カテゴリー別アーカイブ: 歌で聴く戦争と平和

Boogie Woogie Bugle Boy

 アーミーファッションマニアの間で「コスプレしているだけで逮捕される可能性がある」と恐れられている法律が存在する。それが「正当な理由がないのに、合衆国軍隊の構成員の制服又はこれに似せて作つた衣服を着用した者は、拘留又は科料に処する」という文言を持つ、通称「日米地位協定の実施に伴う刑事特別法」の第九条「制服を不当に着用する罪」だ。
 そもそもこの法律は日米安保条約に基づき、米軍以外の者が米軍服を着て活動の妨害をしないようにすることを目的に制定されたもの。しかし、その内容が極めてあいまい。どこまで似せていたら処罰対象になるのかまったく明記されていないのだ。
http://www.zakzak.co.jp/zakspa/news/20110111/zsp1101111549010-n1.htm

高校卒業1年後の同窓会に第2次大戦当時の米兵ファッションで乗り込んできたS君とH君の事を思い出しました。

第2次大戦の戦意高揚ソングとして作られたアンドリュース・シスターズの『ブギ・ウギ・ビューグル・ボーイ』(1941)は、
ウィル・ブラッドレーの『ビート・ミー・ダディ』(1940)
に、
ニュー・オーリンズ・リズム・キングスの『ビューグル・コール・ブルース(=ビューグル・コール・ラグ)』(1922)、
レイモンド・スコット・クインテットの『ザ・トイ・トランペット』(1937)、
を加味して改作したものでした。

<参考>
Renato Carosone – Tu Vuò Fa’ L’Americano
1958 tratto dal film Toto’, Peppino e Le Fanatiche
曲は1956年のリリース。

Andrews Sisters with Vic Schoen and his Orchestra – Boogie Woogie Bugle Boy(1941)
2度目の引用。

recorded in Los Angeles January 2, 1941.
Movie: “Buck Privates” (Universal), starring Bud Abbott, Lou Costello, Lee Bowman, Jane Frazee, Alan Curtis, and the Andrews Sisters.
The popular trio performed four songs in this well-regarded A&C military comedy.

◆    ◆    ◆

Gary Crosby and Sammy Davis, Jr. – Beat Me Daddy Eight To The Bar(1955/11)
時期的にロックンロールブームに当て込んだものと思われる。

<参考>
Ray McKinley and his Orchestra – Down The Road Apiece(1955/03)
vocal: Ray McKinley

Ray brings back one of the boogie-woogie hits which he originally recorded in 1940 with a small group from the Will Bradley band. For the flip side “Hoodle Addle,”

<参考>
Will Bradley Trio – Down The Road A Piece(1940)
vocal: Ray McKinley and Will Bradley
歌詞に “Beat Me Daddy” のフレーズが入ってませんか?

<参考>
Will Bradley And His Orchestra featuring Ray McKinley – Scrub Me, Mama, With A Boogie Beat(1940)
vocal: Ray McKinley

The Bradley-McKinley band’s follow-up to their highly successful “Beat Me Daddy(Eight To The Bar)” was this Don Raye reworking of the traditional jig “The Irish Washerwoman.” It climbed to #2 on Billboard.

Andrews Sisters – Beat Me Daddy Eight To The Bar(1940)
orchestra conducted by Vic Schoen

Will Bradley And His Orchestra featuring Ray McKinley(vocal) and Freddie Slack(piano) – Beat Me Daddy(Eight To The Bar) (Part 1 & 2) (1940)
vocal: Ray McKinley

One of the year’s hottest-selling discs, Bradley’s “Beat Me Daddy” was followed by a number of other boogie-woogie themed hits for various artists throughout the early decade, many of them composed by Don Raye, who was the primary writer of this one.

◆    ◆    ◆

<参考>
Guy Lombardo and His Royal Canadians – Sweethearts On Parade(1928 version)
vocal: Carmen Lombardo

One of Lombardo’s most famous early hits, which he re-recorded for 78 release in both 1936(Victor)and 1941(Decca).

<参考>
Todd Rollins and his Orchestra – Moonlight Parade(1934)
vocal: Chick Bullock
2度目の引用。

recorded in NYC June 18, 1934
For the flip side “My Hat’s On The Side Of My Head,”

Shirley Temple – The Toy Trumpet
映画『農園の寵児(Rebecca of Sunnybrook Farm)』(1938)

Raymond Scott Quintette – The Toy Trumpet(1937)

Famous Shirley Temple-Bill Robinson dance number from “Rebecca Of Sunnybrook Farm” was one of three familiar Scott compositions that he had recorded during his first “quintette” session for the Master label(later issued on Brunswick). See also “Powerhouse” and “Twilight In Turkey.”

◆    ◆    ◆

Mills Brothers, Novelty Quartet with Guitar – Bugle Call Rag(1932)
recorded in Chicago June 30, 1932

“No musical instruments or mechanical devices used on this recording other than one guitar.” Vocal version of the 1922 jazz standard, also well-remembered from Benny Goodman’s hard-swinging 1936 recording

Benny Goodman and his Orchestra – Bugle Call Rag(1936 Victor version)

recorded in NYC November 5, 1936
THE 1936 HITS ARCHIVE – a collection of commercial recordings and songs that proved popular during the calendar year 1936 (some were recorded in 1935) via sales, jukebox play, or radio exposure…plus some others that have gained increased recognition or have been shown to have had an impact during the decades that followed.

Earl Scruggs – Bugle Call Rag

Red Nichols and his Five Pennies – Bugle Call Rag
from a 1952 KPDQ Radio Broadcast “The U.S. Marine Corps presents The Red Nichols Show”

Benny Goodman and his Orchestra – Bugle Call Rag
映画『Orchestra Wives』(1942)

Henry Levine – Bugle Call Rag

Benny Goodman and his Orchestra – Bugle Call Rag(1936 Victor version)

Jimmy Mundy arrangement of the swing standard, also previously recorded by Goodman for Columbia in 1934.

Red Nichols and his Orchestra – Harlem(Harlem’s Heaven To Me)(1934)
vocal: King Harvey & The Songcopators
途中、”Bugle Call Rag” のイントロを一節引用。

Red Nichols and his Five Pennies – Bugle Call Rag(1927)

The New Orleans Rhythm Kings – Bugle Call Blues(1922)

◆    ◆    ◆

<参考>
Chris Barber’s Jazz Band – Bugle Boy March(1959/01)
Live at the Dome: Brighton 1958
UK
ニュー・オーリンズのトラディショナル曲。

Arthur Fields – Oh, How I Hate To Get Up In The Morning(1918)
conducted by Rosario Bourdon
徴兵されたアーヴィング・バーリンが早朝叩き起こされることに嫌気がさして書いたコミカルな反軍ソング。
米陸軍の軍隊ラッパ(Bugle Calls of the US Army)の中でもひときわ有名な朝礼のラッパ(Reveille)のメロディが流用されている。Reveilleは監獄でも使われたらしい。

recorded in Camden NJ July 8, 1918
For the back-story of Irving Berlin’s famous comic protest of military life

<参考>
Wayne King & his Orchestra -‘Til Reveille(1941)
vocal: Buddy Clark

Joel Whitburn “Pop Memories”-charted track, not elsewhere on YouTube as of this posting. Lovely version of the 1941 ballad that reached #2 on “Your Hit Parade,” also available on the MusicProf78 channel in the popular Kay Kyser and Bing Crosby versions.
At this point in his career, Buddy was a regular performer on King’s “Lady Esther Serenade” radio program. But due to his solo contract with Victor competitor OKeh Records, he was not identified by name on this Wayne King label.

<参考>
Kay Kyser & his Orchestra -‘Til Reveille(1941)
vocal: Harry, Ginny, Jack & Max

Ballad reached #2 on “Your Hit Parade” with both this and the Bing Crosby version reaching the weekly best-sellers top-10 listings.

<参考>
Bing Crosby -‘Til Reveille(1941)
orchestra conducted by John Scott Trotter

<参考>
Johnny and the Hurricanes – Reveille Rock(1959/10)

Pop Chart Peaks: Cash Box 22, Music Vendor 24, Billboard 25
The familiar’wake up’ bugle call inspired this follow-up single to the group’s “Red River Rock.”

<参考>
Georges Jouvin, Sa Trompette D’or Et Son Orchestre – Réveil Rock
France

<参考>
The Travel Five – Kasernenhof-Twist(Revival)(1964)
“Reveille Rock”
Germany

 

<参考>
Dick Jurgens and his Orchestra – Hip Hip Hooray(1942)
vocal: Buddy Moreno
戦意高揚ソング。冒頭のラッパは “Assembly”。中程に “Reveille”、俗謡 “Yankee Doodle”。
2度目の引用。

recorded July 28, 1942
Buddy Moreno vocal on this patriotic wartime call-to-arms<>

Jimmy Dorsey and his Orchestra – They’re Either Too Young Or Too Old(1943)
vocal: Kitty Kallen
途中 “Assembly” が引用されている。

recorded October 7, 1943.
Movie: “Thank Your Lucky Stars” (Warner Bros.), with an all-star cast: Bogart, Cantor, B Davis, E Flynn, Lupino, Sheridan, Shore, Garfield, de Havilland, D Morgan, etc.
Kitty’s first popular recording as Helen O’Connell’s replacement in the Dorsey band was this #2 charted wartime lament which had been introduced on-screen by Bette Davis.

『ブギ・ウギ・ビューグル・ボーイ』のイントロに引用されてるのは『Assembly』というビューグル・コール。これは部隊集合の合図だそうで、一般的には「(軍への)召集」のイメージです。
日本でいえば登城の太鼓みたいな感じですかね。
そういえば『聖者の行進』には
Oh, when the trumpet sounds its call
という字余りな歌詞がありまして、「おゝ、ラッパが鳴らされる時」ということなのですが、
これは神の裁きの大号令。すなわち『ヨハネの黙示録(Apocalypsis Johannis)』で七人の天使が吹く第一から第七のラッパのことで、それを合図に地上にハルマゲドンが起きる。それを待ち望んでいるという、虐げられた黒人たちの終末論的願望の表れです。

<参考>
Ethel Waters – When the Trumpet Sounds(1960)

そもそも call だけでも「ラッパが鳴る」「召集する」という意味になりますし、
bugle(軍隊ラッパ、信号ラッパ、合図するための角笛) にも「ラッパを吹いて呼び集める」という動詞の用法があります。さらに bugle call(軍隊ラッパによる〔召集の〕合図・信号)という表現が、軍隊への召集=徴兵、兵役、新兵徴募(recruital)、の比喩として使われている。
ですから、
「Bugle Call」プラス「Blues」ともなれば、その裏には、
いやじゃ ありませんか 軍隊は(軍隊小唄)
お国の為とは言いながら 人の嫌がる軍隊に召されて行く身の哀れさよ(可愛いスーちゃん)
といった厭戦気分がうっすら透けて見えるというわけです。

もうひとつ、日本でも大ヒットしたこちらの曲はというと、米国の消灯(葬送)ラッパ曲 “Taps” を元にしたものでした。

Nini Rosso – Il Silenzio 夜空のトランペット
Tema di ” Se non avessi più te” (1965)

  ※(追記:この動画は削除されました

 

<参考>
Nagat Essaghira – Ah Laou Taaref نجاة الصغيرة -آه لو تعرف
Soutelphan ‎ESOA 110 France/Egypt
イントロはNini Rosso “Il Silenzio”(夜空のトランペット)からのパクリか?

<参考>
Pompilia Stoian – Silence
ルーマニア語詞バージョン。

<参考>
Cliff Richard – Wind Me Up(Let Me Go)(1965/06/29)
冒頭ちょっと雰囲気。

このアイデアではこっちが先。

The Waikikis – Hawaii Tattoo
US:Palette PZ-5091(1962/04)
US:Kapp Winners Circle Series KJB-30(1964/11)
ベルギー出身者のハワイアン音楽バンド。2度目の引用。

produced by Horst Fuchs
(debuted Dec. ’64) 1965 Pop Chart Peaks: Record World 23, Billboard 33, Cash Box 34
This 1961 recording by a group of Belgian studio musicians spent 37 weeks on Germany’s pop charts three years before it made the grade in the U.S.

Gene McDaniels – Somebody’s Waiting(1962/10)
Composer: Randy Newman
Producer: Snuff Garrett

コリーン・ラベットの『帰らぬ少年兵』のラストにも “Taps” が出てきますね。

Colleen Lovett – Freckled Face Soldier(1966)帰らぬ少年兵

ケネディ追悼ソングならば使われて当然でしょう。

Hayden Provett – The Death of John F. Kennedy(1965)

  ※(追記:この動画は削除されました

 

こちらは “Taps” 風。

Marc Aryan – La Lettre

Guy Lombardo & his Royal Canadians – Good Night Sweetheart(1931)
vocal: Carmen Lombardo
冒頭 “Taps” のさわり。

recorded in NYC October 8, 1931
Featured in the 1931 edition of Earl Carroll’s “Vanities” and most commonly associated with the band of (co-writer) Ray Noble, this was among the most popular song hits of the early 1930s.

これは正露丸っぽいですね。

Leroy Anderson – A Trumpeter’s Lullaby(1951)

進軍ラッパがうるさくて邪魔(笑)

Fats Domino – Korea Blues(1950/09)

Recorded September 1950
Fats 1st recording from his 4th session (IM-215).
b-side of “Every Night About This Time” on Imperial 5099.
J and M Studio, 838 North Rampart St., New Orleans, LA
Released: September 1950

消燈喇叭が出てくる歌。
日本の流行歌では、こんなのはどうでしょう。

小野 巡 – 月の塹壕(1936)

<参考>
Junior’s Eyes – Mr. Golden Trumpet Player(1968)
UK

  ※(追記:この動画は削除されました

 

<参考>
Billy Vaughn And His Orchestra – Song Of Peace(1964/09)平和のトランペット

<参考>
Leroy Anderson – Bugler’s Holiday(1954)トランペット吹きの休日
昼のラジオ番組の電話リクエスト受付などの時によく使われましたっけ。

追加記事

2015/04/01
 大幸薬品は1日、胃腸薬「正露丸」のCMで流れるラッパのメロディーの商標登録を特許庁に出願した。これまでは文字や図形などに限られていた商標の対象が、4月からは音や色彩などにも拡大したためだ。
 「パッパラパッパ」で始まる10秒ほどの音楽は1951年のラジオCMで初めて使われた。以後、正露丸の箱にあるラッパのマークとともに広く知られるようになった。正露丸は類似商品も多く、商品名やラッパのマークは既に商標登録されている。
http://www.zakzak.co.jp/economy/ecn-news/news/20150401/ecn1504011529008-n1.htm

あのメロディーはオリジナルであったか。
(2015年4月1日)

追加記事

 各県に所在する部隊による一糸乱れぬ観閲行進や第1偵察隊によるバイクアトラクションなど、精強性を感じさせる内容であった。中でも選抜された100人のラッパ手と第1音楽隊による合同演奏には驚かされた。自衛隊では1日がラッパに始まりラッパで終わる。それだけに、ラッパの音が正確であることはとても重要なのである。
 ラッパ手といえば、かつて日本人ならば誰もが知っていた名前が「木口小平」だろう。日清戦争で戦死した日本陸軍の兵士で、尋常小学校修身教科書には「キグチコヘイ ハテキノタマニアタリマシタガ、シンデモラッパヲクチカラハナシマセンデシタ」と書かれ、国民的英雄となった。
 実はこの時、木口と同じ岡山県出身で、やはりラッパ手であった白神源次郎も戦死しており、当初はラッパを離さずに戦死したのは白神源次郎とされた。そのように教科書に載ったが、後に木口小平と改められたのだそうだ。
(中略)
 その後、敵にわざわざ居所を知らせるといった理由や、腕時計を持つ兵士が増えたことなどにより、日露戦争以降は戦場において突撃ラッパを鳴り響かせることはなくなったと聞いたことがある。
http://www.zakzak.co.jp/society/politics/news/20150422/plt1504220830004-n1.htm

ナポレオンの時代なんか、互いの兵隊が横列同士で行進しながら真正面から対峙して、銃を撃ちあうという、信じられんような あまりに「正々堂々」とした白兵戦だったらしい。
ソ連版の映画『戦争と平和』が思い出される。
(2015年4月22日)

追加記事

2015/12/15
「正露丸」と言えば、ラッパのマークで昔から親しまれている胃腸薬だが、何より印象的なのは、CMで流れるあのラッパのメロディーではないだろうか。ということで、今回は文字を入力するだけで、あのおなじみのラッパのメロディーに歌詞をのせて歌ってくれるサイトをご紹介したい。
http://rocketnews24.com/2015/12/14/678801/

ラッパのエール|正露丸・セイロガン糖衣A
http://www.seirogan-rappa.jp/

(2015年12月15日)

追加記事

<参考>
MSO Productions Presents The Andrews Sisters Show UK & Special Guests
Andrews Sisters Show UK
2016/05/23 に公開

The Moonlight Serenade Orchestra presents the Andrews Sisters Show! A collection of songs from the Andrews Sisters in the 1940s era, from’Accentuate the Positive’ to’Boogie-Woogie Bugle Boy’ this show is guaranteed to have your foot tapping all night long. Coming to a theatre near you soon!

<参考>
Company B – UK, Boogie Woogie Bugle Boy
Live at Beaulieu National Motor Museum 2016
Company B – UK
2016/09/29 に公開

In June 2016 we performed in the Vintage Village at the Simply Classics & Sports Car Event, Beaulieu National Motor Museum. This was the first time we wore our new summer dresses. Thanks to Jitterbug Jive for the brilliant dancing.

(2016年11月27日)

追加記事

夕焼けの戦場

1963年9月26日 日本公開
原題:Козара(Kozara)
製作年:1962年
製作国:ユーゴスラビア
配給:松竹映配
監督:ヴェリコ・ブライーチ
脚本:ラトコ・ジュロヴィッチ 、 ステファン・ブライーチ、ヴェリコ・ブライーチ
撮影:アレクサンドル・セクロヴィッチ
音楽:ウラジミール・クラウス・ライテリッチ
出演:ベルト・ソトラル、ミレナ・ドラヴィッチ、バタ・ジボイノヴィッチ
第二次大戦中、最も苛烈な激戦地として知られるユーゴのコザラ高地(ボスニア地方)で、ナチスに囲まれたパルチザンの戦闘を、生存者たちの体験談を基に描いた戦争スペクタクル。
プーラ映画祭1960年度グラン・プリ、モスクワ映画祭金賞受賞。

日本では『夕焼けの戦場』の主題歌というのがヒットしたのだが、元の映画では使われていないようだ。

Horst Fuscher(Trumpet), Werner Mueller and His Orchestra – The Farewell Trumpet
オルスト・フィッシャー(トランペット)、ウェルナー・ミュラーと彼の楽団 – 夕焼けの戦場(1963)

紀本ヨシオ – 夕焼けの戦場(1963)
“Farwell Trumpet”

  ※(追記:この動画は削除されました

 

アンサンブル・プチとスクリーンランド・オーケストラ – 夕焼けの戦場 (マーチ)

(2017年9月18日)

追加記事

(2017年10月12日)

追加記事

2017/10/24
 大幸薬品の「正露丸」のCMに使われているラッパのメロディーが9月末、音だけで構成される商標として国内で初めて登録された。特許庁が2015年4月に音を商標対象に加えてすぐに出願したが、社名や商品名を示す言葉がメロディーに乗っていないことがネックとなり、登録まで2年半かかった。
 ラッパのメロディーは、旧日本軍の食事の知らせをアレンジしたもので、民間のラジオ放送が始まった1951年からCMに使い始めたという。
 大幸薬品は音の商標登録の一番乗りを狙ったが登録第1弾から漏れ、言葉のある伊藤園の「おーいお茶」や小林製薬の「ブルーレットおくだけ」などに先を越された。

<正露丸ラッパのメロディー商標に 大幸薬品、音だけで国内初登録 – 共同通信 47NEWS より一部引用>
https://this.kiji.is/295471194755515489

(2017年10月24日)

追加記事

Bugle Calls of the US Army 1

(2018年3月31日)

Ich gratuliere! (イヒ・グラトゥリーレ!)

1990年の東西ドイツ統一から20年となる3日、北西部のブレーメンで記念式典が開かれた。式典ではパレードやコンサートを開催。統一時からの課題だった東西格差に改善の兆しが見え始める中、ドイツは祝賀ムードに包まれている。
http://www.jiji.com/jc/v2?id=20091106berlin_wall&rel=y&g=phl

2009年11月9日がベルリンの壁崩壊から20年、今年2010年の10月3日がドイツ再統一から20年。

東ドイツは共産主義でしたからソ連の崩壊とともに統一できましたが、北朝鮮は共産主義でさえなく、軍が金日成―金正日というカリスマを担いで私腹を肥やしている三流ファッショ国家なので、これがなかなか倒れません。
「ソウルを火の海にする」と言ったその舌の根も乾かぬうちに赤十字を通じて韓国に「米をよこせ」といい、「量が少ない」といって逆切れする、ほとんど狂人の域。
その北朝鮮を唯一バックアップしてるのが中国。こちらも共産主義ではなく、中共という利害集団が強権支配している、一種の貴族支配のファッショ国家です。
傲慢、独善、凶暴といった夜郎自大なお国柄は両国共通しておりますね。
21世紀にもなって、まだこんな状態じゃ、いけませんねぇ。
ゴルバチョフのような人物が中国に現れるのを期待するのは、高望みに過ぎるんでしょうか。

ベルリン封鎖(ベルリンふうさ、ドイツ語: Berlin Blockade)は、第二次世界大戦終結後の1948年6月、ソビエト連邦政府が西ベルリンに向かう全ての鉄道と道路を封鎖した事件であり、冷戦初期を象徴する事件である。
(中略)
冷戦状態はこの後も長引き、米英仏は統一ドイツ建設の試みをあきらめた。1949年5月にドイツ連邦共和国(西ドイツ)が、10月にドイツ民主共和国(東ドイツ)がそれぞれ建国されるが、東ドイツは自国民の西ベルリンへの脱走を防止するため、1961年8月にベルリンの壁を建設した。

<ベルリン封鎖 – Wikipedia>

1961年8月13日0時、東ドイツ政府は東西ベルリン間68の道すべてを遮断し、有刺鉄線で、最初の「壁」の建設を開始した。6時までに東西間の通行はほとんど不可能になり、有刺鉄線による壁は13時までにほぼ建設が完了した。2日後には石造りの壁の建設が開始された。
東ドイツは当時、この壁は西側からの軍事的な攻撃を防ぐためのものであると主張し、対ファシスト防壁 (Antifaschistischer Schutzwall) とも呼んでいた。これは名目で、実際には東ドイツ国民が西ベルリンを経由して西ドイツへ流出するのを防ぐためのものであり、「封鎖」対象は西ベルリンではなく東ドイツ国民をはじめとした東側陣営に住む人々であった。壁は、後に数度作り変えられ、1975年に完成した最終期のものはコンクリートでできていた。壁の総延長は155kmに達した。
映像などを通じて広く知られている西ベルリンに面した壁に加え、東ドイツ側にもう一枚同様のコンクリート壁があった。すなわち、西ベルリンは二重の壁で囲まれていたのである。その2枚の壁の間は数十メートルの無人地帯となっており、東ドイツ当局の監視のもと壁を越えようとするものがいればすぐに分かるようになっていた。
また無人地帯に番犬を放したり、コンクリート壁の上部を蒲鉾型に膨らませて乗り越えにくくしたりという工夫もなされていた。さらに自動車による強行突破に備えて、要所要所にロードブロックや堀も設けられた。

<ベルリンの壁 – Wikipedia>

The Berlin Crisis of 1961 (USA vs Soviet Union) – The Berlin Wall Full Length Cold War Documentary
time: 0:27:37

<参考>
Brad Berwick – God, Country And My Baby(1965)

<参考>
Jimmy Dean – Dear Ivan(1962/12/08)
2度目の引用。

Pop Chart Peaks: Music Vendor 15, Cash Box 21, Billboard 24
This narrative Cold War-era follow-up single to Jimmy’s #1 hit “Big Bad John” was released in-between the 1961 Berlin Crisis and the October ’62 Cuban Missle Crisis.

<参考>
Johnny Burnette – God, Country And My Baby(1961)
with The Johnny Mann Singers

This’wartime’ lyric came about during the Berlin Crisis of 1961.
Chart Peaks: Billboard 18, Music Vendor 27, Cash Box 31

60 x Deutschland – 1989(ベルリンの壁崩壊)

  ※(追記:この動画は削除されました

 

60 x Deutschland – 1990(東西ドイツ統一)

  ※(追記:この動画は削除されました

 
 

追加記事

JFK Visits West Berlin – 1963 | Today in History | 26 June 16

British Movietone
2016/06/25 に公開
On June 26, 1963, President John F. Kennedy visited West Berlin, where he delivered his famous speech expressing solidarity with the city’s residents, declaring: “Ich bin ein Berliner” (I am a Berliner).
Movietone’s pictures show highlights of President Kennedy’s visit to West Germany including his trip to the Brandenburg Gate. Also highlights of his visit to Ireland.

(2016年6月26日)

追加記事

The Berlin Wall – 1961 | Movietone Moments | 10 Nov 17

British Movietone
2017/11/10 に公開
Today marks the anniversary of the tearing down of the Berlin wall in 1989. British Movietone reported on its controversial construction in 1961.
The Friedrichstrasse crossing-point is one of the places where East Berliners have been building yet another wall. It is an extension of the concrete wall, really, about 6 feet high and 3 feet thick. They left a small gap in it, near the American check-point “Charlie”. Protests against all these new barriers have been made in vain.
Key scene. GV crossing point. GV ditto. MS men building wall. GV Check Point “Charlie”. CU sign US Army check point. MCU soldiers. GV ditto. MS men building wall. GV Check Point “Charlie”. GV the West on guard.

(2017年11月10日)

追加記事

Berlin Blockade Lifted – 1949 | Today In History | 12 May 18
ベルリン封鎖

British Movietone
2018/05/12 に公開
On May 12, 1949, the Soviet Union announced an end to the Berlin blockade.

(2018年5月12日)

追加記事

Berlin Blockade – 1948 | Today In History | 24 June 18

British Movietone
2018/06/24 に公開
On June 24, 1948, Communist forces cut off all land and water routes between West Germany and West Berlin, prompting the western allies to organize the Berlin Airlift.

(2018年6月25日)