電池交換

壊れかけのパソコンを使ってます。
改造に改造を重ねて、こんなにしてしまったのはオイラなんです。
だからなんか可哀想でねぇ。
バッテリー(ボタン電池)の電力がないということで、きょう交換してやりました。
電池をはずすとセットアップユーティリティの記録が全部チャラになっちゃいますんで、再設定する必要があります。
といっても今回の場合はデフォルトで違ってたのは「SATA Primary Drive」が「OFF」になってたことだけ。
このままだとインストールされてるOS(Windows)が読み込まれませんから、これだけは指定しないといけない。
「ON」を択んだら「ON」でなく「Hard Drive」という表示になりました。
これで設定を保存。
再起動すると、ちゃんとWindowsが立ち上がります。
ところで、この「バッテリーの寿命」というのは何とか解決できないもんでしょうかね。
それとも電池切れの頃には新しいのを買えってことでしょうか。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です