カテゴリー別アーカイブ: スペインのROCK/POPS

スペインといえば(1)フラメンコ(2)サッカー(3)アルハンブラ宮殿(4)ピカソ・ミロ・ダリ・ガウディ

スペインで1人の闘牛士が伝統を破り、牛との対決用マントでスポーツ飲料を宣伝する契約を結んで話題になっている。
(中略)
しかも今回は同性愛男性向けのスポーツ飲料「ゲイアップ」の宣伝だったことから、一層男性ファンの怒りを買った。
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20090925-00000009-cnn-int

シングル「闘牛士のマンボ」ペレス・プラード楽団シングル「我輩は闘牛士」ジュリアス・ラ・ローサ

(上左)シングル『闘牛士のマンボ』ペレス・プラード楽団
(上右)シングル『我輩は闘牛士』ジュリアス・ラ・ローサ。米英で人気者。日本では???

マンボはもちろんスペイン本国の音楽ではありません。
中南米のスペイン語圏では言葉・宗教のみならず料理や闘牛など文化・風習も深く浸透し現地のものと融合していったということですね。

Orquesta de Luis Arcaraz – La Virgen de La Macarena
マリア像が有名マカレナ(マカレーナ)教会は、スペイン南部アンダルシア州の州都セビリアのマカレナ地区にあります。
Luis Arcaraz はメキシコ人。同国の公用語はスペイン語です。

Pérez Prado and his Orchestra – La Macarena(The Bullfighter)(1955)闘牛士のマンボ
ペレス・プラードはキューバの人で、キューバもまたスペイン語圏です。

Rafael Méndez – La Virgen De La Macarena
メキシコのトランペッター。

Rafael Méndez – La Virgen De La Macarena
このテイクは後年のものですね。

Hugo Winterhalter – La Macarena(The Bullfighter’s Song)(1959)

Ana María González – Madrid(1959)
メキシコの歌手。南米コロンビアに同名歌手がいるが関連なし。

Herb Alpert’s Tijuana Brass – The Great Manolete(La Virgen De La Macarena)(1964 single version)

<参考>
The Tijuana Brass featuring Herb Alpert – The Lonely Bull(El Solo Torro)(1962)悲しき闘牛

Having previously co-written the song hits “Baby Talk” and “Wonderful World” and having recorded as vocalist “Dore Alpert,” Herb shot to national fame with this top-10 instrumental…the first best-seller for the A&M record label, which he co-owned with Jerry Moss.

<参考>
Johnny Conquet, His Piano & Orchestra – Freilach Merengue(1958)

Antonio Chacón – La Virgen de las Angustias(1928)
タイトルはスペイン語で「悲しみの聖母」の意。そもそもはイコンや絵画の画題で、カトリック、ことにスペイン、ギリシャ、ロシア方面では信仰の拠り所となっています。
アントニオ·チャコンは本場スペインの偉大なるフラメンコ歌手。

シングル「青春のツイスト」マレーニ・カストロフラメンコ調、スペイン風のポピュラーソングはいくつもありますが、闘牛というとラテンアメリカにおける闘牛を扱った曲『マカレーナの聖女(マカレーナの乙女)』を原曲とするペレス・プラード楽団の『闘牛士のマンボ』とか、メイジャー・ランス『恋の闘牛士』、ハーブ・アルパートとティファナ・ブラス 『悲しき闘牛』のほかちょっと思い浮かびません。
中南米の旧宗主国スペインには当然、闘牛ソングがたくさんあるはずです。でもあたしゃ1曲も知らない。
そんなスペインにも1950~60年代、ロックンロールの影響が及んでいたらしく、以前、ご紹介したマリソル(Marisol)のほかにも、往時、こんな可愛い女の子がツイストソングを歌っていました。
(右上)スペイン映画『チコとチカ』(Las Gemelas)主題歌 シングル『青春のツイスト』(JUVENTUD TWIST)マレーニ・カストロ(Maleni Castro)。
ネットを検索しましたが音は無いみたいですね。
いつかラジオでまたかける機会がありましたらお知らせいたします。

 

The Classics – My Lady of Spain(1970)

昔『スペインの姫君(Lady of Spain)』という明るいパソドブルの曲が流行りました。調べてみると作曲者は英国人で、どうやら英国産の楽曲だったようです。

Xavier Cugat – Lady Of Spain

  ※(略)

 

Paul Anka – Lady of Spain(1963)

  ※(略)

 

Orquesta Sensación – Madrid
スペインのマドリードか。演奏者はキューバの楽団。

Alberto Socarrás – Madrid

Alberto Socarrás Estacio, (Manzanillo, 19 September 1908 – New York, 26 August 1987), was a Cuban-American flautist who played both Cuban music and jazz.

Renato Carosone – Torero(1958)
タイトルはスペイン語で「闘牛士」。

Dick Contino – Lady Of Spain(1954/07)
orchestra conducted by David Carroll

Possibly the best of the various recorded versions of his signature tune, accompanied by David Carroll and the Mercury studio orchestra. Contino had first recorded it back in the 1940s, and would perform it at least once in each of his personal appearances throughout the decades that followed.

Eddie Fisher – Lady Of Spain(1952/09/27)

Bing Crosby – Lady of Spain

  ※(略)

 

Dajos Bela – Lady of Spain
ダヨス・ベラ管弦樂團 – スペインの姫君

Ray Noble and his Orchestra – Lady Of Spain(1931)
vocal: Al Bowlly

The New Mayfair Orchestra – Lady Of Spain(1931)
conducted by Ray Noble
vocal: Al Bowlly

recorded at Small Queen’s Hall, London, March 24, 1931
The original UK 78rpm single was issued on HMV 5999, U.S. issue on Victor 22774
Introduced in this version by England’s popular Noble-led New Mayfair Orchestra, the familiar tune has since become commonly identified as a showpiece for accordionists (here’s Dick Contino’s 1954 recording) and was a best-seller for singer Eddie Fisher in 1952

Jack Payne and His B.B.C. Dance orchestra – Lady Of Spain(1931)
vocal: Val Rosing

recorded in London March 3, 1931
1st Recording Of “Lady Of Spain”

◆    ◆    ◆

シングル「月影のマジョルカ」越路吹雪余談ですが、越路吹雪や田代みどりが歌った『月影のマジョルカ』、あれはスペインのマヨルカ島(Mallorca)の歌かと思いきや、岩谷時子、漣健児の日本語詞に「マジョルカ」とか「スペイン」とか、それらしい言葉がまったく出てきません。
それもそのはず、C’est écrit dans le ciel(It is Written in The Sky)という原題の、『ムスターファ』の親戚のようなエジプト・ユダヤ系統のシャンソンでして、月影のなぎさ、月影のナポリ、月影のキューバ、月影のレナートに続く、月影モノという、ディレクターの安易なネーミングなのでした。

Ray Tchicoray – Pepita de Mallorca(1958)

The Johnston Brothers – Majorca(1955)

 

追加記事

(2011年10月30日)

追加記事

米南部テキサス州ヒューストンの検察当局は22日、市内の美術館で展示中のピカソの作品にスプレーで落書きした容疑で22歳の男を訴追したと発表した。逮捕状をとり、逃走した容疑者の行方を追っている。
ヒューストンの防犯団体によると、男はピカソの名画と評価される1929年制作の「赤い肘掛け椅子の女」に雄牛の絵を落書きし、スペイン語で「征服」を意味する言葉を金色のスプレーで記してもいた。
現場に居合わせた目撃者が携帯電話で犯行を撮影し、画像は動画投稿サイト「ユーチューブ」に流れていた。警察などは男の身元を特定すると共に指名手配した。
検察当局によると、容疑者はヒューストン大学の学生で、市内の美術館などをよく訪れる人物として有名だったという。意図的な破損や重罪適用の落書きの罪に問われている。
被害を受けた美術館によると、作品は近く再び展示される予定。損傷した部分の修復もうまく処理されたという。
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20120623-00000014-cnn-int

ピカソ、スペイン、征服、闘牛、雄牛……
頭がオカシイ割には、ごく普通の連想です。

vandal is caught on video spray painting Picasso artwork in the middle of a Houston gallery
doingstufflikeaboss
2012/06/19 に公開

(2012年6月23日)

追加記事

Willie Bobo – Spanish Grease(1965)
スペイン製のポマード? 歌の主旨がよく分からないのですが、とりあえずこの投稿に追加しておきます。

Bill Haley And His Comets – The Spanish Twist(1961)

Miles Davis – Concierto De Aranjuez(※ Part 1) アランフェス協奏曲
from the album “Sketches of Spain”(1959)

Nereida y su Ensueño Tropical – En España(1957)
タイトルはスペイン語で「スペイン」の意。
スペイン語圏も広く、キューバにはキューバ訛りがある。

Perez Prado And His Orchestra – In The Little Spanish Town(1955)小さなスペインの町で

河東田敏子 – 想ひ出のスペイン

  ※動画なし。

 

(2012年8月9日)

追加記事

Bull & The Matadors – If You Decide(1969)

闘牛と少しは関係ある人たちなのかな?

(2016年1月27日)

追加記事

Still Young at Eighty 1961 | Movietone Moment | 08 Apr 16

British Movietone
2016/04/08 に公開
On this day in 1973, art master Pablo Picasso died of a heart attack. British Movietone celebrated the artist’s 80th birthday in 1961.

(2016年4月9日)

追加記事

スペインをテーマにしたスイングル・シンガーズのアルバム。
アントニオ・ソレル、サラサーテ、アルベニス、グラナドス、ヨアキン・ロドリゴの作品、さらにはポピュラーファンにも親しまれている「禁じられた遊び」まで、8人が得意のヴォーカリーズで聴かせまくる、異色の名盤としてつとに名高いアルバム。

160825_03The Swingle Singers – Sounds Of Spain スペインの印象
レーベル: Philips – BL 7838
フォーマット: Vinyl, LP, Album, Stereo
国・地域: UK
リリース済み: 1967
ジャンル: Jazz, Pop, Classical
スタイル: Vocal, Easy Listening
収録曲
A1 Romanza Andaluza アンダルシアのロマンス
A2 Concerto De Aranjuez (Adagio) アランフェス協奏曲
A3 Rondalla Aragonesa ロンド・アラゴネーズ
A4 Tango In D Major ニ長調のタンゴ
A5 Granada (Suite Espagnole) グラナダ
B1 Sevilla セビリア
B2 Spanish Romance 禁じられた遊び
B3 Tango In A Minor イ短調のタンゴ
B4 Sonata In D Major ニ長調のソナタ
B5 Andaluza (Spanish Dance No. 5) アンダルシア

https://www.discogs.com/ja/The-Swingle-Singers-Sounds-Of-Spain/release/5283602

スイングル・シンガーズとザ・シンガーズ・アンリミテッドのCDはどれを買っても損はありません。
てゆーかYouTubeではすぐに消されるので聴こうと思えば買うしかないですね。

(2016年8月25日)

追加記事

El Cordobés(コルドバの男) こと Manuel Benítez(マヌエル・ベニテス)は1960年代に最も人気の高かった闘牛士。2014年には来日もしている。

Aprendiendo a morir(1962)
Time: 1:38:21
タイトルはスペイン語で「死ぬことを学ぶ」の意。
マヌエル・ベニテスの伝記映画で、貧しい幼少時代から戦乱を経て闘牛士として栄光を掴むまでが描かれる。自身も本人役で登場。

Claude Ciari – Manuel Benítez El Cordobés(1966)哀愁のコルドバ

Dalida – Manuel Benitez “El Cordobés”(1966)

Franck Pourcel and his Orchestra – El Cordobés(1966)

Pierre Sellin ‎– Manuel Benites “El Cordobés
トルコ

Yurdaer doğulu – El Cordobés(1976)

161110_02闘牛士エル・コルドベス1969年の叛乱 (1981年) – 1981/8
佐伯 泰英 (著)
-: 206ページ
出版社: 集英社 (1981/08)
ASIN: B000J7W40I
発売日: 1981/08

https://www.amazon.co.jp/

161110_03闘牛士エル・コルドベス1969年の叛乱 (徳間文庫) 文庫 – 1987/7
佐伯 泰英 (著)
内容(「BOOK」データベースより)
1960年代、極貧から身を起こし、闘牛界の頂点を極めたエル・コルドベスは、フランコ独裁体制下、〈奇跡の成長〉を歩むスペインの象徴だった。ビートルズが若者の魂を奪い、怪盗エル・ルーテが脱走を繰り返すこの時代、コルドベスをめぐる熱狂はどのようにして生まれ、組織されていったのか。そして’69年の叛乱とは何だったのか。闘牛士の栄光と挫折を通して、一時代のスペインを描き切った長篇ノンフィクション。

https://www.amazon.co.jp/

<参考>
Toreros Para La Historia
Time: 59:52

  ※(追記:この動画は削除されました

 

(2016年11月10日)

追加記事

Jack Pettis and his Pets – Spanish Dream(1928)

featuring Eddie Lang on guitar. flip side “Doin’ The New Low Down,”

(2017年9月10日)

追加記事

Bing Crosby and the Buddy Cole Trio – In A Little Spanish Town(’Twas On A Night Like This)(1956)

Pop Chart Peaks: Music Vendor 18, Cash Box 41, Billboard 49
Bing & Buddy Cole revive an old song hit that had originated as a waltz tune.

Paul Whiteman and his Orchestra – In A Little Spanish Town(’Twas on a Night Like This)(1926)
vocal: Jack Fulton

recorded in NYC September 3, 1926
Among the Whiteman orchestra’s more popular discs of the late 1920s.

Songs of Spain, Copla y Suspiros de España (Full Album/Álbum Completo)

01. Rosita Ferrer – Suspiros De España 00:00
02. Antonio Molina – Soy Minero 03:19
03. Lilian De Celis – El Relicario 06:36
04. Miguel De Los Reyes – Coplas De Mi España 09:32
05. Antoñita Moreno – Carretera De Asturias 11:48
06. Los Chavales de España – Dos Cruces 15:04
07. Antoñita Romero – La Morena De Mi Copla 17:59
08. Pepe Blanco – Que Bonito Esta Madrid 20:46
09. Lolita Sevilla – Cántame Un Pasodoble Español 23:07
10. Conjunto La Giralda – Sevillanas Del Tamborilero 26:00
11. Gracia De Triana, Antonio Linares – Canto A Manolete 28:43
12. Miguel De Molina – Te Lo Juro Yo 31:56
13. Sara Montiel, Greg Segura And His Orchestra – La Violetera 34:20
14. Juanito Valderrama – Adios A Don Jacinto 37:49
15. Marife De Triana – ¡Ay San Antonio! 41:03
16. Los Xey – Lembranzas Gallegas 43:51
17. Imperio Argentina, Enrique Vizcaíno Y Su Orquesta – Los Piconeros 46:50
18. Enrique Montoya, Cuadro Flamenco De Baile – El Café De Chinitas 49:55
19. Lola Flores, Manolo Matos Y Orquesta – Pena, Penita, Pena 52:19
20. Los Tiburones – Adios, Que Me Voy 56:02
21. Concha Piquer – Romance De La Otra 58:17
22. Luis Mariano, Orchestra Jacques – Henry Rys – Granada 01:02:13
23. Carmen Sevilla – Tarantela Sevillana 01:05:35
24. Joselito – Colombia Tiene Una Copla 01:08:18
25. Luisa Linares y Los Galindos – Los Catalanes 01:10:28
26. Pepe Mairena, Orquesta De Greg Segura – El Gallo Pipirigallo 01:13:08
27. Juanita Reina – Sólo Vivo Pa Quererte 01:15:48
28. Rafael Farina – Vino Amargo 01:18:56

(2017年11月7日)

追加記事

The Pharos – Pintor(1963/05)
アメリカのグループ。タイトルはスペイン語で「画家」。

Leonard Joy’s All String Orchestra – On A Little Balcony In Spain(1930)
vocal: Chester Gaylord

This marked one of the few occasions on which busy Victor conductor Joy was top-name-billed on a dance band release.

(2017年11月20日)

追加記事

Suspiros De España Pasodobles Toreros Colección España #39 (Full Album/Album Completo)
“Songs of the Bullfight”(闘牛の歌)

01 Suspiros de España – Rosita Ferrer 00:00
02 Corrida de Toros – Lolita Sevilla 03:19
03 Capote de Grana y Oro – Juanita Reina 06:04
04 Carmen de España – Carmen Sevilla 09:12
05 Torero de España – Antonio Amaya 12:34
06 El Gran César Girón – Lola Flores 15:14
07 Campanera – Estrellita de Palma 18:08
08 Con Divisa Verde y Oro – Conchita Piquer 21:32
09 Coplas de Mi España – Miguel de los Reyes 24:54
10 Córdoba Tuvo un Torero – Lolita Sevilla 27:10
11 El Gran Reverte – Antoñita Romero 30:01
12 Plaza Chica – Tomás de Antequera 33:06
13 Romance Valentía – Conchita Piquer 36:07
14 Pasodoble, Te Quiero – Margarita Sánchez 40:18
15 Remedios la de Montilla – Lola Flores 43:02
16 Como Suspiros de España – Rafael Farina 46:19
17 Cántame un Pasodoble Español – Lolita Sevilla 50:27
18 El Relicario – Lilian de Celis 53:20
19 El Capote de Paseo – Margarita Sánchez 56:16
20 El Torito de la Suerte – Antoñita Moreno 01:00:03
21 Francisco Alegre – Juanita Reina 01:03:03
22 Los Nardos – Montiel 01:06:09

(2018年9月24日)

追加記事

Three Dog Night – Never Been To Spain(1971/12)

Hoyt Axton – Never Been To Spain

with The Hollywood Living Room Band
recorded January 25, 1971
from the album “Joy To The World”(1971)Capitol Records SMAS-788
First appearing in Hoyt’s “Joy To The World” LP, the song would become a top-5 single hit for Three Dog Night in early 1972

(2018年12月14日)

004 若いってすばらしい

 (左)『若いってすばらしい』 作詞:安井かずみ、作曲・編曲:宮川泰(ひろし)、歌:槇みちる、発売:1966(昭和41)年3月、ビクター。
 青春歌謡にありがちな、押しつけがましいところや浪花節的なウェットさを微塵も感じさせない、アッケラカンとした詞とメロディ。この明るさは当時としてはちょっと珍しいのではないでしょうか?
 アレンジはデキシー風ですが歌い出しの音使いはイングランドやスコットランドの民謡の雰囲気(スローで音をたどってみてください)。なにやらケニー・ボールかアッカー・ビルクあたりが演りそうな感じです。『五番街のマリーへ』もそうですが、ご一新以来、唱歌として歌ってきたせいか、日本人はこのテの出だしにヨワいのです。

 この歌より前の10年。すなわち昭和30年代の、日本のプログラム・ピクチャーを見ていきますと「若いっていいわね」とか「いやぁ、若さってのは素晴らしいもんだな」なんてセリフがよく出てきます。古い価値観やしきたりにとらわれない若者たちを、灰色の青春を過ごした戦中派の中年世代がまぶしく感じて、思わずこんな言葉が口をついて出た、といったところでしょうか。東京五輪を挟んで若さへの憧憬が高波のように盛り上がった感がありました。(谷啓の『天下の若者』はズバリ1964年春の放送開始ですし、若い力を満たしてと歌う岸洋子の『夜明けのうた』は1964年の第6回日本レコード大賞歌唱賞を受賞しています)
 そしてこの歌の後の10年で、若者は消費文化の主役になってゆくのです。その意味で予祝的青春賛歌であり、また詞の内容からすると、これから世の中で暴れますわヨという宣言だったともいえましょう。
 ビクターの槇みちる盤(上)が1966年、キングのスクール・メイツ盤(右上)が1967年。どちらも甲乙つけがたい味があります。この歌をきっかけに私は槇みちるのシングルを何枚か買っていますが、『片想い』以外はこれといった曲がないというのが正直な感想です。

 この歌は当時の、“日本で人気の外人歌手による自社ヒット逆カバー路線”に乗せられ、キング(セブンシーズ)ではスペインのマリソル(左)がスペイン語で、ビクター(RCA)ではペギー・マーチ(右下)が完璧な日本語で、カバーしていました。
 また作曲者・宮川泰自身も、宮川泰とニュー・サウンズ名義でアルバム『帰りたくないの(宮川泰作品集)』(東芝音工)に、いわゆる“歌のない歌謡曲”として収録しています。

 さて、槇みちるはその後、スタジオ・シンガーとして大活躍し、1970~80年代にかけて、多くの名作CMソングを残しました。
 トーソー・カーテンレール(川口真作曲)、バスピカ(大野雄二作曲)、オメガ・フィーリング(小六禮次郎作曲)、日本航空・企業編(すぎやまこういち作曲)等々、その数は枚挙に暇がありません。
 1967(昭和42)年暮に公開された東宝映画『日本一の男の中の男』では、平尾昌晃がスクールメイツとおぼしき「メイツガール」なる女の子たちと『若いってすばらしい』を歌うシーンがあります。そのメイツガールの中になんと、久美かおり、大室英美子(のちの白鳥英美子)、平山三紀がいたという話です。
 スクール・メイツに関しては、2002年秋、かつてのLP2枚にボーナストラックを加えたCD2枚が復刻されており、そこに詳細な情報が掲載されていますので、そちらもぜひご参照いただきたいと思います。
(2002年12月2日)

追加記事

 ビクター時代の『シュガー・タウンは恋の町』は復刻盤LPで知ったのですが、ベストテイクとも云えるもので、コマソン時代に花開いた、あの透明感のある歌唱を感じさせます。
(2002年12月8日)

追加記事

 NHK朝の連続テレビ小説『てるてる家族』の最終回(2004年3月27日)は、出演者全員による『若いってすばらしい』の大合唱で幕を閉じました。
(2004年3月27日)

追加記事

 クラウンがリリースしたCD『由美かおる ゴールデン・ベスト』で、『緑の谷間に帰ろうよ』という歌を聴きました。1969年12月に発売された『ラスト・デート』というシングル盤のB面曲だそうです。
 これが『若いってすばらしい』と『受験生ブルース』をまぜこぜにして上から『バンジョーで唄えば』をまぶしたような、そんな感じなんですよね。
(2005年1月29日)

追加記事

 2005年大晦日のテレビ東京『生放送!第38回年忘れにっぽんの歌』で槇みちるが登場、『若いってすばらしい』を歌いました。これは非常に珍しいことで、ファンとしては嬉しい限り。

ちなみに緑川アコも出てて『カスバの女』をクールに歌ってました。
(2005年12月31日)

追加記事

歌手のまきみちるが22日に、フランク・シナトラのレパートリーに挑んだアルバム「マキズ・バック・イン・タウン!」(M&I音楽出版)を出す。エリック宮城オールスター・ビッグバンドを従え、明るく力強い歌声を響かせている。
 「まずシナトラが歌った時の編曲を再現した。さらに彼のたっぷりとしたスイング感を意識した歌唱を心がけ、巨匠への敬意を表した。小粋に軽く歌っているようで、実は高度な歌唱力が必要。シナトラの歌の奥深さを実感しました」
(中略)
4月13日には東京・新橋のヤクルトホールで公演する。
http://www.yomiuri.co.jp/entertainment/music/news/20060218et02.htm

2006年2月18日の読売記事。
ロイヤルティからすれば、かなり売れなければならないはず。
じゃ私も1枚買わせていただきましょう。

(2006年5月18日)

追加記事

 2006年8月12日放送のNHK『第38回思い出のメロディー』は、出演者全員による『若いってすばらしい』で幕が開きました。
(2006年8月12日)

追加記事

 2006年大晦日のテレビ東京『恒例生放送!第39回年忘れ!にっぽんの歌』で昨年にひきつづき槇みちるが登場、宮川泰追悼コーナーで『若いってすばらしい』を歌いました。心なしか去年より余裕を感じさせる表情でした。

(2006年12月31日)

追加記事

さっき、書店でこの本を見つけました。
宮川泰著、産経新聞出版刊『若いってすばらしい』
2007年3月21日初版 1500円+税
 ご本人が過去に書かれた記事・原稿などを校訂・再構成し、集成した一冊で、
『ふりむかないで』『銀色の道』『恋のバカンス』『恋のフーガ』『逢いたくて逢いたくて』『宇宙戦艦ヤマト』など、数多くの名曲の誕生秘話が明かされてます。
 なぜこの本のタイトルが『若いってすばらしい』となったのかについては最終章に載ってますので、その一部を謹んで引用させていただきます。

 僕が書いた曲の中で、自分自身が一番好きな曲は『若いってすばらしい』(作詞・安井かずみ、歌・槙みちる)なんです。
(中略)
 これは曲そのものも気に入っているんだけど、歌詞がとってもいいんですよ。
(中略)
僕が音楽をつくっていく上でつねに頭に思い描いている要素が、この曲には全部詰まっているんです。
<238ページ>

(2007年3月14日)

追加記事

 1995年3月4日放送の日本テレビ『スーパースペシャル’95「豪華熱唱!輝く名曲 ’60年代ベストヒット」』で、まきみちる(=槇みちる)が登場、元ザ・サベージの寺尾聰、林謙吉、元ヴィレッジ・シンガーズの林ゆたか、小松久、レコーディング・ミキサーの菊地信一、キーボード奏者深町栄とともに、『煙が目にしみる』『渚のデイト』の2曲を歌いました。
 これはこのメンバーでこの年の3月17日、青山ベルコモンズにおいて、60~90年代のアメリカン・ポップスを歌い演奏するコンサート(ダンスパーティー)を開催することを踏まえての出演でした。
 実力派のまきみちるは堂々たる歌いっぷりで、他の出演者たちを圧倒しておりました。

(2007年3月4日)

追加記事

 1995年3月5日放送のNHK『ときめき夢サウンド「時代が僕らを待っていた ~ポール・アンカ&ニール・セダカ~」』で、まきみちる(=槇みちる)、寺尾聰、菊地信一のトリオが、『ニール・セダカ メドレー』を歌いました。MC部分ではさすがに青山ベルコモンズの告知はありませんでしたが、バンド名が「寺尾聰と47 Street Band」だという話が出ました。
(2007年3月5日)

追加記事

イチロー「キリン一番搾り」で初ビールCM
2009.1.10 11:04
 マリナーズのイチロー外野手が、2月からキリンビール株式会社「キリン一番搾り生ビール」のテレビCMに登場することになった。
 「一番搾り」は今春に発売20年目を迎え、3月上旬製造品から味覚とパッケージデザインをリニューアル。「澄みきったうまさ」をアピールするため、世界で活躍する日本人の一人であるイチローが女優の松嶋菜々子(35)とともに起用された。ビール好きのイチローにとって、ビールのCM出演は初めて。
http://www.sanspo.com/mlb/news/090110/mla0901101105011-n1.htm

 米メジャーリーグ・シアトルマリナーズのイチロー選手が、自身初となるビールのCMに出演している。『キリン一番搾り生ビール』が発売20周年を機にリニューアルした『新・一番搾り』の新CMでイチローが、美味しそうにビールを飲む姿が印象的だ。別バージョンには女優の松嶋菜々子も起用されている同CMは、14日(土)より放映される。
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20090210-00000015-oric-ent

きょう、このCMをテレビで見ました。BGMがなんとあの『若いってすばらしい』。「ラララ…」のコーラスでCM用に新録したテイクのようですね。
(2009年2月14日)

追加記事

京急電鉄(本社:東京都港区 社長:石渡 恒夫)では、昨年11月から京急線17駅で使用している※駅メロディ(列車接近案内音)をその地域のご当地ソング等に変更し、お客さまから好評をいただいておりますが、今回その第二弾として、生麦駅のメロディにキリンビール「一番搾り」のCM曲で使用されている「若いってすばらしい」を採用し、8月1日(土)から使用を開始いたします。
http://www.keikyu.co.jp/corporate/press/press_files/090728_06.shtml

(2009年7月28日)

追加記事

YouTubeに関連動画が上がってるようです。

(2009年10月22日)

追加記事


(左)マリソルの日本盤シングル「若いってすばらしい」c/w「これが私の世界」。
(2010年2月3日)

追加記事

 女装家でタレントのミッツ・マングローブ(35)が、3月23日に歌手デビューすることが24日、分かった。女性アイドルとして活躍した槇みちる(63)の1966年のヒット曲「若いってすばらしい」をシングルリリースする。
(中略)
 子どものころから夢だった歌手デビューのオファーにはもちろん即諾。槇みちるが母親と親友で、幼いころから歌を教えてもらっていたこともあり、デビュー曲には槇の「若いってすばらしい」を選んだ。ミッツは当時、大ヒットした青春賛歌を「自分の声で伝承していきたい」と意気込む。
 シングルには、「五番街のマリーへ」「ブルー・ライトヨコハマ」も収録しており、「とかく忘れがちな“遊び心”と、どこかドギマギする違和感を素晴らしい音楽にのせて、みなさんの暮らしの中にお届けできれば」と目を輝かせる。
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20110225-00000000-dal-ent

 異色の“女装シンガー”の誕生だ。フリーアナウンサー、徳光和夫(69)を伯父に持つミッツは、その血筋と同様に歌声も確かだった。
 デビュー曲「若いってすばらしい」は女性歌手、槇みちる(63)が歌い、高度成長期真っただ中の1966年にヒットした青春賛歌。もともと槇とミッツの母が親友で、幼少時から交流があったことから選曲したという。
(中略)
 今後は全国キャンペーンを展開。新人歌手として街頭にも立つ覚悟で、すでに、スタッフに“昭和の歌手”をイメージさせる「みかん箱」を発注しているという。
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20110225-00000033-sanspo-ent

35歳にしてこの選曲センス。もしかして只者ではない?

(2011年2月25日)

追加記事

Kay Kyser and his Orchestra – Jingle Jangle Jingle(1942)
vocal: Harry Babbitt and Julie Conway

The Merry Macs – Jingle Jangle Jingle(1942)

Gene Autry -(I’ve Got Spurs That)Jingle, Jangle, Jingle

Tex Ritter – Jingle, Jangle, Jingle

Dick Thomas – Jingle, Jangle, Jingle(1942)

Written by Frank Loesser (lyrics) and Joseph J. Lilley (music) in 1942 for the film The Forest Rangers.
All forest fire footage in the film was shot in Lakeview, Oregon. Here we have the song performed by Dick Thomas. Mr. Thomas was a popular cowboy singer who appeared on radio and in motion pictures. His most famous composition was the song Sioux City Sue. This Soundie was featured in the Andy Kaufman film The Man On the Moon. For more information about Oregon films visit www.mufilmfest.com This film is from www.dennisnybackfilms.com The transfer from 16mm was done in Portland, Oregon by Gary Lacher.

出だしのメロディが似た雰囲気です。
(2011年10月15日)

追加記事

3年続いたイチロー出演の「キリン一番搾り」CMシリーズ。何作かを除いてBGMはすべて「若いってすばらしい」でした。
2011年の年末にオンエアされていた、女将が蟹の足の殻を割ってイチローに渡す15秒と30秒の2パターンの後、年を越して、BGMが「ニューヨーク・ニューヨーク」になっているのが流されましたが、これが最後の作品なのか、まだ続くのか。続くとしたら「若いってすばらしい」ではなく「ニューヨーク・ニューヨーク」なのか。これはちょっと気になりました。
(2012年1月8日)

追加記事

槙みちる – セイ・トゥ・ヒム(1966)
at Komazawa Olympic Park

槙みちる、フォーメイツ – ユア・ベイビー(1966)

  ※(追記:この動画は削除されました

 

貴重な映像。
振り付けに当時流行のモンキーダンスが取り入れられているが、かなりパターン化されている。

<参考>
寺内タケシとブルー・ジーンズ – ユア・ベイビー(1965)
作詞:安井かずみ、作曲:加瀬邦彦、編曲:寺内タケシ

  ※(追記:この動画は削除されました

 

<参考>
ザ・ワイルド・ワンズ – ユア・ベイビー(1966)

  ※(略)

 

上掲の『槙みちる、フォーメイツ – ユア・ベイビー』に出てくる男性4人組フォーメイツにはスクール・メイツ1期生の原野カズヨシ氏が在籍しておりました。黒メガネの方です。今でもジャズシンガーとしてライブ活動をなさっておられますね。

槙みちるー “Our love is here to stay” 旧友原野カズヨシのライブで
アップロード日: 2010/11/01

2010年9月18日 原野カズヨシライブ(アフターアワーズ高円寺)であの槙みちるさん(若いってすばらしい)が大サービス、ジャズ “Our love is here to stay” を聴かせてくれました。有難うございました ー オーディエンス一同

若いってすばらしい、槇みちるさんと弟バンド
公開日: 2012/07/05

30年ほど前、槙みちるさんの弟さんの結婚式2次会に槙みちるさんも来られており、当時弟さんと組んでいたビートルズコピーバンドの演奏の合間に、若いってすばらしいを即興で歌って頂きました。

1980年代初頭でしょうか。
(2013年8月24日)

追加記事

渡辺プロダクション所属のバンド=アウトキャストのヴォーカリストであった松﨑澄夫氏が主宰する『Mプロジェクト』によるCD『みんなの声(うた)~若いってすばらしい~』が2013年4月17日に発売されたそうです。

TECI-1362TECI-1362 / 3,000円(税込) / アルバムCD

収録曲
若いってすばらしい(Mプロジェクト)
ふりむかないで(槇みちる)
さらば涙と言おう(建吾)
涙くんさよなら(じゅん&ネネ)
街の灯り(戸田恵子)
翼の折れたエンジェル(桑江知子)
今日までそして明日から(モト冬樹)
あの素晴しい愛をもう一度(大島花子)
ふり向くな君は美しい(Mプロジェクト)
空も飛べるはず(石川ひとみ)
PIECE OF MY WISH(サンプラザ中野くん)
島人ぬ宝(夏川りみ)
大きな玉ねぎの下で(サエラ)
たしかなこと(松原健之)
グッド・バイ・マイ・ラブ(中尾ミエ)
ひとりじゃないの(Mプロジェクト)

「ひとりじゃないの」参加者
石川ひとみ / 伊藤蘭 / 太田裕美 / 大島花子 / 桑江知子 / サエラ / ザ・リリーズ / 広谷順子 / 中尾ミエ / 松本明子 / michiko / 山下久美子 / 喜多郎 他

現役でボーカルの先生もしている槇みちるさんの、若々しい声はこの曲にぴったりでしょう。
こういう形でどんどんリメイクされるのは楽曲を管理している音楽出版社にとっても大歓迎のはずです。

(2013年10月13日)

追加記事

Tommy Dorsey and his Orchestra – Yes Indeed!(1941)
vocal: Sy Oliver and Jo Stafford

Memorable Sy Oliver arrangement was one of the classic TD hits, spending three months in the best-sellers top-10 and peaking at #4.

この大ヒット曲も意識下にあったのでは?
創作に影響したかは不明ですが。
(2016年3月3日)

追加記事

(2016年10月3日)

この記事の旧版はこちらです。
register movement: 004 若いってすばらしい