデザインを手掛ける一方で、故郷・チェコや自身のルーツであるスラヴ民族のアイデンティティーをテーマにした作品を描き続けました。同展では、ミュシャがその集大成として50代からの17年間を捧げた油彩画「スラヴ叙事詩」を、チェコ国外で初めて展示します。同作は、縦約6m×横約8mの巨大なキャンバス全20点で構成。サイトでは、迫力の展示風景を動画で公開しています。

<「ミュシャ展」六本木・国立新美術館で3/8から 超大作「スラヴ叙事詩」全20点をチェコ国外で初展示 – はてなニュース より一部引用>
http://hatenanews.com/articles/2017/03/06/145051

19世紀後半から20世紀初頭にかけての芸術に魅力を感じる人なら、今回のは見逃せないだろう。
ちなみにおれはゴッホやラッセンよりふつうにマックスフィールド・パリッシュが、好ッきー。

「VR(仮想現実)を悪用すれば、相手の視覚をジャックできる」――PlayStation VR用ゲーム「サマーレッスン」を開発した、バンダイナムコエンターテインメントの原田勝弘チーフプロデューサーが3月4日、政府のサイバーセキュリティ啓発イベント「サイバー攻撃を目撃せよ!2017」(ベルサール秋葉原)で、VR技術に潜むリスクについて話した。VRを悪用すると、端末を装着したユーザーを嘔吐(おうと)させたり、洗脳したりできる可能性があるという。
(中略)
原田さんが警戒するのが「洗脳」だ。テレビのようなモニター画面に比べると、VR端末は現実世界が見えなくなり、ヘッドフォンを装着すると外の音も聞こえなくなるため「外界遮断効果が高く、瞑想(めいそう)の効果が高まる」という。
 「オカルトな話ではなく、科学的根拠がある。洗脳したり、詐欺をしたりに使われる可能性は否定できない」

<VRを悪用すれば「相手を洗脳できる」「数千人を嘔吐させられる」 「サマーレッスン」開発者がリスク指摘 – ITmedia NEWS より一部引用>
http://www.itmedia.co.jp/news/articles/1703/06/news046.html

社員研修や信者勧誘の催しで使われそうだね。
ドローン同様、法律で使用のルールを作る必要がありそうだ。

 大学共同利用機関法人人間文化研究機構国立国語研究所は、258億語規模の「国語研日本語ウェブコーパス(NWJC)」と、これを対象にした検索システム「梵天」を3月7日より一般公開する。
 生活で使われた書きことばや話しことばのデータを大量に集積した「コーパス」は、言語研究に加え、辞書作成時の参照データ、機械翻訳や音声認識における基礎データとして利用されるもの。
 NWJCは、2014年10~12月にインターネット上で8399万2556のURLから収集した258億3694万7421のコーパスを収録。文数では14億6314万2939、のべ文数は38億8588万9575に上るデータが格納されている。
http://internet.watch.impress.co.jp/docs/news/1047913.html

やはり国家の検閲が入るのは気分が悪い。
――という文例を提供しておこう(笑)

 最高16・7メートルの津波が銀座の真ん中に来ていたら、ちょうどこの高さ――ヤフー・ジャパンが、銀座ソニービルの壁面に掲出した広告がネット上で注目を集めています。
http://nlab.itmedia.co.jp/nl/articles/1703/06/news092.html

あそこを一等地と考えてる人が多いが、実は東京東部のゼロメートル地帯同様、いやそれ以上に危険な地域だ。
津波をもろにかぶるし、地盤はユルユルでたちまち液状化する。3・11で明らかになったように東京湾岸には劣化ウランの保管施設があり、近隣の石油タンクの爆発でそれが吹き上げられる危険が高い。
それと長期的には海面上昇により水面下へ入る場所であって、そうなればとうぜん土地としての価値はなくなる。

2017/03/05
まず第一に取り組んだのは、読書しやすい環境をつくることです。私は電気に似ています。できるだけ抵抗の少ない道を選ぼうとするのです。行く手に障害物があると、すぐにあきらめ、もっと楽にできて、その瞬間は同じくらいの満足感を得られるものに、つい手を伸ばしてしまいます。
(中略)
つまり、私が本を読まなくなっているのは、読書しづらい状況になっているからだと気づいたのです。読書灯のスイッチが、ベッドから手を伸ばしづらい場所にありました。

<本をもっと読めるように習慣を少し変えてみたらうまくいった – ライフハッカー[日本版] – エキサイトニュース より一部引用>
http://www.excite.co.jp/News/it_lf/20170305/Lifehacker_201703_170305_reading_more_books.html

2017/03/05
セックスワーカーでありAV女優、舞台女優、そしてマンガ家でもある卯月妙子。長年、統合失調症を患い、その症状によって歩道橋から投身、顔面崩壊し、右目を失明したことを綴った『人間仮免中』(イースト・プレス)は、壮絶な内容とユーモラスな語り口で大きな反響を呼んだ。それから約4年半ぶりの続編『人間仮免中つづき』(小学館)は、小泉今日子が帯に「愛ってすごい!愛って尊い!」とのコメントを寄せており、精神状態が悪化しながらも寄り添う中高年男女の姿が大きな感動の嵐を巻き起こしている。
(中略)
卯月妙子は、自ら死に向かって突進しているように見えることもあるが、『人間仮免中』『人間仮免中つづき』の2作を通して読むと、生きようとあがき、子どものように愛に手を伸ばし続けているのだとわかる。

<精神状態が悪化しながらも寄り添う中高年の愛――『人間仮免中つづき』が感動の嵐を呼ぶ理由|サイゾーウーマン より一部引用>
http://www.cyzowoman.com/2017/03/post_129417.html

気がつけばスマホに手を伸ばしてしまっている状態は、もはや「スマホ中毒」と言っていい。

<スマホ依存症でうつ病、人格障害になる人が増加 日刊SPA! より一部引用>
https://nikkan-spa.jp/1288341

エイやクラゲをはじめとする海中生物が近付いて来ると手を伸ばし触ろうとするなど、優雅に海中散歩を楽しんでいた彼女だが、ゲームのクライマックスでサメに遭遇してプチパニック状態に。巨大なサメを前に「来ないでー! 無理無理無理!」と絶叫していた。

<PlayStation®×真山りか(私立恵比寿中学) 特集 – 音楽ナタリー Power Push より一部引用>
http://natalie.mu/music/pp/playstation04

ポップコーンの味比べ企画というウソの収録でカメラの前に座らされた西野七瀬が目の前にあるカップに手を伸ばすと、中のポップコーンが一気に噴き出す仕掛けがさく裂。

<乃木坂46・西野七瀬”かわいすぎる”リアクション芸披露! テレビ・芸能ニュースならザテレビジョン より一部引用>
https://thetv.jp/news/detail/102519/

「あっ!」
 刹那、恵はそれに手を伸ばした。そのまま考える暇もなく、両手でその小箱を開く。
「え……」

<『死印』前日譚小説”花彦くん遭遇編”【2】 第5話 赤い幕引き – ファミ通.com より一部引用>
https://s.famitsu.com/news/201703/06128098.html

次に否定したのが東京オリンピックだ。開催は避けられないが、猪瀬都政を否定するために、会場の問題などに手を出したのが、小池都政のスタートだった。見直しと言えば聞こえはいいが、実際には闇雲に手をツッコんで現場を混乱させているだけに、僕には思える。
そして今回の築地で、石原都政にまで手を伸ばしてきた。

<赤木智弘 小池都知事は権力闘争ファースト – BLOGOS より一部引用>
http://blogos.com/article/212769/

立って半畳寝て一畳なんて申しますが、幸いにして我が家は両手を伸ばせる広さがございます。だからでしょうかたまに羽を伸ばしすぎて失敗もいたしますが、
あまり広いお屋敷なんぞも考えもんでございますね。いえ、やっかみで申してるんじゃございません。人間 歳を重ねてまいりますと不精になるもんでして、目の前のテーブルにあっても、つい「おーい、あれ取ってくれ」とか言って、嫁に叱られたりなんぞいたします。
どうも不精てぇのはいけないですな。なんでも先送りにしようとする、悪い了簡でございます。あたくしもようやく昨日から着手したことがありましてね、えーこれがなかなかめんどくさいんで辟易しておりますが。
ちょうどいい塩梅には只今は故あって酒を断っておりますんで、そっちへ逃げようがない。ジェットコースターみたいに前へ進むばかりでございます、えゝ。

Michael Bolton ‎- Reach Out I’ll Be There(1992)

Olivia Newton-John ‎- Reach Out For Me(1989 Single Version)

The Staple Singers – Reach Out, Touch A Hand, Make A Friend

Montreux Jazz Festival 1981 with Mavis Staples soloist and Michael Logan on keyboards

The Average White Band – Reach Out(1973)

San Remo Strings – Reach Out I’ll Be There(1972)
UK

Gypsy – Reach Out Your Hand(1971)

Candida Pax – Reach Out(1971)

Diana Ross ‎- Reach Out I’ll Be There(1971)

Diana Ross – Reach Out And Touch(Somebody’s Hand)(1970)
2度目の引用。

Gene Pierson – Reach Out(1970)
“Reach Out I’Ll Be There”
Australia / New Zealand

The Jackson 5 – Reach Out I’ll Be There

The Beatniks – Reach Out I’ll Be There(1969)
2度目の引用。ノルウェー。

  ※(追記:この動画は削除されました

 

Twinn Connexion – Reach Out To Meet Myself
(2010 Album “Twinn Connexion” Expanded Reissue Bonus Tracks)
2度目の引用。

  ※(追記:この動画は削除されました

 

Samson & Hagar – Reach Out To Find Me(1968/10)
2度目の引用。

Pre Van Halen and it’s a really nice pop psych / sike tune too. I’m not sure, but this could be his first release.

Sunset Love – Reach Out(1968)

The Pleasure Seekers – Reach Out
“Reach Out I’Ll Be There”

Live performance of Pleasure Seekers, featuring the Quatro sisters Suzi, Patti, Arlene and company on Northwest tour, 1968.

Derrick Harriott – Reach Out I’ll Be There(1967)

Friend And Lover – Reach Out Of The Darkness(1967/10)
2度目の引用。

Los 4 Crickets – Yo creí(1967)
“Reach Out I’Ll Be There”
2度目の引用。

Alexandra – Es Mejor Dejarlo Como Esta(1967)
“Reach Out I’ll Be There”
2度目の引用。

Burt Bacharach – Reach Out(1967)FULL ALBUM

Tracklist:
01. Reach Out For Me
02. Alfie
03. Bond Street
04. Are You There
05. What The World Needs Now Is Love
06. The Look Of Love
07. A House Is Not A Home
08. I Say A Little Prayer
09. The Windows Of The World
10. Lisa
11. Message To Michael

The Delights – Just Out Of Reach(1966/12)
タイトルは「ちょうど手の届かないところに」の意。

This is a B-side single to “Every Minute, Every Moment, Every Hour” and is written by Just Out Of Reach.
The 45 was released in 1966 by Smash Records and the catalog # is S-2072.
This group is from Illinois.

Four Tops – Reach Out I’ll Be There(1966/08/18)
2度目の引用。

produced by Holland & Dozier
Pop Chart Peaks: Billboard & Cash Box #1, Record World #2 – R&B Chart Peak: #1
This was the group’s second of two #1’pop’ single hits (”I Can’t Help Myself” from a year earler was their first).

Roy Hamilton – Reach Out For Me(1965)

Nancy Wilson – Reach Out For Me(1965)

Dionne Warwick – Reach Out For Me(1964/10)

arranged by Burt Bacharach
Pop Chart Peaks: Billboard 20, Cash Box 21, Record World 24
First recorded a year earlier by Lou Johnson, this was Dionne’s final hit of the year and one of three by her that’s included in this 1964 collection.

Lou Johnson – Reach Out For Me(1963/07)

arranged & produced by Burt Bacharach
released July 1963
Pop Chart Peaks: Cash Box 52, Music Vendor 71, Billboard 74
During the 1960s, songwriter Burt Bacharach took a very hands-on approach in supervising and often conducting the sessions that created new recordings of the tunes that he and Hal David were turning out so prolifically. In this case it was a number that would reach greater heights in 1964 when recorded by Dionne Warwick

Fabulous Four -(Reach Out For The)Hand Of Love(1961 Chancellor unreleased)

<参考>
Ben Bernie and His Hotel Roosevelt Orchestra – Reaching For The Moon(1926)
vocal: Paul Hagan
2度目の引用。

以下、「Touch」を含む投稿。

以下、「Finger」「指」「Thumb」「指紋」を含む投稿。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です