色の記憶

 米南部フロリダ州の民家の裏庭で、遊んでいる最中に危険な毒ヘビに襲われそうになった7歳の女児を、飼い犬のシェパードが身をていして守り抜いた。
 シェパードは2歳の雄。脚を3回かまれながらも引き下がらず、毒ヘビを見事に撃退。体内に毒が回り、治療が必要となったが、完治を願う人々からは多額の寄付が寄せられた。
http://www.sankei.com/world/news/160514/wor1605140046-n1.html

久々 ちょっといい話。
ワニやらカミツキガメやら、フロリダ州はとにかく獰猛で危険な生物が多そうなイメージ。
シェパードは昭和30年代末から40年代にかけて日本で流行った犬種ですね。お金持ちが見栄で飼うことが多かった。

以下、「犬」「猫」関連の投稿。

 

「男性」と呼び、「”男性”とお話することはありません」と涙ながらに騒動を語った。
http://news.livedoor.com/article/detail/11519049/

「男性」と呼びながら「好きでした」と過去の恋愛関係を認め、正月の実家訪問やLINE流出など騒動の核心に言及。
http://www.sanspo.com/geino/news/20160514/geo16051405050003-n1.html

日本語の厄介なところ。
外人なら堂々と名前を出して話すだろうし、そうでなくても英語なら「He」で問題なかろうが、「彼」では親しげだし、「あの人」「あの方」では手のひら返しの印象は免れえない。
かといって不特定の、多数をも意味する「男性」だってかなりヘンだ。

Burt Bacharach – This Guy’s in Love with You(1971)

Herb Alpert – This Guy’s in Love with You(TV live, 1971)ジス・ガイ

B.J. Thomas – This Guy’s in Love with You(1969)

Jerry Vale – This Guy’s In Love With You(1968)

  ※(略)

 

Herb Alpert – This Guy’s In Love With You(1968/05)ジス・ガイ
曲としては3度目の引用。

produced by Herb Alpert and Jerry Moss
Pop Chart Peaks: Billboard, Cash Box & Record World #1
In what was a notable change-of-pace from Herb’s previous string of (mostly) instrumental Tijuana Brass releases, this gentle vocal of the Bacharach-David ballad resulted in the trumpeter’s first #1 Billboard Hot 100 single.

The Lovettes – I Need A Guy(1967)

The Legends – I’m Just A Guy

This is an A-side single to “I’ll come again” and was written by I’ll come again.
The 45 was released in 1967 by Fenton Records and the catalog # is 2512.
The group hails from the Michigan.

Heinz – I’m Not A Bad Guy

This is a B-side single to “Movin’ In” and is written by J. Allison.
The 45 was released in 1966 by Columbia Records and the catalog # is DB 7942.
Heinz is from the UK.

Helen Shapiro – My Guy(1966)

James Brown – It’s A Man’s Man’s Man’s World(TV live 1966)

Ruth and Sherry – You’re Gonna Be My Guy(1965)
written by Link Wray

Bryan Davies – Tell The Other Guy(1964/08/28)
UK

Russ Sainty – Tell The Other Guy(1964)

Connie Stevens – There Goes Your Guy(1964)

Mary Wells – My Guy(1964/03/13)
produced by Smokey Robinson

Pop Chart Peaks: Billboard 1, Cash Box 1, Record World 2
Mary Wells’ signature tune was also her final major hit, as she switched record labels soon after and was never again able to recreate the magic that had once earned her the unofficial title of “The First Lady Of Motown.”

The Classics – Who’s That New Guy(1964)
aka Dennis Yost & Classis IV

The Raindrops – What A Guy(1963/03)

Pop Chart Peaks: Cash Box 34, Music Vendor 37, Billboard 41
Written, produced, and sung by the hitmaking Brill Building duo of Ellie Greenwich and Jeff Barry, who followed this Raindrops release with the top-20 hit “The Kind Of Boy You Can’t Forget”

The Carter Sisters – That’s My Guy(1963/02)

Out of Los Angeles, this soulful’Twist’ number gets thrown into the huge pile of unknown Girl Groups. Recorded at Hollywood’s Gold Star Studios in January of 1963, the George Motola production had enough hit making elements to make it click but like many other small label efforts before and after this, it just didn’t happen. Now, the question is, just who are the Carter Sisters? The flipside,’What Are You Thinking’ was composed by a Judy Carter. There’s a step in the right direction of solving the mystery.

<参考>
The Rocky Fellers – Like the Big Guys Do(1963)

<参考>
Steve Lawrence – Walking Proud(1963/09/03)

conducted by Marion Evans
Pop Chart Peaks: Music Vendor 17, Billboard 26, Cash Box 27
Another Lawrence release written by Carole King & Gerry Goffin, whose “Go Away Little Girl” went to #1 for him earlier in the year.

Dick Lory – Handsome Guy(1962/02)

The Supremes – I Want A Guy(1961)

  ※(追記:この動画は削除されました

 

Diana Trask – A Guy Is A Guy(1960/03/21)

Linda Leigh and The Treasure Tones – My Guy(1959/08)

石原裕次郎 – 素晴しき男性(1958/07)
日活『素晴しき男性』主題歌

  ※(追記:この動画は削除されました

 

Mitzi Gaynor – “A Wonderful Guy” ワンダフル・ガイ
from the musical “South Pacific” 南太平洋
2度目の引用。

東宝『顔役無用 男性No.1』(1955)

監督:山本嘉次郎
原案:菊島隆三
脚本:井手俊郎
音楽:團伊玖磨
出演: 鶴田浩二、三船敏郎、岡田茉莉子、越路吹雪

  ※動画なし。

 

江利チエミ – ガイ・イズ・ア・ガイ(男というものは)(1953/02)

  ※(追記:この動画は削除されました

 
 

Doris Day – A Guy Is a Guy(1952)
You were never lovelier(1942)晴れて今宵は
You’ll never get rich(1941)踊る結婚式
の映像が使われてます。

Benny Goodman and his Orchestra – I’m Gonna Love That Guy(1945 78single version)
vocal: Dottie Reid

以下、「Guy」「ガイ」を含む投稿。

以下、「男と女」「男性」「Man」「素晴しき男性」「女」「Woman」「悪女」「Bad Girl」「女性差別」を含む投稿。

 町田市の都営住宅「成瀬アパート」の一室で、無職の鬼木邦雄さん(92)がベッドであおむけに倒れ、妻の澄子さん(87)がベランダで首をつっているのを、訪ねてきた長男(66)が見つけたのは、10日午後のことだった。
 町田署によると、夫婦は2人暮らしで、全盲で認知症を患う邦雄さんを澄子さんが介護していた。邦雄さんの首に圧迫された痕があったことから、澄子さんが介護に疲れた末、無理心中を図ったとみられる。
 室内からは澄子さんが書いたとみられる3通の遺書(便箋計5枚)が見つかった。子供たちへの感謝と、同じ住宅の人々に「ご迷惑をおかけします」としたおわび。
 そして夫には「じいじ、ごめんなさい」「ばあばは大変だった。堪忍。早く楽になろうね」「じいじ、助けてあげられなくてごめんなさい。ばあばと一緒にあの世に行きましょう」などと記されていた。
 70代の住人男性は「今年の1月ごろまで、夫婦で公園を散歩しているのを見掛けました。座布団を持ってベンチに2人で腰掛けてね。旦那さんはもともと片方の目が見えなかったのだけど、その後、もう片方も見えなくなってしまったそうです」と話す。
 夫婦で散歩に出かけている当時、澄子さんは周囲に「うちのじいさん、ボケちゃって」などと漏らしていたという。澄子さん自身も緑内障などを患いながら、高齢を押して自家用車を運転し、邦雄さんを病院に連れて行っていた。
http://www.zakzak.co.jp/society/domestic/news/20160514/dms1605141530006-n1.htm

老々介護の果ての無理心中。痛ましい限り。
高齢化進む現代日本の、こうしたことが日常風景となりつつある。

こちらの数式、6割は間違えるということです。わかりますでしょうか。答えはどうやら「1」になるのが正解らしいのですが、計算方法としてまず「乗算」を先に行うという鉄則を踏まえると以下のようになります。
http://www.yukawanet.com/archives/5049173.html

「10」かなと思ったら、やっぱり間違えてた!
……と、割り切れない表情で語るおれ(笑)

以下、「算数」「数字」「数式」に関する投稿。

 

160514_06
160514_04
Source: Tokyo Olympics_ €1.3m payment to secret account raises questions over 2020 Games Sport The Guardian

 国際陸連のラミン・ディアク前会長(82=セネガル)らによるドーピング隠蔽に絡んだ汚職を捜査しているフランス司法当局が2020年東京五輪・パラリンピックの招致活動にも捜査対象を拡大している問題で、英紙ガーディアンは11日、東京側がディアク前会長の息子に関係するシンガポールの銀行口座に約130万ユーロ(約1億6000万円)を送金した疑惑があると報じた。匿名の関係者2人が証言した。
 送金先は、ロシア陸上界のドーピング隠しに絡む金銭のやりとりでも使われた疑惑の口座。フランス司法当局は12日、予審判事らによる捜査が始まったことを明らかにした。
 検察当局の声明によると、日本の銀行から13年7月と10月に「東京五輪招致」の名目で、ディアク前会長の息子に関係するシンガポールの銀行口座に計280万シンガポールドル(約2億2300万円)が振り込まれたことが判明。同じころに前会長側がパリで多額の金銭を支出していたことを確認した。前会長は当時、国際オリンピック委員会(IOC)の委員として五輪開催都市決定に影響力があったとされる。
 東京五輪招致を巡っては、ロシアのドーピング問題を調査した世界反ドーピング機関(WADA)の第三者委員会が1月に公表した報告書で、日本側が国際陸連に協賛金を支払った証言があると指摘。イスタンブールが立候補したトルコ側は400万ドル(約4億4000万円)から500万ドルの協賛金を支払わず、当時国際陸連会長でIOC委員としても影響力があったディアク氏の支持を得られなかったとした。
(中略)
 ガーディアン紙は国際陸連とマーケティング契約を結んでいる広告代理店電通の関与疑惑も指摘したが、電通側は報道を否定している。
http://www.tokyo-sports.co.jp/sports/othersports/540282/

賄賂を渡さなかったら、また落選してたのだろうか。
IOCもロクなもんじゃない。

2016/05/11
東京電力は、二十六日、二十七日に開かれる主要国首脳会議(伊勢志摩サミット)の開催中、福島第一原発での、原子炉冷却や汚染水処理、パトロールなど止められない作業以外の、汚染水タンク建設などの作業を休止することを決めた。東電は「要人が集まるサミットの期間中、なるべくリスクを減らしたいと当社の判断で決めた」と説明している。
 東電によると、作業休止は三月末、東電の福島第一廃炉会社の会議で決定。現場を担う作業員の一人は「テロ対策と聞いた。何かトラブルが起きたら問題になるのを避けるためではないか。東京五輪やパラリンピックの期間中も、作業自粛になるのでは」との見方を示した。
http://www.tokyo-np.co.jp/article/national/list/201605/CK2016051102000147.html

なにしろ原子炉の核燃料がメルトダウンし、どこにあるのかさえ分からない状態。
放射性物質が今も出ていている上に、あまりに放射能が強く原子炉内部へは誰も近づけない。
人間と動植物、そのほかあらゆる生物を被曝させ、大気・土壌(地上・地下)・河川・湖沼・地下水・海洋 等々を汚染した日本国が、何を考えてか「五輪をやらせてくれ」と言うこと自体、おれには不可解で奇妙なのだ。

以下、「2020東京五輪」「贈収賄」を含む投稿。

 

 

以下、「2020東京五輪」を含む投稿。

 

色彩にまつわる記憶テストというので、やってみたら、

160514_01
と出た。
おだてには乗らねーヨ(笑)

『理由なき反抗』のでジェームス・ディーンが着ていたジャンパーや『ルート66』でトッドとバズが乗っていたシボレー・コルベットの色を、永らく鮮やか「赤」と思い込んでいたけれども、実際はどちらもモノクロ作品で、色の判別は出来ないのだった。
ではなぜ「赤」と記憶していたかというと、人工着色かカラー原板かは知らぬがポスターやパンフレットでは「赤」だったからだ。
しかし同じカットでも違う色のがあってビックリしたのはわりと最近のことだった。

25 Mind Blowing Colorized Photos That Will Take Your Breath Away
TopFactology
2016/11/05 に公開

以下、「色」「Color」を含む投稿。

以下、「思い出」「思い出す」「Remember」「記憶」「Memory」「忘れる」「忘れられる権利」等を含む投稿。

 自民党は、党所属の国会議員に課している「党員1千人獲得」のノルマを達成できなかった議員に対し、谷垣禎一幹事長らの名で罰金の徴収を始めた。夏の参院選に向けて信賞必罰を徹底し、党を引き締める狙いだが、わずか19人しか獲得できなかった「ノルマ未達」議員には200万円近い罰金の”請求書”が届くケースもあるという。
 自民党は平成26年1月、当時の石破茂幹事長が野党時代に約78万人まで減少した党員数の回復を目指し、「120万党員獲得運動」を始めた。27年末までの2年間に党所属議員1人あたり原則1千人以上の党員獲得を指示した。ノルマ未達の場合は1千人に満たない不足党員数について、1人原則2000円の罰金を科すことも決めた。
http://www.msn.com/

企業経営者が与党国会議員から社員を党員として登録したいと頼まれて断ることができるだろうか。党員になれば党費を払わなければならない。会社が肩代わりすることになれば中小企業では負担が大きい。

 通行人の男性に重傷を負わせたとして、警視庁公安部は14日、傷害容疑で、住所不定、職業不詳の中核派全学連活動家(37)を逮捕した。
 逮捕容疑は昨年12月17日、東京都立川市曙町のJR立川駅北口のペデストリアンデッキで街宣活動中、60代の男性から通行の邪魔になると指摘され、「言論の自由だ」などと言いながら、男性に体当たりして押し倒し、足の付け根を骨折させたとしている。男性は3カ月の重傷で、現在も車いすで生活している。防犯カメラの映像などから、容疑者が浮上した。
http://news.infoseek.co.jp/article/sankein_sk220160514523/

独善・傲慢・批判拒否・攻撃性は、カルトや破壊的セクトに共通する体質だ。
それにしても21世紀にもなって、まだ革マルとか中核とかやってる人がいるんだね。

 4月10日に行われた平壌国際マラソンは、多くの北朝鮮専門家を驚かせる日本人ランナー22人を含む、外国人ランナー約1000人が走った。
 1月の水爆実験やそれに続くミサイル発射などの影響で、3月から制裁強化が実施される中でのマラソン開催で、「こんなタイミングでなぜこれだけの参加者が…」と苦笑する専門家もいた。
 このマラソン大会の正式名称は、「万景台賞平壌国際マラソン大会」。今回で29回目となる。しかも、国際陸上連盟(IAAF)認定の大会で、2014年から外国人市民ランナーへも開放された。
(中略)
増加倍数で言えば、日本は、ずば抜けており、一昨年は1人、昨年も兵庫の男性1人だった日本人は、22倍増の22人の男女が参加して平壌の街を駆け抜けている。

いかなる種類の「日本人」かは分からぬが、罪もない日本人を拉致・誘拐・監禁し、まともな説明もせず、「日本を火の海にしてやる」と凄んで見せるゲスで夜郎自大なテロ国家にノコノコ出かけるのだから、まともではなかろう。

中国のハッカーサイトが今年2月以降、セキュリティーに穴(脆弱(ぜいじゃく)性)のある日本の公的機関や企業のサイト名100件以上を公表していることがわかった。
放置すればサイバー攻撃の入り口にもなる危険な「穴」だが、日本では非公開が原則だ。「公表されるとかえって攻撃者に狙われる」と関係者は困惑するが、危険を表面化させない日本の対応が大量の脆弱性放置につながっているとの指摘もある。
http://www.msn.com/

この半年、くだらんジャンクメールのほかに、悪質なウイルス・メールが大量に届くようになった。
たいてい zip ファイル付き。
今時、知らない相手から送りつけられた zip ファイルを開く奴なんているのか。
削除するだけでも時間を取られアタマにくる。

追加記事

2016/05/15
 ガーディアン紙の報道によると、日本の大手広告代理店がこの裏金事件に絡んでいるというのだが、不思議なことに、日本のメディアはこれを一切報じない。辛うじて裏金疑惑を報じたメディアも、ガーディアンが掲載した裏金の相関図から、わざわざ代理店の名前を消していた。
(中略)
 政府与党は当初、菅官房長官が「政府として調査することはない」と言い切るなど、この問題にフタをするつもりだった。しかし、フランス当局が本気で捜査するとなれば、さすがに知らん顔もできない。「解散した招致委員会が進めていたことは分からない」などとフザケたことを言っていた日本オリンピック委員会(JOC)も13日、民進党の追及チームに呼ばれると、「正当なコンサル料」と釈明する方針に変えた。
(中略)
 思えば、招致活動で安倍首相が「汚染水はアンダーコントロール」とウソ八百をついたことがケチのつき始めだった。当時の猪瀬都知事は「政治とカネ」で辞任し、その後も競技場の設計や建設費、エンブレムで問題が頻発。トドメが今回の裏金問題だ。
http://www.nikkan-gendai.com/articles/view/news/181386

言を左右にして贈賄を認めないのは悪質だ。
(2016年5月15日)

追加記事

2016/05/17
東京五輪・パラリンピック大会組織委員会の森喜朗会長である。森会長は16日、「NEWS23」(TBS系)に出演し、大会経費が大幅に増える問題について「最初から計画に無理があった」と発言。何を今さら、他人事かという話である。その計画をコントロールしマネジメントするのがトップの務めだろう。「無理があった」の一言ですむなら簡単なこと。結局森会長をふくめ、大会を動かすトップ層が自分本意であることをさらけ出してしまった。財源が無尽蔵にあると勘違いしているからこそできるこの発言。さすがは失言の帝王といったところか。

<「東京五輪中止、ロンドン開催」の可能性が本格浮上。もはや 「誰も望まない五輪」への変貌と、森喜朗会長の「戯言」 ギャンブルジャーナル ビジネスジャーナル より一部引用>
http://biz-journal.jp/gj/2016/05/post_422.html

(2016年5月18日)

追加記事

2016/08/01
Dog crashes car into Walmart in West Virginia after owner leaves vehicle running
Who didn’t let the dogs out?
A mutt was at the wheel of a car that slowly crashed into a West Virginia Walmart on Friday, authorities say.
Shoppers told WSAZ that two dogs were in the car — one in the driver’s seat and one in the passenger’s seat — as the vehicle rolled into the building in Wayne.
“I didn’t know dogs could drive,” a local resident told the station. “Dogs can be your best friend, and in this situation, they can be your enemy, too.”
http://www.nydailynews.com/news/national/dog-crashes-car-walmart-west-virginia-article-1.2734244

2016/08/03
米南部ウエストバージニア州でこのほど、車の中に取り残された犬たちが車を「運転」して建物の壁に突っ込む騒ぎがあった。
飼い主の女性は7月29日、同州ウェインのスーパーマーケットの駐車場に車を止め、飼い犬2匹を車の中に残したまま買い物に出かけた。車中が暑くなりすぎないようにと、犬たちのためにエンジンは付けたままにしておいた。
ところが女性がまだ店内にいる間に犬が何らかの操作をしたため、ギアが入って車が発進。店舗入り口付近のコンクリートの柱に衝突して止まった。周りにいた人たちがすぐに助けに駆け付けたが、運転席に座っていたのは1匹の犬だった。
目撃者によると、助手席にいたもう1匹の犬は、中から自分で操作して車の窓を開けたという。
この様子を映した防犯カメラの映像が1日に公開されている。
車にも建物にもそれほどの損傷はなく、女性も罪には問われなかった。犬たちはシートベルトを締めていなかったが、2匹ともけがはなく、人間の運転する車で無事帰宅したという。
http://www.cnn.co.jp/fringe/35086886.html

Dogs locked in a car, drive it straight into Walmart
From No One To Some One
2016/08/04 に公開

Grand Theft Fido: Dogs steal car, crash into Walmart
USA TODAY
2016/08/03 に公開

Dog crashes car into Walmart store in West Virginia
all around the web
2016/08/01 に公開

(2016年8月3日)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です