2018/04/19 霧島連山の硫黄山(いおうやま)が250年ぶりに噴火

2018/04/19 15:57
 19日午後3時39分ごろ、宮崎、鹿児島県境にある霧島連山のえびの高原・硫黄山が噴火した。硫黄山の噴火は1768年以来で、250年ぶり。噴煙は最高で約300メートルまで上がり、火口周辺で大きな噴石の飛散も確認された。気象庁は噴火警戒レベルを2(火口周辺規制)から3(入山規制)に引き上げた。

<霧島連山:硫黄山噴火…250年ぶり 警戒レベル3に – 毎日新聞 より一部引用>
https://mainichi.jp/articles/20180419/k00/00e/040/298000c

これは予測されたとおり。

 

【4月19日】

噴火速報
火山名 霧島山(えびの高原(硫黄山)周辺) 噴火速報
平成30年 4月19日15時43分 福岡管区気象台 鹿児島地方気象台発表

**(見出し)**
<霧島山(えびの高原(硫黄山)周辺)で噴火が発生>

**(本 文)**
霧島山(えびの高原(硫黄山)周辺)で、平成30年4月19日15時39分頃、噴火が発生しました。

http://www.jma.go.jp/jp/funkasokuho/552.html

ちなみにいかにも噴火しそうな「硫黄山」という名の山は知床、東京都の鳥島ほか各地にあって、いおうざん、いおうやまと読み方も違う。

追加記事

【4月20日】

2018/04/20 10:50
 気象庁は20日、宮崎・鹿児島県境にある霧島連山・硫黄山の連続的な噴火が午前6時半ごろに停止したと発表した。その後も噴気(水蒸気やガス)が活発に出ており、同庁は噴火警戒レベル3(入山規制)を維持し、硫黄山から2キロ以内は大きな噴石や火砕流に警戒するよう呼び掛けている。

<霧島連山・硫黄山の噴火停止=気象庁:時事ドットコム より一部引用>
https://www.jiji.com/jc/article?k=2018042000392

(2018年4月20日)

2018/04/14 北海道 中標津町で震度5弱

2018/04/14 07:29
14日午前4時ごろ、北海道・根室地方を中心に最大震度5弱の地震があった。震源地は根室半島南東沖で震源の深さは53キロ、地震の規模を示すマグニチュード(M)は5・4と推定される。この地震による津波の心配はないという。北海道警や第1管区海上保安本部によると、この地震による被害の報告は入っていない。
 気象庁によると、震度5弱を観測したのは中標津町。根室市と浜中町、別海町、標津町、羅臼町で震度4を観測した。

<北海道で震度5弱 気象庁「1週間は同規模の地震も」:朝日新聞デジタル より一部引用>
https://www.asahi.com/articles/ASL4G1DF5L4FUEHF01K.html

2018/04/14 08:13
今のところケガ人や被害の情報は入っていないが、気象庁は、これから1週間程度は、今回と同じような規模の地震が起きる可能性があるとして、注意を呼びかけている。

<北海道で14日朝に震度5、1週間程度は同規模の地震に注意を 気象庁 – ライブドアニュース より一部引用>
http://news.livedoor.com/article/detail/14577289/

震度5弱=北海道中標津町
震度4 =北海道根室市、浜中町、別海町、標津町、羅臼町

震源に近い場所が震度4で、それより少し遠い地点が今回震度5弱を記録している。
大きな被害はなかったようで一安心。
とはいえ、巨大地震の可能性は今後も続く。