カテゴリー別アーカイブ: デンマークのROCK/POPS

デンマークのROCK/POPS(1)

50年代60年代のデンマークのオリジナル音楽を聴いて感じたのは、メロディの好み、そのツボが日本人とはだいぶ違うなぁということでした。
日本人にはメロディの展開がチト物足りない。同国のクラシックには名作がたくさんあるのに不思議です。
米英でデンマーク・ポップスがいまいちウケなかったのも、そういう部分があるからじゃないか、と思いました。
そんなデンマークですがやはりロックンロールの熱狂は伝わっておりました。
面白いのはビートルズよりシャドウズのサウンドのほうが定着してるということ。これは民族としての好みでしょう。
現代のデンマーク・ポップスはまた違っているでしょうけど、その紹介はおそらく私の任ではありません。

Nordic Rock Kings(1960)

Scandinavian and Finnish “Rock Kings” in Finland 1960.
 1. Denmark: Rock-Finn – Turn Me Loose
 2. Norway: Per-Elvis – Hey Good Looking
 3. Sweden: Boris – Corrine, Corrina
 4. Finland: Rock-Jerry – Long Tall Sally
Clip from the film ‘Iskelmäkaruselli pyörii’(1960).

  ※(追記:この動画は削除されました

 

デンマークにおけるロック受容のようす
Suomi-Tanska Rock’n’Roll Dance Match Finland vs Denmark 1958

 

Gitte
Gitte Hænning
ギッテ・ヘニング(1946年生まれ)

Gitte itte Hænning – blå skor med röda sulor(Pink Shoe Laces)(1959)

Gitte itte Hænning – This little girl’s gona rockin’(1959 O.B.S in Den-version)

  ※(追記:この動画は削除されました

 

Gitte und Die Hansen Boys und Girls – I’m Sorry(1960)
Germany

Gitte Hænning – Lille Dukke

Gitte Haenning – The Heart That You Break

Gitte itte Hænning – Do What You Want(1961)

  ※(追記:この動画は削除されました

 

Gitte itte Hænning – I’ve Told every little star(1961)

Gitte Haenning – MacArthur Park

  ※(追記:この動画は削除されました

 
 

Otto Brandenburg
オットー・ブランデンブルク
歌手よりも役者として有名です。

Otto Brandenburg – By My Side(1959)

Otto Brandenburg – Leather Jacket Motor Cycle Rider (1960)

Otto Brandenburg – Hip Bone Crack(1961)

Otto Brandenburg – Say What You Mean(1961)
口笛が入ります。

Otto Brandenburg – Hello Mr. Twist(1962)

  ※(追記:この動画は削除されました

 

Otto Brandenburg – Just Another Page(1962)

Otto Brandenburg – Sukiyaki

 

Jørgen Ingmann
ヨルゲン・イングマン(1925年生まれ)
デンマークにおけるレス・ポールやチェット・アトキンスに相当する人物。
1961年、アメリカで『アパッチ』をヒットさせたのはシャドウズではなくこの人でした。

Per Lindqvist med Jörgen Ingmann(gitarr)- Väntans melodi(1955)
“Unchained Melody” 口笛が入ります。

Jorgen Ingmann and His Guitar – Apache(US:1960/11)

Atmospheric instrumental by the Danish guitarist climbed to #2 on Billboard.

Jörgen Ingmann – Wheels

  ※(追記:この動画は削除されました

 

Jörgen Ingmann’s Orkester – The Milkshake Twist

 

Grethe og Jørgen Ingmann
グレーテ&ヨルゲン・イングマン。
イングマンが奥さんと組んだユニット。
グレーテ(1938年生まれ、1990年歿)はさしづめデンマークのメアリー・フォードってとこです。
Dansevise(読みはダンセヴィーセ?)は1963年のユーロビジョン・ソング・コンテスト優勝曲で、ジャズテイストが好まれ今でも歌い継がれています。

 

Anette
アネッテ。
デンマークにもアネットがいたとは知らなんだ。これはよくある名前らしく、スウェーデン出身ではアネット・オルゾンという1971年生まれの歌手が活躍してます。

Anette – Let’s Jump The Broomstick(1963)

Anette – What About Me(1963)

Anette & Mogens – Johnny Is My Guy(1965)

Anette – Jag Ka’ Godt Li’ Æbler(1966)

Anette – Et Helt Nyt Land(1967)

Anette – Cielto Lindo Si Si(1970)

Anette – Hvem Er Forelsket- Godt Set!

 

Ulla Pia

Ulla Pia – Flower power tøj

  ※(追記:この動画は削除されました

 

この人は1966年のユーロビジョン・ソング・コンテストに出ています。

 

そのほかのアーチスト

Larry Finnegan – Candy Lips(1961)

The Medows – It’s Twistin’ Time(1962)

Bent Fabric – Alley Cat(Bent Fabricus-Bjerre – Omkring et Flyge)(1962)

 

フィンランド、ドイツ、スカンジナビア諸国(スウェーデン、ノルウェー、デンマーク)の文化圏では、イギリスのクリフ・リチャード、シャドウズが特に人気だったようで、その影響からか欧米ポップスのカバーもラウタランカ・サウンドにボーカルを乗せるスタイルで演ってました。
それがそのままビートルズの時代、そしてそれ以降にもスタイルを変えず、今日まで連綿と生き永らえてきた、という流れになってます。
以下のデンマークのバンドなどはまさにその典型ですね。
北欧エレキの哀愁を帯びたサウンドは、もはや立派な「民俗音楽」といっていいでしょう。

 

The Cliffters
サモアにも Rickieno Bajuri & The Cliffters という同じ名のエレキバンドがあって、演奏スタイルもほぼ一緒です。
ま、偶然でしょうけど。

The Cliffters – How Wonderful To Know(1961 original single version)

The Cliffters – My Heart And I(1961)

The Cliffters – Perfidia(1962)

The Cliffters – Amapola(1962)

The Cliffters – Riding Cossack(1962)

The Cliffters – Django(1962)

The Cliffters – I Never Had A Chance(1962/04/18)
『ラストダンスは私に』の雰囲気。

The Cliffters – Walk On By(1962/04/18)
Leroy Van Dyke をカバー。

The Cliffters – Just As I Did(1962)

The Cliffters – Twistin’ Patricia(1962)

The Cliffters – Listen To My Heart(1962)

The Cliffters – Will You Love Me Tomorrow
Recorded 1962 but first published 2004 by Danish Philips Records.

Lecia & Lucienne with The Cliffters – Wishing To Kiss You(1964)

Johnny Reimar & The Cliffters – Perfidia / How Wonderful To Know / Django
in Danish Television

 

The Rookeys

The Rookeys perform “My Blue Heaven” in DR’s Pladeparade

The Rookeys – My Blue Heaven(1962)

The Rookeys – La Paloma(1962)

 

Medley Swingers

Medley Swingers – Oh, Carol(1962)

 

The Danish Sharks

The Danish Sharks – Little Dipper Slop(1963)

 

中にはエレキバンドからビートグループへ変わる途を択んだ人たちもおりました。
以下の3グループはまさにそれです。
ロッキン・ゴースツのほうは今でも演奏活動を続けている様子。
いったんビートグループになってから、またエレキに戻っちゃったようです。

 

The Flintones

The Flintones – Without You(1964)

 

The Weedons

The Weedons – Shy Girl(1964)

The Weedons – Friends(1964)

 

The Rocking Ghosts

The Rocking Ghosts – In The Mood

  ※(追記:この動画は削除されました

 

The Rocking Ghosts – Vilja Oh Vilja(1964)

The Rocking Ghosts – Marianne(1965)

The Rocking Ghosts – Heart By Heart(1966)

 

The Lollipops

少年グループ。
声変り後も続けてたところがスゴイ。
(右)シングル『ロリポップ・リップス』c/w『止めても止まらない』ザ・ロリポップス

The Lollipops – Lollipop Lips

The Lollipops – Do you know(How much I love you)

 

Walkers
バブルガム系。

Walkers – Sha La La La La(1973/03/03)
ノックは3回(Knock Three Times)(1970)を思い起こさせる曲調。