グゥの音(ね)もでない失敗

 NTTレゾナントのWebメールサービス「gooメール」で、3月31日のリニューアル以降、「メールを開けない」「メールが文字化けする」など不具合が多数報告されている。同社は不具合を順次改修しており、6月中をめどに、すべての不具合を解消したい考えだ。
 gooメールは3月31日に大幅なリニューアルを実施。ユーザーインタフェースをAjax(Asynchronous JavaScript+XML)ベースに刷新したほか、メール容量を拡大し、携帯電話の絵文字に対応するなどさまざまな変更を加えた。
 だがその直後から、「メールが届かない」「メールを開けない」「メールを作成できない」「レスポンスが遅い」「メールの件名や送信元アドレスが文字化けする」など不具合の報告がユーザーから相次ぎ、不具合をまとめたWikiもユーザーによって作られた。
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20100510-00000011-zdn_n-sci

ブラウザ上で送受信ができるWEBメールは便利ですね。
使い方としては、
 (1)不特定多数とのメールのやり取り
 (2)ソフトウェアの登録メールアドレス
 (3)サーバに届いた無効なアドレス宛のメールの最終転送先(投棄場所)
などが考えられます。
それぞれを別個のWEBメールでやれば、混乱することもないでしょう。

スパムフィルターの精度の高いのはどこでしょうか。
個人的な印象ではGoogleは99.9%カット、msnのHotmailはそれよりやや落ちる気がします。
yahoo!メールとgooメールはまだ使ったことがないので判りません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です