お子ちゃま用からビジネスユースの定番へ

「価格はゼロ円、佐賀の一軒家を土地、家具・家電付きでもらってください」「越後の田んぼ付き農家を理由あって格安でお譲りします」――。近年、空き家が社会問題になっているが、通常の不動産流通には乗らないような物件の売買ができる不動産サイトがちょっとした話題になっている。
たとえば、冒頭の越後の物件は、所有者が隣町に引っ越したことで空いてしまった。土地面積は約204㎡で建物は約112㎡、しかも1000㎡の農地付きで、価格はなんと80万円。山奥の物件だが、海水浴場まで45分と、別荘としては理想的な立地のようだ。「家いちば」には、こうした物件が数多く掲載されている。

<「タダ同然の廃墟物件」に買い手が集まる理由 街・住まい 東洋経済オンライン より一部引用>
http://toyokeizai.net/articles/-/197678

業者の物件サイトは決まりきった情報しか載ってなくてつまらない。
その点「家いちば」は見てて楽しいね。

2017/11/08
「米国と中国を天秤にかけている」と非難された文大統領の「バランス外交」発言と「中国の役割」に対する質問に対し、トランプ大統領は「習近平主席も(北朝鮮核問題の解決に)多くの努力を傾けている」と言及し、注目を集めた。文大統領は「バランス外交は米国と中国の間でバランス外交を行うようなものではない」と釈明した。大統領府関係者は「トランプ大統領が『韓国と中国の関係改善が北朝鮮核問題を解決するのに役立つ』とし、韓国が多様な関係増進を進めることについては同意するという立場を示した」と伝えた。文在寅政権が最近、中国との関係改善に向けて「3NO」などメッセージを送ったことと関連し、トランプ大統領が”異論”を唱えなかったものと見られる。
 何より韓米自由貿易協定を巡り、トランプ大統領が「米国にとってはあまり良い交渉ではなかった」としながらも、「(文大統領が)韓国貿易交渉団に米国側と緊密に協力し、速やかにより良い協定を追求するよう指示したことに謝意を表す」と述べた点は予想外と評価される。同日、大統領府関係者は「(首脳会談では)FTA廃棄に関する発言は一言もなかった」と説明した。
 大統領府関係者は同日、首脳会談後「一言で言うと、『ソー ファー ソー グッド』(so far so good・今のところは順調)だ。これまでは完璧に私たちのスタンスで行っている」と評価した。

<トランプ大統領、お土産に満足したか…北朝鮮の核・FTA関連「言葉の爆弾」なかった 政治 ハンギョレ より一部引用>
http://japan.hani.co.kr/arti/politics/28914.html

2017/11/19
 ここで、朝鮮半島をめぐる将来シナリオを列挙してみる。

  1. 現在と変化なく、韓国と北朝鮮が併存する。
  2. 朝鮮半島に統一国家が誕生する。このシナリオには2つのケースがあり、北朝鮮が主導する統一国家が誕生するケースと、韓国が主導する統一国家が誕生するケースだ。両ケースとも、米軍は朝鮮半島から撤退せざるを得ないであろう。
  3. 中国が実質的に朝鮮半島の一部または全域を支配する。このシナリオには2つのケースがある。中国が北朝鮮のみを実質的に支配するケースと、朝鮮半島全域を実質的に支配するケースだ。このシナリオでは人民解放軍がその支配地域に駐留することになる。米軍が韓国に残る場合は「北朝鮮のみを中国が実質的に支配するケース」であり、米軍と人民解放軍が38度線で直接対峙(たいじ)することになる。
  4. 米国が朝鮮半島を実質的に支配するシナリオも考えられるが、民主主義国家である米国が採用する案ではないので削除する。

 以上の各シナリオに対し、日本の安全保障はいかにあるべきかを分析すべきだ。最悪のシナリオは「朝鮮半島全域を中国が実質的に支配し、中国の人民解放軍がその支配地域に駐留する」シナリオだ。

<【北朝鮮危機】朝鮮半島の最悪シナリオに備えよ 「中国が実質的に支配」なら日本は脅威を直接受けることに – zakzak より一部引用>
http://www.zakzak.co.jp/soc/news/171119/soc1711190001-n1.html

金正恩が排除され、韓国が半島を統一し、米軍が撤退したとしても、半島の支配者は北朝鮮のようなファッショ体制を新たに構築していくとおれは予想している。
習近平が第二の毛沢東を目指したように、だ。
結局、全体主義・強権政治でないと民族・国家がまとまらないということがある。
つまり皆が皆、王様になりたい人たちだから。
日本で民主主義が形骸化しているのは、それとは逆に「お上」に支配されることに慣れきってしまった一種の「奴隷根性」のせいで、これもまた「不幸のタネ」というべきか。

Anne Banks – Who You Gonna Run To(1985)

  ※(略)

 

The Shades – Who You Gonna Run To
Jamaica

  ※(略)

 

King’C’ – Who You Gonna Run To(1976)
UK

  ※(略)

 

Atlanta Rhythm Section – Who You Gonna Run To(1974/09)

  ※(略)

 

Chuck Jackson – Who You Gonna Run To(1971)

The Techniques – Who You Gonna Run To(1969)

Homer Banks – (Who You Gonna Run To)Me Or Your Mama(1969/02)

  ※(追記:この動画は削除されました

 

Lenny Curtis – Who You Gonna Run To(1966/06)

Brenda Holloway – Who You Gonna Run To

Mickey McCullers – Who You Gonna Run To(1964/10)

The Honeybirds – Who You Gonna Run To(1964/05)

 

 米メディアによると、米国のバスケットボールの強豪大学UCLAの3選手が11月上旬、遠征先の中国・杭州のショッピングセンターでサングラスなどを万引きした疑いで逮捕された。
 これに対し、トランプ氏は8~10日の中国訪問や、その後の国際会議などで、習近平(シーチンピン)国家主席と会談した際、学生の解放を求めたという。実際に学生は14日に帰国することになった。
 トランプ氏は15日にツイッターで「3人のUCLAのバスケット選手は、トランプ大統領にありがとうを言うと思うか? 彼らは10年間も投獄されそうだった」と感謝を求めた。
 3選手が記者会見で、トランプ氏への感謝の意を表明すると、「どういたしまして。あなたたちの解放を実現した中国の習近平国家主席に大きな感謝をしなさい」とツイート。また「素晴らしい人生を送りなさい。気をつけて。人生の長く曲がりくねった道には多くの落とし穴がある」という言葉も贈っていた。
 ところが、3人の学生のうち、一人の学生の父親がスポーツ番組で、トランプ氏の働きかけについて聞かれ、「誰だ? トランプ氏は何のために中国にいたのか。誰もが自分が助けたようにしたいものだ」とコメントした。
 これにトランプ氏は激怒。19日のツイッターで「3選手が中国を離れ、何年もの投獄から救われたのに、父親は私が息子にしたことを認めようとしない。学生を監獄に入れておくべきだった」「万引きは中国では大問題で、5~10年は投獄されるだろう。次の中国訪問のときに彼の息子を解放するべきだった。恩知らずだ!」と怒りをぶちまけた。
http://www.asahi.com/articles/ASKCN4R7XKCNUHBI00Y.html

万引き(顧客であるとふりをしながら店から商品を盗む犯罪行為)は英語で
shoplifting
それをする人を
shoplifter
というそうだ。
pilferer、sneakthief 等々、類義語は隠語や廃れた表現も含めると、かなりの数になると思われる。

思い出されるのはこのの事件。

2015/04/14
埼玉県の私立高校サッカー部員22人が、韓国・ソウル中心部の東大門(トンデムン)市場で集団万引きをした事件で、被害にあった店の一部が、高校生への処罰を望まないとする意見を韓国警察に伝えていたことが分かった。日本人観光客が減る可能性を懸念しているという。4月14日、朝鮮日報などが報じた。
ソウル中部警察署によると、被害を被った店舗の一部から、「日本の学生を善処してほしい」との要望が出たという。この理由として、学生らはまだ未熟であることや、被害額が大きくないこと、処罰を行った場合、ショッピングモールの客足に悪影響が出かねないことなどが挙げられた。

<韓国で日本の高校生が集団万引き、被害にあった店が「処罰望まない」理由とは – ハフィントンポスト より一部引用>
http://www.huffingtonpost.jp/2015/04/14/saitama-high-school-students_n_7059592.html

2015/04/24
 ソウルの大型ショッピングモールで3月、埼玉県の私立高校のサッカー部員が集団万引した事件で、学校側が24日、会見し、万引した生徒29人について今後、無期停学以上の処分を行い、引率したサッカー部監督の教諭(48)を同日付で懲戒解雇したことを明らかにした。
(中略)
校長らによると、万引した生徒は当初22人としたが、調査の結果、29人だったことが判明。盗品は計78点(約30万円相当)だった。
 29人は現在も自宅謹慎中で、本人の意向も確認しながら処分を決める。監督の懲戒解雇は、3月27日に22人の万引が発覚後、他にも万引した生徒がいたことを知ったにもかかわらず学校側に報告しなかったことが理由。もう一人の引率教諭(32)についても「監督の虚偽報告を知りながら報告しなかった」として停職1カ月の処分とした。

<【ソウル集団万引】生徒29人に「無期停学以上」の処分 監督は懲戒解雇 – 産経ニュース より一部引用>
http://www.sankei.com/affairs/news/150424/afr1504240035-n1.html

海外で何かやらかすと、やはり国籍が取り沙汰される。
上記事の場合も「埼玉県民が」ではなく「日本人が」となる。

韓国の給食にとんでもない物がメニューとして出たとして騒然となっている。
なんと給食に出てきたのは韓国のスナック菓子『ゴレパプ(鯨ごはん)』なのである。このお菓子は日本で販売されている森永の『おっとっと』のコピー品。
韓国ではこれが当たり前のように売られており、韓国民はこれがオリジナルだとしている。そもそも『おっとっと』の存在すら知らない可能性がある。
そんな『ゴレパプ』が給食にあえて出されたのだ。それだけでなく、トンカツにチョコチップをまぶしたチョコカツまで登場。これを投稿した人は「ほとんどが1、2口食べて捨てた。栄養士さんの異色の料理に思える」と語った。
更にサラダの上にチョコクッキーとゼリーを混ぜ込んだ物まで出てきた。

<韓国の給食にスナック菓子が登場しネットでも騒然 ゴゴ通信 より一部引用>
http://gogotsu.com/archives/34772

「おっとっと」がパクられてることより、給食の献立にスナック菓子を使う感覚に驚いた。

以下、「そっくり」「類似」「似ている」「似て非なるもの」「さも似たり」「さながら」「宛ら」「宛然」「クリソツ」「パクリ」「模造品」「まがいもの」「にせもの」「ニセモノ」「イミテーション」「の・ようなもの」等を含む投稿。

「会社に、御友人に、ご家庭に、忖度(そんたく)したい方はいらっしゃいませんか?」――ファミリーマートは11月21日、「忖度」をテーマにした弁当「忖度御膳」(税込798円)を数量限定で発売すると発表した。22日から予約を受け付け、12月1日に発売する。
「年の瀬にふさわしい話題性のある商品」として企画した商品。同社は公式Twitterで「忖度」と「けものフレンズ」のどちらを商品化して欲しいか意見を募り、忖度が圧倒的多数の票を得ていた。
https://www.oricon.co.jp/article/343306/

ファミマ、安倍首相に睨まれても知らんヨ。

 

前々から指摘されてた問題。
浅薄な教条主義の典型と観た。
教えてないことは不正解にしろという文科省のお達しでもあるのかな?

2017/11/14
『飼い猫のひみつ』(今泉忠明/イースト・プレス)は、哺乳動物学者が著した「現時点で考えうるさまざまなネコの新説を紹介」したネコ学の最新知見である。
 ネコのルーツは340万年前に出現したヨーロッパヤマネコ。ネコに比べてやや大きい体格で、森林や草原、岩地などのうち、人間が近づきにくい環境に棲息していた。夜行性、単独行動、木登りが上手。雨に濡れるのが嫌いで、日光浴が好き。それぞれのナワバリを持ち、ネズミやウサギ、鳥類、爬虫類、昆虫などを食用とする。……現在のネコと限りなく近い習性を持っていた。
 そのヨーロッパヤマネコの亜種のひとつ「リビアヤマネコ」を飼いならしたものが、私たちの身近なネコの祖先である。
 では、いつ、どうしてリビアヤマネコが「家畜化」し、人間に飼われるイエネコとなったのか。その原因は、人類の歴史と深く関わっている。

<猫はどうして「ペット」になったのか。なぜ「気まぐれ」なのか? 動物学者が語る猫研究の最前線! ダ・ヴィンチニュース より一部引用>
https://ddnavi.com/review/413807/a/

現在、ペットの猫は家の中で飼うのが作法。外へ出すとよその庭に糞尿を撒き散らし、ご近所トラブルを招くことはほぼ間違いない。

犬と猫、どっちが家の内装を傷つけるか? これは見解の分かれるところだろう。
おれみたいに重要資料を大量に保管してる人間にとっては、室内ペットなど以ての外だが。

以下、「犬」「猫」関連の投稿。

20日午前5時半ごろ、神奈川県寒川町の圏央道・茅ヶ崎ジャンクションと寒川北インターチェンジの間で、女性運転手から「車の後ろから火が出ている」と通報があった。
 火はおよそ2時間半後に消し止められ、けが人はいなかったが、トレーラーと積み荷の中古車6台が全焼し、道路も車両の撤去などのため一時通行止めになった。
 目撃者がトレーラーの右側の後輪から火が出たと話しているということで、警察は詳しい出火原因を調べている。
http://www.ytv.co.jp/press/society/TI20261965.html

 20日午前5時半すぎ、神奈川県寒川町の圏央道外回りを走っていた女性から「トレーラーの後ろのタイヤから火が出ている」と110番通報がありました。警察によりますと、トレーラーは6台の中古乗用車を運搬中で、火が出ているのに気付いた運転手が車を止めたところ、激しく燃え始めたということです。運転手は脱出し、けがをした人はいませんでした。火は約1時半後に消し止められましたが、車両は全焼しました。
http://news.livedoor.com/article/detail/13915295/

高速道路で大型トレーラー炎上
Super News 日本
2017/11/19 に公開

ずいぶん派手に燃えたね。
「トレーラーの後ろのタイヤから火が出ている」って、積み荷の中古車からじゃないんだ。どーゆこと?

 米CNNは先週、リビアで行われた奴隷競売を撮影したとみられる映像を放送。映像には、複数の黒人男性が北アフリカのバイヤー向けに農場労働者として売りに出され、わずか400ドル(約4万5000円)程度から競りにかけられる様子が映っている。
 報道を受けて統一政府(国民合意政府、Government of National Accord)のアフメド・メティグ(Ahmed Metig)副首相は19日、奴隷売買疑惑について調査し、関与した者を処罰するための委員会を設立すると発表。外務省も声明で「疑惑が事実と確認されれば、関与した者は全員罰せられる」と述べた。
 CNNの報道はソーシャルメディアで拡散し、アフリカ、欧州、それ以外の地域でも強い反発を招いている。
 映像は携帯電話で撮影されたもので、画質は粗い。CNNによると、競売にかけられているある男性はナイジェリア国籍の20代で、「農場労働のための体格のいい男たち」のうちの一人だという。
 映像では、競売人とされる人物が「800、900、1000、1100…」と声を上げ、その後、2人の男性が1200リビア・ディナール(約9万8000円)で落札されている。
http://news.livedoor.com/article/detail/13915679/

そんなとこに生まれなくてよかった。
おれなど体力・耐久力・筋力が格段に劣るため、売り物にならんだろうし、売れてもたちまち「ツブれ」ちまったろう。
もちろんその前に逃亡を図ることは言うまでもないけど、たちどころに捕まってあっという間に殺されてしまう「その他大勢」のクチだ。

以下、「奴隷」、(コンピュータ関連を除く)「Slave」を含む投稿。

ビジネス向けのチャットサービスとしてIT企業を中心に根強い人気を持つ「Slack(スラック)」がいよいよ日本市場に本格展開を始める。
同社が日本法人を設立したのは2017年9月。現在は少人数の規模で、2018年の早い段階で正式にオフィスをオープンし、経営の体制を整える。
Slackのカル・ヘンダーソンCTOはBusiness Insider Japanの取材に対し、「Slackの日本国内でのユーザーは週に約45万人。17日から日本語版のサービスも始まった。日本は、(アメリカとイギリスに続き)世界第3位の市場規模があり、日本のユーザーからの収益は過去1年間で2倍のペースで成長している」と日本におけるビジネスが、英語版の段階から順調なことをアピールする。

<Slackが日本法人を設立、カルCTO「メールはゴキブリのようなもの」 BUSINESS INSIDER JAPAN より一部引用>
https://www.businessinsider.jp/post-107362

LINE はお子ちゃま用。ビジネスユースは Slack。それが今年以降のトレンド。
チャットツールというより、チャットができる情報共有ツール(グループウェア)というべきか?
サイボウズ Office より敷居が低そう。

コロラド大学のロジャー・ビルハム博士とモンタナ大学のレベッカ・ベンディック博士らの研究グループは、地球の自転速度の変化を理由に「2018年に大地震が多発する可能性が高い」という報告を論文で行っています。地球の自転速度は1日あたりに数ミリ秒遅くなっており、この低下は数年周期で一気にスピードアップすることで解消されます。自転速度の変化はわずかなものなので、人間が体感することは不可能ですが、原子時計を利用することで正確に測定することが可能です。ベンディック博士らは地球の自転速度がおよそ32年ごとに増減を繰り返す周期に入ることを発見。
増減を詳しく分析すると、自転速度が速まる直前に4年間にわたって日々速度が減少し続けることがわかりました。さらに、ベンディック博士らは、地球の自転速度の変化が及ぼす目に見えてわかる現象として「巨大地震の多発」という兆候をも発見しています。ビルハム博士らの調査によると、過去数世紀において地球の速度が減少し、増加に転じる5年間のサイクルにおいて、マグニチュード7・0を超える巨大な地震の数が急激に増えているということがわかったそうです。

<2018年は大地震が多発すると地質学者が警告、その理由とは? – GIGAZINE より一部引用>
https://gigazine.net/news/20171120-2018-suffer-many-big-earthquake/

睡眠中に寝返りをうたないと血行が悪くなる(血液鬱滞)、みたいな? チガウか。

以下、「地球」「自転」を含む投稿。

追加記事

(2017年11月27日)

追加記事

(2017年12月3日)

追加記事

(2018年4月11日)

追加記事

(2018年4月23日)

追加記事

2018/06/27 22:49
Slackで日本時間22時20分過ぎからシステム障害。メッセージの送受信などの操作ができないとの情報が相次ぐ。
https://newsdigest.jp/1957

(2018年6月28日)

追加記事

2018/10/08
Slackの歴史が語られた。「Slackは元々ゲーム会社で、2003年にウェブブラウザで動く多人数参加型のオンラインゲームを提供していた。しかし、倒産の危機に陥ったため、創業者がゲーム向けにスクリーンショットや写真をを共有する機能を切り出して世の中に出したら大成功したという。それが写真共有SNS『Flickr』だ」(溝口氏)。
 一眼レフやミラーレス一眼カメラで撮った写真をそのままインターネットに公開したい人は多いが、SNSだとデータが圧縮されてしまう。しかし、Flickrなら写真を高解像度のままアップロードして共有できるため、大変な人気を博した。そして2005年、米国のYahoo!に約30億円で買収された。
 Slackの創業者はそこで得た資金で、また多人数参加型のオンラインゲームを作ったが、それは不調に終わってしまったという。しかし、ゲームの作成時に社内の開発者同士がプロジェクト推進のために使っていたツールに着目。このツールを企業向けのコミュニケーションツールとして開発し、公開したのがSlackだ。
 Slackは2013年8月12日ベータテストを開始し、1日で8000人、1週間で1万6000人がユーザー登録した。そして正式サービスが開始されたのが2014年2月だ。

<急成長を遂げた「Slack」流のコミュニケーション手法とは–“点”ではなく“面”にすべし – CNET Japan より一部引用>
https://japan.cnet.com/article/35126163/

(2018年10月8日)

追加記事

(2018年11月2日)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です