遊びすぎた日曜日

現代朝鮮・韓国人のルーツは高麗人でもなければ百済人でもなくエベンキ族だとネットではまことしやかに語られております。

一方、日本人のルーツは
 エスキモー(イヌイット)~アイヌ=狩猟採集で生活=縄文人?
 中国北方の少数民族「倭人」=稲作技術を習得し渡来=弥生人?
 中央アジア(バイカル湖西部周辺)の民族
 中国(現在の福建省のあたり?)の民族
 高麗人・百済人の移民
 南方系
などであるらしい。
なお天皇家のルーツについては諸説かまびすしいものの、科学的根拠のある定説はない。

梢みわ – 恋のバイカル
『忘れな草をあなたに』みたいなメロがひょこっと顔を出す。

  ※(追記:この動画は削除されました

 

梢みわ – 恋のドルフィン(1968)

  ※(追記:この動画は削除されました

 

現代の中国人、朝鮮・韓国人は、いかにも狩猟民族・大陸の住民らしい民族性・気質を、
現代の日本人はいかにも農耕民族・島国の住民らしい民族性・気質を
具えていて、両者には生活感覚やものの考え方において相容れないものがある
と私は感じていますが、皆さんはどうお考えでしょうかね。

遺伝子分析の情報を検索したらこんなのがヒットした。マジッすか!?

遺伝子といえば、今は健康診断で遺伝子検査が出来る時代らしい。

東京電力福島第一原子力発電所3号機で、使用済み燃料プールの水が強いアルカリ性を示していることが分かり、東京電力は、このままの状態が続くと、使用済み燃料を入れているアルミニウム製のラックが腐食するおそれがあるとして、26日からホウ酸を入れてプールの水を中和する作業を始めました。
水素爆発で原子炉建屋が激しく壊れた福島第一原発3号機では、爆発の際に飛び散ったとみられるコンクリートなどのがれきが使用済み燃料プールの中に散乱していることが分かっています。
(中略)
東京電力によりますと、このままの状態が続くと、使用済み燃料を束ねた燃料集合体を入れているアルミニウム製のラックが腐食するおそれがあり、最悪の場合、集合体が倒れて再臨界のおそれもあるということです。
http://www3.nhk.or.jp/news/html/20110626/t10013772391000.html

「すでに再臨界が始まってるのでは?」と2ちゃんで専らのウワサ。

「2011.06.26 20:00-21:00 / 福島原発ライブカメラ」と称する動画
「1時間の映像を3分間に倍速再生」だそうです。

広島、福島の放射線研究者らが福島県飯舘村と川俣町の住民計15人の尿を検査したところ、全員から放射性セシウムを検出し、最大で約3ミリシーベルトの内部被ばくをしたとみられることが26日、分かった。
 両町村は福島第1原発から30~40キロの距離。調査した広島大の鎌田七男名誉教授(放射線生物学)は「今後、汚染された野菜などを食べなければ心配はないが、この地区に住み続けるのは難しい」と指摘している。
http://www.nikkansports.com/general/news/f-gn-tp0-20110626-796062.html

とうとう住民の内部被曝が明らかとなりました。
これからこういう話が増えていくでしょう。

なんだろ……
天皇一家と皇族、政治家、官僚が疎開する気になったってこと?

 東日本大震災による被害で運休していたひたちなか海浜鉄道湊線が25日、那珂湊―中根の1駅間(3・4キロ)のみで運転を再開した。
 同鉄道湊線(勝田―阿字ヶ浦間、14・3キロ)はひたちなか市の市街地から沿岸部をつなぐローカル線。地域住民の足として重宝されるだけでなく、北海道の炭鉱鉄道で廃止になった車両を再利用しており、「車両の色やエンジン音、木の床からの油の香りがたまらない」などと鉄道ファンからも熱い支持を受けていた。
 だが、震災で線路脇のため池が決壊し、約50メートルにわたり線路が崩壊するなど全線で運行が不可能になった。同鉄道は被害の少なかった那珂湊―中根駅間で、線路のゆがみを修繕するなどして、ようやく一部再開にこぎつけた。
http://www.yomiuri.co.jp/e-japan/ibaraki/news/20110626-OYT8T00338.htm

それにしても、見事なまでに何もないところを走ってますね。
なんか夢の中の風景みたいだ。

【ひたちなか海浜鉄道湊線】中根→那珂湊 – 街ログ
http://machi-log.jp/spot/119848

 26日午前6時頃、大阪市東成区の市営地下鉄中央線緑橋駅で、コスモスクエア発学研奈良登美ヶ丘行き電車(6両、乗客約30人)が停止位置を約40メートル通り過ぎて止まった。
 男性運転士(43)は「急に眠気を覚えた」と話しており、男性車掌(38)が非常ブレーキをかけた。乗客にけがはなかった。
http://www.yomiuri.co.jp/national/news/20110626-OYT1T00326.htm

 夏季に時計の針を1時間程度進めるサマータイム制度について、「健康への悪影響が大きく、節電効果が乏しい」と反対する提言を、不眠症治療の専門医らでつくる日本睡眠学会が近くまとめる。
 原子力発電所の停止に伴う電力不足で制度導入の動きが出ているが、健康面の悪影響や省エネ効果の乏しさを指摘する論文が国内外で増えており、「弊害の大きさがより鮮明になっている」としている。
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20110625-00000771-yom-soci

基本、寝たいときに寝たいだけ寝れればベストでしょう。
私の場合、仕事があるとどうしても夜中にずれ込んでしまい、朝方布団に入ったりします。
いったんそうなると、昼夜逆転してなかなか元へは戻れません。
それでも不思議なことに、少しずつずれていって、ある日、徹夜(徹昼?)状態となり、正常に戻ります。
そしてそれからしばらく朝5時ごろに目覚めるという健康的な生活が続くのですが、ある日また徹夜になって、昼夜逆転し、元の木阿弥と相成ります。
正常に戻ってる期間でも、なんとなく時差ぼけ気味で昼間眠たくてしょうがないので、
あるいは私は夜型人間なのかもしれません(ちなみに、この時期に見る夢は覚醒後も詳細に憶えてることが多い)。
サマータイム制度の影響をもろに受ける勤め人は、よっぽどタフじゃないとダメでしょうね。
私には勤まりそうもありません。

米研究チームが23日、唾液サンプルを分析することでその人物の年齢を推定できると発表した。犯罪捜査に役立つだけでなく、将来的には個人の加齢プロセスに合わせた医療の提供につながる発見だという。
 カリフォルニア大学ロサンゼルス校(UCLA)の研究チームは「メチル化」というプロセスに着目して唾液サンプルを調査。誤差5歳の範囲でその人物の年齢を推定することができた。
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20110624-00000822-reu-int

誤差5歳ですか。樹木の年輪のようにはさすがにいかないのかな。
現場に唾液が残ってる事件って、どういうんだろ?

Shakey Jake Harris – Mouth Harp Blues(1960)

  ※(追記:この動画は削除されました

 

Jimmy Reed – Aw Shucks, Hush Your Mouth(1962)

Ruby And The Party Gang – Hey Ruby(Shut Your Mouth)(1971)

優れた警察犬は、一卵性双生児でもにおいの違いをかぎ分けられるとする実験結果を、チェコの動物行動学者らが科学誌プロスワンに発表した。
(中略)
 1頭あたり12回実験し、最初に覚えさせた一卵性双生児の兄弟の試料を混ぜた時もあったが、10頭は一度も間違えずに本人のものをかぎ分けた。
 同じ環境で暮らす一卵性双生児の兄弟でも、細菌や寄生虫感染などの要因でにおいにわずかな違いが生じ、犬はそれを区別できると考えられる。過去の実験では、遺伝情報がまったく同じ一卵性双生児はかぎ分けられないとされていた。
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20110625-00000424-yom-sci

「寄生虫感染などの要因でにおいにわずかな違いが生じ」って、おいおい、決め手は寄生虫かよ、、、

<懐かしの双子歌手>
どうしてもこまどり姉妹、ザ・ピーナッツと較べられてしまいますので損ですね。
結局、大成した歌手はおりませんでした。

京ふたり子
『お上手ね』c/w『そんなに飲んで』1964(昭和39)年10月 日本コロムビア

 

レモンレモンズ

本名 穂坂光子(姉)玲子(妹)
生年月日 昭和23年8月14日
現住所 東京都墨田区東駒形1の11の9
出身地 東京都
学齢 中村学園卒業
略歴 昭和41年9月遠藤実先生に師事
<『おこらないで』ジャケット裏面より引用>
 

『おこらないで』c/w『レモンの二人』1967(昭和42)年3月15日 ミノルフォン

『キッス・モーション』c/w『あのひとは特別なの』1967(昭和42)年8月10日 ミノルフォン

『夢見るツイッギー』c/w『ハトはどこへ』1967(昭和42)年9月5日臨発 ミノルフォン
来日にあわせてツイッギーの『Beautiful Dreams』を日本語カバー。

 

レイコとミツコ

■プロフィール
どちらが姉か妹か瓜二つの女性コーラス・グループ、お茶目な二人はまだ少女の域をぬけきれないあどけなさを持っています。フレッシュな声、ハーモニーの良さは、可憐な容姿と共に二人だけの持ちうる魅力で、熟さぬ実の成長を待つ楽しさを感じさせてくれます。
レモンのように爽やかで清潔な二人’68年新春を飾るフレッシュ・コンピ”レイコとミツコ”のデピュー盤をお届けします。二人は、高校在中ママ、友達にさそわれて”Let’s go Teen”(NTV)に出たのがきっかけで、芸能界への仲間入りをしました。
 それから4年、ブラジルや台湾等に演奏旅行を行い、すっかりその歌いぷりも成長し、レパートリーもひろげてりっぱな歌手としてここに出発するわけです。
 生年月日 昭和23年8月14日
 出生地 東京都台東区浅草駒形
 出身校 中村学園
 好きな色 赤
 好きな男性のタイプ 思いやりのある人
 好きな食物 果物
 趣 味  レース編み
<『愛して愛して』ジャケット裏面より引用>
 


「愛して愛して」でデビューした双児デュエット、レイコとミツコの第2弾です。二人の芸能界へ入るきっかけは高校在学中、友達にさそわれて”Let’s go teen”(N・T・V)に出たことで、その後台湾やブラジル等に演奏旅行を行い立派に歌手として成長しました。
生れは昭和23年8月14日で二人ともレース編みが趣味というおとなしいお嬢さんです。
デピュー曲「愛して愛して」では子供っぽさのぬけない二人でしたが「霧の中のミーナ」ではちょぴり大人っぽいムードで歌っております。
<『霧の中のミーナ』ジャケット裏面より引用>
 

もうお気づきでしょうけど、ミノルフォンのレモンレモンズとビクターのレイコとミツコは同じ人たちです。スムーズにレコード会社を移籍し、再デビューできたのは幸運でしたが、ザ・ピーナッツ全盛時代ということもあり、ヒットには至りませんでした。

『愛して愛して』c/w『あきらめた私』フィリップス(日本ビクター)

『霧の中のミーナ』c/w『恋に死なせて』フィリップス(日本ビクター)

 

はつみ&ひとみ

 はつみ&ひとみ
私たちは双子の姉妹で小学校3年生です。2人のたのしみは学校へ行くことと、もう一つは歌を唄うことです。住んでいるところは、きれいな景色を一年中楽しむことか出来ます。京都の嵐山の近くだから。今すごくごきげんな気分です。このレコードもだから聞いてるととっても楽しいでしょう。これからもうんと勉強してステキな歌手になりたいと思います。応援して下さいネ。
本名 岡本はつみ 岡本ひとみ
生年月日 昭和36年5月6日生
所属 J・P・C・大阪(271)0406
<『遊びすぎた日曜日』ジャケット裏面より引用>
 

『遊びすぎた日曜日』c/w『イカスぼうやを見つけちゃった』1970(昭和45)年12月1日 HARVEST RECORDS(ミノルフォン)

A・B面ともに、あの時代の空気を感じさせてくれる素晴らしい傑作で、私が選曲したLP『面白愉快で懐かし原盤』(1984年 徳間ジャパン)にも収めた曲でした。
いづれ当ブログの『わたしをつくった101枚 』でも取り上げようと思ってます。
二人はこの曲以降もレコードを出し、歌手活動を続けました。
そこそこいい曲に恵まれてると思うのですが、ブレイクにいたらなかったのが残念です。現在はどうされているんでしょうか。

 

追加記事

The Kalin Twins – When(1959)

  ※(追記:この動画は削除されました

 

有名な歌ですね。
動く映像は初めて見ました。

The Kalin Twins – When(1989)

ロックンロール・リバイバル・ショーか何かですか。
ウルフマン・ジャックみたいに逞しい顔になってますが、歌い方は変わってませんね。
この間、どんな人生を送っていたんでしょう?
(2011年10月4日)

追加記事

 日本列島の先住民である縄文人と、朝鮮半島から渡ってきた弥生人とが混血を繰り返して現在の日本人になったとする「混血説」を裏付ける遺伝子解析の結果を、総合研究大学院大(神奈川県)などのチームがまとめ、日本人類遺伝学会が編集する1日付の国際専門誌電子版に発表した。
 これまでも同様の研究結果はあったが、今回は1人当たり最大約90万カ所のDNA変異を解析し、結果の信頼性は非常に高いとしている。
 チームはこれまで公開されている本土出身者(主に関東居住者)、中国人、欧米人など約460人分のDNAデータに、アイヌ民族と沖縄出身者の計71人分を新たに加えて解析した。
http://www.47news.jp/CN/201210/CN2012103101001897.html

 北海道のアイヌ民族は地理的に近い関東よりも、沖縄の人たちと遺伝的に近いことがDNA解析から証明されたとする研究成果を、東京大学や国立遺伝学研究所などで作る「日本列島人類集団遺伝学コンソーシアム」がまとめた。
 北海道と沖縄では、日本列島に古くから住んでいた縄文人と渡来の弥生人の混血が一部にとどまり、縄文系の人々が残ったとする「二重構造説」を裏付ける成果という。1日付の日本人類遺伝学会誌(電子版)に発表する。
 研究チームはアイヌ民族36人と、3世代以上続く沖縄出身者35人の遺伝情報を詳細に調べた。DNAのわずか1文字(1塩基)の違い「SNP(スニップ)」を約60万か所にわたって分析。すでにデータとしてそろっている関東に住む243人と比較し、アイヌ民族は沖縄出身者により近いことを確認した。こうした傾向はこれまでも示されていたが、データが少なく結論は出ていなかった。
http://www.yomiuri.co.jp/science/news/20121101-OYT1T00022.htm

縄文人・弥生人というからには民族云々よりはるかに昔の話ですね。
とりあえず日本人はハイブリッドということで。
(2012年11月1日)

追加記事

こんな説もある。ただし学術的に認められた定説ではない。
当の韓国に歴史を科学的に扱う状況がまだないので検証は難しいでしょう。
(2014年4月17日)

追加記事

2014/11/02
双子の専門研究機関がある大阪大学で、およそ60組の双子が集まるなか、最新の研究成果が発表されました。
大阪大学の「ツインリサーチセンター」では、双子の健康状態や運動能力などを分析し、遺伝や生活環境の影響を研究しています。
2日は、高校生からお年寄りまでの双子およそ60組とその親などが参加し、最新の研究成果の発表会が開かれました。
この中では、運動や言語について双子の脳波を調べたところ、同じような反応を示したことから、遺伝が影響している可能性が高いとする一方、40歳以上の双子で喫煙の有無や日焼け止めを塗ったかどうかで肌の状態を比較したところ、双子でも差が見られたとして、遺伝より生活環境が影響している可能性が高いと指摘しました。
http://www3.nhk.or.jp/news/html/20141102/k10015892751000.html

違う環境でそれぞれ別個に生活を始めると、やはり変わってくるんでしょうねぇ。
運命論的見地から興味があります。
(2014年11月2日)

追加記事

2015/06/16
ヨーロッパ競技大会(2015 European Games)では15日、シンクロナイズドスイミングのデュエットで、オーストリアの三つ子の2姉妹アンナ・マリア・アレクサンドリ(Anna-Maria Alexandri)とエイリニ・マリナ・アレクサンドリ(Eirini-Marina Alexandri)が2位に入賞したが、姉妹は獲得した銀メダルを、バスにひかれて昏睡(こんすい)状態に置かれているチームメートにささげると話し、会場を涙で包んだ。
http://www.afpbb.com/articles/-/3051775

デュエットじゃ1人はぐれますかね。でも双生児でシンクロ競技とは、まさにうってつけです。

Danny Kaye – Triplets

(2015年6月17日)

追加記事

(2016年6月24日)

追加記事

2016/09/01
 縄文時代に日本列島で狩猟採集生活をしていた縄文人の遺伝的特徴は、東アジアや東南アジアの人たちとは大きく離れていることがDNA解析でわかった。縄文人のルーツを考えるうえでの手がかりになりそうだ。総合研究大学院大学や国立科学博物館などのチームが、人類学の専門誌ジャーナル・オブ・ヒューマン・ジェネティクスに1日発表した。
 福島県北部の三貫地貝塚で出土した約3千年前の縄文人2人の歯から、細胞核のゲノム(全遺伝情報)解読を試みた。約30億個ある塩基のうち、約1億1500万個の解読に成功した。縄文人の核DNAの解読は初めて。
 世界各地の現代人のDNAと比較したところ、中国南部の先住民や中国・北京の中国人、ベトナム人などは互いに近い関係にあるのに対し、縄文人はこれらの集団から大きく離れていた。

http://www.msn.com/

(2016年9月1日)

追加記事

2017/02/03
 約8000年前の新石器時代に生きていた韓国人の祖先のゲノム(ある生物種を規定する遺伝情報全体)が初めて解読された。
 パク・チョンファ蔚山科学技術院(UNIST)ゲノム研究所長(生命科学部教授)が率いる国際共同研究チームは1日、「中朝国境・豆満江(中国名:図們江)の北にあるロシア・アムール川流域の『悪魔の門の洞窟(Devil’s Gate cave)』で発見された7700年前の人類のゲノムを解読した」と明らかにした。「悪魔の門の洞窟人」の遺伝子は、現地に住むウルチ(Ulchi)族と最も似ており、近くの先住民を除く現代人の中では韓国人が最も近いことが分かった。この研究結果は国際学術誌「Science Advances」に掲載された。
http://www.chosunonline.com/site/data/html_dir/2017/02/02/2017020200687.html

(2017年2月3日)

追加記事

ポリドール専属の双子歌手。あえて「こまどり姉妹」の路線を踏襲し、コンスタントにシングルをリリースしていた。以下、その一部。

ふたごっこ姉妹 – 娘やん衆渡り鳥(1967/07)
作詞:佐々木みつぐ、作曲:木村孤童、編曲:竹内一朗

ふたごっこ姉妹 – ドンと来い酒場(1967/04)
作詞:沼 真佐夫、佐々木みつぐ、作曲:木村孤童、編曲:川上義彦

ふたごっこ姉妹 – ふたごっこ流し(1966/12)
作詞:佐々木みつぐ、作曲:木村孤童、編曲:竹内一朗

ふたごっこ姉妹 – かもめ姐ちゃん(1966/05)
作詞:佐々木みつぐ、作曲:木村孤童、編曲:竹内一朗

(2017年12月19日)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です