カテゴリー別アーカイブ: スウェーデンのROCK/POPS

太郎を眠らせ、太郎の屋根に何ふりつむ? (1)セシウム(2)ストロンチウム(3)プルトニウム

ほとんどの在京メディアが騒がないので共産党の貴重な提言「東京都内各地の空中放射線量測定結果について」 *1 を見落とすところでした。放射線障害防止法など国内法で決まっている一般人の年間被ばく限度線量1mSvを、東京23区の東半分では超える恐れがあるとの指摘で、特に「資料3 放射線量分布マップ 」*2 は必見です。

*1 :「東京都内各地の空中放射線量測定結果について」 2011年5月25日 『日本共産党 東京都議会議員団』
http://www.jcptogidan.gr.jp/html/menu5/2011/20110525195904.html
*2 :「資料3 都内各地の放射線量測定結果」日本共産党都議会実施 ※※Adobe Acrobat Readerが必要です
http://www.jcptogidan.gr.jp/html/menu5/2011/20110525195904_3.pdf

ずっと前から東京大学の「環境放射線情報」 *3 で、本郷(3)地点の線量が0.12μSv/hを維持しているのが気になっていました。これが年間被ばく限度線量1mSvに相当するからです。
http://getnews.jp/archives/121059

いよいよ来ましたか。

累積被曝は悪化する一方です。
半減期が人間の寿命を超えるような危険な放射性物質が地球の裏まで飛んでますし、福島第1からの飛散・放出がゼロになる見通しも立っていない。
つまりこれから100年くらいはとりあえず危険だろうということです。

で、私にとっての問題は、東京を出るにしても行き先がないこと。
今の東京は今の福島ほどまだひどくはないし、福島第1もあんなふうだから五十を越えた私としては居残り佐平次をきめこむのもいいかなんて考えてますが、
これも状況次第でどうなるか分からない。
ともかく真綿で首を絞められるようなのが一番いやですね。

政府は先ず、この期に及んでなお弛んでる国民の意識に活を入れる意味も含めて、天皇家の京都還御と首都移転を発表すべきじゃないかと思います。
そして時間のあるうちに、国民とその財産、産業資本、歴史遺産などを西日本へ移転する計画を作り、実行すること。
そうしないともう日本は生き残れず崩壊するしかないですよ。

上越市五智6の五智公園で、婦人立像の頭部がなくなっていたことが11日、分かった。公園を管理する同市は何者かが持ち去った可能性があるとして、同日までに上越署に被害届を出した。
 立像は同市出身の彫刻家・故滝川毘堂の作品で、制作時期や材質は不明。園内の散策路沿いに設置されている。
http://www.niigata-nippo.co.jp/news/pref/24001.html

 金沢市内で韓国籍の康善福(カンソンボク)さん(当時32歳)を殺害し、遺体の頭部を切断して遺棄したとして殺人などの罪に問われた同市安江町、無職、飯沼精一被告(61)に、傷害致死と死体損壊・遺棄の罪で懲役9年(求刑・懲役18年)を言い渡した金沢地裁判決について、金沢地検は9日、控訴を断念する方針を固めた。
http://mainichi.jp/area/ishikawa/news/20110610ddlk17040516000c.html

オスカー・ワイルドの戯曲『サロメ(Salomé)』(1891)とオーブリー・ビアズリーによる挿絵、
アレクサンドル・ベリャーエフの怪奇SF『ドウエル教授の首(Голова Профессора Доуэля、Professor Dowell’s Head、合成人間ビルケ、生きている首)』(1926)、
サム・ペキンパー監督の『ガルシアの首(Bring Me the Head of Alfredo Garcia)』(1974)、
ケン・ラッセル監督の『ケン・ラッセルのサロメ(Salome’s Last Dance)』(1987)
などが、脳裏をよぎりました。

Professor Dowell’s Testment(1984)
『ドウエル教授の首』を原作としたドラマ

  ※(追記:この動画は削除されました

 

Prolonged Death Scene from “The Brain that Wouldn’t Die”(1962)
こちらは交通事故に遭った婚約者の頭部を生きたまま保存することに成功したことから始まるSFゴシックで、今でもカルト的人気があります。

The Cobblestones – I’ll Hide My Head In The Sand(1967/07)

This is a B-side single to “It Happens Every Time” and is written by Jim Jacobs.
The 45 was released in 1967 by Mobie Records and the catalog # is 3424.
This group is from Illinois.

Little Anthony and The Imperials – Goin’ Out Of My Head(1964/10/13)君に夢中(アウト・オブ・マイ・ヘッド)

produced by Teddy Randazzo
Pop Chart Peaks: Record World 4, Cash Box 5, Billboard 6
The original hit version of one of the true pop standards of the 1960s, revived successfully by the Lettermen in 1968.

Stu Phillips & the Hollyridge Strings – Goin’ Out Of My Head(1965)

(45 – Capitol 5466(b) and LP – Capitol 2356) Out of Los Angeles, talk about an amazingly talented cast of characters, this lavishly orchestrated production is the creation of the genius that is Stu Phillips.
In 1964 while working at the west coast office of Colpix Records as the head of Artists & Repetoire, Phillips freelanced as an orchestrator/producer/arranger at Capitol records. His first project was a session with the Four Preps on a tune entitled,’A Letter To The Beatles’. That tune was his inspiration to create an albums worth of instrumental Beatles tunes arranged with a new modern sound. Credited to the’Hollyridge Strings’, the concept was a huge success. By 1965, Phillips had left Colpix and recorded exclusively for Capitol. The popularity of the Hollyridge Strings Beatles collection eventually led to other LP’s that featured the hits of the Beach Boys, Elvis Presley, the Four Seasons, Nat’King’ Cole and also a wonderful Christmas album. (Arrangers, Perry Botkin, Jr. as well as Jimmie Haskell also provided orchestral arrangements for supsequent Hollyridge Strings LP’s.)
Recordedat the Capitol Tower in Hollywood in the spring of 1965 and issued in July, the’Feels Like Lovin’ LP showcased the talents of L.A.’s’Wrecking Crew’ on the basic rhythm track with the addition of the Hollyridge Strings and beautiful vocals by the Ron Hicklin Singers. Although not a big seller, Stu Phillips has said that it was his favorite album during his tenure with Capitol Records. This tune (in the abbreviated version) was the flip to”Feels Like Lovin’, the only single to be issued from the album. The LP version is featured in this video.

Wes Montgomery – Goin’ Out Of My Head(1966)

  ※(追記:この動画は削除されました

 

The Tom Hansen Dancers and The Alan Copeland Singers – Goin’ Out Of My Head
originally broadcast on “The Red Skelton Hour”, December 27, 1967

Quartette Tres Bien – Goin’ Out Of My Head(1967)

Frank Sinatra & Ella Fitzgerald – Goin’ Out Of My Head(Sinatra’s 1967 TV Special)

  ※(追記:この動画は削除されました

 

The Lettermen – The Medley Of Goin’ Out Of My Head / Can’t Take My Eyes Off You(live 1967)

The Lettermen 1968 TV “Going Out of My Head / Can’t Take My Eyes off You” WIth Dancers

The Lettermen, Jim Pike, Tony Butala and Gary Pike, Sing their Grammy nominated Hit “Going Out of My Head / Can’t Take My Eyes Off You” with dancers then sing “Never My Love” on 1968 TV..

Do-Re-Mi Children’s Chorus – Goin’ out of My Head(1968)

Anni-Frid Lyngstad – Jag Blir Galen När Jag Tänker På Dej(1971)
ABBAのメンバーであるアンニ=フリッド・リングスタッドの最初のヒット。この翌年にABBAが結成される。

  ※(追記:この動画は削除されました

 

 

Alice & Cécile – Going Out Of My Head(2006)

<参考>
Alan Trajan – This’ll Drive You Off Your Head(1969)

  ※(追記:この動画は削除されました

 

<参考>
Little Anthony & The Imperials – Better Use Your Head(1966)

  ※(追記:この動画は削除されました

 

<参考>
Larry Clinton and his Orchestra – You Go To My Head(1938)
vocal: Bea Wain

 

追加記事

 文部科学省は24日、新たに2010年4月~11年12月に福島、宮城両県を除く都道府県に降った1カ月ごとの放射性ストロンチウム90を分析した結果、岩手、秋田、山形、茨城、栃木、群馬、埼玉、千葉、東京、神奈川の10都県の観測場所で、原発事故前の11年間の最大値を超える濃度が検出されたと発表した。
 東京電力福島第1原発事故の影響で、数値が上昇した可能性が高いが、文科省は「今回検出のストロンチウム90による健康影響があるとは考えにくい」としている。
 今回の最大濃度は、11年3月に茨城県ひたちなか市で観測された1平方メートル当たり6・0ベクレル。
http://www.kahoku.co.jp/news/2012/07/2012072401002234.htm

(2012年7月24日)

追加記事

(2017年4月28日)

追加記事

皿に首。サロメですな。
(2018年1月12日)

スウェーデンのROCK/POPS(7)

最後は同国最大のスターだったABBAのメンバーの歌声をどうぞ。

Agnetha Fältskog
アグネッタ・フォルツコグ

Agneta Fältskog advertises The Swedish Airforce

  ※(追記:この動画は削除されました

 

Agnetha Fältskog – Go With God

Agnetha Faltskog Introduktion(My Love My Life)
from the album “My Love My Life”

Agnetha Fältskog – Försonade(1968/02)

Agnetha Fältskog – Den Jag Väntat På(1968)

Agnetha Fältskog – Allting Har Förändrat Sej(1968)

Agnetha Fältskog – Sealed With A Kiss(2004)

  ※(追記:この動画は削除されました

 
 

Björn Ulvaeus
ビョルン・ウルヴァース
この人がいた Hootenanny Singers は Northern Lights と名を変えアメリカでレコードデビューしています。

Björn Ulvaeus – Over in the Gloryland

  ※(追記:この動画は削除されました

 

Hootenanny Singers(Björn Ulvaeus)- No Time(Ulvaeus)(1965)

Björn Ulvaeus – Raring (Honey)(1st Solo Release 1968)

Björn Ulvaeus – Kvinnan i mitt Liv(The Woman Of My Life)

  ※(追記:この動画は削除されました

 
 

Benny Andersson
ベニー・アンダーソン

Fabulous Four and Benny Andersson – Puff the Magic Dragon

The Hep Stars(feat. Benny Andersson)- Sunny Girl(1966)

  ※(追記:この動画は削除されました

 

The Hep Stars(feat. Benny Andersson)- No Response(1966)

  ※(追記:この動画は削除されました

 

The Hep Stars(feat. Benny Andersson)- The Wedding(1966)

  ※(追記:この動画は削除されました

 

The Hep Stars(feat. Benny Andersson)- Songs We Sang(B.Andersson / 1968)

Björn And Benny – En Carousel(1972)
ビョルン&ベニー – 恋のカルーセル

  ※(追記:この動画は削除されました

 

Bjorn & Benny – She’s My Kind Of Girl(1972)
ビョルン&ベニー – 木枯らしの少女
この曲は南沙織がカバーしていた。

  ※(追記:この動画は削除されました

 
 

Anni-Frid Lyngstad
Frida Lyngstad
Frida

アンニ=フリッド・リングスタッド
フリーダ・リングスタッド
フリーダ

Anni-Frid Lyngstad – Min soldat(1970)

Annifrid Lyngstad sjöng “Min soldat” i programmet “När stenkakan slog” 1970. Melodin var Ulla Billquists största succé och även sveriges största schlager under krigsåren (1940). Den sjöngs även in av bl a Andrew Sister, då med titeln “The Shrine of St. Cecilia”.

Anni-Frid Lyngstad – Tre Kvart Fran Nu(1971)

Anni-Frid Lyngstad – Min Egen Stad(1971)

  ※(追記:この動画は削除されました

 

ABBAはABBAサウンド一辺倒だったわけではなく、同時進行としても1983年の活動停止後にしても、スウェーデンの伝統音楽やロックンロール、昔風なジャズソングをベースにした楽曲を歌い、演奏しています。
それはちょうど日本のニューミュージックの人たちが演歌を歌ったりしたのと同じで、血肉となっている音楽への個人的な愛着と郷愁がそうさせたのでしょう。

追加記事

2018/04/27
4月27日付で発表された声明によれば、1982年以来およそ35年ぶりに4人でスタジオ入りし、すでに2曲の新曲を完成させているという。
そのうちの1曲「I Still Have Faith in You」は、12月に放送されるテレビ番組内で“デジタルABBA”によって披露される予定。

<ABBA、35年ぶりの新曲完成を発表(BARKS) – Yahoo!ニュース より一部引用>
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180427-00000517-bark-musi

(2018年5月6日)